付き合ってないのに“おはようLINE”を送る男性の5つの心理とは?

付き合ってないのにおはようLINEを送ってくる男性の心理について詳しく知りたい女性へ。今記事では、おはようLINEを送ってくる男性の心理から、上手な返し方まで詳しくご紹介します。

付き合ってないのに“おはようLINE”を送ってくる男性心理5つ

付き合ってないのにおはようLINEを送ってくる男性の心理

「毎日付き合ってない人からおはようLINEがくるのはなぜ?」

「おはようLINEへの上手な返し方を知りたい」

恋人じゃない男性から毎朝LINEがくると、理由が気になってしまいますよね。

おはようLINEを送る男性の心理を読み取れば、相手が自分に好意を持っているかわかる可能性があります。

ここからは、おはようLINEを送ってくる男性心理を解説しますよ。男心を理解して、恋愛スキルを磨いていきましょう。


男性心理1. あなたともっと仲良くなりたい

挨拶し合える仲というのは、男性にとって特別感があるものです。

あなたのことをもっとよく知りたい、恋人になりたいと思っているからこそ、恋人みたいに毎朝おはようLINEを送ってきます。

あなたから「おはよう」と応答がくれば、相手は嬉しい気持ちでいっぱいになるでしょう。


男性心理2. 好きだから、毎日連絡を取りたい

毎朝自然に送れるおはようLINEを活用し、好きな女性と常に連絡を取れる体制を作ろうと試みる男性もいます。

毎日やり取りを交わすためには、会話のきっかけが重要です。「おはよう」なら一日の最初のLINEに必ず使えるし、あなたからの返信も期待できると考えています。

反対に、夜に「おやすみ」とLINEすると会話がそこで終わってしまうため、自分からおやすみLINEを送りたがらないのもあなたのことが好きな男性の心理の一つです。

【参考記事】はこちら▽


男性心理3. 寂しがりやだから、かまってほしい

付き合ってないのにおはようLINEを送ってくる男性の心理は構ってほしい

常に周りに気にかけてもらいたい男性の場合、深い意味もなくおはようLINEを使用することがあります。

おはようLINEだけでなく、「元気?」「今日雨降るらしいよ。」などと、他愛もないメッセージが多い男性は、単にかまってほしい目的でLINEしてきている可能性が高いです。

あなたに恋愛感情を抱いているのかは現時点ではわかりませんが、心を許している存在として認識しているのは間違いないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


男性心理4. やり取りのきっかけにしたい

「いきなり用件から切り出したら、冷たい印象を与えそう。」

コミュニケーション能力の高い男性の場合、挨拶などでワンクッション置いてから会話をスタートさせるのが習慣となっていることも。

おはようLINEの後に事務的な内容がきたり、あなたに全然関係のない話をされる場合はこのパターンでしょう。

おはようLINEでワンクッション置いて、それをきっかけに会話を展開したい男性もいるのです。


男性心理5. あなたと自分は両想いだと思っている

付き合ってない状態でも、気持ちが通じ合っていると思った男性は、恋人のように振る舞うことがあります。

日常生活やLINE上のやり取りで脈ありだと判断し、「付き合うのも時間の問題だ。」と男性側が思っておはようLINEを送ってきている可能性も。

おはようLINEに加えておやすみLINEまで来るようでしたら、あなたとの特別な関係を意識しているといえるでしょう。


【好きな場合】毎朝送られる“おはようLINE”の返し方とは?

【好きな場合】おはようLINEに対する返し方

「好きな人からおはようLINEが来たら、なんて返そう?」

「上手な返信で、相手に効果的なアプローチがしたい。」

好きな人からのおはようLINEは、嬉しいのと同時に対応に悩みますよね。

変な返し方をしてしまうと、せっかくの仲良くなれるチャンスを逃してしまいます。

相手男性に好印象を持ってもらうために、おはようLINEに対する効果的な返し方を把握しておきましょう。

好きな場合
  1. 元気よく返信する
  2. 話題を振って返信する
  3. 照れつつ喜ぶ
タップすると移動します

好きな場合1. 「今日も仕事頑張ろうね!」と元気よく返信する

単に挨拶を返すのではなく、ポジティブな言葉を添えて返信できれば、男性に好印象を植え付けられます。

テンションの低くなりがちな朝の時間にこそ、

「おはよう!仕事で忙しいと思うけど、一緒に頑張ろうね!」

「今日重要なプレゼンがあるんだよね?応援してるよ。」

などと、男性の背中を押すようなメッセージを送るのが効果的です。

『あなたにおはようLINEを送ったら、毎回元気の出る言葉を返してもらえる』と男性にそう思わせることができれば、連絡のやり取りも活発になっていくでしょう。


好きな場合2. 続けて話題を振って返信する

おはようLINEを送ってくる男性は、おはようだけでなく、他の話題もあなたと色々話したいはず。

そんな男性の気持ちを汲み取り、あなたから話を振ってみると相手との距離がグッと縮まりますよ。

「そうはいっても、どんな話題を振ったらいいのかわからない…。」という人は、以下の具体例を参考にしてみて。

「昨日観たホラー映画面白かったよ!○○君はどんな映画が好き?」

「最近仕事で忙しそうだね。美味しいお酒が飲める居酒屋見つけたんだけど、今度行かない?」

大切なのはできるだけ相手と接点を作れるような話題を振ること。接点を増やしておけば会話が途切れにくくなり、話が弾みやすくなるでしょう。


好きな場合3. 「おはようLINEってなんか嬉しい」と照れつつ喜ぶ

【好きな場合】おはようLINEに対する返し方は嬉しいと喜ぶ

おはようLINEを送る男性からしてみると、女性から「おはよう」としか返信がないと、「付き合ってないのに毎回送って、迷惑に思われてないかな?」と不安に感じてしまいます。

あなたから「毎朝おはようメッセージありがとう!」と一言伝えてあげるだけで、男性側は安心し、嬉しく感じますよ。

とはいえ、どのタイミングでおはようLINEへの嬉しさを伝えればいいのか、迷ってしまうかもしれません。

スムーズに伝えるなら、おはようLINEが来た直後がおすすめのタイミングです。話題を遮って伝えると重たく感じてしまうので、注意しましょう。


【興味がない場合】おはようLINEが届いた時の返信の仕方とは?

【興味がない場合】おはようLINEに対する上手な返信方法

「付き合ってない人からのおはようLINEがしつこい。どうしたらやめてもらえる?」

「相手を傷つけずにおはようLINEが迷惑なことを伝えたい。」

付き合ってないのに、恋人のように毎朝「おはよう」と連絡がくるのは好きな人じゃない限りストレスですよね。

かといって、下手な対応をすると、相手を傷つけてしまいそうで心配という心優しい女性も…。

面倒なことにならないよう、おはようLINEをやめてもらうための上手な返し方を把握しておきましょう。


興味がない場合1. 素っ気なく返信する

冷たい反応をされれば、男性側も「脈なしなんだな…。」と諦めることができます。

冷たい印象を与える返し方の例としては、次の方法が挙げられます。

  • 「おはよう」の一言だけ返す
  • 絵文字を一切使用しない
  • 「おはよう」のメッセージスタンプだけ

相手に興味のないことを意思表示するのに効果的な方法ですが、友人関係が今後も続くような場合は避けたほうが良いでしょう。

相手を突き放す態度を取るため、連絡のやり取り自体を一切やめたい場合に活用してみてください。


興味がない場合2. 時間を空けてから返信する

あなたからの返信が極端に遅ければ、「こちらに興味がないんだな。」と男性側に悟らせることができます。

特におはようLINEは、会話のきっかけづくりとして活用する男性も多いため、返信がなければ次のメッセージも送りにくくなるでしょう。

はっきりと興味のないことを示したければ、夕方や夜、または翌朝に返信するのが効果的です。「おはよう」に対して、夜に「おやすみ」と返信すれば、それ以上会話は進展しません。

相手からのメッセージ頻度を意図的に減らせるので、しつこい質問やお誘いを受けるストレスも無くなるはず。


興味がない場合3. 既読スルーをする

【興味がない場合】おはようLINEに対する上手な返信方法は既読スルーする

メッセージを読まれているのに返信がない場合は、鈍感な男性でも脈なしとはっきり理解できます。

既読スルーをする際は、おはようLINEだけではなく、他のメッセージへの返信もやめましょう。

挨拶だけ無視しても、迷惑しているあなたの気持ちは伝わらず、メッセージは止まりません。

稀に、既読スルーをしていてもあなたの意思が伝わらず、LINEし続けてくる男性もいます。その場合は最終手段になりますが、ブロックを検討してみてください。


おはようLINEが来たら、その男性とどうなりたいかで返信を変えてみて。

おはようLINEへの正しい対応を学ぼう

おはようLINEを送ってくる男性の心理や対処法について解説してきました。

付き合ってない人から毎朝おはようLINEが届くと、どう対応すればいいのか不安になってしまいますよね。

好きな人であったら関係を近づけるチャンスとなりますし、興味のない相手からだとストレスの原因となってしまうかもしれません。

この記事を参考に、おはようLINEへの正しい対応を学び、快適なLINE生活を送りましょう。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事