恋煩いはどんな症状?恋煩いになりやすい男女の特徴から治し方まで解説

男性も女性も、恋をすると食欲がなくなったり、急に焦燥感に駆られる経験をしたことはありませんか?その症状は「恋煩い」かもしれません。今回は、恋煩いの意味や男女別の症状、恋煩いになりやすい人の特徴を大公開!さらに、恋煩いを治す方法もお教えするので、現在恋に悩んでいる人は参考にしてみて。

もしかして「恋煩い」かも…とお悩みの方へ

恋煩いをしている女性

「恋煩い」と聞くと、女性が好きな人を思い焦がれて……というイメージの方も多かったかもしれませんね。

でも、最近では両想いになるまでは、痩せたり食欲不振に陥ったりする男性もいるため、女性だけではありません。

そこで今回は、「恋煩い」になりやすい人の特徴や直し方を男女別に解説しますが、恋煩いかなと思う症状を診断してみてくださいね。


そもそも「恋煩い」の意味って何?

恋煩いとは、好きな人や気になる人に恋するあまり、その人のことばかり考えてしまい、そのことで悩んで気持ちが塞がれたり、心身共にバランスを崩してしまうこと。

簡単にいえば、「恋の病い」という意味です。

病いとはいっても、診察してもらって診断を受けるようなものではありません。

それでも、片思いの相手を考えすぎて、両想いになれるまでの期間や付き合いはじめの頃など、眠れない、集中力がなくなる、食欲不振になったり吐き気がしたりするなど、いろいろな症状が現れます。


【男女共通】「恋煩い」の主な5つの症状

以前は、恋煩いといえば、女性がかかりやすい恋の病というイメージでしたが、男性もとも陥りやすく症状も現れます。

恋煩いの直し方を考える前に、恋煩いかなと思える症状について紹介しますので、どのくらい該当するかチェックしてみてくださいね。


恋煩いの症状1. お腹は空いているのに食欲が失われる

男性も女性も共通に現れる恋煩いの症状には、食欲不振が目立ちます。

胃腸などの調子が悪いわけでもないのに、食欲がなくなったりお腹が空かなくなったり、症状が重くなると吐き気がすることもあるのです。

食欲は美味しいと感じながら食べることで、身体も心も満たされ癒されるものです。

恋をして好きな人のことを考え続けることで食欲不振が続くと、身体は栄養を定期的に取れなくなり、毎日のライフワークも仕事もこなせなくなることもあるでしょう。


恋煩いの症状2. 寝付きが悪く睡眠不足に陥る

好きな人を考え続けて、「眠れない」「寝つきが悪い」なども、恋煩いの代表的な症状のひとつです。

恋煩いで、食欲がなくなったり気を使い過ぎて疲れたりすると、眠りたいのに寝付けないという日が何晩も続くことがあります。

やっと寝付けたと思っても、夢にでてきたり深夜に何度も目が覚めたりすることさえあるのです。

相手のことを思い続けて結局、寝れなかったと「好きな人」を考えすぎておきる症状のひとつです。


恋煩いの症状3. 涙もろくなったり感情のアップダウンが増える

恋の病いでもある「恋煩い」は、病気になったような症状はありますが、悩む気持ちとは違う「幸せホルモン」が分泌されます。

そのため、ホルモンのバランスが崩れてしまい、感情のコントロールができない時もあります。

女性の場合は、好きな男性を考えて笑ったり泣いたりという感情の起伏が激しくなります。

男性の場合も、いつもは冷静でいられるのに、ついイラついてしまうなどの症状も見られるもの。

毎日のライフワークでも、ふとした時に感情のアップダウンが増えるかもしれませんが、映画やビデオなどを見ている時に普段は泣かないような場面で涙がこぼれてしまうこともあります。


恋煩いの症状4. 心ここにあらずの状態でどこか浮足立った状態が続く

仕事をしていても、休日などのオフの日でも、四六時中好きな人のことが頭にちらつきます

「集中しなきゃ」と思っても、思いがさまよったり、ため息を何度もついたりすることが続きます。

いつもはスキのない男性でも、なんでもないところでミスがでてしまうことも。

男性も女性も、やらなくてはいけないことがあればあるほど、恋煩いによって何も手につかないということがあります。

これは、恋に思いが向くあまり、「ぼ〜っ」としてしまい集中力が欠けてしまうからです。


恋煩いの症状5. 栄養不足や睡眠不足で体重が落ちてやつれる

恋煩いになり食欲不振が続いたり、寝不足になったりすると、急に体重が落ちるということがあります。

これも、恋煩いの症状です。食事制限をしてダイエットをするのとは違い、食生活のないことでバランスが崩れて栄養不足や、質の良い睡眠が取れないことで寝不足になっているので、健康的な痩せ方ではありません

目の周りにクマができて窪んだり頬が痩せこけたり。女性は食生活の乱れと睡眠不足により、ホルモンのバランスが崩れるので、肌のツヤやハリがなくなることもあります。


男女別に見受けられやすい恋煩いの症状とは

恋煩いをするのが女性だけだと思っていたのに、好きな人のことを考えると仕事も手に付かないとかイライラするほど男性も目に見える症状が現れるもの。

ですから、恋煩いは男女関係なく発症するものなので、女性にみられる恋煩いの症状と恋に悩む男性心理などもチェックしてみましょう。


女性に見受けられやすい恋煩いの症状

「恋すると綺麗になる」と言われたという女性は少なくありません。

つまり、恋をするのはとても素敵なことです。

しかし、恋煩いの症状が続くのはあまり好ましくないため、長い期間続かないように対策を考えていきましょう。

そのためにも、恋煩いにみられる症状がどのくらいあなた自身に現れているか診断してみましょう。


女性に見られる恋煩いの症状1. 食べ物が全く喉を通らない

「食欲がなくなる」とか一時的な「食欲不振」であれば、普段のストレスの影響でも起こり得る症状です。

しかし、恋煩いの場合は、恋するあまり他のことが考えられないほど好きな人のことを考え過ぎて、脳に「空腹」という信号が送られなくなります。

胃腸などの状態は、空腹なので栄養や食べ物が必要だと送っているのに、脳がその信号を受け取れないほど余裕がない状態ということです。


反対に、食欲が旺盛になる女性も居る

対照的に、過食症になってしまうこともあります。

しかし、恋煩いで食欲が増える時には、現実から逃げたいという気持ちや脳が考えずに食べることが現実逃避になることがあります。

この場合、糖質や脂質の高いもの、つまりファーストフードやスナック類など、手軽に食べられる甘いものや脂っこいものの摂取量が増える可能性が高く、ダイエットもしにくくなるので注意が必要です。


女性に見られる恋煩いの症状2. 全てにおいてネガティブ思考で活力が沸かない

ネガティブ思考になりやすい期間が続く「恋煩い」の症状。

仕事やライフワークなど様々なところで、気持ちの切り替えが必要になるので、恋活の頃には感じなかった新たなステップが必要になります。

恋煩いの特徴のひとつでもあるネガティブな気持ちは、「わたしなんて釣り合わないかもしれない」とか「わたしなんて振り向いてもらえないかも」と考えることも。

お相手を考えれば考えるほど、自分自身への評価は低めになるものです。

今までは簡単にできていたことにも活力が湧かないので、スローペースになったり集中できなくなったりすることもあります。


女性に見られる恋煩いの症状3. 相手に恋人や好きな人が居るんじゃないかと不安に駆られる

恋煩いの症状には、常に相手が気になっているということがあります。

お相手の行動や言葉、仕草などを思い出すだけでなく、恋人や好きな人がいるかもしれないという不安を感じること。

この症状が現れ始めたら、恋煩い確定です。

両想いになるまで悩み続けるのかなと、不安になることもあるかもしれません。

お相手が素敵な人であれば、なおさら「こんな素敵な人だから彼女がいるかも」と思い巡らして想像してしまうのです。

また、いろいろな人と接していたり、コミュニケーションを図る様子をみたりすると、より一層その不安が強くなることもあります。


女性に見られる恋煩いの症状4. 夜に布団で一人考え込んでしまい中々寝付けない

「眠れない」原因のトップに入る恋煩い。

お相手のことを考えるあまり、不安になったり思い出して喜んだり、頭の中で好きな人のことをグルグルと考え続けている状態になることがあります。

一日中考え続けていると、脳は常に働いているので、寝ようと思っても休まることがないのです。

特に1日の終わりにベッドや布団に入り、寝るだけにしておくと、日中よりも考えてしまうということもあり得ます。

この循環では眠れなくても当然かもしれません。神経を休ませて脳に休息を与えたいのに、睡眠前に考えてしまったことで、寝付けなくなるのです。


女性に見られる恋煩いの症状5. 急に泣きたくなったり感情の起伏が激しくなる

恋煩い中の女性に多くみられる症状で、これといった理由がなくても泣きたくなったり、涙が溢れたりすることも。

正直なところ、明確な理由は見つからないことが大半です。しかし、この涙は回復に向かうためのポイントの1つになります。

涙を流すと「バランスを取り、心の中の不安を流そうとする」状態に似ているので、安定させたいという神経や脳の働きのひとつになります。

また、感情の起伏が激しくなり、周囲の人の些細な言葉が気になったり、好きな人のことを考えて嬉しくなったり不安になったりするのも、恋煩いの症状です。

突然、ウルウルと涙腺が弱くなったり、泣きだしたりすることもあるのです。こうした情緒不安定な状態が続くと、仕事や家族、友人など広範囲に影響が及びます。


男性に見受けられやすい恋煩いの症状

男性が恋をした後、辛い恋煩いをするとは思わなかったという男女は少なくありません。

中には、恋愛をしたいと思ってやっと踏み出したのに、という恋煩いに悩む男性もいらっしゃるようです。

時には仕事や日常生活にも影響しかねない恋煩いの男性にみられる主な症状を説明します。


男性に見られる恋煩いの症状1. 好きが故に相手を干渉したり束縛したりしたくなる

恋をしたり付き合い始めたばかりの好きな人がいたりすると、「俺の女だ」と言わんばかりに、お相手の女性を独占したくなる男性もいます。

両思いならまだしも、片思いでも干渉したり束縛したりするなら、好きな女性が他の人と話したり楽しそうにしたりしているだけで、辛くなることもあります。

行動範囲や交友関係を知っておきたいと思うこともあれば、できれば自分の気持ちに合わせてコントロールしてみたいと思うこともあるようです。

好きだからこそ一緒にいたい、大切にしたいと思いつつも、上手に伝えられない気持ちが歯がゆくなることも男性の恋煩いの症状のひとつです。

【参考記事】はこちら▽


男性に見られる恋煩いの症状2. 好きな女性と似た人を見かけると無意識に目で追ってしまう

好きな女性と一緒にいたいとか、そばに置いておきたいと思うあまり、つい好きな女性と似ている人を無意識に目で追ってしまうことがあります。

後姿や髪型、背の高さ、体型、似たようなバックやアイテムを身につけている人を見つけると、好きなお相手の姿に重ねてしまいます。

よくみてみると似ているだけ、全然違っていたということも多く、それがわかると安心したりがっかりしたり。

職場や学校、勤務中や休日にゆっくり過ごしている時、日常生活のふとした瞬間でも、場所や時間を問わずいないはずの恋しい女性を探してしまうのです。


男性に見られる恋煩いの症状3. イライラしたり落ち込んだり気分のムラが目立つ

恋をすると、気持ちが幸せな気分になるので、前に進みたくなるもの。

ところが、思った通りに進まなかったり、お相手がないをしているかわからなかったりすると、距離が開いていくように感じてイライラしてしまうことがあります。

仕事は完璧にこなせるタイプの男性でも、つい気分にムラがでてしまい、冷静でいられなくなる自分に対して苛立ってしまうこともあるようです。

女性でも恋煩いでイライラしてしまうことがありますが、男性心理としても好きな相手と思うように進まないことが原因で、イライラするのは恋煩いの症状とされています。

こんな時には、自分の気持ちがコントロールできなくなり、周囲の人にも八つ当たりしてしまうことさえあるかもしれません。


男性に見られる恋煩いの症状4. 女性の前で必要以上に張り切ったり見栄を張ったりしようとする

好きな人ができると張り切ったり見栄を張ったり。

お相手の女性に注目してもらいたい、好きな人に相応しい人間になりたいなど、こうした思いが強くなるのも男性の恋煩いの症状とされています。

男性の場合、職場や学校でも、努力しながら自分を高めたり自信をつけたりする人が多いでしょう。

これは、出世や家族を守る男性の立場として、当然のことで一般的な断線心理のひとつです。

自慢するためではなく、努力を見せつけるわけでもありませんが、好きな女性の前では必要以上に力んでしまうこともあるのかもしれません。


男性に見られる恋煩いの症状5. 彼女のことを考えすぎて仕事に身が入らない

職場では完璧にこなせているような人や、「何があっても仕事は冷静にこなせてる」と思える男性でさえ、重症な恋煩いになると切り替えができなかったという経験のある人は少なくありません。

仕事中に好きな人のことを考えてしまったり、集中力が欠けてしまったりします。

社会人として仕事がこの状態じゃいけないと思っても、恋愛モードから仕事モードへの切り替えスイッチがうまく入らないことが悩み

仕事に影響がでてしまうのは避けようと思っても、自分ではコントロールできないのが恋の病いなのです。


反対に、仕事や趣味に没頭する人も珍しくない

恋をしてから「いつもの自分と違う」から困るというのは、男性も女性も感じたことがあるのではないでしょうか。

男性心理では、集中力があって没頭することに慣れているはず。

それが、好きな人のことを考えるとバランスを崩しやすいのです。

特に男性の場合は、いくつかのことを同時に行うのが苦手です。

そのため、2つのことは苦手と脳が働き、苦手な恋煩いよりも集中しやすい仕事や趣味に走ってしまいます。

恋が始まり恋煩いに発展すると、「仕事中は仕事」「休暇中は仕事を考えずのんびり」「趣味や凝っているものがあると寝食を忘れて没頭する」という男性が、恋をする以前よりも仕事や趣味に没頭することもあるでしょう。


恋煩いに陥りやすい女性の4つの特徴とは

恋をしても「恋煩い」になりやすい女性と、通常と変わらない女性がいます。

女性は男性と比較すると、精神的に繊細な部分があるので、思い悩むことで不安定さが原因になることがあるのです。

そこで、恋煩いになりやすい女性の特徴を解説します。


恋煩いになりやすい女性の特徴1. 極度のさみしがり屋で恋愛体質な女性

恋をしたいということ自体、人との温もりを求めているということがあります。

恋愛で得られる温もりは、不安を緩和してくれることもあるもの。

それで、恋に集中すると、一緒にいたいという気持ちや寂しいという気持ちが紛れると思ってしまうのでしょう。

そのため、寂しいといえばそばにいてくれたり構ってくれたりする彼氏の存在を味わったことがあれば、恋愛にのめり込んでしまい恋煩いになるケースが少なくありません。

特に極度の寂しがりやなら、彼氏のいない状況は耐えられないと思い、次々と恋人を変えても彼氏のいない状況にはならないという人もいるのです。

【参考記事】はこちら▽


恋煩いになりやすい女性の特徴2. ずっと辛い片思いをし続けている一途な女性

一途な人ほど恋をしたら恋煩いになりやすいかもしれません。

片思いや両思い、不倫など、どんな形であっても真面目だからこそ考え続けてしまいます

簡単に進む恋であれば、恋煩いにはならないものです。

しかし、真面目に一生懸命考え続けているのに突破口が見えない、そんな時に恋煩いの症状は進んでしまいます。

時には考えすぎて、睡眠障害や食欲不振になり、痩せるなどの症状になります。

長い期間辛い片思いや恋を続けている女性こそ、その一途な思いが重度の恋煩いに発展してしまうことがあるのかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


恋煩いになりやすい女性の特徴3. 恋愛経験がまだ少ない女性

どんなことでも、経験が少なかったり未経験のことだったりすると悩みますよね。

恋愛の場合も、未経験のことや経験が少ないことに対して、悩み続けてしまうということがあるでしょう。

  • お相手にアプローチする方法が分からなくて悩む
  • 交際が始まっても、会話や行動もどう進めたらいいのか考えてしまう
  • 相手の本心を知りたいけど聞くのが怖くて見守るしかない

好きなのに「諦めないと」とか「釣り合わないのかも」と考えて踏み出せない恋の悩みは様々ですが、経験不足に加えて、上記のように自分一人では解決できないと思い込んでしまうことが恋煩いにつながっていきます。

【参考記事】はこちら▽


恋煩いになりやすい女性の特徴4. 常に相手のことを考えがちな愛情表現の強い女性

愛情表現の強い人や、優しくて誰にでも親切にしてあげたいと考えているような女性は、恋が始まると普段からお相手のことを考え込んでしまいます。

些細なことでもお相手の気持ちを考えたり、姿を思い描いて「自分がしてあげられる」ことを想像したりすることができます

片思いの段階で、結婚式や結婚後のことを考えてみたり、食事や日常生活を一緒に過ごしているところを思い描きます。

これは、恋に恋してしまっている感じと非常によく似ています。

これが楽しいとかこれで満足というのであれば、恋煩いにまでは発展せず抜け出せることがあります。

しかし、形になるかどうかわからない恋を思い続けてしまうと、愛情表現が空振りしてしまうでしょう。

【参考記事】はこちら▽


恋煩いに陥りやすい男性の4つの特徴とは

明るい男性や真面目な男性も、恋煩いに陥ることがあります。

恋の病いは、女性だけではありません。

しかし、恋をする全ての男性が、恋の病いにかかるわけではありませんので、恋煩いをしやすい男性の特徴をセレクトしました。


恋煩いになりやすい男性の特徴1. 心配性で彼女や好きな人のことばかりを考えがちな男性

「心配性」これは恋の病いにも大きく左右しやすいものです。

この場合、片思いや両想いでも離れている時には、彼女や好きな人のことばかり考えてしまうのは普通こと。

周囲から見ると「想われていていいな」と思える部分もありますが、付き合う前から結婚のことを考えたり、結婚後のことをどうしようかと悩んだりしてしまうと早すぎという印象になります。

考え続けていると、夢に出てきたり、似ている人や仕草を見ただけで、思い出してしまうのです。

夢には、考えていることや無意識の願望が表れます。

何をしているかが気になる、どこで誰といるのかが気になるなど、心配するあまりお相手を考え続けてしまうことがあるでしょう。


恋煩いになりやすい男性の特徴2. 彼女が居た経験が少なく、恋愛に慣れていない男性

恋煩いをする女性同様に、経験が少なかったり未経験の気持ちを味わったりすると、男性も恋に悩むことがあります。

経験不足なために、恋愛で感じることに妄想を加えてしまい、のめり込んでしまうかもしれません

仕事人間だったとか、スポーツや趣味にはまっていた、という一生懸命な男性に恋愛が不慣れというのはありがちなこと。

経験不足ゆえに、どんなアプローチをしたら良いかわからないという気持ちが、恋煩いの悪循環にはまってしまうことも。

考えすぎず、思い込みすぎないことが大切ですよ。


恋煩いになりやすい男性の特徴3. 非常に真面目で一途な男性

真面目で一途な性格は成功もしますが、かなりの努力も必要です。

これは、恋愛に限らず、資格を取得したり、出世のために努力したりするのと似ています。

真面目な男性は、優しさや他の人に対する気遣いを兼ね揃えていることも多いもの。

優しさを持たない堅物な男性であれば、恋をしたいと思うことは少ないこともあるからです。

恋煩いは、他の人を愛したい、一緒に分かち合いたい、好きな人に何をしてあげられるか、何をしたら恋人は喜んでくれるか、という気持ちから生まれるもの

こうした気持ちを持てる男性は、真面目で一途な人にも多いものです。

【参考記事】はこちら▽


恋煩いになりやすい男性の特徴4. 恋をするとのめり込んでしまうハマり症な男性

男性は集中型の方が多く、没頭しやすいものです。

恋をした時に、恋にのめり込んでしまう、つまり「はまってしまう」のです。

特に、楽しいと思うことには没頭しやすく、食事や寝るのも忘れてはまることもあります。

趣味やゲームなどはまりやすい人は、恋愛にもはまりやすく、どう進めていくかを考えていきます。 しかし、恋愛はお相手がいて進んでいく関係ですから、はまってしまい攻略しようとしても上手くいかないと、恋煩いに行き着くわけです。

恋愛は、ゲーム以上に楽しい時もありますが、攻略するとなると簡単には進めないかもしれませんね。


【男女共通】恋煩いの直し方や改善する5つの方法

恋煩いにも様々な症状や特徴がありますが、睡眠障害や食欲不振になることもあるので、放置しておくのはおすすめではありません。

身体のバランスが崩れると、精神的なダメージにも繋がりかねないので、恋愛や好きな人への気持ちも表現しにくくなります。

ここでは恋煩いを軽減し、直し方についてレクチャーしていきます。


恋煩いを直す方法1. 恋愛について考えないくらい仕事や趣味に没頭してみる

男性の恋煩いの直し方でおすすめは、恋愛以外に集中するものを作ること。

基本的には、恋愛は頭で考えていることなので、頭を使うことに集中してみるのは大切です。

また、仕事や趣味などに没頭するなら自信や満足感につながるので、ここで得られた自信や満足感はゆとりに繋がります

ゆとりがでてくると、恋愛や好きな人に対してもポジティブな見方ができるようになります。

このゆとりは、休暇やリフレッシュでもいいかもしれません。女性でも恋愛以外に没頭するのは、恋煩いの解決になります。

しかし、男性よりも人との繋がりを大切にする女性の場合は、仕事に没頭することも効果が期待できますが、人に関わるよりもリフレッシュで気持ちを切り替える方がおすすめです。


休みがあるなら非日常的な旅行へ行くのも有効的!

旅行やいつも行かないような場所に行ってみることもおすすです。

ご自宅に閉じこもって、パソコンや携帯をいじるのは日常生活と同じパターンになってしまいます。

いつもと違う非日常的なところの方が現実逃避には打って付けです。

休暇が取れるならいつも行く場所ではないところに旅行に行ったり、ちょっとプチ贅沢な気分でレストランで食事してみたりすることも、気分転換になります。

恋煩いをした経験者は、リラックス効果のある温泉、水平線が見渡せるような海、遮るものがない空の見える山、行ったことのない遊園地などのレジャー施設など、自分にとってどこが一番リラックスできるかチェックしてみてくださいね。


恋煩いを直す方法2. 泣けるドラマや映画を観て思いっきり泣いてスッキリする

思いっきり泣いてみましょう。恋煩いには、自分の気持ちをわかってもらいたいという気持ちが見え隠れしています。

涙を流してスッキリしてみると、悩んでいた気持ちや感情を一緒に流せることがあるのです。

自分の気持ちを代弁してくれるような歌を聴いたり、映画をみたりすると涙が出てきてストレスを発散することに繋がります。

恋をすると幸せな気分になりたいという気持ちがでてきて、感受性が高まります。

そこで、歌や映画の恋愛観を自分の状況に重ね合わせて積極的な見方に繋げることができるようになるかもしれません。


恋煩いを直す方法3. バッサリ髪を切ったり、体を鍛えたりイメチェンや自分磨きを精力的に行う

「自分磨き」は、恋煩いの直し方でも、恋煩いの症状が重症であるほど、気分転換や自信が持てない人におすすめの解決方法です。

恋煩いが長い期間続くと、眠れない、食欲がないなどは日常茶飯事。

集中力がなくなり物思いにふけったり、仕事や日常の用事も手につかなかったりするだけでなく、大きなトラブルに繋がり兼ねません。

ここで、効果を発揮する「自分磨き」は、ヘアスタイルを変えてイメチェンに加えて綺麗にさせたり、ジムに通って体を鍛えることでかっこよくさせたりします。

活力ややる気の基にもなり、精神状態を正常にする以上の効果期待できることもあるのです。

【参考記事】はこちら▽


恋煩いを直す方法4. 思い切って告白をして決着をつけるor次の恋へ進む

仕事や趣味で満足感を味わえると、やる気がでてきてポジティブな見方ができるようになります。

恋の病いでも、ポジティブな見方は好きな人へのアプローチに欠かせないポイントです。

安易な気持ちは避けながら思い切って告白してみたり、玉砕が覚悟であっても恋煩いを終わらせたりすることもできます。

恋煩いで辛い思いが続くと、恋をゲットしたいという気持ちが強くなりますが、成功率は半々。

成功することよりも、恋煩いを終わらせるにはおすすめの方法といえるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


恋煩いを直す方法5. 休日の予定を入れて、充実した日々を過ごす

充実した毎日や休日のスケジュールをフルに活用してみることもできます。

仕事で疲れてても、テレビを見て休日を過ごすより、運動や散歩をしてストレス発散できる方法はおすすめです。

家の中でシェイプアップや筋トレもできますが、いつもと違うジムに行ってトレーニングするのは気持ちを切り替えることもできます。

休日だからと言って、外に行くのは面倒くさいという時には、部屋の模様替えなども効果が期待できます。

大きな家具を動かしたり、インテリアの雰囲気が変わったりすると、ご自宅でもみる景色が変わることで、気分が変わることもありますよ。


恋煩いを脱して、恋愛を楽しんでみて

辛い恋煩いに悩んでいると、真面目な男性や一途な女性でも身体や神経に影響することがあります。

恋愛に慣れていなかったり仕事に没頭してきたりした男性や女性が、純粋に恋愛をしたいという気持ちを持ってアプローチしてくれることを待っている人もいるはず。

恋煩いをしても自分にあった直し方が見つかると、恋愛を楽しみながら、素敵な人にめぐり合うことができるかもしれませんよ

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事