彼氏と喧嘩別れしない仲直り方法|LINEの送り方&既読無視の対処法とは

彼氏と大きな喧嘩をすると「もしかして、別れるのかな?」と不安な気持ちになりますよね。今記事では、彼氏との喧嘩別れを防ぐための仲直りの仕方について徹底解説!また、LINEの送り方や既読無視をされた時の対処法や注意点まで細かくお教えします。彼との喧嘩で悩んでいる女性は必見ですよ!

彼氏との「喧嘩別れ」を防ぐ方法を大公開!

彼氏と喧嘩別れしない仲直り方法

「できれば喧嘩なんてしたくなかった…」と後悔していても、仲直りするにはどうしたらいいのか方法が難しいですよね。「このまま喧嘩別れになってしまったら…」という不安もあるでしょう。

今回は、彼氏と喧嘩別れしない仲直り方法をご紹介します。仲直りの秘訣や、LINEで仲直りする方法、喧嘩中やってはいけない行動などをご紹介します。


彼氏と喧嘩した時に仲直りしやすいベストな期間って?

カップルの喧嘩は仲を深めるともいえますので、喧嘩することが悪いわけではありません。しかし、仲直りができなければ、カップルの喧嘩は悪い出来事となってしまいます。

そこで今回は、彼氏との喧嘩で仲直りしやすいタイミングをご紹介。喧嘩後、直近派か数日派かはカップルによって異なりますので、あなたたちのベストな期間をチェックしましょう。


1. 喧嘩した後すぐに仲直りする

特に同棲中のカップルは感情的になりすぎず気持ちに歩み寄り、その場で解決することができればベストです。喧嘩の最中はイライラしてお互いを攻撃しがちですが、喧嘩の最中だからこそお互いの気持ちに寄り添うことが大切。

感情的にならず話し合いで喧嘩の原因を解決することができれば、喧嘩した後すぐに仲直りすることができるでしょう。どんな時でもお互いの気持ちを理解しようとする姿勢が大切ですよ。


2. 数日開けて、お互いの熱を冷ましてから仲直りする

イライラした気持ちを落ち着かせてから、話し合いをすることで素直に話せることがあります。喧嘩中の様々な感情では素直な気持ちを伝えられないことがありますが、お互いの熱を冷ますことで見えてくる素直な感情があるはずです。

喧嘩をすると話し合いが難しいカップルは少し気まずいかもしれませんが、喧嘩後から数日あけて熱を冷ましてから話し合いをすると仲直りに繋がりやすいでしょう。


彼氏と喧嘩別れしないようにする上手な仲直りの5つの秘訣とは

好きだからこそ感情的になってしまうのに、喧嘩がもつれ別れに発展してしまうカップルは少なくありません。

喧嘩別れなんて悲しい結末になってしまわぬよう、謝り方や、狙うべきタイミング、謝る以外の方法など仲直りの秘訣を5つご紹介します。


秘訣1. 直接会って、「無理させてたよね…。ごめんね。」と素直に謝る

大切な気持ちは目を見て伝えるのが効果的です。最近では電話のやりとりが増え、LINE上で喧嘩になってしまった。なんてパターンもあるでしょう。どこにいても時間関係なくメッセージを送れるのがLINEのいいところです。

しかし、素直な気持ちは直接伝えることが大切。ただ謝るだけではなく相手の気持ちに歩み寄る言葉を加えることで、相手の心に響く言葉になるのです。

【参考記事】はこちら▽


秘訣2. 手作りのご飯やお弁当を作ってあげる

仲直りしたい雰囲気を出した、ツンデレアピールで仲直り作戦。「謝るのが苦手」な方や、「今回は絶対に折れたくないけれど仲直りがしたい…」という方は、自ら謝らずとも彼氏に歩み寄ってみると良いでしょう。

手作りのご飯やお弁当を作ってあげれば、彼氏があなたの気持ちを察して、スムーズに仲直りができるかもしれませんよ。


秘訣3. 誕生日や記念日が近い場合は、手紙を添えてプレゼントを贈ってみる

サプライズの感動と素直な言葉に、彼氏も穏やかな気持ちになってくれるでしょう。誕生日や記念日は本来なら二人仲良くお祝いする日です。

喧嘩をしたことで「今回のお祝いはナシ」と思っていたところにサプライズプレゼントなんて、好きな人からされたらなおさら嬉しいはずです。

プレゼントには手紙を添えて、手紙には素直な気持ちを込めることが仲直りの秘訣ですよ。


秘訣4. 「大好きだから、早く仲直りしたい」と彼氏に愛情表現をする

謝ることも大切ですが彼氏にあなたの本音が伝わるかが重要です。カップルの喧嘩は相手が好きだからこそ、生じてしまうことがほとんどです。また、好きだからこそ仲直りしたいと思うのでしょう。

好きという気持ちと、仲直りしたいという気持ちを素直に伝えることができれば、彼氏もあなたの愛に気付かされ仲直りへ進むでしょう。

【参考記事】はこちら▽


秘訣5. ギュッと抱きつくなど、スキンシップをする

怒りの感情を驚きで停止させ、安らぎで機嫌を取り戻す作戦です。喧嘩中にギュッと抱きつかれる行為は、ほとんどの男性が予想していないでしょう。不意をついた行動で怒りは一時停止し、抱きつかれることの安心感が生まれます。

そして、怒りは消え冷静な思考になるのです。怒っている時の急な展開は、人を冷静にさせるのに効果的と言えるでしょう。


喧嘩した彼氏と仲直りするLINEやメールの送り方4選

直接会って話せない場合や、顔を合わせたら気まずいし、うまく謝ることができるか心配という方は、電話を使ってLINEやメールで仲直りできたら良いですよね。しかし、LINEやメールの文章では気持ちが伝わるか不安…。

こちらでは喧嘩した彼氏と仲直りする文を4つご紹介します。


1. 「彼氏からLINEが無くて寂しかった。本当にごめんね。」と伝える

彼氏にあなたの気持ちを想像させる内容を送ることがポイントです。「LINEが無くて寂しかった。」と言われたら、彼氏は「毎日俺からの連絡を待っていたんだな…」と考えるでしょう。

そして「本当にごめんね。」と言われることで、仲直りしようという気持ちになるはずです。

素直な言葉からはあなたの気持ちが溢れるので、深く考えず「ごめんね」に気持ちを添えてみましょう。


2. 「喧嘩しちゃったけど、やっぱり大好き!」と好きな気持を告げる

モメても尚、彼氏への愛は変わらないことを伝えるのも効果的でしょう。喧嘩し攻撃し合うことで傷付いて嫌いになってしまったり、考え方の違いに冷めてしまうこともあるでしょう。

その一方で、「喧嘩をしてもやっぱり好き」と思えるのは素晴らしいことですよね。気まずいかもしれませんが彼氏に素直な気持ちを告げて、お互いに同じ気持ちなら即仲直りができそうです。


3. 「喧嘩は嫌だったけど、前よりもっとあなたのことが知れた!」と前向きな内容を送る

喧嘩をすることで相手の中身を再確認することができます。喧嘩をすることは悪いことではありません。相手の気持ちや考え方を知ることができ、カップルの仲を深めるきっかけにもなります。

喧嘩で嫌な思いをしたこと、それでも彼氏のことが知れたから結果的に良かったと思っている前向きな内容で連絡しましょう。何事も前向きな姿勢は人を元気付け、付いていきたいと思わせるパワーがあります。


喧嘩中に別れに繋がるやってはいけない行動とは?

感情的になり過ぎ言い過ぎてしまうこともあるでしょう。時には、たった一つの行動が別れを左右する原因になることも…。

こちらでは、喧嘩中に別れに繋がるやってはいけない行動をご紹介、彼氏の感情に着目すると喧嘩中のNG行動が分かってきますよ。


行動1. 気持ちのこもらない形だけの謝罪をする

その場しのぎの謝罪が相手に伝わると、相手は嫌な思いをし様々な悪い感情が生まれます。彼氏が何で怒っているのか分からなかったり、面倒臭いからといった理由でとりあえず謝って済ませようとするのは止めましょう。

特に同棲中のカップルは喧嘩に慣れてしまい、気持ちのこもらない謝罪になりがちです。

気持ちのこもらない形だけの謝罪は、お互いを知ることができず喧嘩のメリットを生まない他、彼氏を冷めさせてしまう可能性があり、別れの危険性が生じます。


行動2. 一方的に彼氏が悪いと決めつけて責める

仲直りの近道は冷静に話し合い、お互いがお互いを受け入れることです。喧嘩の理由を彼氏だけに押し付け、彼氏の意見は全く聞こうとしない。なんてことでは、彼氏は何の解決も見出せず「この恋は成長しない」と思ってしまうでしょう

お互いの意見を尊重しながら、一緒に愛を育んでいくからこそお互いが恋愛を楽しめるのです。自分の意見を押し付けるだけでは、別れに繋がってしまいますよ。


行動3. 元彼と比較する

カップルの間で前の恋人と比較するのはタブー、特に喧嘩中は絶対にNGです。喧嘩の最中にお互いがいら立っている中、思わず「元カレはこうだったのに!」などと、比較する言葉を発してしまったら彼氏は更にイライラするでしょう。

男性は特にプライドがあるので他の男性と比べられ、格下になることを嫌います。更に「だったら俺じゃなくてもいいよな…」という考えに発展する可能性もありますので、元カレと比較するような発言はしないように心がけましょう。


行動4. TwitterやFacebookなどSNSに喧嘩に関連する内容を投稿する

ネタにされたと思われたり、反省の色がみえないと受け取られたりすると、喧嘩をこじらせてしまいます。

喧嘩の理由を細かく投稿されれば「悪口」と捉えられてしまいますし、「仲直りしたい…」などの投稿は直接言われたわけではないので響きませんし、リア充な投稿は反省の色がみえません。

結局、どんな投稿も悪い方向に繋がる可能性があるのです。喧嘩中はSNS投稿を避けるのが無難でしょう。


行動5. 「一緒にいるのが辛い」と言う

同棲中など長い時間を共にしているカップルは特に、喧嘩をしていると嫌な感情がたくさん出てきてしまい、ポロっと発した言葉が彼氏を深く傷付けてしまうことがあります。

例えば「一緒にいるのが辛い」などという言葉は、「好きだから付き合っているのに辛い思いをさせているんだ」と彼氏は傷付くでしょう。

どんなに大きな喧嘩をしても、この言葉は今言うべきことなのかを考える冷静な判断が大切です。


彼氏と喧嘩してLINEも既読無視…。謝っても無視された時に注意すること

せっかくこちらから謝ったのに、既読無視をされたら傷付きますよね。しかし、無視された後の行動によって、喧嘩の状態を悪化させてしまうことがあります。

彼氏と喧嘩をして謝ったのに電話の既読無視…。そんな時に注意すべき行動をご紹介、感情に任せた言動や、焦ったが故の行動に注目ですよ。


注意すること1. 「無視とかあり得ない!」など彼氏を責めない

彼氏はあなたに意地悪をしたくて、返信しないわけではないかもしれません。謝ることにも勇気が必要ですよね。せっかく意を決して謝ったのに「無視なんてヒドイ」と思ってしまう気持ちは分かります。

しかし、彼氏にも考えていることがあったり気持ちの整理に時間が掛かっているのかもしれません。彼氏を怒ったり泣くなどして責めずに気長に連絡を待ってみましょう。


注意すること2. 既読無視されたからと言って、スタンプを送りまくらない

電話のLINEをみたはずなのに返事がないと不安になってしまいますが、一方的にLINEを送り続けるのは逆効果の可能性があります。既読無視されて泣くスタンプなどを送り続けても、彼氏の心へ響くとは限りません

もし彼氏が今回の喧嘩の原因などを考えていると最中だったとしたら、「俺の気持ちより自分の気持ち優先なんだな」と思われてしまう危険性がありますので、スタンプの連続送信は注意しましょう。


注意すること3. 彼氏に直接会いに行く

既読無視をされたからといって、居ても立ってもいられず感情に任せた行動は止めましょう。会いに行って何を話すのか、うまく気持ちを伝えることができるのか、彼氏はその時どう思うだろうか。などしっかりと考えましょう。

会いに行って泣くなんてことになっては、彼氏に「ウザイ」と思われてしまい逆効果になってしまうことも…。喧嘩中に感情に任せて彼氏に直接会いに行くのは、リスクがあるといえるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


喧嘩ばかりするカップルは別れやすい?喧嘩をしても仲が良いカップルの違いとは

喧嘩する程仲が良いとも言いますが、喧嘩ばかりするカップルは分かれやすい傾向にあります。では、喧嘩する程仲が良いという言葉に当てはまるカップルとは、どんなカップルなのでしょうか。

喧嘩ばかりするカップルと、喧嘩しても仲の良いカップルの違いについて見ていきましょう。


違い1. お互いがお互いのことを思いやっているかどうか

喧嘩をしても相手を尊重する気持ちを忘れなければ、喧嘩は話し合いで解決できるでしょう。

喧嘩しても仲が良いカップルは、お互いの気持ちが知りたいという思いと、では今後どうしたらうまくやっていけるかという改善策などを話し合います。

しかし、喧嘩ばかりのカップルはお互いの思いやりが足りないので、自分の主張ばかりになり話し合いができず喧嘩ばかりで疲れたという状況になりがちです。


違い2. 喧嘩の際に、相手の主張を受け止めているかどうか

「相手は今どんな風に感じているのだろう」と、お互いを知ろうとすることで分かり合うことができます。

喧嘩しても仲が良いカップルは、相手の主張を受け止め今後に繋げようとします。一方、喧嘩ばかりのカップルは自分の主張を押し付け合うばかりなので、喧嘩はエスカレートするばかりで二人の関係性の発展がないのです。


違い3. 喧嘩ばかりするカップルは思い込みが強く、「ごめんね」が言えていない

嫌な思いをさせたことに気付き、すぐに謝ることができたらベストです。

喧嘩しても仲の良いカップルは意思の疎通ができているので相手が嫌がることは避け、もし嫌な思いをさせてしまうことがあっても、自ら傷付けたことに気付き、謝ることができます。

しかし、喧嘩ばかりするカップルは相手のことを理解していないので、マイナスな方に思いこむ傾向があり素直に謝れないので、状態を悪化させ喧嘩ばかりで疲れたという状況にさせるのです。


彼氏との喧嘩別れを防ぐためには、彼女からの歩み寄りが大切ですよ。

相手が好きだからこそ起きるカップルの喧嘩、感情的になり過ぎ冷静になってから後悔することもあるでしょう。上手に仲直りする方法や、LINEの送り方を参考に、ベストなタイミングで仲直りをしましょう。

また、喧嘩別れや喧嘩ばかりで疲れたという状況にならない為には、彼氏の気持ちを考えて行動することが大切です。

周りが羨ましがるような、喧嘩を今後に生かせるカップルになれると良いですね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事