酒癖が悪い女性の性格&特徴。男からモテない理由と酒癖を治す対処法を公開!

お酒を飲むと人が変わったように態度が急変するのは男性だけではありません。酒癖が悪い女性って意外と多いんです。今回は、「私って酒癖悪いのかな?」と思っている女性に向けて、酒癖が悪い女性の特徴と性格を大公開!さらに、酒癖の悪さを治すための対処法を具体的にレクチャーしていきます。

酒癖が悪い女性ってマイナスイメージしかない…。

酒癖が悪い女

女性で酒癖が悪いと周りからのイメージがいちじるしく落ちてしまうのが、悲しいけれど現実。男性は、思っている以上にお酒の席での女性の行動をよく見ています。

では、「酒癖が悪い女性」とは、具体的にどういった特徴があるのでしょうか。もしかしたら気づいていないだけで、「わたし、全然モテないな」と感じている原因は、酒癖の悪さにあるかもしれませんよ。

周りから「酒を与えるとめんどくさい人だ」「一緒にお酒を飲みたくない」と思われないためにも、特徴をおさえておきましょう。合わせて、酒癖の悪い女性にならないための対処法もご紹介します。


「この人、酒癖悪い!」と思われる女性の特徴とは?

酒癖が悪いことは男性女性関わらず相手に良くない印象を与えるということがわかりました。では、実際に「この女、酒癖悪いなぁ…」と思われる女性にはどんな特徴があるのでしょうか。


1. 下品なボディタッチが増える。

ひとつ目の特徴は、下品なボディタッチが増えること。お酒のせいで解放的になりすぎて、男性にずっとボディタッチをしてしまうのです。

ボディタッチをサラッとするのは、男性を意識させるために効果的。しかし、ずっとベタベタしてセクシーアピールをしていては、逆に男性から引かれてしまいます。

意識してもらいたいのなら、ボディタッチは軽く触れる程度にとどめておくべきでしょう。


【参考記事】はこちら▽


2. 親しい友人の悪口が多くなる。

お酒を飲むと、友人の悪口ばかり言うことも、酒癖の悪い女性の特徴。

友人の悪口を言うと、友人の評価を下げるかと思いきや、逆に周りからあなた自身の評価が下がってしまうことにつながります。

周囲の人に「酔うと自分の悪口も言われるだろうから、仲良くするのは避けよう」と思われないためにも、今すぐにやめるべきですよ。


【参考記事】はこちら▽


3. 元カレの話を延々とする。

酔うと、忘れられない昔の恋の話を延々とすることも、酒癖が悪くめんどくさい女性の特徴です。

現在進行形の恋バナは盛り上がるかもしれませんが、他人の過去の恋愛話なんて、あまり興味が湧く話題ではないですよね。

しかも、酔っ払いは「何度も同じ話をする」という特徴を持っています。そのため、酒癖の悪い女性は、何回も同じような元カレの話を、飲み相手にしてしまうのです。この性格は、周りから面倒だと思われても仕方ないでしょう。


4. 急にキレだす。

「お酒で気持ちがたかぶり、急にキレだす」という面倒くさい性格を持ち合わせている、酒癖の悪い女性もいます。

キレだすと手をつけられず、なだめようとすると説教がはじまる。そして、説教がはじめると延々に終わらないので、付き合っている側はぐったりしてしまいます。

そのため、仕事の付き合いがない限り、キレだす性格の女性とは自然と距離を置くようになるのです。


【参考記事】はこちら▽


5. かまってちゃんになる。

アルコールが原因で、かまってちゃんになるという特徴を持つ酒癖が悪い女性も。

かわいい甘え方ならいいのですが、

「どうして放っておくの」

「もっと私の話を聞いて」

「もっと私をかまって」

と面倒な酔い方をする場合もあるので、こちらも厄介です。

大の大人が「かまってくれないとイヤ」と駄々をこねる様子は、男性から引かれること間違いなし。面倒な女にならないためにも、すぐに治すべきです。


【参考記事】はこちら▽


6. 下ネタばかり話すようになる。

お酒を飲むと下ネタばかり話す女性は、かわいらしいとは言えないですよね。男性にとって下ネタばかり話す女性は「話しやすい同性の友だち」のように感じてしまいます。

もしあなたがアルコールが原因で下ネタばかり話すような性格であれば、周りの男性から恋愛対象とは見てもらえなくなるでしょう。

その酒癖の悪さを治すなら、ストッパーが外れるまで飲まないように意識することを、まずおすすめします。


【参考記事】はこちら▽


7. 飲みすぎて人前で嘔吐する

女性たるもの、最低限のエチケットはわきまえておきたいですよね。アルコールで気持ち悪くなったら、化粧室まで行ってひとりで嘔吐するのが普通です。

しかし、酒癖が悪い女性は、人前で嘔吐してしまいます。化粧室以外で吐くということは、周りの人たちが後処理をしなくてはいけません。

他人の嘔吐物を処理するのは、気持ちのいいものではありませんよね。自分が嫌なことは人にもさせないように、気をつけた方がいいでしょう。


8. ところ構わず酔って寝てしまう

泥酔して、ところ構わず寝てしまうパターンの酒癖の悪い女性もいます。

男性であれば襲われる心配もないので、放っておくという選択肢がありますが、女性はそうもいきません。酔っ払って道で寝ている女性は、不審者の格好の餌食。どこかに連れ込まれてしまう危険性もあります。

そのため、一緒に飲んでいる人たちが、寝ているのを起こし、休めるところへと運んでいかなければいけないのです。迷惑度はかなり高めの特徴といえるでしょう。


9. 急に泣き上戸になる。

アルコールが入ると泣き上戸になるのは、よくあるパターン。泣き出すと止まらないので、厄介ですよね。涙もろい性格で、感動モノに弱い人が陥りやすい、酒癖の悪さといえるでしょう。

「あなたと友達になれて嬉しい」から始まり、周りへ感謝し続ける人や、世界平和について語って感極まってしまう人など、種類はさまざまですが、総じて言えるのは、泣き声がうるさいこと。

お互いがかなり酔っ払っているのであればいいですが、そうでないときは「周りの席に配慮しなきゃ」と気を遣わなくてはいけなくなるので面倒です。


10. 床や道路にそのまま座り込む。

歩けなくなるまで泥酔して、床や道路にそのまま座り込むのも、酒癖の悪い女性の特徴です。結局、一緒に飲んでいる中の誰かが無理やり立たせ、引っ張って歩かなくてはいけない状況に。

泥酔した女性に歩く意思がなく、まったく立ってくれないところは、まるでイヤイヤ期の幼児のようです。迷惑極まりないですよね。このような行動を繰り返していては、周りから飲み会に誘われなくなるのも納得ですよね。


酒癖が悪い女性が男性からモテない理由

酒癖が悪い女性は一緒に飲んでいて、とても迷惑な存在。さらに、酒癖が悪い女性は男性からモテないという特徴もあります。男性から見て、酒癖が悪い女性はどんな印象があるのか解説していきます。


1. ただただ、めんどくさい。

酒癖が悪い女性がモテない理由のひとつは、ひたすらに面倒くさいから。酔うたびに絡まれたり、泣かれたり、下品になったりしては、一緒に飲みたくなくなりますよね。

酒癖の悪い女性は「厄介」のレッテルを貼られてしまうので、男性から好かれなくなるというわけです。

泥酔して男性に迷惑をかけるのは、自分の価値をどんどん下げてしまいます。気をつけたいものですね。


【参考記事】はこちら▽


2. 浮気の心配がある。

酒癖が悪い女性がモテない理由としてあげられるのが、尻軽そうだから。

酔うと途端に男性へのボディタッチが多くなる女性を、自分の彼女にしたいとは思いませんよね。

なぜなら、自分にベタベタしてくるように、ほかの男性にも同じことをする可能性があるから。知らない間にお持ち帰りされていた……なんてことになりかねません。

お酒を飲んだら男性にひょいとついて行ってしまうような、浮気をしそうな女性のことを好きになる男性は滅多にいないでしょう。

過度なボディタッチは、男性から「浮気しそうな女」のレッテルを貼られ、モテからあなたを遠ざけてしまいますよ。


【参考記事】はこちら▽


3. 下品すぎて引く。

泥酔して人前で吐いたり、周りに迷惑をかけたり、ベロベロになって男性にお持ち帰りされそうになったりする女性のことを、男性は「下品だな」と思って見ています。

「酔うと面白くなる子だな」を通り過ぎて、「酔うと下品すぎて引く」と感じさせてしまうのです。

上品にお酒をたしなむのが素敵な女性というもの。気になる男性を幻滅させたくないですよね。


【参考記事】はこちら▽


4. マイナスのギャップに萎える。

「普段はテキパキなんでもこなせる女性なのに、ふとした瞬間に弱いところを見てしまった」というギャップは、男性をドキッとさせ、プラスに働きます。

対して、「普段は普通の女性なのに、アルコールを摂取すると豹変して厄介な人になる」というギャップは、マイナスでしかありません。マイナスのギャップで男性を萎えさせていることが、酒癖の悪い女性がモテない理由なのです。

お酒を酌み交わす場はくだけた雰囲気になりやすく、気になる相手とも距離をつめやすくなる絶好のチャンス。そのチャンスを生かせず、自分のイメージを下げてしまうのはもったいないことですよ。


酒癖の悪い女を治すための対策・対処法とは

酒癖が悪い女性は、同性からめんどくさいと思われるだけでなく、男性からモテないという特徴があります。そんな酒癖の悪さを治すための対処法はあるのでしょうか。モテない残念な女性と思われないためにも、治す方法を知っておきましょう。

いますぐにできる対処法をお教えしますので、ぜひ実践してみてくださいね。


1. 自分のお酒の量を知っておく。

まずは、「自分の限度を知っておくこと」が大切。親しい同性の友人や家族、もしくはひとりで飲むときに、「自分はどのくらいで酔っ払い、どのくらいで周りに迷惑をかけるくらいになってしまうのか」を把握しておくことをおすすめします。

なぜなら、「何杯で酔う」ということがわかっていたら、自然と摂取量をセーブできるから。

限界を迎えたときにすぐにトイレにかけこめる、またはベッドで寝られるように、家でチャレンジするのがいいでしょう。


2. お酒と一緒に水を頼む。

続いての対処法・予防法は、お酒と一緒に水を飲むこと。お酒に弱いと自覚がある人は、この方法である程度の酒癖の悪さを改善できるはず。

お酒と同じ量だけ水を飲んでおくと、酔いにくくなると言われています。翌日にも残りづらくなるので、水をたくさん飲むことはおすすめ。

飲み会の際には意識的に、お酒と同じ分だけチェイサーを頼んでおくと安心ですよ。


3. 自分に合うお酒の種類を見つける。

飲み会のときに、いつもどんなお酒をよく頼んでいるか思い返してみてください。もしかすると、いつも特定のお酒を飲んだときだけ酔っ払っているかもしれません。

対処法・予防法としておすすめなのが、「飲むお酒の種類を変えてみる」こと。みんなそれぞれ、お酒の種類によって酔いやすい・酔いにくいがあるのです。

ただし、「好き」と「酔いにくい」が異なる場合もあります。そのため、いろんなお酒を飲んでみて、酔いやすさを比べてみてはいかがでしょう。

また、いろんなお酒を飲む「ちゃんぽん」状態は、とても酔いやすくなると言われています。お酒を飲むときは、1種類か2種類に抑えておくほうが賢明です。


4. お酒でストレスを発散しようと思わない。

自分の限界以上にお酒を飲んでしまう人に多いのが、「日頃のストレスをお酒を飲むことで解消しようとしている」こと。

しかし、お酒を飲んでもストレスの根本的な解決にはなりません。しかも、ハメを外すまでお酒を飲むのは大人のたしなみ方ではありませんよね。

マイナスの理由でお酒を飲むのではなく、周りの人たちと楽しく、一緒にワイワイ盛り上がれるお酒の飲み方をしましょう。

この酒癖の悪さを治すには、お酒以外のストレス解消方法を見つけることも効果的です。


【参考記事】はこちら▽


5. 定期的に運動をする。

酒癖の悪さを治す方法としておすすめなのは、定期的に運動をすること。運動をすることで、食生活にも気を使い始めるので、無謀なお酒の飲み方を控えるようになります。

また、考え方もヘルシーになるので、「ストレスが溜まったから、お酒に逃げよう」という気持ちが湧いてこないのです。

お酒に溺れる生活から距離をおきたいなら、運動を始めてみるのもひとつの手です。


モテない酒癖が悪い女性は今すぐ卒業しよう!

酒癖が悪い女

酒癖が悪い女性の特徴、あなたに心当たりがないことを願います。もしいくつか当てはまってしまっていた場合は、周りに面倒だと思われている可能性大。すぐにおすすめの対処法・予防法を試して治しましょう。

周りに酒癖の悪い女性がいるのなら、それとなく伝えてあげるのが本当のやさしさ。その人が男性に引かれ、避けられ、モテなくなる運命をたどらないよう、助言してあげるといいかもしれません。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事