縁のある人の特徴8つ│縁がある男女の見分け方と自然に出会う方法

タイミング良く再会するような縁のある人。「縁がある人とはまた繋がる」とも言いますし、あなたが気づかないだけで、もう既に出会っているかも知れません。そこで今回は、縁のある男女の特徴から見分け方まで大公開!さらに、トントン拍子で恋愛関係になれるような相手と出会う方法をレクチャーします。

縁がある人っていますよね。

縁がある人の特徴

人生の中で、人は数えきれないほどたくさんの人に出会います。ずっと親友でいられる人もいれば、一度会ってそれっきりだという人もいますよね。ですがその中には、偶然に何度も会ってしまうような「縁のある人」もいるはず。

この記事では、不思議と再会してしまうような「縁のある人」の特徴や縁のある男女が出会ったときに起こりやすいこと、さらには縁のある人に出会うための方法をお届けします。


不思議と再会したりする「縁のある人」の特徴

普段行かないような場所に行ったとき、偶然そこで知っている人に出会った経験はないでしょうか。縁のある人とは、思いもよらない場所でまた会えることもしばしば。

まずは、不思議と再会してしまう縁のある人の特徴をお届けします。


特徴1. 初対面でもはじめて会った気がせず、最初から意気投合する

初対面だと、どうしてもお互い緊張してしまい、会話がぎこちなくなりがちですが、縁のある人であれば、そうしたぎこちなさをあまり感じません。どこかで会ったことがあるような、まるで以前に出会ったことがあるような感覚に陥ります。

会話もスムーズに発展しやすい、かつお互い自然体に会話ができるので、初対面なのに「この人は気が合うかも」と良い印象を持ちやすく、意気投合しやすいでしょう。


特徴2. 趣味や価値観など自分と似ている部分が多い

好きな食べ物が同じだったり、好きな映画や休日の過ごし方など、好きなことや考え方で共通点が多いのも大きな特徴です。価値観が似ていると、自然と会話も弾みやすいはず。

また、好きなものだけでなく、嫌いなものが似ているのもポイント。嫌だなと思う部分が共通していることで、自然と相手に好感を抱きやすくなり、自然と仲が深まりやすくなります。

それだけでなく、出身地や家族の境遇など、生まれ育った環境面で似ていることも多いですよ。


特徴3. 連絡しようと思ったら、相手からちょうど連絡が来たりする

自分から「今晩空いているかな」と思い、連絡しようとしたところ、同時に相手から「今夜ご飯行きませんか?」とメッセージが来た経験はありませんか。

このように、縁のある人とは連絡しようと思うタイミングがぴったり被ることも多いです。連絡のタイミングが同じであれば、普段LINEなどでメッセージのやりとりをしていても不満を持つこともないでしょう。

お互いのタイミングが合うことで、思わず運命的なものを感じてしまうかもしれません。


【参考記事】はこちら▽


特徴4. 価値観や物の考え方が似ているため、一緒にいると落ち着く

縁のある人と一緒にいると、「一緒にいて落ち着くな」「この人と一緒にいると自分も自然体でいられる」など、居心地の良さを感じやすいです。まるでパズルのピースのように、ぴったりはまるような感覚に陥ることも。

お互い居心地の良さを感じていると、お互いがありのままの状態を受け入れるので、ケンカをすることもありません。ありのままの状態を受け入れてくれるので、非常に楽に感じますよ。


【参考記事】はこちら▽


特徴5. 事前に打ち合わせをしていないのに、出先でバッタリ遭遇したりする

前もって「今日はここに行くつもり」などと相手に知らせていないのに、いざ行くとその相手に偶然再会した経験はありませんか。縁のある人との間には、偶然の出来事も多いです。

なんだかスピリチュアルな要素を感じる人もいるかもしれませんが、そうした偶然が積み重なることで、無意識的に相手を意識せざるを得なくなりますよね。

「縁がある人とはまた繋がる」と言われるように、思わぬところでバッタリ会えば、それは縁のある人に当てはまります。


特徴6. 不思議と相手の言いたいことや意思が手に取るように分かる

縁のある人との会話では、相手に何も言っていないのに「この映画好きでしょ?」「それってつまり〇〇ということだよね」といったことが、手に取るようにわかってしまうもの。

お互いの価値観に共通点が多いので、全てを話さなくとも、相手の考えていることが無意識的に理解できます。縁のある人であれば、会話の中で食い違いが起きず、ストレスもたまらないので話しててどんどん楽しくなる特徴があります。


特徴7. 転勤や結婚、子供が生まれる時など、人生のターニングポイントで必ず再会する

生きていると、結婚や転職、さらには出産など、いくつかのターニングポイントに差し掛かる場面が巡ってくるでしょう。そうした分岐点においては、「本当にこの男性と結婚していいのか」「この会社に転職しようか迷う」といった悩みも同時に出てくるはず。

縁のある人とは、そうした悩める時期にまた会えることが多いです。その人の一言によって、スッと軽い気持ちになったり、救われることも多いようです。


特徴8. 何年ぶりに再会しても、一瞬でいつもの楽しい感じにスイッチが切り替わる

5年や10年と疎遠になっていた場合、ふとしたきっかけでまた会えるとなったとき、いざ会うと何を話していいのか戸惑ってしまいますよね。しかし、縁のある人であれば、そういう気まずさはなく、一瞬で以前と同じような楽しさを感じやすいです。

縁のある人は、久しぶりの再会でも以前と変わらないような楽しいスイッチが発動して、スムーズで楽しい会話になりやすいでしょう。縁のある人とは離れててもいつか再会できる可能性が高いですよ。


縁がある男女が出会った場合、どんな特徴があるの?

縁のある男女が出会うと、そのふたりの間でさまざまなことが起こります。「相性がいいな」と感じて、恋愛関係に発展することもしばしば。

ここでは、縁のある男女が出会ったときの特徴を解説します。身近に当てはまる人がいないか、想像しながら読み進めてくださいね。


1. 一緒に居て心から落ち着くため、自然と恋愛へ発展しやすい

縁のある男女は、初対面から居心地の良さを感じて自然と打ち解けやすいので、恋愛関係になることも多いです。トントン拍子に進み「気づいたら付き合っていた」なんてことになりやすいのも特徴。

男性女性のお互いが無理をする、もしくは男性が「女性に気に入られよう」などと頑張ることもありません。

自然と付き合う期間も長くなり、結婚に至るカップルも少なくないでしょう。居心地の良い相手がすぐに想像できる場合、もしかしたら縁のある人かもしれません。


2. 彼氏彼女の二人だけに留まらず、不思議と相手の親御さんともすんなりと打ち解けられる

縁のある男性もしくは女性が彼氏や彼女になった場合、何もかもがスムーズにいきやすくなります。その中の大きな要素として挙げられるのが、相手の親御さんとの関係性。

あまり縁のない人であれば、お付き合いや結婚に対して反対されて不仲になることも少なくありません。

一方、縁のある人であれば、不思議と相手の親御さんとすぐに仲良くなることもしばしば。まるで周囲の人も、ふたりの関係を後押ししてくれているように感じられます。


3. 一度出会ったら、結婚までトントン拍子で話が進みがち

「この人いいな」と思い付き合い始めても、縁のある男女でなければ、なかなか結婚まではたどり着かないでしょう。

ですが、一度縁のある男性もしくは女性と出会うと、トントン拍子に進んで親御さんへの挨拶など、結婚へ向かうイベントがすぐに始まるのも大きな特徴。

考えていることや好きなことがほとんど一緒のケースも多いので、自然とお互いが惹かれやすいです。縁のある男性・女性に出会ったときは、焦らずともあっという間に仲良くなれますよ。


縁がある人の見分け方を教えて!

「この人と話が合うな」と思っていても、なかなか会うタイミングが合わなかったり、付き合っても長続きしないこともあるでしょう。縁がある人とそうでない人を見分け方がよくわからない人もいるはず。

ここでは、縁がある人かどうかの見分け方について解説します。


見分け方1. 初対面でなにか直感的に感じるものがある

初対面で「この人とずっと一緒にいるかもしれない」「この人と仲良くなれるだろうな」と感じるとき、縁のある人だと見分けがつきやすいです。

縁のない人と一緒であれば、「この人以外にもっといい人がいるかもしれない」「あの人と話していた方が楽しかったな」と、つい他人と比べてしまいがちに。

縁のある人と出会ったときは心のそこから満足できるので、他の人と比較するようなこともありません。


見分け方2. 何も考えようとしなくても、不思議と相手の意図が汲み取れる

縁のある人と話していれば、「こういうことを言いたいのかな」「こういう風に考えているな」と、相手が言わなくても自然に言いたいことがわかることも見分け方のひとつ。

相手の意図が理解できることで、自分も相手に合わせて行動できるので、すぐに打ち解けやすいです。

一方縁がない人の場合、「それってこういうことだよね」と相手に確認しても、実際には違うことを思っていたケースも少なくありません。


見分け方3. 自分でも引くぐらい、趣味や思考、性格が似通っている

縁がある人であれば、「〇〇のこういう考え方についてどう思う?」「休みの日はよくサイクリングに行くんだよね」と言ったとき、趣味や思考が共通していることもしばしば。「私もそう思っていたんだよね」と、見事にシンクロするケースも珍しくはありません。

場合によっては、あまりにも共通しすぎて思わず引いてしまうことも。そういう相手に出会ったときは、縁のある人だと考えて良いでしょう。


見分け方4. なんとなく顔立ちや雰囲気がお互い似ている

趣味や考え方、さらには直感的に「この人と合うだろうな」と思った人は、自分では気がつかなくても、顔立ちや雰囲気が似ていることもあります。

仲良くなって付き合い出すと、友達などから「なんだか似ているね」などと言われることも多いでしょう。

なんとなく自分と同じものを感じるからこそ、顔立ちや雰囲気が似通ってしまうのかもしれません。他の人から「似ているね」と言われたときは、本当に縁のある相手と思って良いでしょう。


縁のある人と出会うための3つの方法とは

ここまで、縁のある人の特徴や縁のある人との見分け方についてご紹介しました。ここまできたら、「どうやって縁のある人に会えるのか知りたい」と思う人も多いはず。

ここからは、縁のある人に出会うための方法をご紹介します。


出会う方法1. 自分と同じ趣味の人が集まるイベントやオフ会などに参加してみる

まずおすすめしたいのが、「英会話サークル」「サイクリング同好会」などといったイベントもしくはオフ会に参加すること。そうした場所では同じ趣味の人ばかりが集まるので、自然と会話も発展しやすいです。

また、そうした場所に何回か参加することで、顔なじみも増えてくるはず。初めは意識していなかったけど、「よく会うなぁ」と感じる人がいれば、もしかしたらその人が縁のある人かもしれません。


【参考記事】はこちら▽


出会う方法2. フットワークを軽くして、新しい出会いを増やしてみる

出会いがいくら欲しくても、いつまでも行動しなければ新しい人には出会えません。出会いを増やしたければ、思い腰を上げてでも、自らさまざまな場所に行くことが何よりも大切。

近くで開催されているイベントに参加してみたり、一人で旅行に行ってみたり、また街コンなどに参加してみるのも良いでしょう。そうした行動を続けることで、思わぬところで予期せぬ出会いに発展することもあるかもしれません。


出会う方法3. 縁があれば勝手に巡り合うため、自然体に日々を過ごすのもアリ!

いっそのこと「どこかで縁がある人とはまた繋がるだろう」と腹を括って、自然体にその人との出会いを待つのもおすすめです。

自然体で日々過ごすことで心に余裕ができ、そうした余裕が視野を広げてくれるので、「あれ?この人この前にも会ったような気がする」といった小さな変化にも気付きやすいですよ。

この世界に神様がいるかどうかは定かではありませんが、あえて運に身を任せてみるのもロマンチックで良いかもしれませんね。


縁がある人を見つけたら逃さないで。

不思議と再会してしまう縁のある人の特徴、縁のある男女が出会ったときに起こりがちなこと、さらには縁がある人の見分け方から出会う方法まで解説しました。

縁のある人との間には、上記のようにさまざまな特徴があります。縁がある人とはまた繋がるものです。「共通点が多いな」「この人の考えが手を取るようにわかるな」と感じたとき、その相手は縁のある人かもしれませんよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事