職場に馴染めない人へ。仕事で孤立せずに周囲と打ち解ける方法を解説

職場にうまく馴染めないと悩んでいる方へ。今記事では、職場に馴染めないと感じる瞬間から、職場に馴染めない人の特徴や原因、馴染めないデメリットや職場に打ち解ける方法まで詳しくご紹介します。ぜひ参考にして、会社の人との人間関係を改善しましょう!

「職場に馴染めない」と悩んでいる男女必見!

職場に馴染めない人

職場は、1日の大半を過ごす空間です。その職場で馴染めなかったり、孤立してしまうのは精神的に辛いものがありますよね。

また、馴染めていないと精神的だけでなく、仕事自体にも支障をきたすかもしれません。

そこで今回は、職場に馴染めない人の特徴や原因、打ち解けるコツなどをお送りします。日々の行動をほんの少し変えるだけで、意外と簡単に打ち解けられるものですよ。


そもそも職場に馴染めないと感じる瞬間やタイミングとは?

同じ職場、空間にいてもその人によって感じるものは異なります。「楽しい!」と感じている人もいれば、「馴染めない…」と悩む人も。

では、人が職場に馴染めていないと感じる瞬間とはどのようなタイミングなのか、いくつか例をご紹介しましょう。


タイミング① 社風やノリが直感で合わないと感じた時

会社ごとに社風、部署ごとにノリがありその雰囲気に対して直感的に「合わない…」と感じることがあります。いわゆる第一印象で自分から拒否してしまっているのが原因です。

特に、全く異なる業種、作業の職場に移動した時に感じやすいもので、1度でもそう感じてしまうと、その気持ちは日を追って大きなものに。精神的にもかなりのストレスになります。


タイミング② お昼ご飯や休憩時間に話す人がいない時

仕事中は1人で集中すべき作業もあるため、それほど孤独感は感じないでしょう。だからと言って、1日中1人で過ごしていれば誰しも気が滅入ってしまうものです。

特にすることがない時こそ、人は周りの存在を感じやすいため、お昼ご飯や休憩時間など、ふとした瞬間に1人でいることに孤独感を感じてしまいます。


タイミング③ 職場の人が楽しそうにしている輪に入れない時

転勤や移動などで新しい職場に入った時、既にある程度のグループの出来上がっているのが普通です。

思い切ってどこかのグループに声をかけられればいいのですが、中には性格的に一歩が踏み出せない人も。

自分が足踏みしているのに誰も気づいてくれず、かつ職場の人が楽しそうにしているとつい馴染めていないと感じてしまいます。


タイミング④ 仕事で質問したくても、誰に聞けばいいのか分からない時

仕事というのはチームワークがとても大切です。1人1人が自身の役割を全うし、かつ問題が発生した時には、周りが手助けすることでチームとして一体感が生まれます。

反対に、周りが手助けしてくれない、誰に相談したらいいか分からない状態というのはとても心細いもの。職場で1人孤立しているかのような印象を受けてしまいます。


タイミング⑤ 1年以上働いても、一向に同僚や部下との距離感を感じる時

その職場、部署に入ってすぐ打ち解けるというのはなかなかに難しいものですが、大抵の人は1、2ヶ月で雰囲気に馴染めますし、何人かは仲のいい同僚もできます。

しかし、中には人付き合いがあまり得意ではなく、つい相手から声をかけてくれるのを待ってしまう人も。

それでは関係が進展するはずもなく、同僚や部下との距離が開いたままで馴染めていないと感じてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


該当したら改善したい!職場にうまく馴染めない人の特徴

「馴染めていない…」と自覚のある人もいれば、本人に自覚はなくても周りが「あの人、馴染めてないな〜」と感じることもあります。

仕事はチームワークが大切なだけに、たとえ無自覚でも馴染めていないのは困るもの。では、職場に馴染めていない人の特徴を見ていきましょう。


馴染めない人の特徴1. 自分の業務しかこなそうとしない

職場に馴染めていない人にありがちなのが、周りへの配慮が足りないことです。なぜなら、仕事においてもっとも重要なのはチームワーク。

もちろん、1人で黙々とこなす作業も大切ですが、周りと連携できないといい仕事、いい人間関係には繋がりません。自分の業務をこなすことばかりに集中していると、周りから孤立してしまいます。


馴染めない人の特徴2. マイペースで協調性がない

誰しも自分にしっくりくるペースがあると思います。しかし、会社においては自分のペースを守ることだけでなく、上司や同僚など周りのペースに合わせることが重要です。

自分のペースだけを考えて作業してしまい、周りのペースを乱していると「この人、空気読めないな…」と会社でも浮いた、扱いづらい存在になっているかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


馴染めない人の特徴3. 仕事を覚えるのが遅い

仕事に対して得手不得手は誰にでもあります。だからこそ、世の中には様々な業種の会社があるのですが、必ずしも自分に合った職種に転職、部署に異動できるとは限りません。

もし、苦手な仕事に就いたとすると、日々の業務に苦痛を感じてしまったり、仕事を覚えられなかったりすることに。必然的にその職場自体に馴染めなくなってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


馴染めない人の特徴4. 常にテンションが低く暗い

学生時代から社会人になっても、コミュニティの中心にいるのは常に明るくて元気な人です。誰だって側にいて楽しい人、元気を分けてくれる人と一緒にいたくなります。

反対に、いつも暗くて喋りかけても何を言っているのか分からない人は近づき難いです。特に喋る時に相手の目を見れない人は馴染めていない可能性が高いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


馴染めない人の特徴5. コミュニケーション能力が低い

初対面の相手に自分のことを100%理解してもうというのはまず無理な話です。相手と何度も話をして、関わりを深めていく過程で少しずつ打ち解けることができます。

そのため、自分のことを「コミュニケーション能力が低い」と評価している人は孤立しやすいです。相手との距離を自分から詰めに行こうとしない特徴があります。

【参考記事】はこちら▽


なぜ馴染めないの?職場の人と打ち解けられない原因とは

自分としては普通に仕事をしているつもりでもなぜか馴染めない人もいます。これは馴染めない原因に気が付いていないからかも。

反対に、理由さえ分かれば解決することもあるので、ここからは職場の人と打ち解けられない原因をご説明します。


馴染めない原因1. 職場に馴染もうとする努力をしていないから

職場にコミュニケーション能力の高い上司、同僚がいればいいのですが、そう上手くはいきません。誰しも自分から周りに話しかけて、少しずつ打ち解けていくものです。

「誰か話しかけてよ!」と心の中で叫んでばかりではないですか?

受け身のまま誰かが話しかけてくれるのを待っているだけでは、まず誰も話しかけてはくれませんよ。


馴染めない原因2. 話しかけられてもそっけない態度をとっているから

新しい会社に転職、部署に異動したての時は何かとお節介を焼いてくれる人がいますよね。しかし、数日、数週間経つ頃には誰も話しかけてこなくなることも。

これはせっかく話しかけてくれているのにそっけない態度をとり、相手の気分を害しているためです。相手の好意を無下にしていては、仲良くなれる機会も逃してしまいます。

【参考記事】はこちら▽


馴染めない原因3. 飲み会やイベントに誘われても断っているから

プライベートは1人や友達と過ごしたいという人も多いでしょう。

仕事とプライベートを分けることは決して悪くないですが、完全に壁を作ってしまうのは問題があります。と言うのも、仕事を円滑に進めるには人付き合いも大切です。

上司や同僚からの飲み会、イベントに誘われているのに断ってばかりでは次第に孤立してしまいます。


馴染めない原因4. 自分から挨拶したり、話しかけたりできないから

会社というのは積極的な人に優しく、消極的な人には厳しくできています。上司や同僚、部下から話しかけてもらうのを待っていたのではダメなのです。

「コミュニケーション能力が低いから…」と消極的なままでは誰からも話しかけてもらえませんし、長引くほどにより自分からは話しかけづらくもなってしまいます。

つまり、自分から動こうとしないのが大きな原因です。


馴染めない原因5. 何事も自己完結しようとして、周囲に何の相談もしないから

誰しも頼られると力を貸したくなりますよね。特に職場ではトラブルを共有することが早期解決に繋がるだけに、打ち明けてくれる相手には好感さえ持ちます。

反対に、自分だけで解決しようといつも抱え込む人はどこか近寄り難く感じられてしまうことに。いわゆる「自分の殻にこもっている人」と判断され避けられてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


馴染めない原因6. 単独行動を好み、孤立しても気にしないから

誰しも多少なりとも周りの目を気にしながら生きています。特に社会人にとって会社は重要なコミュニティなだけに、上司や同僚からどう思われているかは気になるところです。

しかし、中には周りの目を全く気にしない人も。むしろ1人で過ごすことが好きで、孤独を感じにくい人もいるのです。このタイプの人は職場に馴染めなくて悩むことはまずありません。

【参考記事】はこちら▽


仕事にも支障をきたす?職場に馴染めないデメリット

職場に馴染めないとストレスが溜まるなどただ精神的に辛いだけでなく、仕事上での様々なトラブルにつながる可能性があります。

例えば、作業が円滑に進まなかったり、評価されずらかったりなど。具体的にどのようなデメリットがあるのかご紹介しましょう。


デメリット1. 職場の人と円滑なコミュニケーションがとれない

職場に馴染めない、孤立しているというのは上司や同僚とあまり話せていないことの表れです。当然、そのままの状態では今後も周りと打ち解けるのは難しいでしょう。

しかし、仕事は相手といかにコミュニケーションを取れるかが重要です。周りとの会話がない、関係が築けてしないのでは、仕事を円滑に進めることさえ困難になってしまいます。


デメリット2. 周囲から評価されにくいため、昇進や昇格が見込めない

人は関係を築けている相手に対して、高く評価する傾向にあります。これは会社にも当てはまることで、上司も人間ですから仲のいい相手を評価しがちです。

つまり、上司や同僚との関係が築けていないと適切に評価されない可能性があります。たとえ同僚と同じだけの結果を残していても、自分だけ昇進や昇格ができないかもしれません。


デメリット3. 職場の人間関係でストレスを抱えやすい

他人の評価を全く気にしない人は別にして、大抵の人は周りの目を気にしています。特に職場は1日の大半を過ごす空間ですから、周りにどう思われているかは重要です。

当然、上司や同僚との人間関係が上手くいっていないと精神的に辛くなりやすいですし、最悪のケースではうつ病など精神疾患を患ってしまうことも考えられます。

【参考記事】はこちら▽


職場に馴染めない人が、上手に打ち解ける方法やコツとは

職場に馴染めない原因が分かったからといって、そのままにしていては、まず解決することはありません。

大切なのは自ら一歩を踏み出すことです。職場の上司や同僚と上手に打ち解ける方法やコツを早速見ていきましょう。


打ち解け方1. 朝会ったら自分から挨拶することを心がける

相手から話しかけられるのを待っていては、いつまで経っても打ち解けることはできません。特に職場に馴染めていない状況が長引いている人ほど、周りからは話しかけづらいです。

ただ、いきなり自分から気軽に話しかけるのは難しいと思うので、まずは「おはようございます」と朝会ったら自分から挨拶するように心がけてみましょう。


打ち解け方2. 教えてもらったことはメモを取り、一度で覚える努力をする

何に対しても真剣に取り組む相手を、人は邪険にできません。むしろ真剣に取り組む姿勢に対して好感をもち、何かサポートできないかと積極的に関わろうとします。

例えば、上司や同僚から何か教えてもらう時はメモを取るようにしましょう。たとえ難しくても一度で覚えようと努力する姿を見せれば、周りからも認められやすくなりますよ。


打ち解け方3. 分からないことがあれば、周りの人へ質問してみる

相手から頼りにされて嫌な気分になる人はあまりいないですよね。特に、転職や異動など、まだその職場に慣れていない相手に対しては何かと世話を焼きたくさえなります。

もし分からないことがあれば、上司や同僚などに気にせず質問してみましょう。同じ質問を何度もするのは逆効果ですが、分からないことを素直に聞ける人は好感を得やすいでしょう。


打ち解け方4. 飲み会や会社のイベントには顔を出す

取引先に対してはビジネスライクでもいいと思いますが、上司や同僚などにまで固すぎるのは問題です。同じチームの一員として、相手のことを知る努力をしてみることも大切。

おすすめなのが、飲み会や会社のイベントに積極的に顔を出すことです。飲み会やイベントは話すきっかけになりますし、自分を知ってもらうだけでなく相手を知ることにも繋がります。


打ち解け方5. 日頃から笑顔で過ごすのを意識する

人は無意識下で相手の雰囲気、感情を読み取っています。例えば、「口数が少なくて暗い人」と「いつも明るくて楽しそうな人」、どちらに話しかけたいと思いますか?

もし、普段から暗い雰囲気を出してしまっているのであれば、笑顔を意識してみてください。口角をほんの少し上げるだけ、顔を上げるだけでも印象はガラッと変わりますよ。

【参考記事】はこちら▽


職場に馴染めない時は、勇気を出して自分から歩み寄ってみよう。

職場に馴染めていない、上司や同僚と会話がないというのはかなりのストレスです。ただ、相手から話しかけられるのを待っていては、まず今の状況は進展しません。

そんな時は、自分から一歩を踏み出しましょう。それこそ馴染めていない現状を上司や同僚に相談してみるのもおすすめ!ぜひ一歩を踏み出して、過ごしやすい環境を獲得してくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事