本当の美人に共通する15の条件│外見も性格も美人になる方法とは

男性だけでなく、同性からも綺麗と思われる本当に美人な女性。女性なら誰もが憧れる存在ですよね。今回は、美人に共通する15の条件と美人に近づく方法をレクチャーしていきます。鼻・あご・おでこ・歯並びなど顔パーツのバランスの良さや、上品で女性らしい性格など、美人の特徴を徹底解説!

男性からも女性からも「美人」と思われる女性っていますよね。

本当の美人に共通する条件

美人とは多くの人から好感を持たれ、様々な席で歓迎される華やかで男女の誰もが憧れる存在です。今回は美人の定義から、美人になるための方法まで解説していきます。

具体的には美人が共通して持つ顔の特徴に加え、知る人ぞ知る美人顔の黄金比率、誰もが本当に美人だと思う条件とは何かを詳しく紹介。

また、顔だけでなく所作や考え方に至るまで、美人になるための方法もレクチャーします!


本当の美人に共通する15個の特徴と条件とは

本当の美人とはどんな女性のことを指すのか、美人なら必ず持っている特徴、美人といわれる条件を15個あげてみました。

特に顔立ちにフォーカスした美人の見た目に関することや、美人に共通する行動特性、どんな性格なら美人の条件に当てはまるのか見ていきましょう。


美人に共通する8つの「顔」の条件

誰もがパッと見て美人だと思う顔の条件をあげてみます。肌や顔の輪郭、顔の各パーツや配置バランス、笑うとチラリと見える歯まで、顔に関する美人条件を解説していきます。美人顔の条件に欠かせない黄金比率についても知っておきましょう。


顔の条件1. 色白で肌で透明感のある肌も持っている

いくら顔立ちが綺麗でも肌がボロボロだったら、まず美人とはいわれません。肌トラブルがなく、肌のトーンが整っていることが条件です。毛穴が目立たず、きめ細かい透明感のある肌で、血色のある頬をしていること。

それに加えて『肌の白いは七難隠す』ではありませんが、色白だとなお良いです。顔立ちがどうかという前に、肌の綺麗さがまずは美人の最低条件になります。


顔の条件2. 切れ長で眼力のある目or幅が広めのくっきり二重をしている

美人の条件として目力のある目があげられます。目力=目が大きくて存在感があることですが、切れ長で整っている目の形も重要なポイントです。最近は幅が広めのくっきり二重で、メイク映えする目を持っているのが美人のイメージとして定着しています。

目の形だけでなく、瞳の輝きや白目が綺麗なことも美人の条件です。充血した目を白くする眼薬を常備して常に透明感ある目を演出している人はもいます。


顔の条件3. 顔の輪郭はどんな髪型にも似合う「卵型」

現代の日本では、卵型の顔が良いと一般的にいわれています。欧米ではあごや頬の骨がしっかりしているのが健康的でセクシーだと好まれますが、日本人は彫りが浅く顔の骨が出ていると目立ちやすく、スッとした顔立ちが美人顔として認定されやすいです。

卵型の輪郭であれば、前髪を下ろしても上げてもバランスがよく、どんな髪型も似合います。卵型は横顔もすっきり見えて誰もに好かれる顔の形です。


顔の条件4. 鼻から顎にかけてのEラインが綺麗

「Eライン」とは「エステティックライン」ともいい、顔を横から見て、鼻とあごのそれぞれの先端を結んだラインのこと。口元が前に出ていないか、つまり出っ歯でないかを判断するための基準です。出っ歯では横顔が美しく見えません。

理想的な美人顔は、くちびるがEライン上になく内側にある女性です。これは高い鼻としっかり発達したあごのある顔立ちの成人女性を意味するのですが、日本人の場合は顔が薄いので成人になってもEラインの基準を満たさない人もいます。


顔の条件5. 程良い厚さで、潤いのある唇

唇は女性の顔の中で目の次に目立つパーツ。薄い唇はちょっと寂しい印象を受けるため、程良い厚みがあるのが美人の条件です。肌の項目でも紹介したように、いくら綺麗でも汚くてはNG。潤いがあってくすみや色むらがなく健康的な唇なのが前提です。

その時々によって流行の唇の形や質感がありますが、現在ツヤ感の高いリップは下火に。時代を問わず厚めの唇は情熱的なイメージになります。


顔の条件6. 鼻筋が綺麗に通っている

美人の顔を見てパッと目に付くのは目や唇ですが、顔の中央にある鼻の印象によっても美人かどうかが判断されています。鼻筋が綺麗に通っているのも美人顔の必須条件。ちょっと曲がっていると顔がゆがんで見えてあまり良い印象をもたれません。

鼻筋がある程度あるのも重要で、日本人に多い小さめな低い鼻ではなく、高い鼻の女性のほうが鼻筋がビシッと通り顔が綺麗に見えます。


顔の条件7. 顔全体のバランスが整っている

どんなに美人顔の理想的なパーツを揃えても、全部合わせた全体的なバランスがよくなければ、人は美人とは思ってくれません。人には個性があるから、顔の各パーツの大きさが多少バラけていることもあります。

どれか一つでも大きすぎたり小さすぎたりすると、パッと見た印象が悪くなって美人とは程遠い存在に。過ぎたるは及ばざるがごとしで、コンプレックスを隠すあまり、顔のパーツを過剰に大きく見せたり強調したりすると逆効果です。


おでこの端から眉頭、眉頭から鼻の下、鼻の下から顎までが1:1:1の比率が理想

美人顔の代表的な黄金比率として、おでこからあご先まで顔を3分割した1:1:1の比率が理想とされています。詳しくは、おでこの上から眉頭まで、眉頭から鼻の下まで、鼻の下からあごの先までが均等になっていることです。

女性なら知っている人も多いかもしれませんが、小鼻から黒目の外側を結ぶ線の延長線上に眉山があるのも眉メイクの理想形。黄金比率に近づくようにメイクすれば、綺麗な人と認識されやすくなります。


顔の条件8. 歯並びが良く、歯が白い

Eラインの項目でも紹介しましたが、歯並びがきちんとしているのも美人の条件です。日本では八重歯は愛嬌があってかわいいといわれるけれど、八重歯はあごの未形成や乳歯がうまく外れないなどのトラブルで生じたりするので、バランスを尊ぶ美人顔とはちょっとかけ離れてしまいます。

歯が白くて清潔感があるのも美人の条件です。コーヒー、紅茶などの習慣や加齢などで歯に色がつくことがありますが、丁寧にお手入れをして白さを保ちましょう。


美人に共通する行動や性格の条件

美人かどうかは顔だけでなく、その人が全体的にどんな人かによって判断されるのが普通です。

全身がどんな装いなのか、態度や雰囲気、考え方、行動パターンなど、美人に共通して見られる各種の条件を紹介しましょう。


行動・性格1. 清潔感のあるメイクやファッションをする

顔が美人の条件にぴったりあっていても、モード感たっぷりのエッジのあるメイクや厚塗りのベースメイクは浮世離れしていて清潔感が感じられません。

具体的には、パーツメイクが肌とかけ離れたダークな色味だったり、マットすぎて素肌の色を全く感じないベースメイクです。顔だけでなく、髪や爪先まで気を配って整えていることも大事になります。

サイズがきちんと合ったシワのない服を着ているか、履く靴はきちんとお手入れされているかもポイント。全身がトータルで美しいのが美人の条件です。


行動・性格2. ふんわりといい匂いがする

パッと見てわかる美しさの他、匂いからでも美しさが感じられる女性が美人といえます。特に男性は綺麗な女性のいい匂いに弱いです。

清潔感のある見た目だと、きちんと全身を綺麗にしているから悪いニオイはしませんが、それだけでは美人といわれるほどの一段上の評価は与えられません。

あからさまな強い香りではなく、ふんわりと柔らかく香る匂いであれば、誰も不快にさせず、その場を立ち去ってもいい印象だけが残ります。


行動・性格3. 上品な雰囲気があり、落ち着いている

堂々として品があり落ち着いているというのも美人の条件です。どんなに見た目が綺麗でも自信がなさそうにいると、貧相な印象でいい感じを受けません。上品な女性は社会性や常識をわきまえている感じがして、誰からも好印象を持たれます。

常に落ち着きのある態度でいるのも重要。クールなのではなく、表情は豊かで魅力的なのですが、ちょっとしたこと慌てないのです。何事も人頼みで騒いだりせず、冷静によく考えて解決するというのが評価されるポイント。

【参考記事】はこちら▽


行動・性格4. いつも姿勢が整っている

姿勢がよくて堂々としていると、たたずまいも歩き方も素敵で美しく見えます。姿勢が良ければ何をするにも動作や仕草が丁寧に見えてくるため、他人に好印象を与え美人と思わせるのです。姿勢がよければ、身体がゆがんだりしにくいから身体のラインも綺麗に見えます。

姿勢が悪くと他人に悪い印象を与えます。下を向くので暗く見え、だらりとして元気がなく自信なさげにも見えます。姿勢が悪いと自分にも他人にも悪影響を及ぼしてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


行動・性格5. 誰とでも別け隔てなく、平等に接する

他人に対して誠実に分け隔てなく対応し、かつ気づかいができる女性が美人といえるでしょう。美人は他人と調和をとりつつ、誰ともうまく接します。美人はとにかく人に悪い印象を与えません。

『八方美人』とはまた違います。八方美人は人当たりがよくて他人との円滑な関係を築きますが自分が損をしたくないから、他人に嫌われないように立ち回るのです。本当の美人は八方美人のようなあざとさはありません。

【参考記事】はこちら▽


行動・性格6. いつも笑顔で、前向きな考え方をする

前向き思考で何事にも全力で取り組んでいる姿は美しく見えます。前向きな性格だからウジウジせずにすぐに行動を起こせて、何をするにも人より先を行っていることもあります。多少のことがあっても常に明るくて笑顔で感じが良いから、周囲に人が多いのも美人の特徴です。

仕事でもプライベートでも本気で取り組むから、仕事でも恋愛でも成果を得やすく、それが美人の評価につながっています。

【参考記事】はこちら▽


行動・性格7. 向上心があり、好奇心旺盛

美人はポジティブで何事にも積極的に取り組み、恋愛でも仕事でも成果を上げて評価されても、それに満足せず、さらに上を目指そうとする向上心にあふれています。向上心が高くて、何事にも積極的だから好奇心も旺盛でとてもアクティブ

外見的に美しくあるべく磨きをかけるのはもちろん、内面的な教養や気づかいなどのマナーを身につけたり、ある分野が突出せずバランスよく優れているのが美人といえます。


憧れの「美人」になるための10個の方法

美人の条件となる外見、共通してみられる行動や性格などの美人の特徴がわかったところで、美人になるための10個の方法をここで紹介しましょう。

全て実行するのは大変で時間もかかりますが、少しずつでも努力すれば美人に近づけるはず。ぜひ頑張ってみてください。


方法1. 自分に似合うファッションやメイクを研究する

美人に該当する外見的な条件はある程度決まっていますが、それに近づけるようファッションやメイクを工夫することで綺麗さがアップしていきます。

美人が持つ理想的な体型や顔になれるよう、細見えしてバランスがよく見えるファッションや、美人顔の黄金比率に寄せたメイクを研究することで美人への道も開けてきます。

完全無欠のパーフェクトなルックスを持つ人は非常にまれです。美人といわれる人のほとんどは、努力や工夫、研究により綺麗になれるのです。


方法2. 規則正しい生活習慣を送り、肌のコンディションを整える

どんなにルックスが完璧な女性でも、元気がなかったり不健康だと美人とはいわれません。肌は健康を表すバロメーターでもあります。いくら自分が綺麗に見えるファッションやメイクを研究しても、肌がカサついていたり血色が悪そうだと意味がありません。

肌は正直だから、ちょっとした不摂生でも調子を崩したり化粧ノリも悪くなったります。健康的な肌になるには規則正しい生活を送って、バランスの良い食事を取り、常に肌のコンディションを整えましょう。


方法3. 歯列矯正をして歯並びを治す

美人の定義のひとつに、鼻からあごにかけての「Eライン」が綺麗なことがあげられます。出っ歯や八重歯など、美しいEラインの形成を邪魔する歯並びの悪さを矯正することで、自分の横顔を綺麗に見せられるようになるのです。

歯列矯正に限らず、意識して歯のお手入れをすると口臭や虫歯を予防できますし、健康な歯や口は健康的な身体づくりのベースとなります。笑顔もより魅力的になることでしょう。


方法4. 運動を定期的に行い、健康的な体を作る

定期的に運動することで、健康的な筋力や骨の形成や内蔵機能を育み、ひいては健康的でしなやかな女性らしい体型を作れます。一瞬目を見張るような活発美しい顔立ちの女性であっても、体型がイマイチで鈍い感じがしては人に好ましいと思ってもらえません。

ジムのエクササイズや、ジョギング、ヨガなどある程度の負荷のある運動をして、健康的な引きしまった身体つきとしなやかな動きを手に入れましょう。

【参考記事】はこちら▽


方法5. 正しい座り方・歩き方を意識する

健康的な筋力や骨といった美人の身体のベースを作れたら、次に美しい動作を意識すると良いでしょう。運動をしてどんなに均整の取れた身体を作っても、日常で普段座っている姿勢や歩き方がよくないと悪いクセがついたり身体がゆがむ原因になります。

パッと見は綺麗に見えても、他人は微妙な身体のゆがみやバランスの悪さを察知し、なんとなく違和感を感じます。普段の歩き方や姿勢を綺麗にすることを意識して、いわばトレーニングにしてし前ば健康も美しさも手に入るのです。


方法6. 自然体で無駄な見栄をはらない

美人だといわれる女性が堂々としてして落ち着いているのは、自信があって自分の中に揺るがない価値観を持っているから。周囲に振り回されたり、人と比べて一喜一憂したり、無駄な見栄を張って人に誇示することもありません。

他人への気づかいや協調性は持っていますが、一時の流行やその場の雰囲気に流されずに自分が信じることを貫く、一人の女性として自立しているのも美人の特徴です。


方法7. 美容室に通い、髪のケアを怠らない

髪がとても綺麗な女性は非常に目を引き、思わず振り返ってしまう男性もいるほど。『髪は女の命』というように、髪の毛は女性の美しさを表す象徴的なパーツです。枝毛や切れ毛のない、健康的でツヤツヤな髪は女性の美しさを引き立てます。

髪の毛は長い時間をかけて伸びるから、普段からのお手入れがものをいいます。自己ケアだけでなく、美容室でヘッドスパで頭皮の血流を良くしたり、自分に合うヘアケア情報を仕入れてケアを怠りなくしていきましょう。


方法8. 恋も仕事も遊びも一生懸命取り組む

『美人は運が良い』ともよく聞きませんか。多くの人から好かれるし、恋愛でも仕事でも成功をおさめるからうらやましいと思う人もいるでしょう。

美人といわれる人は全員が始めから美人だったわけではなく、努力して綺麗さを手に入れた人がほとんど。

プライベートでも仕事でも、何事も一生懸命に取り組んできた成果が『運の良さ』として表れ、人から綺麗と評価されるようになったのです。恋も仕事も遊びも楽しんで、周りから好かれる女性になりましょう。

【参考記事】はこちら▽


方法9. 春夏だけでなく秋冬も徹底したムダ毛の処理を行う

美人は見えないからと綺麗でいる努力を怠りません。薄着になる春夏はムダ毛のお手入れをする女性が多いですが、寒くなる季節になるとムダ毛の処理をやめてしまっていませんか。

美人はふんわりした雰囲気でできるのでなく、たゆまぬ努力できています。自然の花々と違い、美人の美しさは季節限定ではありません。

足先・つま先など細部にも意識を行き届かせており、見えないからとムダ毛の処理をサボったりはしないのです。


方法10. ボディークリームや柔軟剤を活用して、身に纏う香りに気を使う

ふんわりといい香りをさせるには、香水やオードトワレを使わなくてもいいのです。香りが苦手ならいい香りのボディークリームを塗ったり、自分が好きな柔軟剤の香りを纏うのでも構いません。どんな場でも浮かないほんのりとした香りなら、纏った人の印象を一段と良くしてくれます。

清潔感のあるいい香りはアロマ効果で人はもちろん自分の気分も良くなります。香るサプリメントなら健やかさとアロマのリラックス効果を同時に得られて一挙両得です。


美人は日々の努力から。早速、美人を目指してみましょう!

理想的な顔かたちだけでなく上品で清潔感があって気づかいのある女性が、誰からも本当の美人だと評価されます。人からの好感度が高いからこそ、誰からも愛されて恋愛でも仕事でも勝者となるのです。

見た目だけでなく、雰囲気や匂い、美しさだけでなく何事にも努力をいとわない性格も美人を形作っていきます。美しさや人からの好感を得られるように日々努力していきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事