「好き」と言われたら「付き合って」と同じ意味?男性心理&返事の仕方を解説

気になる男性から「好き」と言われたら、「これって付き合ってほしいってことかな?」と思いますよね。ただ、男性の中には『好き=付き合う』ではない人も多くいます。そこで今回は、男性から好きと言われた女性に向けて、男性心理や男性の真意の確かめ方を徹底レクチャーしていきます。

男性から好きと言われたら、付き合おうって意味?

付き合ってないのに好きと言う男性心理&返事の仕方

同じ「好き」という言葉でもそこに隠された心理は様々。付き合ってない男性に好きと言われたらどういう意味なのか知りたいという女性も多いはず。

果たして、男性の言う「好き」という言葉は「付き合って欲しい」と同じ意味なのでしょうか。

今回は、「好き」と伝える男性の心理を徹底解説していきます。上手な返事の仕方も合わせて紹介しますので、女性の方はぜひ参考にしてみてくださいね。


そもそも好きと口にする男性の心理とは

本当の気持ちをなかなか言わないのが男性という生き物ですよね。そんな男性が、女性に「好き」と伝えるのにはどんな心理が働いているのでしょうか。

ここでは、「好き」という言葉に込められた男性の心理を解説しています。


男性心理1. 本当に異性として好きだから伝えている

付き合ってない男性から本気で好きと言われたら、女性でしたら誰でもドキッとしてしまいますよね。

「好き」という言葉を言い慣れている男性は少ないはず。だからこそ、「好き」という言葉は、本当に女性のことが好きで愛おしいから自分の気持ちを伝えていると考えられます。


男性心理2. 恋愛対象としてではなく、人として好きだと思っている

「好き」という言葉には、「人間として尊敬しているから好き」という意味もあります。

仕事のパートナーや男友達など、普段接する時間が長い男性でしたらきっとあなたに対して尊敬の念を少なからず持っていることでしょう。

恋愛感情は抜きにして、あなたのことを人として好きだから、あえて言葉にする男性も多くいるんですよ。


男性心理3. とりあえず言えば女性が喜ぶと思っている

もちろん相手にもよりますが、男性に好きと言われた時に喜ばない女性はいないはず。

女性心理をよく知る男性でしたら冗談半分、遊び半分でとりあえず「好き」と言うことがよくあります。

身近な存在のあなたを喜ばせて自分との関係をよく保っておきたいという男性心理が働いているため、取る行動といえるでしょう。


「好き」と「付き合って」は同じ意味?気になる男性の真意とは

男性から好きと言われたら、女性なら誰でも真意が気になるはず。「好き」という言葉に「ずっと一緒に居たい」という気持ちが込められているのであれば、「好き」=「付き合って」という意味になるでしょう。

ところが、必ずしも「好き」と「付き合って」が同じ意味ではない男性も少なからずいます。ここでは、「好き」と伝える男性の真意を解説したいと思います。


男性の真意1. 好きと言う時点で告白してるのと同じだと思っている

意中の女性と付き合えるのを期待して、相手に「好き」と伝えるというタイプの男性も数多くいます。

「好き」という言葉を告白と同じと考えている男性ですので、相手からの返事も期待して待っています。

男性も自分の想いを口に出すのを恥ずかしく感じますが、それでも本当に付き合いたいという気持ちがあれば告白という行動に移せるのです。


男性の真意2. 相手も好きと言ってくれたら、付き合っているも同然と認識している

恋愛とは決して一方通行で成立するものではなく、男女の告白があって初めて成立するもの。

男性としても自分からだけでなく、女性にも好きと言ってもらえたら付き合っているも同然だと認識できます。

恋愛もタイミングが重要ですので、今すぐに付き合うという訳でなくても互いの気持ちが通じていればいつでも交際をスタートさせられそうです。


男性の真意3. 好きと付き合うは別で、交際する時はきちんと告白するつもり

仕事で忙しかったり、他に片付けるべきタスクを抱えている男性であれば、今すぐに女性と交際する余裕がないこともあります。

それでもあなたに対して「好き」という気持ちはハッキリと伝えて、あらためて交際できるタイミングになったら正式に告白したいと考えているのがこのタイプの男性です。

相手に「好き」と伝えることで自分のことを意識してもらい、少しずつ交際に向けて心の準備をして欲しいという心理も隠されています。


男性の真意4. 全くの別物で、人として魅力的だから好きと言っているだけ

あなたのことを恋愛対象ではなく、人間的に尊敬できるから「好き」と伝えるケースもあります。異性としてでなくても、人間的にお互いを好きでいられるような関係は素敵ですよね。

このタイプの男性にとって、「好き」と「付き合う」は全くの別物。好きと言われた時に真意を取り違えて、今後の関係をギクシャクさせてしまわないよう気をつけましょう。


男性の真意5. ただ好意を伝えているだけで、付き合ってと言っているわけではない

異性として好意を持ってはいても、付き合うとなると何か違うような気がしてしまう。そんな繊細な恋愛観を持っている男性にとっても「好き」と「付き合う」には明確な違いがあります。

ハッキリと好意はあるのだけれど、自分に自信が無いために「付き合って欲しい」とまでは言えないのです。とりあえず自分の気持ちを伝えたいと思っている男性に多い行動と考えられます。


相手の男性が恋愛対象としてなのか、人として好きなのか確かめる方法

付き合ってない男性に好きと言われたら、やはり知りたいのが真意です。恋愛対象として本気で好きなのか、人として好きなのかによって今後の対応も変わってきますよね。

ここでは、相手の男性の本当の気持ちを確かめる方法を解説します。


確かめ方1. 親しい相手なら思い切って真意を尋ねてみる

好きと言われた男性があまり親しくない男性なら、その真意を直接聞くのは難しいもの。しかし、親しい相手でしたら思い切って真意を尋ねてみても角が立つことはありません。

「私のこと、どういう意味で好きなの?」と聞いてみれば、きっと本当の気持ちを教えてくれますよ。真意をどのように伝えてくれるかによっても、彼の人柄を改めて知ることができそうです。


確かめ方2. 異性の話題が出ると、嫉妬するか反応を確認してみる

男性も女性と同じく、意中の人にまだ付き合ってない別の親しい異性が居るのを知ると内心穏やかで無くなるものです。

好きと言われた男性の前でさりげなく異性の話題を出してみて、その反応を確認してみましょう。

もし、あなたに対して本当に付き合いたいという気持ちがあれば、あからさまに機嫌が悪くなるなど嫉妬の感情が透けて見えますよ。


確かめ方3. 彼女がいるか既婚者かどうかを確認する

好きと言われた男性に彼女がいるのかどうか、もしくは既婚者なのかも知らないということもあるでしょう。

そんな時は別の機会で彼女が居たり、既婚者だったりするのかさりげなく確かめてみるのがおすすめ。

もし、相手に彼女や結婚相手が居れば、あなたに対する「好き」は「人として好き」という意味だと分かるでしょう。


確かめ方4. 「彼氏欲しい」と口にして、反応や態度を伺ってみる

相手の男性への返事をひとまず保留して、普段と同じように接するという女性も多いはず。日常の何気ない瞬間に「彼氏欲しい」と言ってみて、相手の反応や態度を伺うのも男性の真意を知る方法の一つです。

もし、男性のあなたへの気持ちが本気であれば、きっとあなたにアプローチをしてくることでしょう。

一方、脈なしなら「いい人に会えると良いね」と応援してくれるので、あなたを人として好きだと分かりますよ。


確かめ方5. 曖昧な関係になりそうな場合、「付き合ってるの?」と聞いてみる

男女関係ではあるあるですが、好きと言われたのに返事をせずにいると中途半端な関係になってしまいがちです。

そんな曖昧な関係になりたくない方は、ストレートに「私達って付き合ってるの?」と聞いてみると良いでしょう。

男性の真意を聞きたいというあなたの気持ちを察して、きっと相手も恋愛対象として好きなのか、人として好きなのかを教えてくれますよ。


男性に好きと言われたらどうする?3つの上手な返事や答え方

「もしも、中途半端な返事をして勘違いさせてしまったらどうしよう...」

付き合ってない男性に好きと言われた時にどう返事をすれば良いか分からないという女性もいらっしゃるはず。

ここでは、男性への上手な返事や答え方を紹介していきます。


答え方1. 気になる人の場合「付き合ってってこと?」と可愛く聞いてみる

もし、好きと言われた男性に良く思われたい気持ちがあるなら、あなたの可愛らしさをアピールするのがおすすめ。

「それって付き合ってってことかな?」と冗談っぽく聞いてみると男性の真意を聞くと、同時に相手の気を引く効果もあります。

返事次第ではすぐに交際スタートという可能性もあるので、気になる人には積極的にこの方法を使ってみてくださいね。


答え方2. 彼女がいる人や既婚者の場合、褒め言葉なため「ありがとう」と感謝を伝える

相手に大事な相手が居るのであれば、「好き」と言われても恋愛対象としてではないことがすぐに分かります。

例えば、彼女がいる人や既婚者に言われた場合は、「好き」という言葉はあなたへの褒め言葉です。

「ありがとう」と素直に感謝の気持ちを伝えて、今後も良い関係でいられるように努めることをおすすめします。


答え方3. 「そう言ってもらえると嬉しいです」と喜びを伝える

相手が自分を恋愛対象として好きなのか、それとも人として尊敬しているという意味で「好き」と言ったのか分からない場合も多々ありますよね。

同じ恋愛対象でも本気なのか冗談なのか分からないこともあるはず。どっちとも取れる「好き」に対しては「そう言ってもらえると嬉しいです」と喜びを伝えるのが無難です。

とりあえず喜びの気持ちを伝えた後で、あらためて相手に直接どういう意味なのかを確かめると良いでしょう。


好きと言われた時は、相手の反応を見て真意を見抜いてみて。

付き合ってない相手から「好き」と伝えられたら、告白の真意を知りたいのが女性ですよね。今回は、男性の真意を知る方法と、上手な返事の仕方を紹介しました。

男性に好きと言われて「それってどういう意味?」とお悩みの方は記事を参考にして相手の気持ちを確かめてみてくださいね。

もし、両思いの関係になれたらきっとバラ色の生活が待っていますよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事