「価値観」の意味とは?価値観の違いを感じる瞬間&賢い対処法を解説

自分とは価値観が違う人っていますよね。そこで今回は、価値観の違いを感じる瞬間から、恋愛/仕事別の価値観が違う人との上手な付き合い方まで詳しくご紹介します。さらに、価値観が違う人へのNG行動も大公開!ぜひ参考にして、多彩な価値観の人と上手な関係を構築しましょう!

価値観が合う人/合わない人ってどんな人?

価値観の違いを感じる瞬間&賢い対処法

人によって価値観はそれぞれ異なりますよね。価値観が違う人と出会った時、どのようにして付き合っていけばいいのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

この記事では、「価値観とは」という意味の説明や、価値観の違いに気づくタイミング、さらには価値観の違いを感じた時にやってはいけないことから賢い対処法を解説します。

ぜひ参考にして、価値観が合わない人ともうまく付き合っていきましょう。


そもそも「価値観」の意味とは?

そもそも価値観という言葉の意味についてわからない人も多くいるでしょう。価値観とは、何に対して価値を認めるかといった考え方を表しています。

価値観は善悪の判断をする際における基準となることが多く、物事の捉え方であったり優先度の違いであったり、何を大切にしているかを指すときの指標になるといえるでしょう。


周囲の人と価値観の違いを感じる時とは?違いに気づく瞬間やタイミング

いったいどのようなタイミングにおいて、周りの人と価値観の違いを感じるのでしょうか。ここでは価値観の違いを感じる時、その違いに気づく瞬間やタイミングについて解説します。

ぜひ参考にして、価値観の違いを感じる時に当てはまっていないか確認してみてくださいね。


タイミング1. お金の使い方など、金銭感覚の違い

何かを買おうとした時に価値観の違いが大きく現れることも多いです。例えば友達とのランチにおいて、自分は1000円までと決めていたのに、相手はいつも2000円ほどのランチを食べていると、価値観の違いを感じるはず。

自分は節約するのが好きなのに相手の消費が激しい時なども、金銭感覚の違いから価値観の相違がわかるでしょう。


タイミング2. 仕事への向き合い方や取り組み方

あまり仕事に対して重きを置いていない人であれば、ちょっと体調が悪くなっただけで仕事を休んでしまうこともしばしば。場合によっては「え、そんなことで休むの?」と思う人もいるかもしれません。

仕事を一生懸命頑張っている人であれば、プライベートの時間を削ってでも仕事に没頭しようとして、友達や恋人との付き合いを制限することもあります。


タイミング3. 好きな食べ物や食生活の違い

会社の同僚とランチに行くことになった時、「何が食べたい?」と聞くと、「あっさりしたもの」「こってりしたもの」など、意見が分かれてしまうことも多いでしょう。

「え、こんなものが好きなの」と相手の好みに驚いてしまう可能性も。さらに朝食や夕食を食べなかったり、夕食が遅い時間になったり、食生活でも価値観の違いは現れやすいです。


タイミング4. お互いの趣味に関する価値観の違い

趣味も人それぞれ違いますよね。サイクリングや登山など、アウトドアが好きな人もいれば、映画や読書など、インドアを好む人もいるでしょう。

趣味の価値観が違う友達と一緒に遊ぶ時、「どこで遊ぼうか」という話になると価値観の違いがはっきり感じられるはず。お互いの意見がなかなかあわず、いつまで経っても遊ぶ場所が決められないことも


タイミング5. 恋人の場合、結婚に対する価値観の違い

最近では、結婚を選択しない人も増えてきましたよね。結婚に対する考え方の違いで、価値観の違いがはっきりと現れるケースも。

例えば付き合っている男女がいる場合、男性は結婚する気がなくても、女性の場合は今すぐにでも結婚したいと思っているケースもあるはず。

場合によっては、「どうして結婚したくないの?」と価値観の違いから喧嘩に発展するカップルも少なくありません。


タイミング6. 同棲を視野にいれる場合、住居環境へのこだわり

カップルで付き合いが長くなると、同棲を考えることもあるでしょう。その時不動産に行って物件を見る時に、価値観の違いを感じやすいはず。

「部屋は綺麗な方が良い」「1LDKが良い」といった物件に関する環境だけでなく、「駅近が良い」「近くに映画館があるところが良い」など、周りの環境の何を優先するかで価値観の違いが生じることもあります。


タイミング7. 大雑把か繊細かなど、性格に関する違い

人によって性格は異なりますよね。細かいことを全く気にしない性格の人もいれば、些細なことであってもつい気になってしまう性格の人もいるでしょう。

例えば大雑把な性格の人と敏感な性格の人が一緒にいるような状況の場合、性格が真逆なのでちょっとした会話で居心地の悪さを感じることも多く、「価値観が違うかも」と気づきやすいです。


価値観の違いを感じた時に絶対やってはいけないNG行動

価値観の違いを感じた時、どのように行動すればいいか悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。ここでは、価値観の違いを感じた時にやってはいけないNG行動について解説します。

周りに価値観を違いを感じる人がいる場合は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


NG行動1. 相手の価値観を頭ごなしに否定しない

自分と価値観が異なる人と出会った時、「自分の方が正しい」と思って相手を否定しないことが最も大切です。

もし「その価値観は間違っている」などと相手を頭ごなしに否定してしまうと、相手も怒ってしまい喧嘩に発展することもしばしば。

否定した相手が自分の友人であった場合、最悪その友人を失うことに発展する可能性もあります。


NG行動2. 自分の価値観を押し付けない

相手の価値観を否定するだけでなく、自分の価値観を相手に押し付けようとすることも、相手がストレスを感じてしまうのでNGです。

自分の価値観を押し付ける時、相手がどう思っているか考えておらず、独りよがりになっていることもしばしば。

相手からすると押し付けられたことで「自分勝手な人なんだな」と思いやすいので、価値観の押し付けはいい印象は持たれにくいです。


NG行動3. 好きな人だからといって、無理に価値観を合わせすぎない

相手と価値観が違う時、相手の価値観を尊重しようとしすぎないことも大切なこと。好きな人がいる時、つい相手の価値観にあわせようとする人も少なくありません。

ですが、自分が無理やり相手に合わせてしまうことで、どうしてもストレスが溜まってしまいがち。そうした生活が続いてしまうと、次第に疲弊してしまい、結果的に幸せになれないのでNG行動だといえます。


恋愛において恋人やパートナーと価値観の違いを感じた時の賢い対処法

恋愛において、カップル間で価値観が異なるケースに遭遇することも少なくありません。そんな時、どのように対処すればいいか悩むこともあるでしょう。

ここでは、恋人やパートナーと価値観の違いを感じた時の対処法について解説します。恋人と価値観があわない時はぜひ参考にしてみてくださいね。


対処法1. まずはお互いの価値観を尊重し合う

恋愛において、まずは相手の価値観を否定しないことが何よりも大切。恋愛で恋人の価値観を否定して自分の価値観を押し付けてしまうと、相手は人格を否定されたと思ってしまい、喧嘩に発展してしまうケースも。

相手の価値観を頭ごなしに否定するのではなく、尊重し合うことを意識してみてください。相手の価値観を大切にしてあげることで相手も嬉しく感じて、スムーズな関係が構築されやすいでしょう。


対処法2. 恋人の価値観を受け入れる努力をしてみる

恋人の立場に立って価値観を受け入れる意識を持つことも、恋愛において大切なこと。価値観を押し付けるのではなく、尊重してを取り入れることで、恋人は「自分を大切にしてくれているんだな」と感じて嬉しくなるでしょう。

ただこの時に注意しておきたいのが、相手の価値観を全て受け入れないこと。そうするとストレスが溜まってしまうので、あくまでも歩み寄ろうとする姿勢が大切です。


対処法3. お互いに本音を言い合い、納得いく落とし所を見つける

恋人の価値観を受け入れることも大切ですが、相手ばかり尊重して自分をおざなりにするとストレスが溜まりやすくなります。お互いにストレスを抱えないためにも、本音の価値観を言い合うことも対処法の一つ。

じっくり話し合いをしてと次第に落とし所が見つかるようになり、お互いにストレスなく快適に過ごしやすくなりますよ。


仕事で会社の人と価値観の違いを感じた時の対処法

恋愛だけでなく、仕事でも価値観の違いを感じる時は多いはず。ここでは、仕事や会社の人と価値観の違いを感じたときの対処法について解説します。

仕事で上司などと価値観の違いを感じている時は、ぜひ参考にして対処法を取り入れてみてくださいね。


対処法1. 無理に合わせようとせず「価値観は人それぞれ」と割り切る

例えば上司と価値観が異なる時、上司に気に入ってもらおうと無理に価値観にあわせようとするかもしれません。ですが他人にあわせてしまうと、結局自分が疲れてしまうことも。

「上司は上司」と価値観に関して割り切ることも大切なこと。無理にあわせないことでストレスも溜まりにくくなり、いちいち上司の発言などを気にならなくなるでしょう。


対処法2. 本当に価値観を受け入れられない人は、仕事に支障が出ない程度に距離を置く

上司や同僚など、毎日一緒にいると価値観の違いから「これ以上耐えられない」と思う場面もあるかもしれません。そんな時は、無理して一緒にいないことも対処法の一つ

仕事で関わらなければいけないことだけ接するようにして、飲み会などに断られても参加しないのもアリ。お互いの関わり合いを少なくすることで、関係性がギクシャクする可能性も低くなるでしょう。


価値観が違う人とは上手に接していきましょう。

ここまで、「価値観とは」という意味の説明から、価値観の違いに気づくタイミング、さらには価値観の違いを感じた時にやってはいけないことを解説しました。

価値観が違う人と出会った時、相手の価値観を否定すると後々大変なことに発展する可能性も。賢い付き合い方も参考にしつつ、良好な関係性を保つよう意識してみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事