デートの会話で困らない!付き合う前&初デートの沈黙で困らないネタまとめ

付き合う前のデートや初デートで最も悩むことが、デート中の会話についてですよね。そこで今回は、デートの会話で絶対に困らないおすすめの話題を大公開!沈黙で不安にならないためにも、事前にネタをいくつか考えておきましょう。これからデートを控えている人は必見ですよ!

デートの会話で悩んでいるカップル必見!

付き合う前&初デートの沈黙で困らないネタまとめ

「デートを成功させたい相手なのに、どうしても会話が続かない…」そんな方は、沈黙を破ろうと話のネタを考えれば考える程、会話が上手くいかない傾向にあります。

今回はそんな方の為になる、デートの会話で困らないネタまとめ、原因や理由、事前準備、使えるネタなどをご紹介します。

また、NG例や、会話を盛り上げるコツ、会話に困らないデートスポットなど、為になる内容をお伝えするので、デート前の方は参考にしてみてくださいね。


デートで会話が上手く続かない3つの原因や理由

「せっかくのデートなのに会話が弾まなかった…」というケースは少なくありません。でも、話が続かないのは相性のせいではないかもしれませんよ。

デートで会話が上手く続かない原因、受け答え、考えすぎ、被害妄想など3つの理由をご紹介します。


原因や理由1. そもそも人見知りで、口下手

普段の生活の中で口数が少ない人は、デートで急に話そうとしてもうまくいきません。そもそも口下手なのでどんな話題を振ったらいいのか頭で考えてしまい、考えれば考える程に話題が見付からず焦ってしまうという傾向にあります。

相手から話を振られても盛り上がらないのは、受け答えがシンプルになり過ぎている可能性があります。相手に同じ質問を聞き返したり、話が膨らむような返し方をするなどの考慮が必要です。

【参考記事】はこちら▽


原因や理由2. 話題を選びすぎて、何を話せばいいか分からない

話のネタを頭で考え始めると混乱してしまう傾向にあります。「こんな話は盛り上がらない」「こんな話は続かない」などと考えすぎてしまい、結局ネタが見付からないということになりがちです。

考えすぎて時間だけが過ぎ、あっという間にデート終了。もしくは、沈黙が辛すぎてとても長い時間に感じた。なんてことも有り得るでしょう。


原因や理由3. 好きな気持ちを悟られたくなくて、消極的になってしまっている

引かれてしまうんじゃないかと勝手に警戒していませんか?

好きな気持ちを悟られたら「気持ち悪い」と思われるんじゃないかと勝手に妄想し、デートに集中できずにいるパターンです。

自分の気持ちを誤魔化すことに必死になると、相手に言ってあげたい言葉や、してあげたい行動がなかなか出せず、コジらせてしまう傾向にあります。


好きな人とデートで会話に困らないために、準備しておく4つのポイント

「異性と話すのが苦手…」「デートに慣れていない…」という方は、デート前に事前準備をしておくことで沈黙が格段に減りますよ

好きな人とのデートで会話に困らないために準備しておくポイント、質問準備、環境作り、コンテンツ準備など4つご紹介します。


ポイント1. 相手の好きな食べものや、好みを把握しておく

初デートをする前にLINEなどのやりとりで、少しだけ情報収集をしておくと会話のネタ探しが楽になります。会話に困った時には相手の情報をネタに出すことで会話が弾む他、事前に質問内容などを考えることができますよね。

相手の好きな食べものや好みを聞いておくことで、お店の話題や、商品の話題、名産地の話題など話の展開が多く、「じゃあ今度ここに行こう」などと次のデートの約束にまで繋げることができます。


ポイント2. デートの会話をシュミレーションしてみる

予め会話のやりとりがイメージできていれば初デートでも楽しく話せるはずです。質問する内容を考えておくだけでも会話がとても楽になりますが、更に質問に対し相手はどう受け答えるか、その答えに対しあなたはどう答えるかまでシミュレーションしておくと会話は劇的にスムーズになるでしょう。

シュミレーション内容を暗記する必要はありません。何パターンかシュミレーションをすると、会話の途中で内容を思い出すでしょう。


ポイント3. お店などを事前に予約しておき、当日は会話に集中できる環境を作る

初デートの際は特に、当日にバタバタしないよう事前準備をしましょう。

デート中に「何食べたい?」という流れになるとスマホでお店探しをすることに時間を取られ、あっという間に時間が過ぎ「会話もほとんどないまま、食事を食べ損ね解散になった」なんてことも…。

男性であれば特に、デート数日前には相手に好きな食べものを聞き食事をするお店を予約し、当日は会話に集中できるようにしましょう。


ポイント4. 沈黙の時間を潰せるアプリや動画などのコンテンツを準備しておく

話のネタに困ったらスマホに頼るのがおすすめです。2人で楽しめるアプリや動画などがあれば、会話を探すことなく長時間を過ごすことができます

同じ空間で同じ時間を過ごすだけでも2人の距離は縮まりますが、アプリを共有したり同じ動画を見ることで「一緒に同じことをした」ということが、2人の仲を深めてくれることにも繋がります。


付き合う前や初デートで困ったら使いたいおすすめの10個の話題やネタ

会話の準備をして臨んでも付き合う前や初デートなど、慣れない相手とは沈黙があって当然です。

こちらでは、困った時に使えるおすすめネタ10個をご紹介します。一度目を通しておくことでデート中に困った時、きっと助かるはず。


話題やネタ1. 学生時代の失敗話

相手が想像しやすい話をネタにすると良いでしょう。部活のネタや仕事のネタなど相手がイメージしにくい話は、盛り上がらない傾向にあります。

学校は違っても学生時代はお互いに通った道ですので、相手がイメージしやすい話といえるでしょう。成功話は自慢話のように感じさせてしまう危険性がありますので、失敗談の方が笑い話になって盛り上がるでしょう。


話題やネタ2. 「もしも〇〇だったら?」の話

イメージを膨らますことで感情が高まり話が弾む傾向にあります。

例えば、「もしも宝くじが当たったら?」という質問では、「何を買おうかな…」というワクワクとした感情が生まれます。そして、「〇〇を買いたい!」という答えから、「〇〇好きなの?」と話が続くのです。

相手が楽しめる話を振るのが会話上手のひとつのテクニックです。会話が弾めば「楽しかった」という印象が残り、今後の恋の発展が期待できます。


話題やネタ3. 共通の友人のあるある話

お互いが盛り上がれる話題があるのなら、ネタにしない理由がないですよ。共通の友人はお互いが頭に浮かべることができる人物なので、あるある話などは「分かる!」と共感できる内容で盛り上がることができます。

「あんなに体格良いのに、犬が苦手なんだよね」などの話題で、「前に公園で犬を散歩させてた人が居て…」などと話が広がるでしょう。


話題やネタ4. 「〇〇と△△どっちが良い?」の話

答えは2択なので答えやすい上に盛り上がりやすい内容です。例えば、「犬派?猫派?」という質問では、仮に相手の答えは自分とは逆の方だったとしても、どちらを選んでも可愛らしいので盛り上がりやすいですよね。

また、この質問によって相手のことを知ることができるので、次回のデートプランや会話の内容に役立てることができます。


話題やネタ5. 出身地や地元の話

全く知らない内容でも関心が持てる内容であれば盛り上がります。出身地や地元が違う場合、その地方特有の文化があり想像できない内容もあるでしょう。お祭りの内容や、郷土料理などの話題は興味深く会話をすることができるのではないでしょうか。

他にも、方言などの話も盛り上がりそうです。ここで1つ注意しなければいけないのが、方言をバカにしないこと。楽しく笑い合うのは良いですが、「ダサい」などと笑うのは相手が嫌がります。


話題やネタ6. お互いの第一印象の話

人から感じられている印象と、本来の姿が一致しているかという内容も盛り上がるでしょう。「第一印象でどう感じた?」という話をお互いにすることで、自分が相手からどんな風に見られていたかが分かります。

また、「今はどう感じているのか」「実際の自分はその通りなのか」などを話すと盛り上がるだけでなく、相手のことを知ることができ親密度も高まるでしょう。


話題やネタ7. 休日の過ごし方についての話

インドア派かアウトドア派が分かるだけではなく、趣味や好きなことなどを知ることができます。休日の過ごし方を聞くことで家で過ごすのが好きなのか、出かけるのが好きなのかが分かります。

また、何をして過ごしているのかを聞くことで趣味や好きなことを知ることができれば話が膨らむ他、「一緒にやってみたい」などと次のデートに繋げられる可能性もあります。


話題やネタ8. 好きな食べ物やお店など、グルメの話

答えられないわけがない定番の質問といえるでしょう。たとえ食に興味がない人であっても、好きな食べ物や嫌いな食べ物くらいはあるはず。

好きな食べ物、嫌いな食べ物を聞いた後は「〇〇のどういうところが嫌いなの?」などと、話を膨らませましょう。また、好きなお店やよく行くお店などの話に広げるのも良いですね。


話題やネタ9. 好きなアニメや映画の話

好きなものの話を聞かれると、人は気持ちよく話すことができ、結果的に会話が長くなります。インドア派でテレビを見ることが多いなら、好きなアニメや映画の話などが良いでしょう。

自分がみたことのないアニメや映画でも、「どんな内容なの?」と聞くことで鑑賞の趣味が分かります。そこから、好きそうな映画をサーチして次のデートを誘うのも良いですね。


話題やネタ10. 次回のデートで行きたい場所の話

また会う約束は、その場で決めてしまった方が実行される可能性が高いといえます。デートの終盤当たりで沈黙になったら、次のデートの話をさり気なくしてみましょう。

「次にデートをするとしたらどこが良い?」という聞き方なら強制と感じられることもなくスマートです。相手がデートをしてくれそうなら日にちまで約束できるとベストでしょう。


これは盛り上がらない!付き合う前や初デートでの会話で避けるべき話題

付き合う前や初デートの会話は相手の印象を決める重要なポイントです。しかし、沈黙を避けるために話のネタを無作為に出し続ければ良いということでもありません。

こちらでは、会って間もない関係だとデートの会話で盛り上がらない避けるべき会話をご紹介します。NGな話題に気付いていない方が多いので、一度目を通してみましょう。


話題1. 過去の恋愛の話

元カレや元カノの話をされると会話に集中できなくなる人がほとんどです。

自分にとっては過去の恋愛でもう未練は全くなかったとしても、相手は過去の恋愛話を聞いて「まだ未練があるのかな?」「どうしてこんな話をしてくるのかな?」と複雑な気持ちになります

「自分には興味がない」と受け取られてしまうことがありますので、過去の恋愛の話は避けるようにしましょう。


話題2. 結婚に対する価値観の話

初デートはもちろん出会って間もないうちは、あまり追求しない方が良いと言えるでしょう。結婚を視野に入れている方なら、相手の結婚観について気になる気持ちは分かります。

しかし、出会って間もないうちに結婚に対する価値観を話題に出されると、相手は重く感じて警戒してしまう可能性があります。結婚観の話は折をみて話した方が良いでしょう。


話題3. 分かりにくい身内ネタ

絶対に笑わせる自信がない限り避けるべきといえます。会ったこともみたこともない人の話は想像しにくいため、身内ネタは話す方もハードルが高くなります

話の途中で「友達にもそういう人いる!」位の身内の話なら良いですが、相手にとって見ず知らずの身内ネタを題材にするのは避けるのが無難といえるでしょう。


話題4. 下ネタ系の話

盛り上がる時と盛り上がらない時の差が激しいので避けるのが無難といえるでしょう。下ネタは、平気な人もいればNGな人もいます。特に同性同士で下ネタを話すのに抵抗はありませんが、異性と下ネタを話すのは気分を害するという方もいるのです。

基本的には付き合う前の下ネタはマイナスイメージを持ってしまう方が多く、一気に引かれてしまうことがありますので下ネタは禁句と心得ておきましょう。


話題5. 自分の過去の自慢話

聞いていても楽しくないことがほとんどですので避けましょう。武勇伝や自慢話を聞いて本当に興味や関心を持ってくれる方はいません。

「〇〇大会優勝したんだ」などと聞いても、どれ程の規模なのかも分かりませんし、だからといって「〇〇人が参加して…」などと詳しい話を聞きたいわけではありません。自慢話をするより失敗談を話す人の方が素直さが感じられ、好印象を持ってもらえますよ。

【参考記事】はこちら▽


付き合う前や初デートでの会話を盛り上げる5つのコツ

ここまでで付き合う前や初デートで、アリの話となしの話をご紹介しました。出会って間もないデート中の会話のポイントを少しは掴めたのではないでしょうか。

更にデートを盛り上げる会話のコツ5つご紹介。話しやすさ、相手の気持ち、相手の受け取り方などに注目してみていきましょう。


コツ1. 話に共感し、否定的な発言をしない

会話を盛り上げるには相手が気持ちよく話せる雰囲気を作ってあげることが大切です。

相手の話に共感してあげることで相手は気分が良くなり、もっと話したくなります。逆に否定的な発言をされると「これ以上話すのは止めよう…」と口を閉ざすでしょう。

「うん、うん」だけでも良いのです。無理に会話を盛り上げようとするより、相手の話を真剣に聞いてあげる姿勢が大切ですよ。


コツ2. 相手の良いところは素直に褒める

ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、相手はきっと喜んでくれるはずです。

例えば、食事中にお水を注いでくれた時など「ありがとう。そういう気が遣えるところ良いよね。見習いたい。」などと素直に褒めることで、「自分の行動を見ててくれているんだ」という嬉しさを与える他、「お礼が言えて、素直に言葉にできる人なんだ」とあなたの好感度も上がります

【参考記事】はこちら▽


コツ3. 会話から共通点を見つける

お互いが親しみのある話は特別盛り上がるでしょう。例えば、休日の過ごし方や好きな食べ物、嫌いな食べ物など、会話の中で共通の話題を見付けるのです。

良い話でも悪い話でも共通点をみつけることができれば、「〇〇は良いよね」「〇〇はなしだよね」などと付き合う前のデートでも、会話が盛り上がること間違いなしです。


コツ4. いつもよりも2割増しでリアクションをする

周りから「物静か」「クール」などといわれることが多い方は、ちょっとだけメリハリをつけるよう心がけましょう

自分の驚きや喜びなどが相手に伝わらないと、「つまらないのかな?」と思われてしまう可能性があります。

感情が表に出にくい方はいつもの2割増しでリアクションをすると、相手にも感情が伝わりやすくなるでしょう。


コツ5. 会話の間や、沈黙を恐れない

焦りが伝わってしまうと相手を動揺させてしまいますので、冷製さを保てるようにしましょう。

たとえ、沈黙になってしまっても「会話のネタを探さなきゃ…」と焦ってしまうと、目がキョロキョロしたり、焦りが相手に伝わってしまいます。

そうなってしまうと相手も「受け答えが良くなかったかな…沈黙を破らなきゃ…」などと動揺してしまいますので、会話の間や沈黙を恐れず冷製に対処できるように心がけましょう。


そもそもデートで会話に困らないデートスポット5つ

話下手でデートの会話が盛り上がらないのは自分に原因がある方は、会話に困らないデートスポットを選ぶと良いでしょう。沈黙を気にせず楽しいデートで、恋愛成就の可能性を高めてくれますよ

こちらでは、デートで会話に困らないデートスポット5つをご紹介します。


デートスポット1. 屋内で快適なデートができる「水族館」

多彩な感性を共有できるので親密度が高くなるでしょう。「綺麗」「神秘的」「生命力」「感動」など様々な感性を、共有することで心が穏やかになり会話をせずとも相手との距離が少し縮まった感じがします。

水族館は割と暗く静かな場所で落ち着いた場所です。たまにテンション高く騒ぐ子供がいるのも微笑ましいですよね。

海の色んな生物がいる水族館では、多彩な感性が生まれますのでデートにはぴったりな場所といえるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


デートスポット2. 動物に癒され自然と会話になる「動物園」

生き物ならではの特性をみて、一緒に新たな発見ができたりするのが魅力です。動物は海の生き物に比べて鳴き声が聞けたり、歩行する姿を見れたりする分、人間に近い雰囲気を感じることができます。

可愛らしさや素直な行動をみて会話が弾むことでしょう。自然を感じることができる場所でもありますので、開放的で癒やし効果が抜群です。


デートスポット3. そもそも話す必要の無い「映画館」

デートお決まりのコースで、2時間は会話なしで過ごすことができます。デートで映画の流れはごく普通でありながら、始まりから終わりまで会話をする必要がなく、デートの会話に悩む方にはぴったりなスポットです。

また、映画館を出たら映画の感想について話すと話が盛り上がりますので、映画デートは一石二鳥といえるでしょう。ただし、映画中に寝てしまったという失敗は気をつけましょう。


デートスポット4. 自然と盛り上がる「スポーツ観戦」

会話のネタ探しなど無理をせずに、ありのままで楽しむことができます。お互いに興味のあるスポーツであればベストですが、全く興味のないスポーツでもある程度のルールが分かればどんなスポーツでも盛り上がります。

スポーツ観戦は無理をしなくとも自然にテンションが上がり、残念も歓喜も同じタイミングですので一緒に同じテンションで楽しめるのが魅力です。


デートスポット5. 運動で自然と笑顔になる「スポッチャ」

「一緒に何かをする」というのも2人の仲を深めるには効果的ですよ。一緒に体を動かすことで自然に笑顔になれたり、たまに触れ合ったり、ありのままで楽しめるのが良いですね。

スポッチャなら本格的なスポーツではなく、遊び感覚で運動ができるので、運動が苦手な方もトライしやすいですよね。無理をして怪我をしないようにだけ注意が必要です。

【参考記事】はこちら▽


デート中の会話を事前にピックアップしておいて、当日は焦らないようにしましょう。

会話が弾まないことで悩んでいる方は、デート前にちょっとした準備が必要でしょう。まずはデートで沈黙になる原因や理由を理解し、困ったら使えるネタを用意しておくこと。そして、デートでNGなネタのチェックも大切です。

他にも、会話を盛り上げるコツやおすすめデートスポットなどをご紹介しましたが、変に気を張らず無理をしないことが大切です。相手を気遣い素直な会話と、素直に盛り上がれるデートを心がけましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事