復縁結婚はうまくいく?よりを戻すきっかけ&結婚するカップルの特徴9選

一度別れた恋人と復縁を考えている男性と女性へ。意外と復縁をするカップルは多いと言われていますが、復縁結婚をする確率はどのくらいあるのでしょうか。また、その離婚率は低いのでしょうか。今回は、復縁結婚しやすい別れ方や復縁して結婚をするカップルの特徴とエピソードを大公開!

復縁から「結婚」するカップルが多い理由を大公開!

復縁結婚するカップルの特徴

結婚したい人や付き合いたい人は?と聞かれたときに「以前付き合っていた人」と答える人もいます。

「大切なものは失ってから気付く」と言われることもありますが、別れた後で元の恋人と復縁したいと思う人同じ想いでしょう。

そこで今回は、復縁して結婚したいという人へ、結婚できる確率や離婚率、復縁できる可能性が高い別れ方、上手くいくカップルの特徴などについて詳しく解説していきます。


復縁した相手と結婚できる確率は?結婚できたときの離婚率は?

別れたけど、忘れられない人がいると、新しい恋をしてもなかなか前に進めないという人もいます。

この時点で別れたことを後悔し、元の恋人と復縁を考えるカップルは約50%、つまり約半数の人は復縁を考えているのです。

このうち実際に復縁する男性と女性は約30%の3割の人たちになります。

その後、復縁から結婚に至る確率は復縁して交際を続けているカップルは約15〜20%になり、約9〜10%の人は結婚しています。

これは、復縁しても1度別れていることで、恋愛に冷静になりすぎていることや結婚前提でよりを戻すことも要因のようです。

そのためか、復縁して結婚したカップルは、離婚率がとても低いようです。

「また結局戻るかもしれない」という思いがあるとのこと。一度別れてよりを戻すカップルの思い入れが感じられますね。


一度別れたカップルでも、復縁結婚しやすい別れ方やパターン

復縁を希望する男性や女性のうち、結婚しやすい別れ方やパターンのあるカップルの特徴を紹介します。

一度別れているからこそ、復縁から結婚まである程度の期間が必要になことがあるようです。

復縁しても結婚までスムーズにいくカップルの別れ方とパターンを見てみましょう。


パターン1. 別れる前に付き合った期間が2年以上ある場合

別れる前に、ある程度お互いを知る期間のあったカップルは、復縁したいという気持ちも強く、スムーズに復縁しやすいと言われています。

例えば、2年以上の期間、時には3年くらい付き合っていたとすれば、お互いの生活のリズムをある程度理解しています。

また、衣食住などの生活のこだわりや好みを知っているからでしょう。

男性も女性もお互いのことを理解しているので、復縁結婚に結びつきやすいのかもしれません。


パターン2. きっぱりと別れて、適切な冷却期間をおいていた

別れるタイミングは、個人差があるとは言え、不安定な時期になることが多くあります。

結婚を意識している時には、なおさら相手を冷静に見ることが必要でしょう。

そのためには、ある程度交際した後で別れることを決めた時、「きっぱりと別れているか」ということも復縁がスムーズになるポイントです。

一緒にいたいという気持ちがあっても、適切な冷却期間が復縁につながることがあるので、別れも無駄にはなりません。

【参考記事】はこちら▽


パターン3. 別れた理由が嫌いになったり、喧嘩別れではない

お互いが嫌いではなく、喧嘩別れではないなら、復縁結婚までもスムーズに進めやすいパターンになっているのはなぜでしょうか。

嫌な部分、許せない部分が復縁後も気になりそうなら、結婚の話はでない方が良いくらい。

しかし、お互いが嫌いでなければ、意見や感情を受け入れることができ、喧嘩別れでないなら会話やコミュニケーションを図ることができます。

意見の食い違いを消化して、復縁の時点でお互いの許せない部分や、嫌な部分を解決しているなら、結婚という目標に進むことができるのです。


パターン4. お互いが依存しすぎず、自立した考え方を持っている

復縁までにかなり長い期間ある場合、「男性も女性もお互いが依存しすぎず自立した考え」を持っています。

別れた頃よりもお互いが精神的に成長しているので、相手の考えかたや違いも寛容に受け入れることができるわけです。

若い頃に付き合っていた場合でも、経験を積み年を重ねて成長すると、復縁から結婚までも早いカップルが多くいます。

相手の個性も悪い部分もすべて、受けられるようになります。恋愛から結婚へ気持ちが移行しているという共通の特徴も魅力的です。


パターン5. SNSで繋がっていてお互いの近況を把握していた

LINEなど繋がっていて、お互いの情報交換をしていると復縁から結婚に結びつきやすいのはなぜ?と思うカップルも多いですよね。

多くの場合、別れる理由には「一緒に過ごす時間が少ないこと」や「コミュニケーション不足」が関係しています。

復縁を希望する男性と女性は、別れた原因をよく理解しており、同じ理由で別れないように意識しているのです。

最近の家族や仕事の様子、友人の結婚式に出席したり、旅行に行ったりという自分の近況を自然に伝えられます

そこで、LINEなどのSNSで繋がっていることにより、お互いの近況や状況の変化を把握できているので、復縁しやすいのです。

【参考記事】はこちら▽


一度別れた男女が復縁するきっかけやエピソード

一度別れたことがあっても、復縁したいと願っている男性や女性の「復縁に至るきっかけやエピソード」を紹介します。

復縁経験者のエピソードはリアルなもの。偶然だったり、時間をかけて考えたり、周囲がセッティングしてくれたりします。


きっかけ1. 共通の友人の結婚式で再会した

付き合っていた期間があると、その期間の共通の友人や知り合いも多くいるもの。

そうした友人の結婚式で、再開する元恋人同士は、復縁のチャンスになっています。

元恋人のカップルが結婚を考えていた時期があると、友人の幸せそうな結婚式は、復縁して結婚したいというアピールに変わることがあります。

幸せそうな新郎新婦は、以前結婚を考えたこともある男性と女性のつなぎ役。

お互いの年齢も考慮して、結婚前提の復縁ができることもあるようです。


きっかけ2. 友人がキューピットになって間を取り持ってくれた

復縁を目標とすると、気持ちがすっきりとして前向きに物事が見られるようです。

信頼できる友人が元の恋人と復縁したいことを聞き、元恋人との再会、食事やグループでのお出かけをサポートすると言うエピソードは意外と多いもの。

その後、LINEでのやり取りによって、コミュニケーションが再開して、復縁にこぎつけられることも多いもの。

友人を大切にし、友人との時間を大事にしていれば、仲の良い友人がさりげなくキューピット役に回ってくれることがあるのです。


きっかけ3. 付き合っていたころによく行っていたお店でばったり会ってしまった

付き合っていた頃によく行っていたお店で再会できるとしたら、復縁までのモチベーションも上がりやすいでしょう。

そこで、復縁のチャンスを自分自身で掴みたいなら、元恋人と一緒にデートしたり食事したりしたお店に立ち寄ってみるのはおすすめです。

昔デートで待ち合わせや食事に使っていたカフェで、出会えると言うエピソードは運命的。

懐かしいなと思って立ち寄ったら、ばったりカフェで元の恋人に出会えたとなれば、元恋人も期待をして来ているかもしれないのです。

さらに、元彼の趣味でもあったスポーツジムに通おうかと思い、体験で参加したら元彼にばったり会い、復縁できたということも。

つまり、付き合っていた頃のお互いの行動は、偶然であれ、運命であれ、ばったりと再会し復縁のきっかけになるのです。

【参考記事】はこちら▽


きっかけ4. 誕生日にお祝いの連絡をしてきてくれた

毎年巡ってくる誕生日。LINEなどのSNSを利用して、誕生日のお祝いを連絡してくれたことがきっかけで復縁するカップルも多いそう。

別れた後は、あまり連絡は取らないものですが、誕生日などのイベントごととなると自然と連絡してしまうのが復縁するカップルあるある。

一度別れると冷却期間を持つことができるので、以前よりも元恋人に変化が見られることに気付けるかもしれません。

誕生日のメッセージが届き、感謝を伝える返信を送ってみたところ、会話が弾んで復縁につながるケースは意外と多いですよ。


きっかけ5. 次に付き合っていた人と別れたため

元恋人と別れた後、やはり恋をしていたいという思いから、交際したり別れたりする人もいます。

しかし、今の恋人と元恋人を思い出してしまうことがあると、「(元恋人は)こんな事なかったかも」と考えてしまうことがあるようです。

喧嘩したり意見が食い違ったりすると、なおさら元恋人が気になることもあります。

しかし、そんな時に元恋人と再会すれば、「やっぱりこの人とならうまくいくかな」と思ってしまいますよね。


きっかけ6. 年齢が30歳を越えて、結婚を急ぐタイミングになった

何らかのきっかけで再会した後、30歳を過ぎたりある程度の年齢になったりすると、やはり結婚を意識して復縁を求めることもあります。

このケースが成功しやすいのは、「一度別れた」という事実と、「もう一度付き合いたい」、そして「結婚をして離れたくない」という願いと覚悟の表れです。

そのため、話し合って解決したり、お互いがすでに結婚を意識したカップルになれるということが関係しているでしょう。


復縁した相手と結婚して、うまくいくカップルの特徴

復縁から結婚は難しいのではないかと考える人も少なくありません。

しかし、勇気のいることですが、よく知り合えた人である元恋人との復縁は、しっかりとコツをつかんでいます。

ここで、復縁した相手と結婚して、上手くいくカップルの特徴を取りあげますので、ぜひ参考にしてください。


特徴1. 過去に別れた理由が明確になっており、きちんと問題が改善されている

復縁した相手との結婚を幸せな生活にするには、過去に2人が別れた理由が明確になっていることと、問題が改善されている必要があります。

一度改善された問題には、向き合いやすいく解決しやすいので、一緒にいたいという気持ちにより結婚に進めるもの。

お互いの性格や交友関係、価値観のすり合わせなど、過去の別れた原因はすでにクリア!していることがポイント

過去の別れた理由や問題が改善されているなら、過去と同じ問題を解決しやすくなるので、復縁から結婚にスムーズに進むためのコツです。


特徴2. 過ちを素直に認めることができる

素直でないと、自分の過ちや間違えを認めることは難しいものです。

時には、好きな人の粗探しをしてしまい、相手が改善してくれることを要求しちゃったりします。

自分の過ちを認めるという素直な気持ちを持って、自分の至らなさを改善するなら、復縁したいと思う気持ちの証拠。

別れた原因が男性と女性のどちらにせよ、過去に固執しないようにしないように意識することで素直になれます。

現状のお互いの気持ちを優先させることで、本当に大切な相手かもしれないとゆとりが出てくるものです

復縁した男性と女性が、謙虚に自分の過ちを認めることができれば、結婚までもスムーズでその後も幸せに過ごせるのです。


特徴3. パートナーの短所を受け入れることができる

パートナーの短所に対しても、リセットすることができる部分を持ち合わせていること。これも、復縁に大きく影響すると言われています。

それは、元恋人の短所を受け入れるには、心理的にお互い一から向き合っていこうという気持ちが必要だからです。

それには、以前の別れた理由やきっかけにこだわらず、短所を受け入れることが必要になるからです。

過去を思い出さないためにも、もう一度パートナーとなる元恋人の短所を受け入れることができるようになります。


特徴4. 過去のことは忘れ、未来と向き合うことができている

過去のことを忘れて前向きな姿勢を保つのは、意外と大変なことがあります。

特に、傷ついたとか許せないという気持ちになった事案が過去にあると、復縁の際にもそのことが気がかりになるでしょう。

例えば、昔相手の浮気が別れた原因になっていれば、復縁できた後も何かのことがきっかけで、過去の浮気を思い出してしまうでしょう。

それを許してくれたから復縁したと思うかもしれませんが、過去のことが会話になることで複雑な気持ちになります。

未来と向き合うと決めたなら、過去のことは忘れてできる限り思い出さないことも大切です。


特徴5. 相手に依存する関係ではなく、自立した考え方を持っている

自分磨きや女子力アップを頑張っていたとしても、自立した考え方が身についていないと復縁は難しくなります。

見た目ではなく、相手を思いやる気持ちが変わらなければ、同じことを繰り返すのではないかという不安な気持ちさせてしまうもの。

結局、何も変わっていないと思われてしまうと、復縁してもまた同じ問題を引き起こすかもしれません。

特に、復縁がうまくいくことを願う女性は、この「依存心」に注意する必要があります。

相手の気持ちを考えるあまり、自分らしさを見失ってしまうでしょう。

恋愛も結婚も、お互いが尊重し合うことが最も大切な要素です。


信頼関係ができているので、束縛もない

復縁を希望する男性や女性は、お互いの信頼関係がすでに築けているという大きなメリットがあります。

そのため、初めて付き合い始めた頃よりも、気持ちにもゆとりがあり相手を束縛することを最小限に抑えられるでしょう。

その信頼関係がなければ、復縁するということが、まず難しいでしょう。

どのくらい交際していたか、どのくらいブランクがあるのかにもよるかもしれませんが、「復縁=信頼関係」と思っても過言ではありません。


特徴6. 「1年付き合ったら入籍する」など、2人で共通の目標を持ち同じ方向を向いている

復縁したいカップルが、同じ目標を持って進んでいると結婚が成功しやすいと言われるのはなぜでしょうか?

復縁や結婚を考えているときは、嬉しい反面、目標を見失ってしまうこともあります。この場合、問題が起こることは想定しないもの。

「1年付き合ったら入籍する」など、ともに歩む上での共通の目標を持ち同じ方向を向いているなら、少しの違いでまた離れようとは思いません。

このまま、結婚してしまうと相手に依存してしまうこともあります。

仕事や趣味、自分磨きを怠らないようにしつつ、復縁や結婚に集中できるなら輝いた魅力的なパートナーになるでしょう。


特徴7. 「幸せにしてもらう」ではなく「幸せにしたい」という気持ちがお互いにある

幸せになりたいと思っていると、相手に「幸せにしてもらいたい」という願いが出てきてしまいます。

それよりも「お互いに支え合おう」という価値観がパートナーとの未来を築き上げます

「自分がして欲しいことを他の人にもする」という気持ちを優先させ、どんなことでも協力し合えることが自然にできるようになれば最高の関係です。

相手を幸せにしたいというお互いの気持ちは、意見が合わないからと言って、すぐに離れたり話をしなかったりすることを避けられるもの。

こうした成長した男性と女性のお互いの幸せを思う気持ちは、問題が起きても解決の糸口を見つけやすくなるのです。


特徴8. お互いをより一層思いやることができている

相手を理解しようとする気持ちは、結婚まで進めやすい復縁の特徴です。

これは、相手のことを理解したり、理解しようと努力したりしているのであれば、必ずパートナーに伝わるります。

とはいえ、相手の気持ちを考慮に入れるのは、実際にはちょっと難しいものです。

そこで、男性か女性かのどちらか一方が努力をするのではなく、お互いが理解し、協力し合うという思いやりを持ち続けることです。

お互いの努力と協力があれば、復縁から結婚までスムーズに流れるでしょう。


特徴9. 将来を考えて、ある程度の貯金をしている

復縁までの間に、ある程度の貯金をしておくと、結婚までがスムーズにいきやすいのはなぜでしょうか。

復縁までの期間がどのくらいであっても、復縁の時点で2人が目標とする結婚までは、そう遠くないはず。時期がいつになるかは、2人次第です。

結婚するとなると、結婚式・新婚旅行・引越費用・家具の購入など、いろいろとお金が必要です。

結婚する意思を2人とも持っていても、お金がないことで結婚生活のスタートまで時間かかってしまうかもしれません。

復縁後の結婚はスムーズにいくことも多いため、ある程度の貯金は必要かもしれません。

【参考記事】はこちら▽


真似したい!復縁から結婚した芸能人5組

理由はさまざまですが、別れた芸能人のカップルが復縁して、幸せな家庭を築いている様子を紹介します。

「もう一度一緒に頑張りたい」という思いを持つことで、相手の大切さに改めて気付き、結婚するカップルも多いものです。ぜひ、参考にしてみましょう。


芸能人1. ロンブー淳 & 西村香那

ロンブーの淳さんは、元モデルの西村香那さんと復縁し、2013年に結婚しました。

結婚まで5年、一旦は破局しましたが、淳さんのアプローチで復縁し、結婚しています。

タレントとして忙しくしている芸能人との交際や結婚は、「やはりお互いを思いやること」が基本と語っています。

結婚に対する焦りがなくても、うまくいくとしたら、やっぱり香那さんしかいないというのが決め手になったようです。


芸能人2. 道端ジェシカ & ジェンソン・バトン

同じく5年越しの復縁を成功させたのは、道端ジェシカさんとジェンソン・バトンさんです。

お二人の場合は、生まれた国も異なり、遠距離恋愛の典型でありながら、仕事の忙しさもあってすれ違ってばかりだったようです。

そのため、一度は別れてしまいましたが、遠距離恋愛のお互いのモチベーションを保ちながら、復縁と結婚を成功させられました。

【参考記事】はこちら▽


芸能人3. 後藤真希 & 一般男性

後藤真希さんと一般人の男性の復縁と結婚も話題になりましたね。

6年前に交際を始めたお二人が、復縁した後7か月後には結婚されています。

これは、結婚を目標とした同じ目標い向かっていた証拠と言えます。

復縁するまでの期間も「友人関係」を作り、さまざまな事情でストレスを感じる時にも、支え合えることが結婚に繋がっています。

芸能人と一般人の結婚、そして、結婚を前提に復縁されているので、復縁離婚のお手本と言えるかもしれません。


芸能人4. 瀬戸朝香 & 井ノ原快彦

2007年に結婚した瀬戸朝香さんと井ノ原快彦さんも、さまざまな問題を2人で乗り越えて復縁結婚されたお手本です。

デビューして人気絶頂だった井ノ原さんと、女優の瀬戸さんの場合、外でデートすることも難しかったようです。

別れてから復縁までは、5年の歳月が流れました。

復縁後は井ノ原さんの提案により早い時期に結婚したいという願いがあったそうです。

復縁後約2年半で結婚されています。


芸能人5. 西山茉希 & 早乙女太一

西山茉希さんと早乙女太一さん。メディアで知られてしまう芸能人には、仕方がないことかもしれません。

しかし、交際が発覚した時点で、「結婚はまだ、でもお付き合いを」はっきりと言えるほど、真剣交際だったのでしょう。

過去を取り上げないことが復縁に効果的ですが、そのことを実感されたお二人。

さまざまなニュースも流れましたが、別れてから3か月後にはよりを戻すことに成功しているのです。


一度別れたからこそ「結婚」に繋がる

「やっぱりこの人しかいない」と思う時の元恋人同士は、復縁することで新たな自分を相手に見せることができます。

そのためにも、自立し、話し合ったり協力しあったりすることを中心にしながら、復縁後の結婚という目標に進んでいくことができます

お互いのことを考えたポジティブな見方を忘れないで、もう一度一緒に歩けると良いですね。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事