彼氏の不機嫌モードに疲れた女性必見!一瞬で機嫌を直す5つの方法とは?

彼氏が不機嫌になって困っている女性へ。本記事では、不機嫌な彼氏の心理と機嫌の直し方を大公開!彼氏が不機嫌な時にやってはいけないことも解説してますので、ぜひ活用してください。

不機嫌になる彼氏の7つの心理|彼はどんな理由で怒ってるの?

不機嫌になる彼氏の心理

「帰ってきてから、ずっと冷たいのはなんなの?話しかけても無視するし…。」

「この間のデート、〇〇君が行きたいって言うから、ボーリングにしたのに。なんであんなに不機嫌だったんだろ?」

大好きな彼氏が不機嫌になっていると、彼女としては、どう対応したら良いのか困ってしまいますよね。

一体なぜ、彼氏は、不機嫌になるのでしょうか?

まずは不機嫌になる彼氏の気になる心理や、怒っている理由などについて、一つずつチェックしていきましょう。


心理1. 複数のことに追われて、心に余裕がなくなっているから

動画を見ながらネイルを塗り直して、ついでに友達とLINEもできちゃうのが、女性。一方、男性は、女性のようなマルチタスクが苦手な生き物です。

そのため、同時にこなさないといけないぐらい仕事が詰まっていたり、仕事やプライベートで悪い事が起こっていたりすると、あっという間に心に余裕がなくなってしまいます。

気持ちが追い詰められてしまうので、大好きな彼女に対しても露骨にイライラと不機嫌な態度を出してしまうのです。


心理2. プライドが高く、自分の誤りを認められないから

世の中には、厄介なことに謝ったら負けと本気で思っている人がいます。

明らかに自分に非があると分かってはいるけど、その非を認めて謝ってしまったら、男としてのプライドがなくなると思っている男性って、女性が思っているよりもはるかに多いのです。

「いや、確かに、約束忘れてた俺が悪いんだろうけど!けど!ゴメンとか言えるわけないし!」

などと、謎のプライドに阻まれて絶対に謝りたくない男性は、ひたすらダンマリを決め込みます。


心理3. こだわりが強く、思い通りになっていないことが許せない

不機嫌になる彼氏の心理は自分の思い通りになってないから

几帳面な性格の人には、自分なりのマイルールが数多く存在します。

「リモコンは、カウンター右端から3cm開けたところに置いてくれって、いつも言ってんのに、なんでいつも3cmじゃないんだよ!」

など、彼独自のマイルールは時に非常に細かく、それが守られていないとそれだけで不機嫌になってしまうのです。


心理4. 彼女に対する不満が溜まっているから

指摘して喧嘩になるぐらいなら黙ってたほうがマシと考えて、話し合いを端から放棄している彼氏もいます。

例えば、彼氏からの夜のお誘いを断る日が続くと、彼氏に不満が溜まるのはごく自然な事。

しかし、彼女を問い詰めても、喧嘩になりそうだし、喧嘩したところでお互いにますます険悪になるだけと考えて、言うのを我慢している表情に不機嫌さが出てしまっているのです。


心理5. 相手に不機嫌なことを察してもらいたいから

往々にして、男性は女性と比べて自分の感情を言語化するのが苦手な人が多いもの。

そのため、自分でも何が原因でこんなにも不機嫌になっているのかよく分からないけど、不機嫌であることには間違いないから、不機嫌さ全開の態度のままでいるのです。

そして、「彼氏である俺が不機嫌なんだから、彼女なら察してよ!」と考えているため、彼氏が思うように察してくれない彼女に余計苛立ちを感じているのです。

女性に多い察してちゃんタイプなので、ある意味女々しい男性ともいえますよ。


心理6. 彼女が原因ではなく、自分の調子が上がらないだけ

不機嫌になる彼氏の心理はストレス耐性が弱いから

ちょっとした事でもストレスを感じやすい男性の場合、空腹や眠気などの生理現象でも不機嫌になってしまいます。

「あ〜、腹減ったなぁ。昼食べ損ねたから、腹減りすぎてヤバい。」

「マジでうちの会社ブラック過ぎんだろ!今週ずっと3時間睡眠でも仕事終わらんとか、寝不足で俺が先に終わるわ!」

などと、お腹が空きすぎていたり、眠いのに寝れない状況だったりすることで不機嫌になってしまっているのです。

この場合、彼女に対して不機嫌になっている気持ちは一切ないのですが、彼女を気遣う余裕も今の彼にはないので不機嫌モードのままになってしまっています。


心理7. ただ、彼女に甘えている

仕事関係の人や、知り合って間もない人の前では、どんなに嫌な事があっても頑張ってにこやかな態度をキープできるのが大人の男。

しかし、男性にとって、大好きな彼女は自分が心を許して信頼できる存在。

彼女の前であれば、不機嫌になっても嫌われる事がないと甘えているので、取り繕うことなく存分に不機嫌になってしまっているのです。


不機嫌な彼氏の機嫌を直す“最強の対処法”5つ

不機嫌な彼氏への対処法

「不機嫌さ全開の彼って怖いからホントどうにかしたいんだよね。」

「仕事で嫌な事あると、デート中でも不機嫌な態度してきてさ、イラッとしちゃう」

彼氏が不機嫌になると、その扱いに困るのはどのカップルでも同じ事。

では、一体、不機嫌な彼氏はどのように接すれば良いのでしょうか?

ここからは、不機嫌な彼氏へのおすすめの対処法や接し方について一つずつチェックしていきましょう。


対処法1. 彼が落ち着くまでそっとしておく

正直なところ、不機嫌になっている理由が分からないと、いくら彼女といえど対処のしようがありません。

簡単なのは、とりあえず、放置しておくこと。

例えば、仕事や友人関係などで彼氏自身がキャパオーバーしている可能性がある時、彼女がいくらフォローしようとしても、的外れだったらフォローは無駄になってしまいます。

他にも、ただ眠いだけだったり、空腹なだけだったりもするので、一旦は彼の方から話しかけてくるまで気長に待ってきましょう


対処法2. 子供を扱うように甘やかす

ストレスが溜まりすぎると、無意識のうちに不機嫌になってしまう事って、男女問わずよくあるもの。

そんな時には、彼がストレスを解消できるようにさりげなく誘導してあげましょう。

「〇〇君、ねぇ、お願い。ちょっとだけでいいから、ハグしよ。」

などと、優しく言ってみましょう。

プライドが高く、あからさまな子供扱いを嫌がる彼氏なら、あなたが甘えたいフリをして、ハグしてみるのも良いでしょう。

軽いスキンシップは心身ともに安心できるので、彼氏のストレスも自然と解消されるはずですよ。


対処法3. 「疲れてるの?」と、相手の様子を伺いながら理由を探ってみる

不機嫌な彼氏への対処法は相手の様子をうかがいながら探る

不機嫌になっている人に、あれこれ質問攻めをしてもますます不機嫌になってしまうだけ。

「疲れてるなら、ちょっと横になる?」

「何か温かいものでも食べる?」

など、彼氏が「うん」「いいや」など、一言で答えられる質問をしていくと、なぜ、不機嫌なのか、その原因を探りやすいのでおすすめです。

ポイントは、彼の様子を伺いながら、少しずつ質問する事。立て続けに質問してしまうと、逆ギレされる可能性があるので気をつけて!


対処法4. 自分から先に謝って、彼が話しやすい雰囲気を作る

男性は何かとプライドが高い生き物

そのため、自分が悪いと分かっていても、プライドが邪魔して自分から謝ることが難しいのです。

「謝らなきゃいけないのは分かってるけど、謝りたくない!」という厄介なジレンマからくる不機嫌なのであれば、「なんか、キツい言い方しちゃってごめんね。」と、あなたの方から謝ってしまいましょう。

例え、あなたは全く悪くなくても、「彼女が先に謝ってくれた」という事実ができると、それだけで彼も謝りやすくなり、あっという間に不機嫌モードが解消されますよ。


対処法5. 理不尽な理由だったら、きちんと叱る

彼氏が不機嫌になっている理由が、とんでもなく理不尽な理由の時もあるもの。

そんな時は、きちんとその理不尽さを正してあげるのがおすすめです。

「今日は残業だからデートできないって、〇〇君が言ってたから、私も友達との予定入れたんだよ。それが急に残業無くなったから会いたいって、言われても無理なものは無理だよ。私にも予定があるんだよ。そんなことで不機嫌にならないで。」

などと、駄々っ子な彼氏は、きちんと叱りましょう。

叱った時は、あれこれ反抗してきますが、落ち着いて理解した時には彼の方から謝ってきてくれますよ。


【絶対NG】不機嫌モードの彼氏にやってはいけない5つのこと

不機嫌な彼氏にやってはいけないこと

「彼氏が不機嫌だったから、なんとかしなくちゃって思ったんだけど、余計に不機嫌になっちゃったんだよね。」

「不機嫌撒き散らす彼が嫌でさ、いつも喧嘩になっちゃうんだよね。」

彼氏が不機嫌な時に、良かれと思って彼女がした事が余計に彼氏を不機嫌にしてしまうこともあります。

では、一体何がいけなかったのでしょうか?

ここからは、不機嫌な彼氏にやってはいけないことや、NGな会話、行動などについて、一つずつチェックしていきましょう。


ダメなこと1. 「どうしたの?」と直球で聞く

不機嫌な時に、不機嫌の原因を誰かに説明することほど面倒な事はありません。

それにも関わらず、「なんか不機嫌だね。話聞くよ。何があったの?なんでもいいから話してみて。」なんて話を振られても話したくないだけ。

話を聞く気満々の彼女を無視するわけにもいかず、たった一言「いや、別に。何もないけど?」とぶっきらぼうに言われる可能性が高いので、どストレートに聞くのはやめておきましょう。


ダメなこと2. 「いつもすぐ不機嫌になるよね」とハッキリ指摘する

何かにつけ不機嫌になる彼氏は、彼女にとって正直かなりめんどくさいもの。

とはいえ、「〇〇君って、ほんとすぐ不機嫌になるよね。今だって、めっちゃ不機嫌じゃん。」などと、そのイライラをストレートに彼氏にぶつけると、確実に喧嘩勃発!

プライドの高い男性は、自分でも自覚している不機嫌さを、他の人に指摘されると余計に機嫌が悪くなってしまうので、キツく指摘するのは控えましょう。


ダメなこと3. ムカついて物や彼に当たる

不機嫌な彼氏にやってはいけないことは彼や物に当たる

不機嫌な人が側にいると、自分もイライラと不機嫌になってしまうもの。

だからといって、その不機嫌を彼氏ぶつけるわけにもいかず、代わりにガチャガチャと大きな音をたてて食器を片付けたり、ドアを乱暴に閉めたりしても、彼が余計に不機嫌になるだけ。

「なんだよ。さっきからイライラして。その態度はなんなんだよ!」

などと、お互いに不機嫌なまま、激しい喧嘩が始まってしまうので、彼が不機嫌な時は大人な対応をしてあげましょう。


ダメなこと4. 「言ってくれないとわかんないんだけど」と、問い詰める

イライラした時、そのイライラを口に出してストレス解消できる女性と違い、男性は自分の中のイライラや不機嫌な感情を言語化するのが苦手です。

そんな彼氏に、言葉で説明してくれと問い詰めるのはご法度!

「そんな事言われたって、イライラしてるだけなんだから、それ以上言えるわけないだろう!」などと、彼が逆ギレしてしまいますよ。


ダメなこと5. 大きくため息をついて、彼女側も不機嫌をアピールする

分かりやすく不機嫌な態度をとる時、あなたに自分がいかに不機嫌かを察して欲しかったり、甘えさせて欲しかったりする場合もあります。

そんな時に、あなたも不機嫌な態度をとってしまうと、彼はあなたに甘えることができなくなってしまいますよ。

また、お互いにあからさまに不機嫌な態度でいると話し合うこともできなくなるので、彼はますます不機嫌になってしまうので、不機嫌アピールはしないようにしましょう。


彼氏が不機嫌になったら、様子を見つつ上手な対処法を試してみて。

彼が不機嫌になった時、自分の殻に閉じこもるケースも多い。気を付けて対処しよう

正直なところ、彼氏が不機嫌な態度でいると、彼女はただ疲れるだけ。

完全に放置しておいて良いものか、様子を見つつちょっとずつ話しかけるか、不機嫌の原因が分からないと、余計に気を遣ってしまいますよね。

男性の場合、女性と違い、不機嫌になった時、自分の殻に閉じこもるケースも多いもの。

不機嫌な彼が余計に不機嫌になってしまわないよう、NGな対応だけはしないように気をつけながら、彼にあった対処法で様子を探っていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事