運命の人に出会った時のサイン8選|運命の人の特徴&見分け方とは?

あなたは運命の人を信じますか?運命の人がいるのなら、出会った時のサインが知りたいと思いますよね。そこで今回は、運命の人の特徴や見分け方を徹底レクチャー!運命の人の共通点を把握して、いざ運命の人に出会った時に見逃さないようにしましょうね。

運命の人に出会った時のサインってあるの?

運命の人に出会った時のサイン8選

運命の人との出会い、と聞けば誰しも心踊るものがありますよね。

しかし、仕事や生活を通して、様々な人との出会いがある中で、どの人が自分にとっての運命の人なのか、判断するのは難しいもの。

そこで本記事では、運命の人との出会いの前兆や、出会った時のサイン、また、運命の人に共通する特徴などをご紹介します。

サインをしっかりキャッチすれば、その先にはオンリーワンの幸せが待っているはず。


そもそも“運命の人”に出会うには前兆がある?運命の人が現れる前触れとは

運命の人に出会う前ぶれば大きな挫折

いつ、どこで出会うかわからない運命の人。

でも、実はいくつかのシチュエーションの中に、その前兆や前触れと言えるものが潜んでいる可能性も。例えば、何かで失敗や挫折を経験した時、転職や転勤をした時、また、新しいことを始めようとした時など。

運命の人と出会う前兆を具体的に見ていきましょう。


前兆1. 仕事で失敗したり、失恋したり、大きな挫折を経験する

ネガティブな出来事は時に、ポジティブな方向へのエネルギーとなります。

仕事での失敗や失恋などでショックを受け、とことん落ち込んだ後には、その反動もあって心は前を向いていきます。

人生悪いことは続きません。良くないことの後には、いいことが起こるもの

挫折や失敗という大きな局面で出会った人は、自分の人生、運命を変えてくれる運命の人に出会う可能性があります。


前兆2. 大人になってから疎遠になってた人から急に連絡が来たりする

以前は仲が良かったけど、いつの間にか距離が離れてしまっていた。そんな人からの前触れなき連絡は、大切な出会いへとつながる可能性があります。

連絡を取るということは、相手はあなたに何らかの関心や好意があるからこそ。

あなたに今すぐ、相手と関係を深める気がなくても、付き合っていく中で、あらためてその人の魅力に気づき、運命の人へと変化していくこともあるでしょう。


前兆3. 転職や転勤など環境がガラッと変化した時

運命の人に出会う前ぶればは転職など環境が変わった時

大きな環境の変化は、新しい出会いが生まれる絶好の機会です。

転勤で新しい土地で暮らす。転職して新しい職場で働く。

全く新しい人間関係の中で、あなた自身の出会いへのセンサーも敏感になっているはず。ワクワクする気持ちとともに積極的に出会いを楽しんでみてはどうでしょう。その前向きな姿勢は、運命の人との出会いも呼び込むはず。


前兆4. 趣味や習い事など、新しいものにチャレンジし始めた時

ダイエットや筋トレのためにジムに通う、料理や英会話を習うなど、興味あることや好きなことを始めようとする時、人の気持ちは明るく、前向きなものになります。

また同じ趣向の人が集う場では、自然と会話、コミュニケーションも弾み、良好な関係も築きやすいものです。気になる人がいるなら思い切ってアプローチすれば、運命だって動き出すはずです。


前兆5. なんとなくイメチェンをして、思いっきり気分転換をした時

例えば、「少し髪型を変えてみよう」「今日は普段と違うコーディネートで出かけてみたい」など、そんな気分になった時は、あなたの心が変化を求めている証。日常から離れて、ちょっとした冒険をしてみて。

いつもと違った自分で、いつもは行かない場所や店に出かけてみると、そこには思いがけない出会いが待っているかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


一瞬で分かるものなの?運命の人に出会った時のサイン8つ

運命の人に出会ったときのサイン

胸にマークでも付いているなら別ですが、出会った人、ましてそれが初対面の人ならば、運命の人かどうか判断するのは難しいものです。

自分の直感を信じて、一直線に突き進むという人もいるかもしれませんが、何かサインとなるものがあれば、心強いですよね。

ここでは運命の人を示す、様々なサインをご紹介します。


サイン1. 初対面にも関わらず、どこか懐かしさを感じる

初めて会ったのに、以前から知っているような親しみ、懐かしさを感じる。そんな出会いを経験された方もいると思います。懐かしいという感情は、相手に自分と近い部分を覚え、本能的な癒しを感じていると言えます。

そばにいて安心できたり、ほっとできる人となら、これからの長い時を一緒に歩んでいくこともできそうですよね。運命の人を見極めるキーワードとして「懐かしさ」を覚えておいてください。


その人と話していると、まるで故郷を思い出すような優しい気持ちになる。

「懐かしさ」とも通じるところがあるのですが、話していて故郷を思う時のような暖かい気持ち、安心感に包まれる。そんな人も運命の人になる可能性があります。

そこには相手に対して、故郷の幼馴染に感じたり、あるいは故郷の風景をその人と一緒に見たいといった、言葉で説明できない心の深い部分での感情が現れています。そんな感情が生まれる人とはそう出会うものではありません。


サイン3. 一緒にいると安心感が得られてリラックスできる

人と人の間には適切な距離感というものがありますが、近くにいて心地いい人は運命の人の可能性があります。

人は他人といる時、無意識のうちに気を使い、本来の自分を抑えたりすることもあります。それが一緒にいても飾らず、ありのままの自然体の自分でいられる、安心感を抱ける。そんな相手が現れたなら、穏やかな笑顔に満ちた未来も想像することができますよ。


サイン4. 第一印象でビビッと来た

運命の人に出会ったときのは第一印象でびびっときた

「初めて出会ったのに」「偶然出会っただけなのに」と、運命の出会いは突然やってくることもあります。

出会ってからゆっくりと相手を理解し、運命を実感するのとは対極に、第一印象で「ビビッと来た!」「自分はこの人と結ばれる!」と感じる、理屈ではなく運命的としか言えない直感も、ある意味、運命の人に出会った時の象徴的なサインと言えるでしょう。

初対面の人と会う時はこの「ピンとくる」感覚のアンテナを張ってみてください。


サイン5. 自分のタイプにどストライクな見た目をしている

何と言っても好きなのは相手の顔。こういうと身もふたもないように思うかもしれませんが、付き合う相手の容姿を全く気にしない人もいないでしょう。

ルックスに惹かれるというのは理屈ではなく本能。それに、理想の見た目を持つ相手と出会える確率を考えれば、外見から入る出会いもまた運命と言っていいでしょう。

一緒に過ごす時間が、やがて相手の内面の魅力にも気づかせてくれるはずです。


サイン6. 性格や価値観が自分とバッチリ合う

好きな人には、自分が好きなものは好きでいてほしいと思いますよね。

物事に対する考え方や感じ方が、どこか自分と近い。映画やドラマ、本などの好みが似ている。そんな人となら、一緒にいても心地いい時間が過ごせます。

長い時をともに歩んでいく関係ならば、性格や価値観の一致というのは大きな要素。「この人、自分と近い」と感じたなら、その人が運命の人の可能性があります。


サイン7. 普段はイラッとするのに、その人の指摘なら不思議と素直に聞き入れられる

運命の人の意見は素直になれる

何かミスや失敗をして落ち込んでいる時に、誰かにその事に触れられると、余計に気分が悪くなったりしますよね。

でも同じことを言われても、あの人ならなぜか素直に聞けてしまう、そういう存在の人もいます。

素直に耳を傾けられるということは、相手に対して尊敬の気持ちがないとできないことです。自分の中に相手を敬い、受け入れる用意がある。そんな方はきっと人生のパートナーとしてもふさわしいでしょう。


サイン8. 笑いのツボが似ており、話していて楽しい

笑いの感覚というものはとても微妙なものです。ある人にとっては爆笑ものの出来事が、ある人にとっては「どこが面白いの?」ということも珍しくありません。

ゆえに、その笑いのツボが同じというのは、感性、センスの部分でとても近いということ。きっと他の部分でも似ている部分が多い関係だと思われます。テレビや映画を見ていて全く同じところで笑える。そんな相手は運命の人と言えるかもしれません。


意外と身近な人かも。運命の人に共通する5つの特徴

運命の人の特徴

これまで運命の人に出会う前兆、運命の人に出会った時のサイン、について紹介してきました。でも実は、何気ない日々の中にも、運命の人を示すシーンはあります。

探し求めていた人が、実はすぐ近くにいたということに気づくかもしれません。具体的に見ていきましょう。


特徴1. 狙った訳ではないのに共通点がたくさんある

それほど親しくなかった人が、偶然自分と好きなものが同じだとわかったら、一気に距離が縮まった気になりますよね。意識して趣味を合わせた訳でもないのに、もともと自分とすごくタイプが近い人がいます。

共通点が多いということは、当然打ちとけるまでの時間もかからず、良好な関係で付き合うことができます。

周りに「この人、自分と似てる」と思う方がいるならアプローチしみては?すぐ隣のあの人が運命の人の可能性は十分にありますよ。


特徴2. 顔が自分の好みではないのに不思議と惹かれてしまう

異性を好きになる条件は人柄や性格、趣味など、色々ありますが、ルックスもその一つですよね。

誰しも自分の好みの顔があると思いますが、もし見た目がタイプでないのになぜか惹かれてしまう人がいるなら、それは人格を含めた相手の本質の部分に惹かれているということ。その人が醸し出す空気やムードに惹かれているとも言えます。

上部でない部分で相手に共感を覚えるなら、その関係は上手くいくはずです。


特徴3. 特別何もしなくても、一緒に過ごすだけで安心感を得られる

運命の人は一緒にいるだけで安心感を得られる

どこかへ出かけたり、イベントなどに参加しなければ、二人でいる時間が持たない。そんな関係って疲れますよね。

運命の人とは、長い時を一緒に過ごすことになる人。一緒にいて落ち着かない、居心地が悪い。そんな相手と長く関係が続くわけがありません。

隣にいるだけで、ゆったりした空気を感じ、安らげる。そんな人こそが運命の相手です。


特徴4. いつでも自然体で、素の自分のままで接することができる

気になる人の前だと、緊張したり、変にカッコつけたり、見栄を張ってしまったりという人も多いでしょう。

それが、いつもの自分、ありのままの自分でいられるというなら、運命の人の可能性があります。

取り繕わなくてもいいというのは、相手にありのままの自分を見て欲しいという気持ちの現れで、それだけ相手に心を許している証拠なのです。


特徴5. 多くを語らなくてもお互いの心情を理解し合える

付き合い始めなどでは、相手のことを知りたい、自分を知ってほしいという気持ちから、互いに交わす言葉も多くなるのが普通です。

それが、黙っていても相手の思いが伝わってくる、感じ取れるようならば、それは運命の人と言えるでしょう。気持ちが通じ合っていれば、沈黙もまたコミュニケーションになります。

あれこれ話さなくても、ほんの一言二言で気持ちが伝わる。相手の言いたいことがわかる。そこにあるのは、その人への深い部分での理解と共感です。

【参考記事】はこちら▽


ぜひ参考にして欲しい!運命の人の見分け方とは?

運命の人の見分け方

今、付き合っている人がいる人も、探している人も、出会った人が自分にとって本当に運命の人なのかどうか、気になりますよね。

ここでは、そこを見極めるポイントをいくつか具体的に紹介します。参考にしてみてください。


見分け方1. 弱音や真剣な悩みなど、なんでも気兼ねなく話せてしまう

自分の短所や悩みを人に打ち明けることは、勇気のいることですよね。友達や親友にすら躊躇してしまうかもしれません。

でもあの人になら、なんでも正直に話せる。そんな方がいるなら、それはもう運命の人と言っていいでしょう。

自分の弱みを見せるということは、相手への信頼がないとできないことです。その時点でもうその人は、あなたにとって特別な存在になっているのです。


見分け方2. 2人っきりの場合、ドキドキより安心感を覚える

日頃から気になっている人と何かの時に2人っきりになった場合、ドキドキしますよね。

でもその時、ドキドキよりも居心地の良さや安心感を覚えたら、それは既に、あなたの中にその人と一緒になる予感があるのかもしれません。

「ずっと隣にいたい、そばにいてほしい」そんな無意識の思いが心地いい安心感に姿を変えているのです。


見分け方3. 付き合いが浅いとしても、なぜか一緒にいる将来を思い浮かべられる

運命の人は付き合いが浅くても将来を考えられ

まだ付き合ってそれほど経っていないのに、その人と一緒に暮らしているシーンが思い浮かぶ、夢に出てくるというのは、よほど結婚を意識していない限り、付き合い始めの段階でそこまで思い描く人は少ないでしょう。

しかし、ごく自然にそういうイメージが出てくるのであれば、それは将来訪れる現実への予感と言っていいでしょう。

想像すれば願いは叶うと言われます。運命もまた、そこから動き出しているのです。


運命の人を見つけた時のサインを見逃さないで!

運命の人に出会ったときのサインを見逃さないで

いががでしたか。運命の人との出会いには、思った以上に色々な予兆やサインがあることがわかっていただけたと思います。

ぼんやりしていると、それに気づかぬまま終わってしまうなんてことになるかもしれません。常に出会いのためのアンテナは磨いておきましょう

また最高の出会いを実現するために、自分自身の魅力を高めることも大切です。経験とセンスを積み重ね、思い描いた運命を引き寄せましょう!


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事