初デートは食事だけが無難?誘う時間帯からお店選びや会話の話題まで大公開

気になる異性を初デートに誘うとき、食事だけにするべきか遊びに出かけるか悩む人は多いはず。今回は、初デートで食事に行く時の会計や服装、お店選びなど、気をつけるべきポイントをまるっと紹介!さらに、初デートで使える会話の話題や初デートの食事に誘う時間帯まで解説していきます。

初デートの“食事”で悩んでいる方、必見です!

初デートのお店選び

気になる女性、男性にアプローチしたい、となった場合にまず最初に行うのは初デートのお誘い。

デートプランを考えるにしても、食事だけにすべきか、遊びに行くのか、どこに行こうか?服装は?など迷う方も多いことでしょう。

どうせなら「色々考えたのに上手くいかなかった...」というのは避けたいですよね…。そこで今回は、異性を初デートに誘う時に気をつけるポイントをいくつかご紹介します。初デートの食事はスムーズに誘っちゃいましょう!


初デートの食事での知っておくべき4つのポイント

初デートの食事のポイント

初デートですること、といえば食事。ランチにすべきか、ディナーにすべきか、どんなお店を選ぶべきか、食事の後はどうすべきか、なかなか悩むところです。

ここでは、初デートの食事で知っておいた方が良いポイントをご紹介します。


初デートの食事で意識すべきポイント1. 初デートの食事のお店選びは男性が決めたほうがスムーズ

初デートの食事のお店選び、迷いますが、女性は男性にいつでもリードしてもらいたいもの

初デートの食事選びは男性が決めるようにしましょう。とはいえ、和食が良いのか洋風が良いのか、どんなお店が好きなのかなど色々と考えてしまいます。

フランクに聞けるようなお相手であれば、事前に食事の嗜好を聞いてお店選びのヒントにするのも良いかもしれません

考えるのが面倒だからと言って、お店を女性に選ばせず男性自らが決めるようにしましょう。


初デートの食事で意識すべきポイント2. 初デートは食事だけで終わったほうが良い

男性から女性を誘う場合は、男性の誠実さも見ていますので、初デートは食事だけで終わった方が良いケースが多いです。

食事をした後はどうしようか、もう1杯飲むのにバーなどに誘おうか、などと考える人も多いでしょう。

しかし1回目のデートはあくまでお互いのことを知る時間です。

それ以上のことをして、色々と知ってしまうと逆効果になってしまうこともあるため、まずは食事だけで終わらせるようにしましょう。


初デートの食事後はサラッと解散し、次のデートにつなげたほうが◎

初デートはさらっと解散次回へつなげる

食事の間、お互いのことを知り、好印象のまま終わらせた方が次の約束に繋がりやすいです。

そのため、初デートのあとは食事だけで終わり、できれば終電のギリギリまで一緒にいるのではなく、食事が終わったら時間に余裕を持ってサラッと解散するのが良いでしょう。

食事の後に、「次の休みはいつなの?」「次は・・したいねぇ〜」などとサラッと相手に興味があることを自然な会話で示し、クールに次のデートに繋げるようにすると尚良しです。

【参考記事】はこちら▽


初デートの食事で意識すべきポイント3. 予算は年代に合わせ、高すぎず安すぎない金額設定をする

初デートの際の食事で、気になるのは食事の予算設定。

高すぎてはハードルが上がり、変に萎縮したり気取ったりしているように見えてしまいますし、安すぎるとデートと思われない可能性もあるので、注意が必要です。

高すぎず、安すぎない金額設定が重要。その金額設定は年代により、食事の金額相場が変わってきます。

次の章で年代に合う具体的な金額設定をご紹介していきます。


20代は3000円以上、30代以上は4000円以上が無難

高すぎては女性が気を張るし、安すぎてはカジュアルすぎる、高すぎず安すぎない予算を考えるため、年に合う金額設定が大事です。

と言われても、ピンと来ない人も多いのではないでしょうか。そんな人はこちらを参考にしてください。

20代であれば3,000円程度が相場です。大半の20代は社会人になって間も無く、がっつりお金を稼げる年ではありません。

身の丈に合う金額が3,000円程度です。一方で30代はビジネスでは役職がつくことも多く、年収が上がる人も多いでしょう。相場としては4,000円が丁度良い金額設定です。


初デートの食事で意識すべきポイント4. 時間帯は18時〜20時ごろスタートがおすすめ

初デートは18時から20時のスタートがおすすめ

食事の約束は何時ころが丁度良い時間帯と思いますか?具体的には18時から20時頃が良いとされています。

休日のお食事であればランチの時間帯でも良いですが、平日の仕事帰りにさっくりと食事、のスタンスの方が気軽に誘えます

仕事が終わったタイミングの時間帯、18時から20時頃が良いでしょう。お食事の際は並んで待つことなく、スッと入れるように事前に予約しておくことを忘れずに。


初デートの食事で使える9つの話題

初デートの食事で使える話題

初デートの時、どんな会話をすれば良いか迷ってしまいますよね。

ドキドキしてしまい、終始会話が途切れて静まってしまうという悲惨な状況にならないように、事前に話題を用意しておくことも大切です。

ここでは、初デートに使える話題を紹介します。


初デートの食事で使える話題1. 仕事の話

まず最初に話しやすい話題とも言えるのが、仕事の会話。

お互いが社会人であれば、「仕事」が共通の話題なので話しやすいトピックスです。

簡単に、今行なっている仕事の業界や、仕事内容などを話してみましょう

自分を大きく、すごい仕事をしていると見栄を張りがちですが、あまり大きく話するとハードルが上がります。

なるべく、自慢にならないように控えめに。また収入の話はNGですので避けましょう。


初デートの食事で使える話題2. お互いが知っている共通の友人の話

お互いが知っている友達の話は、話しやすい共通の話題となるため、その場の雰囲気が和みます。

そのためお互いが知るきっかけが共通の友人であれば、その友人についての会話で盛り上げるのも良いでしょう。

その友達とどういったきっかけで出会ったのか、いつ出会ったのか、彼、彼女はどういった人なのか、それぞれのストーリーがあるはずです。

いきなり自分たちの話をするのは気がひけるという方は、友人の話をして、慣れてきたら徐々に自分たちの話に移行する、というのも方法をとっても良いかもしれませんね。


初デートの食事で使える話題3. 休日の過ごし方や趣味の話

初デートの食事の使える話題は趣味

男性、女性、それぞれで休日の過ごし方は異なります。

「休日は何をしているの?」の一言で、その人の休みがいつ頃なのか、どういった趣味趣向があるのかがわかります

まるで、魔法の言葉ですね。休みの日はよく旅行に行く、という回答であれば過去に行った旅行の話をしてみたり、写真を見せたり。

映画に行く、という回答であれば好きな映画の話をしてみたり。色々と会話を広げることができそうですね。


初デートの食事で使える話題4. 学生時代の話

女性、男性の両方に必ず学生時代の思い出があり、共通で話しやすい会話をすると、話に華が咲きます。

お互いどういった学生だったのか、笑い話になりそうな過去の思い出などを交えて話すと会話に華が咲きそうですね。

見た目とはギャップがあるストーリーがあると盛り上がります。

実は少し遊んでいそうに見えて生徒会長だった、優等生そうに見えて実は過去はやんちゃだった、など。

暗い話、また自分の自慢話になることは、あまり良い結果にならないため避けましょう。


初デートの食事で使える話題5. お互いの第一印象の話

お互いの第一印象の話をしてみても良いでしょう。ただし、これを最初の話題にするのはNG。

出会ってからすぐに「自分のことどう思った?」と直接聞くと引いてしまう人もいます。

場が温まってきて、話しやすい相手とわかり始めた時に聞いてみると良いでしょう。

否定的な印象を伝えるのは逆効果、悪気がなくてもあまり良い気分にはなりません。相手を傷つけないよう言葉に配慮しながら話してみましょう。


初デートの食事で使える話題6. 好きな食べ物の話

初デートの食事で使える話題は好きな食べ物の話

人には必ず食べ物の嗜好があるはずなので、共通の好きな食べ物を聞いて、話題を盛り上げてみましょう。

また、「じゃあ次それを食べに行こう!」と次のデートに繋げるきっかけにもなるかもしれませんね。逆に嫌いな食べ物について面白おかしく話するのも良いでしょう。

ただ嫌いなんだ、という話はあまり面白くない上に、ネガティブな印象を与えてしまうため、なるべく面白い小ネタにする形で会話を広げると良いでしょう。


初デートの食事で使える話題7. 好きな異性の対応の話

好きな異性の対応について話すると、異性のどういったところにドキッとするのか、どういったタイプの人が好きなのか、芸能人なら誰がタイプか、など様々なトピックスで会話の盛り上げようがありますね。

注意すべき点は、タイプの人間とその場にいる異性のお相手が真逆の場合は避けるべき会話です。

明らかに違うと、「自分はタイプじゃないのね」と勘違いし、次のデートに繋がらなくなる場合も。


初デートの食事で使える話題8. 過去に失敗したり、恥ずかしかった話

過去の失敗談や恥ずかしかった話などをすると好印象なので、過去に失敗したり、恥ずかしかった話で会話を広げていくのも良いでしょう。

自分の成功談というのは、単なる自分の自慢話になってしまいがちです。

自慢話というのは面白くないので、逆の失敗談などを話しましょう。恥ずかしい話、失敗してしまった話、というのは人間誰しもが共通してあります。

一つや二つ話をしてみて、少しずつ距離を狭めていきましょう。


初デートの食事で使える話題9. 次のデートで行きたい場所の話

初デートの食事で使える話題は次のデートの話

食事をして、少しずつ会話に慣れ、お互いのことが徐々にわかり始めたら、次に行ってみたい場所や食べてみたいお店などの話に移行していきましょう。

行ってみたい場所が近くですぐに行ける場所であれば、次のデートで行ってみようか、と誘う口実にもなりますね。

あまりに遠いと外泊が必要になるので、近い場所、行ってみたいカフェ、新しくできたテーマパークなどから、話をしていくようにしましょう。

【参考記事】はこちら▽


【男女別】初デートの食事で気をつけたいこと

初デートの食事で気を付ける事

初デートでの食事の際に気をつける点は、服装や、食べ方、マナーや言葉使いなど複数あります。

できれば少しだけ気をつけて相手に良い印象を与えたいですよね。ここでは、男女それぞれで食事の際に気をつけるポイントをご紹介します。


男女共通で気をつけるべき7つのこと

食事の際は何を着れば良いのか、食べ方は?言葉使いは?悩む点はたくさんありますよね。

好印象を与えるには何を意識すべきでしょうか?まずは男女共通で、食事の際に気をつけるべきポイントを複数ご紹介していきます。


男女共通で気をつけるべき注意点1. お店の雰囲気にあった服装をする

お店の雰囲気に合う服装を選ぶことはマナーの一つですので、服装選びに気を使うことでマナーの良い人、またおしゃれな人、と印象付けることもできます。

大人の雰囲気のあるレストランで、カジュアルすぎると第一印象が悪くなる可能性もありますし、あまりオシャレに気を使わない人なのでは?と誤解されることも。

逆にドレッシーすぎる服を着てしまうと、お店の雰囲気と合わずに一人だけ浮いてしまう可能性もあります。

事前にお店のジャンルを聞いてお店に合う洋服選びをしましょう。


ドレスコードがある場合もあるので、注意

食事をする場所によってはドレスコードがある場合もありますので、注意が必要です。

どういったジャンルのお店に行くかを聞く際に、フランス料理やイタリアンのお店、などを言われた場合には、ドレスコードがあるかを確認すると良いでしょう。

ホテル内にあるフランス料理などでコース料理を出すようなお店では、ドレスコードがある場合があります。

迷った場合には、仕事に着るようなオフィスカジュアルを着るのがおすすめです。


男女共通で気をつけるべき注意点2. お店のスタッフに横柄な態度は取らない

初デートの食事で気を付ける事は店員に横柄な態度をとらない

食事をしている時、相手がお店の人へ配慮しているのか、お店の人への対応はよくウォッチする人が多いので気をつけましょう。

お店の人にメニューを頼むときに、敬語になっておらず横柄な態度を取るのはNG。

失礼な人と思われます。また会話に夢中になってお店の人へのお礼などを忘れてしまうのもよくありません。

お店のスタッフの人への気遣い、配慮もしっかり気にするようにすると好印象を与えられますよ。

【参考記事】はこちら▽


男女共通で気をつけるべき注意点3. 箸の持ち方や食事マナーを守る

食事マナーが悪いのは、男性でも女性でも減点です。

箸の持ち方が握るような持ち方をしている人、口周りが汚いのにナプキンで口を拭こうとしないなどはマナー違反で下品と思われてしまいます。

会話は面白いのに食事マナーが悪いと、一緒に食事をしたくなくなる人も少なくありません

会話を楽しみつつも、しっかり食事マナーにも気を使い、下品という印象を植えつけないようにしましょう。

【参考記事】はこちら▽


男女共通で気をつけるべき注意点4. 食べながら会話をしない

初デートの食事で気を付ける事は話ながら食べない

会話が盛り上がってくると、ついついあれも話したい、これも話したいという気持ちになりますが、話しているときに口の中のものが見えると下品です。

食べている途中は会話をしないように注意しましょう。相手の口の中のものが見える状態は非常に汚く、汚い音も鳴り気分を害します

食べ物が飛び散ってしまうことがあれば、食欲も失せます。口に食べ物が入っている間は、話すことは少しの時間、我慢しましょう。

相手の話を聞く時間として、口をしめて食べるようにしましょう。


男女共通で気をつけるべき注意点5. 相手の話に興味を持ち、共感をしながら聞く

初デートのときにやってしまいがちなのが、自分のことをよく見せようとして、自分の話ばかりしてしまうこと。

面白い話であれば良いのですが、自分の話は自慢話になってしまいがちです。それでは相手も話に飽きてしまいます。

言葉のキャッチボールができ、お互いがお互いの話に耳を傾け、会話が広がっていくのが良いデートです。相手の話にも興味を持ち、共感しながら会話を進めるようにしましょう。

【参考記事】はこちら▽


男女共通で気をつけるべき注意点6. 携帯ばかりをいじらない

初デートでの食事中は携帯ばかりいじらないようにしましょう。

携帯ばかりいじっていると、そんなに誰と連絡しているんだろう?時間を気にしているの?と勘ぐってしまう原因になります。

私と話していても楽しくないの?と相手を誤解させてしまうと、良い印象を与えません。

食事の間は、なるべくならば携帯は使わないように!できる限り相手の話に興味を持ち、会話を楽しむ時間にしましょう


男女共通で気をつけるべき注意点7. 料理を楽しみ、美味しそうに食べる

せっかくの初デートの食事ですので、会話だけでなく出てくるお料理にも興味を持ち、食事も楽しみましょう

出てきたお料理の批判をするのはネガティブな印象を与えるのでNGです。

美味しいね!と笑顔で美味しそうな顔を見せたら、自然と相手も笑顔になってくれることでしょう。

そこから、「次は何の料理を頼む?」「この前食べた○○も美味しくて…」と料理の話題で会話が盛り上がることも。


女性が気をつけるべき4つのこと

女性が初デートの食事で気を付ける事はおごってもらうのを当たり前だと思わない

これまでは男女共通で、食事の際に気をつけるべきポイントをご紹介しました。

女性が男性に対して気をつけるべき行動、言葉などもたくさんあります。ここでは女性のみにフォーカスした気をつけるべきことを4点ご紹介していきます。


女性が気をつけるべき注意点1. 男性に奢ってもらえることを当たり前だと思わない

女性は男性に何かをしてもらえる嬉しいものですよね。

いつでもチヤホヤされたい生き物でもあります。食事の最後のお会計も男性が払ってくれるものと勘違いしている人も多くいますが、それは当たり前のことではありません。

奢ってくれることを前提に考えている女性は、そういった言動が表に出てしまい、払う気が無くなる男性もいます。奢ってくれたらラッキー程度に思っておくと良いでしょう。


女性が気をつけるべき注意点2. もし奢ってもらえた場合は「ごちそうさまでした」の一言を忘れない

女性が初デートの食事で気を付ける事はご馳走様の一言を言う

奢ってくれたらラッキーなのですが、もしも男性の好意で奢ってもらえた場合には必ず、お礼を言うようにしましょう。

「ありがとうございました。」「ごちそうさまでした。」当たり前を思っている人はこのお礼を忘れがちなので、注意が必要ですね。

また「美味しかったです」という言葉も付け足すのも好印象なのでおすすめです。

男性は自分が選んだお店を喜んでくれた!と嬉しくなり、二度目のデートのお誘いがあるかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


女性が気をつけるべき注意点3. 会計時にお財布を出して払う意思をしっかりと見せる

先にお会計は男性が払うという意思が見えている、またはそのように女性に先に伝えている状態であっても、女性も払うつもりの行動を取りましょう。

「男性が払ってくれるんだから良いでしょ。」という意識では、態度にも出てしまい、太々しい女性の印象になってしまいます。

会計時にはお財布を出して自分も払う意思があることを、しっかり見せることも重要です。

また、「良いよ、俺が払うよ」と紳士的な男性には必ず感謝の意を伝えましょう。


女性が気をつけるべき注意点4. お酒の飲み過ぎに注意する

お料理が美味しいとお酒が進んでしまいますが、できる限りデート中はお酒を控えるようにしましょう。

お酒が進んでしまうと、酔っ払ってしまい会話もしどろもどろになってしまいます。

帰り際に千鳥足にでもなってしまったら、男性も幻滅してしまいます。

お酒は嗜む程度に控え、少しほろ酔いで饒舌になる程度が良いでしょう。ゆっくり飲んで、お酒と料理と会話を楽しめるような程度が良いですね。

【参考記事】はこちら▽


男性が食事の際やお店選びで気をつけるべき5つのこと

女性が食事をする際に気をつけるべきポイントをご紹介しました。

次に男性が食事をするお店を選ぶ際に気をつけるべきポイントについて、ご紹介します。

男性の方々はしっかりポイントを抑え、女性が喜ぶ行動を心がけましょう!


男性が気をつけるべき注意点1. お店選びは相手のアレルギーや嫌いなものを気遣う

初デートのお店選びで気を付ける事

お店を選ぶ際は事前に相手の好きなものなどを聞くとともに、嫌いなものやアレルギーなどがないかの確認もするようにしましょう。

聞いた食べ物がメニューにないようなお店を選ぶという目的もありますが、相手を気遣っているということをアピールするという目的もあります。

あなたのことを考えてお店を選びますよ、と十分に配慮している=紳士的、なイメージも与えられ、女性のポイントも上がることでしょう。

【参考記事】はこちら▽


男性が気をつけるべき注意点2. お店は必ず事前に予約しておくこと

どのジャンルのお店かを決め、実際に連れて行くお店の場所が決まったら、忘れてはいけないのがお店への事前予約。

一度行ったことがある場所だと、「あそこのお店はいつも空いているから大丈夫」と余裕を持ってしまいがちですが、それはリスクがあります。

突然貸切でイベントが入ってしまったり、突然混雑したり、レストランは何が起きるかわかりません。

何が起きても良いようにまずは電話して状況を確認し、事前に予約を取ることをおすすめします。


男性が気をつけるべき注意点3. 出来るだけ静かで、個室のあるお店を選ぶと良い

男性が初デートのお店選びで気を付ける事は静かな所を選ぶ

お店選びで大事なのは、料理もそうですが、そのお店の空間も重要です。

せっかくの初デートなのでゆっくり話ができる場所を選びたいもの。それには個室での食事がおすすめです。

二人だけの空間で周りに気を使うこともなくゆっくりとした時間を過ごせます

全てのお店に個室があるわけではなく、またお店の中には個室は3名からなどと人数制限もありますので、事前に2人用の個室があるか調べて選ぶことが大切です。


大衆居酒屋やチェーン店は避けるべき

2名用の個室があるお店を選ぶことを前述しましたが、大衆居酒屋やチェーン店は避けるようにしましょう。

初デートで大衆居酒屋は、好きな女性もいますが、個室でも音が通りガヤガヤとうるさくなることがあります。

またチェーン店ですと、見慣れたお店になってしまうので特別感が感じられず、女性をがっかりさせてしまう可能性もあります。

少し難しいですが、それらをなるべく避けてスペシャルなお店を選ぶようにしましょう。

【参考記事】はこちら▽


男性が気をつけるべき注意点4. 初デートは男性が多めに払うまたは、奢るほうが無難

初デートの時のお勘定は男性が多めに払う、または全額払い、奢ってあげるようが印象は良いでしょう。

男性がお会計するのを女性は当たり前と思うべきではない、ということを前述しました。

がしかし、女性は男性がお会計を済ましてくれることを期待していることもあります。

割り勘となると女性は少し残念な気分になり、期待外れと思ってしまうこともあるので、最初のデートは少し見栄を張ってでも多めに払うようにしましょう。


男性が気をつけるべき注意点5. 支払いは女性がトイレに行ったタイミングを狙う

食事の後のお支払いは、スマートに支払いを済ますのが紳士的でかっこいいお会計の方法です。

女性が少し席を立った時、または自分が席を立つ用事のついでにお会計を済ますなど、女性が見えないところで行うようにしましょう。

あくまでお会計をすることは女性には内緒です。食事の後でお支払いを、と思っていた矢先に素通りして「え、支払いは?」「もう済ましたから」なんていう会話ができると紳士的で格好良いですね。


注意点をマスターして、初デートを最高の一日にしてみて

注意点をマスターして初デートの食事を成功させよう

初デートは誰もが緊張してしまうもの。どんなお店を選ぶべきか、食事の後はどうするか、時間は何時が良いか、色々と考えてしまいます。

ここでは、お店選びのポイントや、食事の最中に気をつけるべきポイント、また男性、女性でそれぞれが気をつけるべきポイントなどをご紹介しました。

こちらのポイントを把握すれば初デートも怖いもの無し!ぜひ参考にしてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事