彼氏と仲直りしたい!喧嘩後の上手な謝り方&円満な関係に戻る方法とは

彼氏と喧嘩したら、仲直りできるか不安になりますよね。今回は、彼氏と仲直りする方法やLINEでの仲直りの仕方を大公開!さらに、彼氏が仲直りしたい時に見せるサイン、円満な関係に戻る方法も紹介します。仲良しカップルに戻るためにも、きちんと仲直りしてみてくださいね。

彼氏と仲直りしたい女性へ。

彼氏と仲直りしたい

彼氏と喧嘩をしてしまい、仲直りしたいのだけれども、謝り方やタイミングが不安。「もし連絡しても無視されたら…」「もし謝っても許してくれなかったら…」そんなことを考え出すとキリがありあせん。

本稿では上手に仲直りする方法や直接伝えにくい時のためにLINEで謝るコツ、仲直りした後の注意点、許してくれない時の対処法を解説します。


彼氏と仲直りしたい!彼氏と上手に仲直りする6つの方法

彼氏と喧嘩をして気まずい雰囲気になり、仲直りしたいと悩んでいるあなた。上手に仲直りする方法を知りたくありませんか?

これから説明する6つの方法を使えば、彼氏との気まずい関係を修復するきっかけとなりますよ。


仲直りの仕方1. 数日間距離を置く

彼氏と喧嘩をして気まずい雰囲気になったのであれば、数日間距離をおき冷却期間を設けると効果があります。

喧嘩をした直後は彼氏の頭の中もまだ興奮状態です。喧嘩をして頭が沸騰している状態で謝ったとしても話を聞いて貰えない可能性があります。

そんな時に焦って謝るのは逆効果。冷却期間をおいて冷静になる時間を作りましょう。


仲直りの仕方2. ご飯を作ったり、デートに誘ったりして仲直りのきっかけを作る

彼氏と喧嘩をして冷却期間をおいてからすんなり仲直りするために、あなたが普段通りに彼氏と接するのも大切です。

冷却期間をおくと彼氏は意外なほど冷静になっているケースがあります。彼氏が冷静な状態で妙にかしこまって謝ると、喧嘩を思い出してまた熱くなる可能性があるのです。

何気なく普段通りにあなたから誘うと、あっさりと仲直りできます。


仲直りの仕方3. 自分から彼氏に「ごめんね」と謝る

冷却期間をおいて冷静になった彼氏。男はプライドが高く仲直りしたいのだけれども、きっかけを見つけられないケースがよくあります。

彼氏なりに仲直りする方法を探すのですが、自分から謝るのはプライドが許してくれないのです。

なので、彼氏ではなく、あなたが歩み寄って、「ごめんね」と素直に謝るとすんなりと受け入れられます。

【参考記事】はこちら▽


仲直りの仕方4. 喧嘩の原因となった問題をお互い話し合う

これからも大好きな彼氏と付き合っていきたいのであれば、仲直りの話し合いはお互いの不満を確認するチャンスです。

喧嘩になる原因は些細なことでも、些細なことをきっかけにしてお互いの不満が爆発するケースが多くあります。

心にしこりが残らないように、お互いの不満も含めて本当の喧嘩の原因を話し合うと良いでしょう。


仲直りの仕方5. 仲直りの話が終わりそうになったら、ギュッとハグする

どんな言葉よりも、どんな仕草よりも、彼氏に気持ちが伝わるのは、2人の肌と肌のふれあいが1番です。

喧嘩をして仲直りするまでの間は、お互いに寂しい時間を過ごしてきました。この寂しく悲しい時間とも、ようやく別れを迎えられるのです。

あなたも彼氏も、お互いに感じていた寂しさを肌がふれあうことで瞬く間に癒やせます。


仲直りの仕方6. 最後は仲直りのキスで仲直り!

あなたと彼氏が、仲直りできたご褒美をプレゼントしましょう。肌のふれあいでお互いの寂しさが癒やされたので、喧嘩をおしまいにする合図が必要になります。喧嘩をおしまいにする合図には、軽いキスがおすすめ。

これからいつまでも続く2人の幸せな関係をお祝いして、彼氏にチュッとキスをすることで新たなスタートとしてくださいね。


基本的には対面。でも直接謝る自信がないならLINEもあり!

喧嘩の原因が深い場合の仲直りする方法は、対面が基本的な謝り方です。しかし、仲直りしたいけれども、気まずいと感じる気持ちもありますよね。

もし喧嘩の原因が些細なことであれば、いつも連絡している手段でも構いません。ここからはLINEを使った、上手な仲直りする方法を説明します。


1. かわいい謝罪スタンプと仲直りの文章を送る

仲直りしたい気持ちが強いと長文を送りがちですが、気持ちが伝わる謝り方ではありません。LINEを使った謝り方のコツはスタンプでワンクッションおいてから、仲直りしたい素直な気持ちをシンプルな文章にすること

LINEに限らず文章で気持ちを伝えるのに欲張りすぎると、本当に伝えたいことが埋もれてしまうからです。


2. 「LINEが来なくて寂しかった。」と送って謝る

上手な仲直りする方法は、彼氏に好きという気持ちを想像させることです。LINEで送信する文章は「LINEが来なくて寂しかった」などの、気持ちを想像しやすい文章が良いでしょう。これは電話で仲直りする方法よりも効果的です。

極力シンプルな文章にすることで、彼氏が読んであなたの気持ちを想像してくれる効果を生みますよ。

【参考記事】はこちら▽


実は彼氏も仲直りしたがってる?彼氏が見せる仲直りしたいサインとは?

喧嘩をした彼氏も決して別れたいわけではなく、冷静になると仲直りしたい気持ちが強まります。彼氏の仲直りしたいサインに気づくのは重要ですよね。

あなたがサインを見逃さないように、彼氏が送る良くあるサインを解説します。


サイン1. 彼氏と目が合うことがある

男はプライドが高いので、なかなか自分から謝れません。妙に彼氏と目が合うのはあなたに目配せをして、仲直りするきっかけを作って欲しいとアピールしているのです。彼氏は仲直りしたいのに口に出せず困っています。

このサインを見つけたら、あなたが少し大人になって、彼の仲直りしたい思いを受け止めてあげてくださいね。


サイン2. 彼女の前でわざと落ち込む

彼氏はあなたが思っている以上にデリケートで、喧嘩をしたやりとりを後悔するケースが多いです。

あなたを傷つけてしまった彼氏のとても大きな後悔の表れと考えてください。自らの愚かさを感じてわざと落ち込みアピールをするのです。

たとえ少し大げさな落ち込み方でも、あなたが持つ大きな優しさで包んであげてくださいね。


彼氏と仲直りする時に絶対やってはいけない4つの注意点

彼氏と仲直りする時に、あなたが絶対にやってはいけない4つの注意点があります。それは、意地を張る、笑いながら謝る、謝罪を強要する、感情的になる、などの4つの項目です。これらが何故ダメなのかを解説していきましょう。


注意点1. 意地っ張りになること

あなたが意地を張り通すと彼氏を意固地にさせて、別れという最悪の結末を迎える可能性大です。あなたが意地を張り通すことで、仲直りしようとしている彼氏のプライドを傷つけてしまいます。

また男性はやられたらやり返すという、性格の持ち主でもあります。大らかな気持ちで接するのも、仲直りのコツといえるでしょう。


注意点2. ヘラヘラと笑いながら謝る

プライドが高い彼氏にヘラヘラと笑いながら謝るのは、仲直りできる可能性を低くします。男はプライドが高いので、軽い謝罪は馬鹿にされていると考えるからです。謝るのであれば目をしっかりと見て、真剣さをアピールしてください。

また謝るからといって長々と伝えると、余計な印象を与える可能性があります。謝り方も、短く気持ちを込めると効果的です。


注意点3. 彼氏に謝らせようとする

あなたに非がなかったとしても、彼氏に謝らさせるのは避けたいところです。

男の負けず嫌いな性格があるために、たとえ彼氏に非があったとしても大概認めません。そこにあなたが謝らさせようとすると、彼氏が意固地になる可能性大です。

あなたが謝ると即座に、彼氏からも謝罪の言葉を聞けるので、少し大人になった気持ちでいてください。


注意点4. 再び言い合いになった時に感情的になって「別れる!」と言ってしまう

彼氏と仲直りの話し合いの最中に、またヒートアップしてしまう可能性があります。

仲直りしようとしているのに、謝っているはずが喧嘩したことを思い出してしまうからです。ヒートアップした感情に任せて、別れるとは決して言わないでくださいね。

一度彼氏は冷静になり、仲直りしようと話し合いをしています。そこで感情的になると、彼氏の心をまた動かすのは相当大変です。


彼氏と仲直りした後で円満な関係に戻る方法

晴れて彼氏と仲直りできたといっても、円滑に付き合える関係に戻さなければなりません。彼氏との円滑な関係に戻すための、喧嘩が起きた原因の改善、喧嘩の蒸し返し、彼氏への愛情表現という3つのキーワードで説明します。


1. 喧嘩の原因を改善するよう必ず努力する

彼氏と仲直りをする過程で、今回の喧嘩の原因が把握できるはずです。

そしてほとんどの場合、お互いに何かしらの原因があり、喧嘩に至っているはず。把握できた喧嘩の原因としっかり向き合わなければ、今後取り返しのつかない喧嘩に発展する可能性も。

彼氏にも悪い点があったとしても、あなたにも改善する余地があったはず。改善する余地に気を配り、円滑な関係作りに努めましょう。


2. 喧嘩の内容を蒸し返したりしない

付き合う時間は常に良好であるわけではありません。お互いに虫の居所が悪く、時には小さないざこざもあることでしょう。円滑な関係に戻すには、小さないざこざの際に今回の喧嘩の内容を蒸し返さないのが大切になります。

仲直りをして終わった話を蒸し返すのは、彼氏のプライドを傷つける行為となりますので注意が必要です。


3. 彼氏に愛情を注いであげる

彼氏のことが好きでたまらないあなた。そんな気持ちが実って、ようやく仲直りできた関係です。愛しているということを、これまで以上に彼氏の気持ちを想像しながら伝えるのがとても大切。そのためには彼氏の現状を、良く把握しなければなりません。

時間が空いたらできるだけ会う、時間が取れなければ電話で彼氏の声を聞くなど、あなたが彼氏の気持ちを想像できる環境を整えましょう。


許してくれない場合は、1〜2ヶ月距離を置いて再度謝ること

一般的に男は、気持ちを切り替えるための時間がかかるといわれています。LINEや電話も無視されて全く許してくれないのであれば、1〜2ヶ月くらいの冷却期間を設けましょう。大半の男は1〜2ヶ月で気持ちが変化します。

長い人だと半年程度、気持ちを切り替える時間がかかる場合も。冷却期間と割り切って、じっくりと心の変化を待ちましょう。


彼氏との喧嘩別れを避けて、上手に仲直りしましょう。

喧嘩をして仲直りするには、謝るタイミングと謝り方が大切です。この2点を間違えてしまうと、同じ言葉で謝ったとしても仲直りできない可能性が出てきます。

彼氏を気遣い、彼氏の立場になって物事を考えることで、最適な仲直りする方法が見つかるはずですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事