忘れられない恋を忘れる方法5つ│忘れられない人の特徴とエピソードとは

あなたは過去の恋愛で忘れられない人はいませんか?今回は、忘れられない恋の特徴とエピソードを大公開。さらに、あなたが過去の恋愛を忘れられない原因と理由から、恋を忘れる方法まで詳しく解説していきます。男性も女性も、初恋や片思いなど、忘れられない恋の経験がある人は、ぜひ参考にしてみて。

心の深くにある「忘れられない恋」とは?

忘れられない恋を忘れる方法

ふとした瞬間に思い出してしまう、忘れられない恋は誰にでもあるはず。

初恋の相手や自分から告白した相手、長く付き合った相手となると尚更です。

そんなに簡単には忘れられませんよね。

そこで今回は、忘れられない恋の特徴や原因、忘れる方法をまとめてご紹介します。

次に向かうためのステップアップとして、ぜひ参考にしてみてくださいね。


別れても忘れられないエピソードや恋の特徴

別れても忘れられない人。ふとした瞬間に脳裏よぎる恋は、誰にでもきっとあるはず。

そこでまずは、別れても忘れられない恋の特徴やエピソードをまとめてご紹介します。

共感できる部分をチェックしながら、読んでみてくださいね。


特徴1. 人生で初めてお付き合いをした人

男性女性問わず、初めて付き合った人は特別な存在となります。

今までにない世界を見せてくれたかけがえのない初恋の人。

初めてのデートや初めてのカップル旅行など、初めての体験にはいつも初めてお付き合いをした人がいました。

だからこそ、別れた後にどのような恋をしても、ふとした瞬間に楽しかったエピソードが蘇ってしまいます。

また、初めて付き合った人は自分の恋愛観を構築した人とも言えるので、ついつい今の彼氏や彼女と比べてしまうという特徴もあります。


特徴2. 自分はまだ好きだったのに振られてしまった恋

自分に「好き」という気持ちが残ったまま相手から別れを告げられた恋。

どうにか感情に整理をつけようとしても未練や割り切れない部分があり、別れてもなかなか忘れられない人も多いはず。

納得できる理由で別れたのならいいのですが「なんとなく」や「価値観が違う」などの理由で別れた場合は尚更。

どこで間違えたんだろう、何がいけなかったんだろうと自分を責めてしまうこともあり、忘れられない恋となります。


特徴3. ずっと片思いしていて結局実らなかった恋愛

ずっとずっと好きだったのに、実らなかった片思い。

付き合っていなくても好きだと自信を持って思えた人だったからこそ、そんなに簡単に忘れることはできませんよね。

相手が男性でも女性でも、ふとした瞬間に「今、何をしているんだろう」「あれからどうなったんだろう」と思い出してしまうはず。

長い間会っていなくても、片思いをしていたころのまま記憶されているものです。

ずっと片思いだった人は何年経っても憧れのままいてくれる忘れられない人です。

【参考記事】はこちら▽


特徴4. 結婚を視野にいれていたが、別れてしまった恋愛

具体的な将来が見えていたのにお互いの価値観のずれや環境の変化によって破局した恋も、心に大きく残ることが多いです。

特に、結婚を視野に入れていたり二人で将来のための貯金をしていたりしたら尚更。

「あのまま結婚していたらどんな未来があったのだろう」「なぜ私を選ばなかったんだろう」とさまざまな感情が渦巻きます。

一度は見えた未来があったからこそ、続きが見てみたかったという気持ちはなかなか消えないものです。


特徴5. 大好きだったのに遠距離になり、そのまま自然消滅した恋愛

お互い大好きだったはずなのに、引越しや仕事を理由に疎遠となってしまった恋。

そのまま自然消滅をした場合には「今は、どうしているんだろう」と思い出してしまう瞬間があるはずです。

特に、自然消滅をした後にいい人に出会えていない場合「どうして追いかけなかったんだろう」「どうして手放したんだろう」と考えることも。

しっかりと別れていないので、余計いろいろと考えてしまいますよね。

【参考記事】はこちら▽


特徴6. 5年以上付き合っていたが、結婚に対する意見が合わず別れた恋

5年以上の長い年月を共に過ごした相手のことは、忘れられない人として残る場合が多いです。

5年以上一緒にいると、様々なイベントや人生の節目を乗り越えてきたはず

だからこそ、生活の中にもさまざまなエピソードが染みついており、なかなか忘れられません。

別れた理由が結婚観の違いだった場合「今は幸せな結婚生活を送っているのかな」「私がもっと合わせられたらよかったのかな」と、さまざまことを考えてしまいがちです。


特徴7. 初めて自分から告白して付き合った恋人

自分から告白をするのはとても勇気がいること。その勇気を振り絞ってまで手に入れた恋人との時間は、なかなか忘れられません。

特に、初めて自分から告白した相手ならなおさら。付き合えて嬉しかったことや、本当に好きだった相手の一瞬一瞬が蘇る瞬間がありますよね。

また、自分から告白した相手への思い入れは誰でも大きいので、「今はどうしているんだろう」などと考えてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


過去の恋愛を忘れられない原因や理由とは?

忘れたいけど忘れられない恋に、憂鬱になる瞬間は誰にでもあるはず。

ここからは、過去の恋愛が忘れられない原因をご紹介します。どのような原因があって忘れられないのでしょうか?

当てはまることをチェックしてみてくださいね。


理由1. 自分が初めて本気で好きになった人だから

「嫌いではないから付き合ってみるか」「付き合ってから考えよう」ではなく、本当に心の底から好きになった人のことはなかなか忘れられません。

それだけ思い入れがあり、惚れ込んでしまう部分があったから。

他の人たちにはない魅力を知っているからこそ、ついつい思い出してしまうのです。

また、本当に好きだった分、元彼や元彼女の些細な瞬間まで見逃さずに覚えているのでしょうか。

「こんなことしてたな」「これ好きだったな」など、忘れられない恋だなと感じる瞬間も多く、初恋なら尚更思い出してしまいます。


理由2. 旅行や同棲など、初めての事をたくさん共有した相手だから

忘れられない人ととは、長い年月を共に過ごします。

だからこそ、同棲をしていたり一緒に旅行に行ったりと密な時間を過ごした相手との忘れられない恋は思い出してしまうもの。

多くの体験や経験、感情を共有できたからこそ、時間の根底に残っている記憶やエピソードがあるのです。

特に、彼氏や彼女と同棲をしていた場合は同じような風景、同じような瞬間をふと思い出して懐かしく感じることもあります。


理由3. 相手の親にも気に入られており、結婚すると思っていたから

結婚を前提としてお付き合いをしていた場合は、どうしても見たかった未来に未練が残ってしまいます。

一度は思い描いた生活や未来があったので「どうして叶わなかったんだろう」と思い返してしまう瞬間があるでしょう。

また、付き合っていた相手の家族と交流があった場合には、より鮮明に未来が思い描けていたはず。

家族とも仲が良くずっと続くはずだった関係が途絶えてしまったことは、なかなか忘れらないものです。


理由4. 長い時間を一緒に過ごした相手だから

一緒に過ごした時間が長いと、それだけ愛着や情が生まれます。

特に、何年も付き合っていた場合は、人生のさまざまな瞬間を共に過ごしてきたはずです。

5年や10年など長い時間を共にした場合には、家族同然

彼氏や彼女の記念日や誕生日、年末年始など思い返せばキリがないほどの特別な瞬間を共に過ごしています。

思い出のさまざまなところに相手がいるからこそ、そんなに簡単には忘れられません。


理由5. 外見も中身も含めて、自分にとって理想的な人だったから

こういう人と付き合いたい!とは思うけれど、なかなか理想の相手には出会えないもの。

しかし、性格と見た目のどちらもタイプでまさに自分の理想の相手だと思う人と付き合っていた場合、さすがに忘れられない恋となります。

初恋のように美化している部分もあると思いますが、少なくとも全ての理想を手に入れた夢のような時間だったのです。

別れてしまったことで夢から醒めたような感覚となり、なかなか簡単に忘れられなくなってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


理由6. 苦労して付き合えた人だったから

長年片思いしていた相手や何度も振られてやっと付き合えた相手のことは、別れたからといって簡単には忘れられません。

苦労して付き合いたかったほど、好きだった部分があったはず。

そして、何度でも告白をして長い時間がかかっても傍にいたいという執着があったはずです。

納得できる理由で別れた場合ならまだしも未練のある別れ方をした場合には、余計にいつまでも引きずってしまい忘れられない恋となります。


7. ずっと片思いのままで、思いを告げられず離れてしまったから

不完全燃焼の恋は、いつまでも忘れられないケースが多いです。

奥手で告白できなかった恋や他の恋人がいて思い伝えられなかったまま離れてしまった恋は、いつまでも美しいまま。

「付き合っていたらどうなっていたんだろう」「憧れだったなあ」など、消えない余韻が残っています。

また「思いきって告白しとけばよかったなぁ」と、勇気を振り絞って告白できなかったことに後悔が残っているケースもあります。

【参考記事】はこちら▽


過去の忘れられない恋愛を乗り越えて忘れる5つの方法

忘れられない恋をいつまでも引きずっていたくない!という人のために。最後に辛い恋を乗り越えるための忘れる方法をご紹介します。

大切な思い出を糧にして次の一歩を踏み出すための参考にしてみてくださいね。


忘れ方1. 辛いけれど、思い出の品や二人で撮った写真などは処分する

忘れられない思い出をより鮮明にできるアイテムがあることで、いつまでも思い出してしまうケースが多いです。

辛いかもしれませんが新しい恋に向かうために、二人の思い出の品や写真をスッキリと処分してしまいましょう。

一気に処分できない場合は、少しずつでも大丈夫。初めは見えない場所に隠すだけでも効果的です。

振り返る時間を少しずつ減らせるように部屋の整理や断捨離をするのもおすすめします。


忘れ方2. 仕事や趣味に打ち込んで、悩む時間を作らないようにする

過去の恋愛を振り返ってしまう瞬間を考えてみると、一人でいる時間や暇になった瞬間が多いはず。

一人でいると、楽しかったことや愛おしく思う瞬間が蘇ってしまいます

つまり、思い出してしまう隙間を与えることで、余計に忘れられなくなるのです。

そこでいっそのこと、趣味や仕事にとことん打ち込んでみるのも一つの手段。

あれこれ思い出す隙間がなくなり、恋人のことを思い出そうとする習慣から抜け出すことができます。


忘れ方3. 出会いの場に足を運び、より素敵な恋を探してみる

強制的に出会いの場や異性のいる場所に身を置くことも、一つの方法です。

いつまでも思い出に浸っていると、彼女や彼以外は考えられない!という思考から抜け出せなくなります。

初めは乗り気ではないかもしれませんが、出会いの場に出ていくことで「他にも素敵な異性がいる」と思えるようになっていきます。

過去は今からでは変えられないからこそ、前を向いて次の恋を探してみてはどうでしょうか。

【参考記事】はこちら▽


忘れ方4. 旅行に出かけて心身ともにリフレッシュしてみる

一人でいると忘れられない恋愛を思い出してクヨクヨしてしまう!という人は、心身ともにリフレッシュすることを考えてみましょう。

例えば「この旅行が終わったら全て忘れる」と決めて、傷心旅行に行くこともおすすめ。

環境を変えることで気持ちの整理がつけやすくなります

思い詰めていても苦しくなってしまうので、ずっと行きたかった場所や思い出の場所から離れられるところに身を置いてみることも一つの手段です。


忘れ方5. この機会に習い事や趣味など新しいものを初めてみる

辛い思い出を忘れられるほど没頭できるものがないという場合には、新しい自分に生まれ変わるための「自分磨き」を始めてみてはいかがでしょうか。

趣味や習い事など、今までとは違ったことに触れるだけでも刺激となります。

また、新しいコミュニティもできるので、クヨクヨと思い悩む時間も少なくなるはず。

どうせならもっといい女や男になって、次の恋に向かえるように準備をしてみましょう。


「忘れられない恋」はそれだけ真剣に向き合った証拠

今回は、忘れられない恋の理由や特徴、そして次の恋に向かうための忘れる方法をまとめてご紹介しました。

男性女性問わず誰にでも忘れられない恋愛は、きっとあるはず。それだけ真剣に誰かを好きになった証です。

だからこそ、無理に忘れられない恋を消そうとするのではなく、自分のペースでできることから始めていくことが大切

きっとこの辛さを乗り越えれば、次の恋が待っているはずです。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事