彼女と理想的な連絡頻度とは?男が忘れがちなLINEの注意点を紹介

彼女との理想的な連絡頻度について知りたい男性へ。今記事では、カップル間の理想の連絡頻度から、彼女と連絡をとる時の注意点まで詳しくご紹介します。人によって毎日連絡する、1日おきなど、快適な連絡頻度は異なるため、ぜひ参考にしてみてください!

彼女との連絡頻度で悩んでる男性必見!

彼女との連絡頻度

恋人と良好な関係を維持していくためにはコミュニケーションが大切。

しかし、あまりにも頻度が多すぎると相手に迷惑になってしまうかもしれませんし、かといってあまりに少ないと寂しい思いをさせてしまいますよね。恋人と連絡をとる理想的な頻度についてお悩みの方も多いのではないでしょうか。

この記事では、付き合いたてのカップルや遠距離恋愛のカップルなど、様々な条件ごとに平均的な連絡頻度や理想的な連絡頻度を解説しています。

恋人との連絡頻度に悩んでいる男性は、是非参考にしてみてくださいね。


そもそも、彼女との連絡頻度はどのくらいが理想?

先に結論をお伝えすると、どのくらいの頻度で彼女と連絡をとるのが理想的であるかは、それぞれのカップルの条件によって違ってきます。

付き合いたてのカップルや遠距離恋愛のカップルなら少し多いほうが良いでしょうし、忙しい社会人同士のカップルなら少し少ないほうがお互いの負担にならないですよね。

まずは、世間一般のカップルが平均的にどのくらいの頻度で連絡をとりあっているのか、条件ごとに解説していきます。


付き合いたてや遠距離カップルは「毎日」が大多数

まだお互いについての理解が深まっていない付き合いたてのカップルや、直接顔を合わせられない遠距離恋愛のカップルは電話やLINE、メールなどで毎日連絡を取り合うのが理想です。

付き合い立てのカップルはまだまだ相手のことをたくさん知りたいと考えますし、遠距離恋愛のカップルは会いたくても会えない気持ちを、せめてマメに連絡を取り合うことで慰めたいと思いますよね。

付き合いたてのカップルや遠距離のカップルなら、毎日連絡して会えない寂しさをできるだけ感じないようにしていくことが大切です。


付き合って1ヶ月以上の社会人カップルは「毎日or1日おき」が一般的

社会人には仕事がありますし、仕事関連の人間関係もありますから恋人ばかりに時間と意識を割くわけにはいきません。社会人同士で交際1ヶ月を超えているようなカップルなら連絡を取る頻度は、平均的に毎日あるいは一日おきといったところです。

忙しい社会人カップルなら、彼女への連絡はLINEで簡単な内容のメッセージを毎日何通かやりとりしたり、あるいは一日おきに電話で話すといった関係がお互いに負担にならず理想的でしょう。


学生カップルは「毎日」連絡をとる人が多い!

学校で毎日会う間柄だからこそ、家に帰ってからも学校という共通の話題や、その日あった出来事などで盛り上がりたいと考える彼女は多いです。

学生のうちは時間にも余裕があるため、学生カップルの平均的な連絡頻度は毎日です。

お互いに学生同士でいるうちは、毎日LINEや電話などでマメに彼女に連絡するのが理想的でしょう。

【参考記事】はこちら▽


彼女と連絡をどれくらいの頻度でとればいいか迷った時の対処法

彼女がどのくらいの頻度で連絡したがっているのか分からないと不安になりますよね。

世間の平均がどのくらいかということも気にしながら、彼女とコミュニケーションをとってお互いにとって一番いい連絡の頻度を探っていくのが良いでしょう。


対処法1. 彼女と理想的な連絡頻度について話し合う

彼女が今の連絡頻度に満足しているかどうかが不安なら、ストレートにどのくらいの連絡頻度が良いと思うか相談してみましょう。マメな彼女や遠距離恋愛中の彼女なら毎日連絡をとりあいたいと思っているかもしれませんし、1日おきくらいが良いと考える女性もいます。

もしかすると、彼女のほうもどのくらいの連絡頻度が良いか迷っているかもしれません。お互いの負担を減らすためにも、平均的なカップルがどのくらいの頻度で連絡をとりあっているのかなども考慮しながら話し合って決めていきましょう


対処法2. 大事な要件は電話でするなど、ルール決めをする

忙しい社会人は、お互いにとって負担にならない連絡頻度にすることが一番大切です。

簡単な内容の連絡はLINEで送ることにして、返信はいつでも都合のつくときでいいとあらかじめ決めておけば「早く返事をしないと」という焦りから解放されて負担が減るでしょう。

ただし、電話の着信にはできるだけ早く対応するとルール作りをしておけば、連絡の頻度が減った分、お互いの負担を減らしつつ内容の濃いコミュニケーションができるようになるはずです。


対処法3. 彼女の返信スピードになるべく合わせる

連絡の頻度はお互いのペースを合わせていくことが大切です。彼女が今よりももっとたくさんやり取りしたいと思っているなら増やすべきですし、少し負担が多いと思っているなら減らすべきです。

彼女がどう感じているかは、彼女の返信のスピードからある程度読み取れるでしょう。どんどん返信してくるならもっと話したいと思っているのでしょうし、返信のペースが遅いなら忙しいか何かで少し頻度を減らしたいと考えていると思われます。

連絡の頻度をどれくらいにするか迷った時は、彼女の返信スピードに合わせていくと、二人にとってちょうどいい頻度に調整しやすくなりますよ。

【参考記事】はこちら▽


男性がつい忘れがちなLINEの注意点/マナーをおさらい!

もし、最近彼女からの連絡が減ったと感じているのなら、もしかすると彼女が何かを負担を感じているのかもしれません。

最後に、女性が負担に感じがちな連絡の仕方を紹介します。自分の行動にあてはまるところがないかどうか、チェックリストとして使ってみてくださいね。


注意点1. 一方的にLINEを連投しない

LINEはコミュニケーションのためのツールです。実際に顔を合わせている時に片方が一方的に話しているのを会話とは言わないのと同じように、LINEで連投し続けるのもコミュニケーションとはいいません。

相手の頻度に合わせる姿勢を見せておかないと「自分のことしか頭にない自分中心な人間」と思われてしまいかねませんよ。

LINEでのやりとりは、会話のキャッチボールだということを意識して、お互いが話す形でやりとりをしていきましょう。


スタンプだとしても、連投は嫌がられるから注意!

どんなに可愛いスタンプだとしても、彼女からの返信がないのに連投するのはご法度。女性からすると「しつこい男」としか見られません。

LINEの文章だけでなく、スタンプも節度を守って使うように注意しましょう。


注意点2. LINEが苦手な彼女の場合は、臨機応変に電話で対応する

彼女がLINEでのコミュニケーションを苦手としていると、頻繁にLINEで連絡すると負担をかけてしまいます。

LINEはスタンプや顔文字などが使えて、ある程度は感情が伝えられますが、やはり伝えたいことを伝えきれない部分があります。電話なら話し方や声のトーンなどで感情も伝えやすく、LINEよりも電話の方が好きだという女性もいますよ。

彼女が連絡をとること自体を負担に感じてしまわないように、LINEを苦手としているなら電話での連絡を中心にするなど配慮しましょう。


彼女に合わせた連絡頻度を見つけてみて。

カップルが直面する連絡頻度の問題。彼女に寂しい思いをさせず、かといってあまり頻繁に連絡しすぎて、相手に負担にならないようにしたいですよね。

お互いにとってどのくらいの連絡頻度がちょうどいいのかは、世間の平均も気にしつつ、彼女に聞いてみたり、彼女からの返信の頻度を見てみたりなど、2人の間で徐々に調整していくようにしましょう。

二人の価値観に合った連絡頻度を見つけて、大好きな彼女と関係が長続きするカップルになってくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事