彼氏を怒らせた時に別れを防ぐ“上手な謝り方”。既読無視する男の本音まで紹介

ふとした瞬間に彼氏を怒らせてしまうことってありますよね。簡単な喧嘩なら良いですが、彼を激怒させてしまうと、どうやって仲直りすればいいのかわからなくなりますよね。そこで今回は、彼氏を怒らせてしまった時に別れを防いで仲直りする方法を解説していきます。悩んでいる女性は必見ですよ!

彼氏を怒らせた時の対応に悩んでいる女性へ。

彼氏を怒らせた時に別れを防ぐ上手な謝り方

つい余計なことを言ってしまい、彼氏を怒らせて音信不通になった経験はないでしょうか。「怖い」と思いつつも、怒らせた理由がわからないので仲直りの方法に悩むも少なくないはず

この記事では、彼氏を怒らせた理由と彼氏を怒らせたときの上手な謝り方、さらには彼氏を怒らせたときにやってしまいがちな行動を解説します。

彼氏を怒らせてしまった女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


何で怒っているのかわからない…。彼氏を怒らせた理由って?

彼氏を怒らせてしまった時、どうして怒らせたのか理由がわからないので、その姿に「怖い」と思ってしまうことも。でも、彼氏を怒らせる理由は、実は様々存在しています。

ここでは、彼氏を怒らせたときに考えられる理由について解説します。


理由1. 彼氏にわがままを言って困らせた

彼氏が忙しいのに独りよがりなことばかり言うと、彼氏はついイラっとしてしまいがち。

彼氏が明日朝早いのにも関わらず「仕事終わってから泊まりにきてほしい」なんてお願いしたら、彼氏は「忙しいのに…」と困ってしまいます。

相手のことを全く考えていない言動は、彼氏を怒らせる大きな要因になりやすいです。

【参考記事】はこちら▽


理由2. デートの約束の時間に遅れた

集合時間から何時間経っても姿を見せなければ、彼氏はカッとなって「今日のデートはなしね」と音信不通になってしまうケースも。

そうした姿に思わず「怖い」と思う女性も多いでしょう。

1ヶ月ぶりのデートなど、久しぶりであればあるほど、彼氏は久しぶりのデートを楽しみにしていた反動から、怒ってしまう可能性は高いでしょう。


理由3. 他の男性と浮気していることがバレた

自分の知らないところで知らない男性と浮気していれば、裏切られた感じがしてキレてしまう彼氏も多いです。場合によっては、「今日でもう別れよう」と言われて恋人関係が解消されてしまうことも

付き合っているのに相手に浮気されれば、好きだからこそ相当なショックを受けてしまいます。「もう一生会いたくない」などと言われることもあるかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


理由4. 彼氏のLINEを無視してしまった

仕事が忙しくてLINEをつい無視してしまった時など、彼氏は返信がないことに不安感を覚えます。時間が経っても返信がない場合、「なんで返信しないの?」と怒り出してしまうことも。

心配性、または嫉妬心が強い彼氏であれば、「もしかして他の男性と浮気しているのでは」と嫉妬しだすことも少なくありません。


理由5. 奢ってほしいと彼氏を財布代わりにする

デートで食事に行く度に「今日も奢ってもらっていいかな?」などと言われると、彼氏は「自分のことを財布としてしか見ていないのではないか」と思い、怒り出すことが多いです。

彼氏は自分のことを、財布代わりではなく彼氏として見てほしいと思っています。彼氏として見ていないのではと思い、ついカッとなることも多いでしょう。


理由6. 元彼と比較する

男性は嫉妬深い人が多いので、元彼など誰か他の男性と比較されると嫉妬心が働いて怒ってしまいます。

「元彼がさぁ〜」「前の彼氏とは〇〇に行ったんだよね」と言ってしまうと、「元彼の方が良いならそっちにいけば」などと怒って音信不通になることも。

男は女性と比較して他人と比較されることを嫌うので、元彼と比較されるとついムスッとなりやすいです。


理由7. 彼氏のプライドを傷付けるようなことを言う

男は基本的にプライドが高い生き物です。「あなたのそういうところがダメだと思う」「最近のあなたの話全然面白くない」などと相手のプライドを傷つければ、彼氏はついイラっとして音信不通になるかもしれません。

さらに他人と比較されることを嫌う男性も多く、他人と収入を比較したりセンスを比較したりすると怒るでしょう。


彼氏と怒らせた時に別れを防ぐ上手な謝り方とは?

余計な一言で彼氏を怒らせてしまった時、どのように仲直りすればいいか迷ってしまう人も多いでしょう。

ここでは、彼氏と怒らせたときに別れを防ぐ上手な謝り方を解説します。ぜひ参考にして、彼氏を怒らせてしまった時はぜひ参考にしてみてくださいね。


謝り方1. 数日間は彼氏の怒りが冷めるようLINEや電話など連絡を控える

彼氏の怒りが冷めるまで、あえて冷却期間を置くのもおすすめ。一度謝った後で彼氏から何も連絡がない時は、連絡を催促せずにひたすら待ちましょう。

怒っている時に連絡を催促すると、さらに怒ってしまう可能性もゼロではありません。冷却期間を少し置いたあとに再び謝れば、彼氏も冷静になっているので許してもらえる可能性が上がります。


謝り方2. 謝罪する時は、直接会って謝ること

彼氏を怒らせて謝る時は、LINEや電話ではなく直接「ごめんなさい」と言いましょう。LINEや電話で謝ってしまうと、彼氏は誠意を感じずにさらに仲が悪くなってしまうことも。

何か悪いことをしてしまった時、直接顔を見て謝ることは非常に大切なこと。彼氏は「ちゃんと反省しているんだな」と感じてくれるので、許してもらいやすくなります。


謝り方3. 彼氏の言い分をしっかりと聞き、怒りの原因を突き止める

彼氏の言い分にしっかりと耳を傾けることで、なぜ怒ったのか理解するよう努めましょう。原因を突き止めるので、「そういうことで怒ったのか」と理解でき、再発の防止にも繋がります

さらに言い分を聞けば、彼氏の怒りを溜めにくくもなります。言い分を聞いて「次からしません」と言えば、彼氏は許してくれるはずですよ。


謝り方4. 怒りの原因となった物事を消去する

もし彼女の浮気などが別れの原因になった時は、彼氏のいる目の前で相手のLINEの連絡先を消すのもおすすめです。「もうしないから」と言って謝っても、相手は口先だけだと思うので、100%信じてくれないことも多いでしょう。

証拠を見せて本気で反省しているように見せれば、彼氏は誠意を感じて許してくれるようになります。


謝り方5. 手料理など彼氏が喜ぶようなことをして、同時に「ごめんね」と伝える

彼氏の喜ぶようなことをしてあげれば、彼氏はカッとしていた怒りの感情が薄まる可能性もあります。手料理などで美味しいものを食べれば、彼氏も幸せな気分になるはず。

手料理だけでなく、一緒にお酒も入ったタイミングの時に「ごめんね」といえば、彼氏はいい気分で怒りがおさまっているので、「もういいよ」と受け入れてもらいやすいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


彼氏を怒らせた時にやってしまいがちなNG行動とは?

彼氏を怒らせてしまった時、いらないことをしてしまったおかげで、さらに怒らせてしまった経験はありませんか。

ここでは、彼氏を怒らせたときにやってしまいがちなNG行動を解説します。自分の行動が当てはまっていないか、ぜひここで確認しておきましょう。


NG行動1. 反発して主張を彼氏に押し付けてしまう

彼氏が怒った時、「自分だけが悪いわけじゃない」と反発するのはNG行動です。

彼氏が怒っていて正気ではないので、反論してしまえばさらに怒りが加速してしまい、音信不通になることも少なくないでしょう。

あまりにも主張を押し付けてしまうと、彼氏が冷めてしまい、最悪の場合別れに発展する可能性もゼロではありません。


NG行動2. 「そんなことで怒る?」と煽るようなことを言う

独占欲の強い彼氏の場合、嫉妬させるようなこと言って煽るとさらに怒り出します。他の男性と雑談していたり、男性も含めた何人かのグループで飲んだり、彼女からすると大したことではないと思わないかもしれません。

だからといって「そんなんで怒るの?」と追い討ちをかければ、「その人と付き合えばいいじゃん」と音信不通になる可能性もあるでしょう。


NG行動3. 徹底的に無視する

彼氏が怒った時にどうすればいいかわからず連絡を無視していると、彼氏は連絡がない状態に「自分と向き合っていない」と感じて、ついムッとしてしまうことも。

無視しているような時は、「彼氏と話すつもりがありません」ということを態度に出しているようなものです。

彼氏はちゃんと彼女と向き合おうとしているため、無視することでさらなる反発が高まる可能性が高いです。


LINEの既読無視、未読無視は頭を冷やしたいサイン

彼氏を怒らせた時、未読無視や既読無視など連絡を無視されることも多いはず。連絡がない時、彼氏は怒ってしまった自分を落ち着かせたいと思っています。

連絡がない時に「何で返信しないの!?」と責めてしまうと、さらに怒らせる原因になることも。既読無視などの場合は、1週間くらい待って彼氏を落ち着かせてから、もう一度「ごめんね」と謝ってみましょう。

【参考記事】はこちら▽


彼氏を怒らせてから全く連絡がない…。音信不通ってもしかして別れのサイン?

彼氏を怒らせたあとにLINEの連絡を無視された場合、彼氏はあえて彼女を遠ざけています。一度頭を冷やしたいと考えているので、連絡がない時はひたすら待つことをおすすめします。

場合によってはLINEをブロックされている可能性もゼロではありません。ブロックされたときは、彼氏は別れを考えている可能性が高いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


【やっぱり好き!】喧嘩別れしてしまった後の3つの復縁方法

彼氏を怒らせて別れてしまった時、まだ彼氏に気持ちが残っているので「別れたくない」と考えている人も多いはず。ここからは、喧嘩別れをしてしまったあとの復縁方法について解説します。

彼氏と復縁したいと考えている女性は、ぜひ参考にしてみましょう。


復縁方法1. 彼氏を怒らせた原因を知り、克服できるよう自分磨きをする

怒らせた原因を克服して新たな一面を見せれば、彼氏に再び振り向いてもらえる可能性が高まります。彼氏を怒らせた原因が分からなければ、もし復縁してもまた怒らせてしまうかもしれません。

再び復縁をしたい時は、以前と変わった姿を見せることが大切。「なんか変わったな」と思ってもらえることで、復縁に近づくでしょう。

【参考記事】はこちら▽


復縁方法2. 1~3ヶ月の冷却期間を経てから連絡する

彼氏と復縁したいと思っても、焦らず時間をかけて復縁を迫ることをおすすめします。「別れたくない」と思って仲直りしたい気持ちが先行してしまえば、彼氏も気持ちの整理がついていないので、復縁に失敗してしまうことも。

1〜3ヶ月の間、距離を置いて連絡がない状態にすることで、彼氏も冷静になれるので復縁を考えてくれるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


復縁方法3. 素直に「あの時は本当にごめんね…。」と誠意を込めて伝える

復縁するには、まずは仲直りから始めることをおすすめします。仲直りせずに復縁を迫っても、彼氏はOKしてくれないでしょう。「あの時はひどいことをしてしまってごめんなさい」と誠実に反省すれば、彼氏も許してくれるはず。

仲直りした後に再度、「やっぱり別れたくない」と好きな気持ちを伝えることで、復縁が近づきますよ。

【参考記事】はこちら▽


彼氏を怒らせた時は原因を知って改善していきましょう。

ここまで、彼氏を怒らせた理由から彼氏を怒らせたときの上手な謝り方、さらには彼氏を怒らせたときにやってしまいがちなNG行動や復縁方法について解説しました。

彼氏を怒らせてしまう理由も非常に様々です。彼氏を怒らせたけど理由がわからない時は、ぜひこの記事を参考にして、仲直りや復縁を迫ってみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事