【LINE】スタンプだけで返信する8つの男性心理|脈ありor脈なしの見分け方とは?

スタンプだけで返信する男性に困っている女性へ。本記事では、スタンプだけで返信する男性心理から、好意の見分け方まで大公開!

LINEの返信がスタンプだけの“8つの男性心理”|どんな意味があるの?

LINEの返信がスタンプだけの男性心理

「いつもLINEの返事がスタンプだけって、どういうこと?」

「こっちは長文で送ったのに相手からはスタンプのみ…意味が分からない」

など、男性からのLINEの返信がスタンプだけで文章なしという状況に戸惑っている女性もいるのではないでしょうか。

ここからは、LINEの返信がスタンプのみの男性の心理についてご紹介していきます。

相手の考えが把握できれば、その後の対応もしやすくなりますよ!


男性心理1. ダラダラと中身のないLINEをするのが苦手

「今日カフェ行ってきたよ」など、女の子同士がよくするようなLINEは、自分がさほど興味がない話題のため苦手とする男性は多いです。

どう返信すればいいか分からないから、当たり障りのないスタンプで対応しています。

「わざわざLINEで知らせなくても…」という、日常の出来事を報告されるのは困るというのが男性の心理なのです。


男性心理2. 既読スルーしたくないから、スタンプで会話を終わらせたい

LINEの返信がスタンプだけの男性心理は既読スルーしたくない

一旦やり取りが終わるような内容のLINEがきても、そのまま既読無視しておくことに対して心苦しく感じる男性もいます。

相手のメッセージを無視しているように見えるのを避けるために、スタンプのみを使用するのです。

「ちゃんとメッセージを読んだよ」というニュアンスを伝えたいことから、最後は自分で返信して会話終了にしたいのでしょう。


男性心理3. いい感じのスタンプを使って、女性の反応を待ってる

男性の中には、女性との話のきっかけや笑いのネタになればと思い、お気に入りのスタンプやギャグ要素のある有料スタンプを購入することもあります。

「この人とLINEすると面白い」と女性に思われれば、気に入ってもらえると考えているのです。

このタイプの男性の場合、スタンプに対して反応してあげると食い気味で返信がくる場合が多いでしょう。


男性心理4. 返事に困っていて、後でゆっくり考えてから返したい

長文LINEや、相談LINEなどが送られてきた場合など、すぐに返信する時間がない時は、一旦ゆっくり考えたいという男性も少なくありません。

その際、長時間未読無視や既読無視をしていると相手に変な誤解をさせるかもしれないと思って、一旦スタンプで返信をしているのです。

「ちょっと待ってて」みたいなスタンプを送ってくる男性に多い心理と言えますよ。


男性心理5. まだLINEを続けたいけど、話題が思い浮かばない

女性に比べて、男性はマメにコミュニケーションを取るのが苦手な人が多いです。

とりあえず困ったらスタンプのみで返してみて、相手からリアクションがくればいいなと思っているのでしょう。

もっとLINEで話をしたいと思いながらも、いい話題が思いつかないから困ってスタンプを送った…という感じなのです。


男性心理6. 気持ちを素直に文章で伝えるのが苦手

LINEの返信がスタンプだけの男性心理は恥ずかしい

「ありがとう」など感謝の気持ちを文章で改まって伝えるのが恥ずかしいと思う男性もいます。

LINEスタンプならお辞儀をしているようなものや「感謝」という文字が入っているものを気軽に使えるため、自分の気持ちをしっかりと表現できます。

このタイプの男性は、照れ隠しもありスタンプのみを使用しているといえますよ。


男性心理7. 文字だけだと冷たい感じがするから

男性の中には、LINEの文字だけで挨拶ややり取りをするのは、こちらの表情や雰囲気などが読み取りにくいので、冷たい印象を与えかねないと思う人も。

例えば、「元気?」や「おやすみ」だけだとイマイチ気持ちが伝わりにくいため、ほんわかする可愛いスタンプを使っているのです。


男性心理8. 興味がないからやり取りを終わらせたい

女性に対して好意がない場合、「スタンプだけで返信しておけば興味がないという事が伝わるだろう」と思っているケースもあります。

あなたからのLINEを正直面倒に感じていて「今すぐにLINEを終了したい」と思っているのです。

このように、恋愛感情がないことから、雑な返し方をあえてする男性も少なくありません。


LINEの返信がスタンプだけの男性は脈あり?脈なし?

LINEの返信がスタンプだけの男性の脈ありサイン

「好きな人にLINEで連絡するといつも返信がスタンプ…これって脈なし?」

「意味深な有料スタンプのみで返事が来た。もしかして好意があるのかな?」

文章なしでは、なかなか判断が難しい脈ありのサイン。

ここからは、LINEの返信がスタンプだけの男性の好意の見抜き方をお伝えしていきます。

脈ありか脈なしか分かれば、アプローチできるか諦めた方が良いのかも把握できますよ!

男性の好意の見抜き方
タップすると移動します

【参考記事】はこちら▽


LINEで分かる男性の脈ありサイン

男性は、LINEではなく会って話せばいいと思ってしまうため、素直な気持ちを文章で伝えるのが女性よりも苦手

ここでは、そんな男性からLINEスタンプが送られてきたときに、脈ありと判断できるケースについて見ていきましょう。

【参考記事】はこちら▽


脈ありサイン1. LINEを送ったら必ず返信をくれる

あなたに好意があって、既読無視は絶対にしたくはないと思っているので、どんな内容でもリアクションしてくれます。

例えば、 「仕事今終わったよー!今月残業多すぎる...」というメッセージをすると「お疲れ様」や「ファイト!」といったスタンプで返信。

このように、どんな時でも必ず返事をしてくれるのは、脈ありの証拠と言えますよ。


脈ありサイン2. 質問をしたらしっかり答えてくれる

LINEの返信がスタンプだけの男性の脈ありサインは質問にしっかり答えてくれる

脈なしな相手には、常にスタンプで返してもいいと思っていても、脈ありな女性に関してはちゃんとした対応をしてくれるはず。

普段中身のあまりないLINEだとスタンプで返しがちな男性も、質問をすれば丁寧に文章で返してくれていませんか?

「おすすめの映画ある?」「カメラ買うならどこのメーカーが良いと思う?」など相手が返しやすい質問をして、しっかり答えてくれるのなら、脈ありの可能性が高いでしょう。


脈ありサイン3. 相手からあなたのことを知ろうとしてくれる

好意がある相手のことは、いろいろ知りたいと思うもの。

もし、男性が以下のようなことをあなたに聞いてきたら、ポジティブなサインです。

誕生日好きな食べ物趣味休日の過ごし方好きな音楽

いつもはスタンプだけという男性が、あなた自身について知ろうとメッセージを送ってくる場合は、脈ありと考えるのが自然ですよ。


脈ありサイン4. 返信が1日以内に来る

忙しい男性でも、好きな人や恋愛の対象として意識している女性に対しては、できるだけ早く返信をしようと努力します。

たとえ、残業で夜遅く帰宅して、他にもやることばいっぱいあるという場合でも、その日のうちにスタンプだけは返す男性が多いです。

既読無視はしたくなかったので、とりあえずスタンプを送り、また後で返信しようと思うのは、気になっている相手だからこそ。

一方で、返信が2,3日後になった場合は、あなたにそこまで興味はなく脈なしと言えます。


脈ありサイン5. デートの日程を具体的に決めてくれる

LINEの返信がスタンプだけの男性の脈ありサインはデートの日付を決めてくれる

興味がある女性とは、早く2人で会いたいと思うのが男性心理です。

デートの約束が決まりそうな状況では、スタンプだけではなく「再来週以降だと仕事落ち着く!」など、日程について具体的に提案してくれます

スムーズにランチやディナーなどの約束ができそうな場合は、あなたに好意を持っていると考えていいでしょう。


LINE以外の行動や態度で分かる男性の脈ありサイン

男性は好きな人に対しては、いくら隠そうとしても無意識のうちに行動や態度にどこかの形で出てしまうもの。

しかし、人によっては世話好きなどの性格の可能性もあるので、『自分だけにしてくれるか』という点を踏まえて、男性の本心を見極めましょう

ここからは、LINE以外の行動や態度で分かる脈ありサインについて解説していきます。

【参考記事】はこちら▽


脈ありサイン1. 会った時はたくさん話してくれる

LINEが苦手な男性との連絡は、返信があっさりとした感じに見えて、冷たくされているように思えてしまいます。

ただ、会った時にはにこやかに「話したいことたくさんあってさ~!」と楽しそうにしているなら、単にLINEを使いこなせてないだけで、好意は持っている可能性が高いです。

もしも、会った時も素っ気なかったり面倒な返し方をしているようだったら、脈なしなので見極めてくださいね。


脈ありサイン2. 目を見て話してくれる

LINEの返信がスタンプだけの男性の脈ありサインは目を見て話してくれる

好きな人に対しては、嫌われていないか、自分の話がつまらなくないかなど、あなたの反応を気にしているからこそ、目を見て様子を伺います。

会って話をしている最中に、恥ずかしくて思わず目をそらしたくなるくらい男性と目が合うと思ったら、それは脈ありのサイン。

一方で、視線が反対の方向を向いていたり下を向いていて、全く視線を合わせようとしない場合は、脈なしかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


脈ありサイン3. 話す時の距離が近い

好きな人に対しては、自分が他人には踏み入られたくないと感じるパーソナルスペースにも、積極的に入れたいという心理が働きます。

そのため、話をしている時に体や顔の距離が、普通よりも近いことが特徴です。寄り添うように体を寄せてきた場合なども、好意を持っている証拠。

その逆で、あまりにも相手を遠く感じる場合は、恋愛対象として見られてないと思っていいでしょう。


脈ありサイン4. 体や足先がこちらを向いている

男性の中には、目を見て話せない恥ずかしがり屋の人もいます。でも、好意があると体や足先は、自然とあなたの方を向くものです。

よそ見ばかりしているように見えても、気付くてもと男性の体が自分のほうに前のめりになっていたり、足先が自分の足とくっつきそうなくらい寄っていたりした場合は、脈ありと言えます。

一方で、全くこちらを向いておらず、スマホの画面ばかりを見ているような男性は脈なしです。


【相手別】LINEの返信がスタンプだけの男性へ“6つの対処法”

LINEの返信がスタンプだけの男性への対処法

「好きな人からLINEスタンプだけ送られてきたら、何て返事すればいい?」

「スタンプだけの返信が多すぎる…面倒だから良い対応方法が知りたい」

など、LINEの返信がスタンプのみの男性に対して、どう反応すべきか迷っている女性も多いはず。返し方によっては、相手に勘違いされることもあるので注意が必要です。

ここからは、LINEの返信がスタンプだけの男性への対処法を具体的に解説していきます。

男性への対処法
タップすると移動します

好きな男性への対処法は?

男性は意味のないLINEを続けるのが得意ではないので、相手の気持ちを考えたうえで会話をすることが大切です。

ここからは、LINEの返信がスタンプだけという好きな男性に対する対処法について見ていきましょう。


対処法1. 自分もスタンプだけで返してみる

同じ種類のスタンプを使ったり、スタンプだけで会話をしたりして、それに対してまたどんなスタンプがくるのか見てみましょう。

相手が「疲れた〜」というスタンプを使ってくれば、同じように「疲れた〜」のLINEスタンプのみで返すようにしてみてください。

スタンプで会話をしてみることで、何度か繰り返すうちにスタンプだけではなく普通の文章での会話に発展する可能性がありますよ。


対処法2. 文章で返したくなる内容でLINEをする

LINEの返信がスタンプだけの男性への対処法は返信したくなるようなラインを送る

相手は、文章で書くほどの内容ではないと思ってLINEスタンプを送っているケースもあります。そのため、具体的な返信が必要になる質問をしてみましょう。

例えば、「この前〇〇君が言ってたラーメン屋さん、なんて名前だっけ?」など、相手の知っていることや興味のあることについて深堀りするのがおすすめ。

そうすれば、きっとスタンプではなく文章で返してくれるはずですよ。

【参考記事】はこちら▽


対処法3. スタンプについて触れてあげる

スタンプを使って、女性の興味を引きたいと考える男性も中にはいます。

もし、好きな人からのLINEの返信がスタンプのみだった場合は、まずイラストや言葉について思ったことを以下のように伝えてみましょう。

「そのスタンプ面白すぎる!」

「やば、面白すぎw」

「そのキャラクターめっちゃ好きなんだよね!」

など、いい感じのリアクションをすることで、男性は嬉しくなってまたスタンプを返してくれたり文章で答えてくれたりして、楽しいやり取りができるはずですよ。


対処法4. 自分が一方的に話さないで、会話のキャッチボールをする

男性はLINEでのコミュニケーションに不慣れなので、対応に困ってしまうことが多々あります。そのため、その日にあったことを報告するような日記系LINEはしないようにしましょう。

例えば、「今日カフェ行った」という内容はNG。「パソコンの使い方で分からないことがあるんだけど、詳しい?」など、相手が返信に困らないLINEをすることがポイントです。

コミュニケーションが上手く取れ始めると、スタンプだけではなく男性と会話できるようになりますよ。


対処法5. ダラダラとLINEを続けないで、早めにデートの約束をする

LINEの返信がスタンプだけの男性への対処法は早めにデートの約束をする

男性の中にはLINEでの連絡があまり好きではなく「何通もLINEするなら会った方が早い」と考える人も少なくありません。

あたなも早く恋愛関係に発展したい場合は、回りくどい連投などは避けて、ストレートにデートに誘ってみるのも一つの手です。

「今、面白そうな映画やってるんだけど、今度の週末一緒に行かない?」というふうに、誘ってみましょう。

男性は無駄にLINEに時間を取られることがないので、モヤモヤした気持ちにならずにOKしてくれる可能性が高いですよ。

【参考記事】はこちら▽


興味がない男性への対処法は?

恋愛対象として考えられない男性には、無理してLINEを続けてもストレスになるばかり。基本的には、終わらせる方向でやり取りを行うべきです。

ただ、「既読無視をしてもいいの?」と悩む女性も多いのではないでしょうか。

ここからは、興味がない男性への対処法についてご紹介していきます。

興味がない男性への対処法
  1. そのままシカトする
  2. スタンプを使う
タップすると移動します

対処法1. そのままシカトする

スタンプを使ってあなたの興味を引こうという作戦だと思うので、変にスタンプについてリアクションしない方がベター。

好きでもない相手からLINEスタンプだけの連絡が来た時には、既読無視、または未読にしたまま返信しないようにしましょう。

既読が付いたのにスルーされれば、さすがに男性もあなたへのアプローチをやめるはずですよ。


対処法2. 「おやすみ」「バイバイ」系のスタンプを使う

LINEの返信がスタンプだけの男性への対処法はお休みのスタンプを送る

面倒な男性の中には、返信がくるまで何度もLINEスタンプを連投してくるケースもあります。そのため、会話を終わらせるためのスタンプを返信するのもあり。

例えば、

「おやすみ」

「バイバイ」

「さようなら」

などのLINEスタンプを返し、その後は何か言ってきても既読無視をして、相手にしないようにしましょう。


LINEスタンプのみで返信する男性には、相手に合わせて上手な対応をしよう。

LINEスタンプだけを返信してくる男性など状況に応じて対処しよう

LINEスタンプだけを返信してくる男性の心理をはじめ、脈ありサイン、対処法などをご紹介してきました。

スタンプの返信の意味がわからなくて悩んでいた方も、どう返すべきかが分かってきたのではないでしょうか。

好きな人への返信や興味のない男性への既読無視など、状況に応じて対応し、自分の悩みを解決していきましょう!


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事