「干物女」に共通する性格・行動・外見の特徴診断。脱却する7つの方法とは

綾瀬はるかさんの主演ドラマで一躍有名になった「干物女」。干物女とは一体どんな女性を指すのでしょうか。今回は、干物女の性格・行動・ファッションなどの外見の特徴から、干物女診断を紹介。自分が干物女かどうか診断してみてくださいね。干物女に当てはまった時は、脱却する方法をぜひ試してみて!

干物女になっていませんか?

干物女の特徴

「干物女」という言葉を知っていますか?

世の中には「干物女」という呼び方をされてしまう女性がいます。しばらく恋愛をしておらず、休日はごろごろして家にひきこもってばかりという方は、ひょっとすると干物女かもしれません。

この記事ではドラマで有名になった干物女の説明から、干物女の性格や行動、外見やファッションの特徴、干物女から脱却する7つの方法についてご紹介します。


ドラマでも話題の干物女や干物女子とは?意味は?

干物女とは、ひうらさとるさん作の『ホタルノヒカリ』の主人公である雨宮蛍の生活ぶりを表現した造語です。綾瀬はるかさん主演でドラマ化されたことで、より広く知れ渡った言葉だとも言えます。

この主人公は外ではちゃんとしていますが、家に居るときは自分の趣味にひたすら没頭して過ごしたり、寝転がってお菓子を食べながらだらだらと過ごしたりしています。その性格ゆえに、恋愛とは無縁の生活を送っているのです。

この主人公のように、活き活きとした生活をしている女性とは対照的に、乾ききった干物のような生活をしている女性のことを、干物女と呼びます。


あなたは大丈夫?干物女の特徴から自己診断してみよう

「干物女とは私のことかも…」と、ドキッとした方はいませんか?

ここでは干物女の性格や行動、外見やファッションの特徴について、詳しくご紹介します。診断してみると、実は自分も干物女だったなんてこともあるかもしれません。


診断① 干物女の「性格」の特徴

何もかもがめんどくさいと感じていたり、自分から恋愛を遠ざけてしまっている人は、もしかしたら干物女かもしれません。下記に干物女の性格の特徴について、ご紹介していきます。当てはまると思った方はぜひチェックしてみてください。


1. 何事もめんどくさい気持ちが強く、消極的

干物女は、自分の興味のあること以外は、何をするにもめんどくさいと感じてしまいます。それは家事や外出することだけではなく、ゴミを捨てる、トイレに行く、お風呂に入るといった日常生活のことですら、めんどくさいのです。

さらに、性格が消極的なので、外ではめんどくさいことがあっても我慢しています。ただ、普段我慢している分、家に居る時くらい自由に過ごしたいという気持ちが強いことが特徴です。


2. 整理整頓が苦手で部屋の中や鞄の中が乱れている

干物女は人に見られている部分はちゃんとしますが、人に見られていない部分は乱雑です。基本的に使ったものは使ったところに置きっぱなし、鞄に物をしまう時もポッケやポーチに入れずそのまま突っ込んでしまうので、どんどん散らかっていきます。

本人は部屋や鞄が乱れていても気にならないし、他人には迷惑をかけないので、それで良いやと開き直っているのです。


【参考記事】はこちら▽


3. 恋愛をしたいと思っていないため、異性との出会いの場を避ける

干物女には疲れている人が多く、恋愛や彼氏には興味を示しません。かつては恋愛をしていた人でも、彼氏に気を遣ったり傷ついたりするのが段々とめんどくさくなってしまい、恋愛をするより一人で居る方が楽だなと思うようになっているのです。

男性の紹介や合コンの話しが来ることもありますが、そもそも男性に興味がないですし、わざわざメイクやお洒落をして出かけることもめんどくさいと思ってしまうため、誘いを断ってしまいます。


4. 「将来こうなりたい!」「結婚したい!」などの夢や目標がない

干物女は、将来の夢や結婚したいというような人生の目標がないため、それに向かって努力をするという向上心がありません。

干物女は今の自分の生活に満足してしまっているか、こうなりたいと思う気持ちがあっても、めんどくさいという気持ちが上回ってしまうのです。その結果、ある願望が生まれても、その気持ちはすぐに消え去ってしまいます。

何かしらの目標が持つことができれば、性格や外見を変えることも、恋愛だってできるはずですが、そこまでの向上心を持てないのが干物女の特徴です。


診断② 干物女の行動の特徴

干物女の行動そのものには、めんどくさがりな性格がでてしまっていることが多いものです。ここでは、干物女の行動の特徴について詳しく見ていきます。一人行動が好き、休日はごろごろして過ごすなど、恋愛を含め、人付き合いが苦手な方は要チェックです。


1. 恋愛経験が少なかったり、彼氏いない歴=年齢

干物女は過去に恋愛で傷ついたり、恋人同士という関係をわずらわしく感じてしまい、自分から恋愛を遠ざけているというパターンがめずらしくありません。

干物女は人付き合いを苦手とすることも多いため、学校や職場での人間関係に嫌気が差しているという場合もあります。

普通の人との付き合いすら苦痛なのに、恋愛なんてしたらもっとめんどうなことになると思い、恋愛には中々踏み出せないのです。そのため、彼氏いない歴=年齢になってしまうことも。

また干物女は、家で好きなことをしながら、だらだらする時間が生活の中で一番大事だと思っているので、その時間を邪魔するであろう恋愛はする気が起きません。


【参考記事】はこちら▽


2. LINEの返信が極端に遅い

干物女は、LINEが来ているのに気づいていても、一人の時間にわざわざ気を使ったり、文章を考えるのがめんどくさいので、つい後回しにしてしまいます。気づいたら数日間返信していない、なんてことも日常茶飯事です。

干物女は基本的に一人の時間を邪魔されたくないので、家に帰ると外との交流を遮断します。今は邪魔されたくないと思ったら返信しなかったり、携帯を見ないでいる間に、どんどん時間がたってしまっています。


【参考記事】はこちら▽


3. 1人で外食したり、行動することも苦ではない

干物女は、人に気を使って行動するのがめんどくさいと感じてしまうため、一人での行動を好みます。人目を気にせず、自分の好きなところにいけるので、干物女にとってこんなに気楽なことはありません。

自炊するのがめんどくさいので、すっぴん部屋着のままで外食に行くなんてこともしばしばあります。自由なのはいいですが、これでは女性らしさがなくなります。周りから女を捨てた干物女という目で見られても、仕方がないでしょう。


4. 休日は部屋で一日ゴロゴロしていることが多い

「休日は行動しないともったいない」という方がよく居ますが、干物女にとってそれは真逆の考えです。干物女にとっては、「休日はごろごろして過ごさないともったいない」のです。

寝転がって漫画を読んだり、映画を観たり、だらだらしながら自分の好きなことをする時間に一番の幸せを感じます。

彼氏とデートしたり、友達と食事に行ったりして休日を楽しむ女性が多い中、干物女は一日中布団からでないで、休日を終えることもよくあります。


5. 人間関係が希薄で友人が少ない

干物女は人付き合いがめんどくさいと思っているので、人との関わりを避けてしまいがちです。そのため干物女は、人間関係が希薄で友人が少ないという特徴があります。

人に関わって厄介事が起きたり、自分のプライベートを邪魔されるのが嫌なので、自分も人に踏み込んだりしません。飲み会や遊びに誘われても滅多に行かないので、付き合いが悪いと思われてしまうこともあるようです。

残った友人は、自分の性質をわかってくれている昔からの友達だけという人も多いのではないでしょうか?


【参考記事】はこちら▽


診断③ 干物女の外見やファッションの特徴

干物女は、外見やファッションにも特徴があります。もしかしたら見られただけで干物女ということがバレてしまうかも?

そういった事態を避けるためにも、干物女の外見やファッションの特徴を詳しく知っておきましょう。


1. 美容やメイクに興味がほとんどない

干物女は外出したくないので、そもそもお洒落やメイクをする必要がありません。

家に居る時はもちろん、すっぴんにゆったりとした部屋着を着ています。家でこのようなスタイルの方は多いですが、干物女はちょっとした外出ならそのままの格好でも気にせず、出かけてしまいます。

仕事に行くときもめんどくさいので、薄めのシンプルなメイクで終わらせてしまうことが多いのも干物女の特徴です。


2. マニュキュアを塗っていなかったり、塗っていても剥げている

マニュキュアは、女性にとって大切なアイテムですが、干物女はマニキュアに思い入れはありません。マニキュアを塗るには時間がかかりますし、こまめなケアも必要です。

干物女はそのような手間がめんどくさいので、そもそもマニュキュアをしなかったり、塗った時は綺麗でも、剥がれてきた後のお手入れが面倒で、そのまま放置してしまいがちです。


3. スウェットやジャージでも平気でコンビニに行ける

干物女は、「近所だからいいや」とスウェットやジャージでコンビニに出かけることも平気です。誰にも見られていないと思っているのでしょうが、どこで誰に見られているかわからないものです。

近所で、ばったり知り合いに遭遇する可能性も十分考えられます。あなたの外での姿を知っている人は、別人のようなあなたを見て驚いてしまうかもしれませんね。そんな時、恥ずかしい思いをするのは自分です。

そういう女性としての危機管理の甘さが、干物女の美意識の低さを表しています。


4. ムダ毛の処理がきちんとできていない

ムダ毛の処理って、毎日しなければならなくて結構めんどくさいですよね。

干物女は、見える部分は処理していても、見えない部分は「服で隠れているからいいや」と処理を怠ってしまうことが多いようです。でも、もしも人にムダ毛を見られてしまったら、恥ずかしいですよね。

こんな状態では恋愛のチャンスが訪れた時にも、女子力の低さから自信がなくなってしまいます。こういう普段の美意識の低さからも、恋愛への意欲が枯れしまっていることが感じ取れます。


5. ヒールやワンピースなどの女性らしいファッションアイテムを買わない

干物女は、女性らしいファッションを好みません。なぜなら、女性らしいファッションアイテムは、タイトなものや丈の短いものが多くて疲れやすいからです。

また、体のラインがでたり、肌の露出が多いため、肌のお手入れやムダ毛の処理、ダイエットも普段から行っていなければなりません。そのため、めんどくさがりな干物女には、ハードルの高いファッションだと感じてしまうのです。


6. 服を選ぶ基準は”可愛い”よりも”機能性”を重視する

気がつけば、クローゼットの中はラフな服だらけ、スカートが一つもないという方はいませんか?

もし当てはまったら、干物女の可能性が高いです。

干物女は可愛いと思う服があっても、「露出が多くて色んな事に気を使わなきゃいけないな」「タイトで疲れそうだな」などと考えてしまい、結局買えずに終わってしまいます。

可愛いよりも機能性を重視して服を選んでしまうため、お洒落からはどんどんかけ離れていきます。


干物女から脱却するための7つの方法

ここまでの記事を読んで「私って干物女なんだ…」と思い、落ち込んでいる方もいるかもしれません。でも、気づいたあなたはラッキーです。

ここでは、干物女から脱却するための7つの方法についてご紹介しますので、ぜひ実践してみてください。


脱却方法1. メイクやファッションの勉強をし直す

これまでは、メイクもファッションも機能性だけにこだわっていたかもしれませんが、一から勉強し直してみましょう。

ファッション雑誌や女性誌を読むようにするだけでも、現在のトレンドメイクや流行りのファッションがわかります。適当に済ませていたメイクやファッションも、やり方しだいでこんなに変わるんだと気づくことがあるはずです。

勉強しているうちに「私もこんなメイクや服装をしてみたい」と思えるようになれば、干物女脱却の日もすぐそこです。女子力を取り戻すことが、干物女脱却の最大の近道かもしれません。


【参考記事】はこちら▽


脱却方法2. 古びた服や下着を捨て、おしゃれなものに新調する

クローゼットの中が、ヨレヨレの服や下着ばかりになっている人って意外と多いですよね。「見られないからいいや」と古びた服装ばかりしていると、きちんとした生活や恋愛から遠ざかってしまい、いつまでたっても干物女から抜け出せません。

ゴムや襟元が伸びてしまったものや、生地が破れてしまっているものなどは思い切って捨てましょう。それだけでも随分とスッキリするはずです。

新しい服装をし、下着を新調して気分を一新することが出来れば、遊びや恋愛にも前向きになれます。


脱却方法3. 美容院に行き、思い切って髪型を変えたり、トリートメントをしてみる

美容院に行った後は、もっとお洒落をしてみたくなる方も多いはずです。

普段引きこもっている干物女からしたら、美容院という空間に行くだけでも、随分と刺激をもらえるかもしれません。

最近美容院に行っていない方は、思い切って髪型を変えたり、トリートメントをしてみましょう。自分のヘアスタイルに自信を持つことが出来れば、きっと気分も前向きになります。

また、髪が整うことで日々のお手入れもしやすくなり、女子力もぐっと上がるはずです。


脱却方法4. 休日は友人の誘いを断らず、予定を埋める

家に引きこもってばかりだと、誰にも見られていない時間が増えるため、美意識も低下しがちです。友人の誘いは断らずに、休日の予定を埋めるようにしてみましょう。

外出する予定があれば、メイクやファッションに気を遣うきっかけになります。また、自分を客観的に見つめなおす良い機会にもなりますよね。

外に出ることで出会いも増えるので、恋愛するチャンスを掴むこともできるかもしれません。


脱却方法5. 部屋の掃除や整理整頓を行い、気持ちを一新する

散らかっている部屋にいると、モチベーションがあがりませんよね。もしかしたら、その部屋こそ干物女を悪化させている元凶かもしれません。

「元々散らかっているから出しっぱなしでいいや」、「使いたいものがあるけど探すのがめんどくさいな...」なんてことになりかねません。

いらないものは捨てて整理整頓することで、片付けがしやすくなり、めんどくささも軽減します。

掃除をして部屋の雰囲気が明るくなれば、気分を一新して、色々なことに前向きになれるでしょう。


脱却方法6. 休日も規則正しい生活リズムを送り、前向きな気持ちをつくる

ゴロゴロしてばかりだと、何もする気が起きず、体もどんどんだらしなくなっていきます。

休日も早寝早起きして、バランスのとれた食事を三食しっかり食べましょう。規則正しい生活を送ることで、精神的に前向きになれます。

また、健康的な生活を送ることで、だらしなかった体も徐々に引き締まり、女性らしい体型作りに繋がります。また、夜はしっかりと眠ることでお肌の調子も良くなり、美容面にもプラスな効果があることでしょう。


【参考記事】はこちら▽


脱却方法7. 「好かれたい!」と思える男性と恋をする

恋愛はマイナスなことだけではないとあなたもわかっているはずです。めんどくさいと言わず、そろそろ恋愛や結婚に目を向けてみましょう。

恋をして「この人に好かれたい」という気持ちが生まれれば、日々のお手入れやお洒落だってきっと楽しくなるはずです。

好きな人に「可愛いと思われたい」「褒められたい」という気持ちが何より女性をキレイにします。

素敵な恋愛に巡り会うことができたら、もうあなたは干物女ではありません。


【参考記事】はこちら▽


干物女を脱却して、男性からモテる女性になりましょう。

干物女とはどのようなものかをご紹介してきましたが、自分が干物女だと自覚できた方は、今が変わるチャンスです。

干物女はめんどくさがりなだけで、意識をすればいくらだって変わることができます。まずは生活改善と外に出ることから始めてみてください。そうすれば、しだいに女らしさを取り戻し、いつしか恋や結婚をすることだって出来るはずです。

干物女を脱却して、素敵な出会いを目指しましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事