恋人とはどういう定義?男女が思う彼氏彼女の意味を解説します!!

K.T 2024.05.06
ふと「恋人とは何だろう?」と考えたことはありませんか。本記事では、恋人と彼氏・彼女の違いから、男女が考える恋人の定義を解説!さらに、恋人とすることや、今付き合ってる人は理想の恋人なのか診断できる項目も紹介します。恋人とは何か疑問に思った人は、ぜひ確認してみてくださいね。

恋人とは何だろう?と疑問に思うことってありますよね。

男女が思う恋人の定義&カップルがすること・理想の恋人診断方法

恋人という言葉は、男女によって少しずつ定義が異なります。恋人とは?カップルってどんなことをするの?付き合うとは?といった疑問を抱えている男女も多いでしょう。

今回は恋人の定義やカップルだけがすることをご紹介します。今まで知らなかった恋人の定義や理想の恋人をゲットするためにも、ぜひチェックしていきましょう。


そもそも「恋人」と「彼氏・彼女」の違いとは?

「恋人」と「彼氏・彼女」、同じようで少し違うような、そんな印象を受ける言葉でしょう。しかし、私たちはシーンによって、恋人と彼氏・彼女という言葉を使い分けているようにも感じられます。

恋人は本命で、一生大切にしたい人、結婚を本気で考えている相手といった深い意味があるのに対し、彼氏や彼女は現在付き合っている相手、結婚まではまだ考えていないといった段階の意味合いを含んでいると言えます。

同じ言葉のようで、ニュアンスが少し違うといった印象を持っているため、私たちは気づかないうちに恋人や彼氏、彼女といった言葉を使い分けているのです。


恋人の意味とは?男女別に恋人とはどんな存在なのか解説!

恋人と彼氏・彼女、微妙に違うニュアンスを持っていることがわかりましたが、具体的に恋人とはどのような定義があるのでしょうか。

ここでは、男女が思う恋人の定義を詳しく解説していきます。男女に共通している部分と男女によって異なる恋人の定義までまとめています。

恋人とはどういうこと?と疑問を抱いている人は、ぜひチェックしてみてください。


【男女共通】恋人の定義とは?

まずは、男女で共通している恋人の定義について紹介します。恋人とは、いつまでも一緒にいたいという思いが強くなるという存在から、定義も以下のように挙げることができます。

先を見据えた部分を検討している人が、男女ともに多いことが伝わってきます。彼氏とは?彼女とは?といったことを考える際にも、恋人の定義は重要です。


定義1. 将来を一緒に過ごす可能性のある存在

恋人とは、本命の相手。一生一緒にいたいと思える人というニュアンスを含んでいることが多いです。ここから、男女に共通している意見が、将来を一緒に過ごす可能性がある存在が恋人であるという点です。

将来を一緒に過ごすということは結婚するということであり、一人の人と生涯付きあうという意味にもなります。

付き合う人と結婚する人は違うといった意見もありますが、このことからも私たちは恋人と彼氏・彼女という言葉を使い分けているのかもしれませんね。別れや浮気などは考えられないという点も、恋人の定義の一つとなるでしょう。


定義2. お互いを助け合える存在

一生涯を共にする可能性が高い恋人、どんな時にもお互いのことを想い合い、相手が不安な時は寄り添って助けることが大切です。

お互いを助け合える存在も、恋人だからこそ言えることでしょう。恋人とは常に相手のことを想い行動している、困っている時や悩んでいる時に心強い存在となります。

一生を共にしていく中で、様々な壁にぶつかることもあります。そんな時にもお互いを支えあって助け合える存在が、恋人と言えるのです。


定義3. 好きという気持ちを伝え合う存在

お互いのことを想っているということを口に出して伝えるだけでなく、自然と行動に現れている場合もあるでしょう。

本当に大切な人という意味合いで使用される恋人は、いつも好きという気持ちを伝え合う存在でもあります。同棲しているのなら、いつも居住空間を快適にしておく、リラックスしている時は寄り添って過ごすことが多い、胸がときめくような瞬間があるといったように、日常のなかで好きという気持ちを伝えることができるのが恋人です。いつも好きという気持ちを伝えたいと思える時、別れようとか浮気したいとは思わなくなります。

言葉にしていなくても、行動によって好きという気持ちを表していることもあります。時が自然に流れていく中で好きという気持ちを伝え合える、そんな存在が恋人と言えるのです。恋とは、相手に好きと伝えたくなることなのです。


定義4. 何でも言い合える存在

悩みを打ち明けることだけでなく、相手の直してほしいところや、相談事など、どんなことでも話し合える存在と言えるでしょう。

好きという気持ちを伝え合う存在が恋人であるという面と同時に、何でも言い合えるのも恋人です。何でも言い合えるからこそ、お互いのことをより深く知ることができます。

時には喧嘩をすることもありますが、お互いの気持ちをしっかり伝えていくことでより絆を深めることができるのです。


男性にとって恋人(彼女)の定義とは?

男女に共通している恋人の定義を見ていると、本当に大切な人とかけがえのない時間を過ごす魅力が伝わってきます。

では、男性にとっては、恋人とはどのように定義づけられているのでしょうか。男女に共通している部分とはまた違った定義を持っているため、順に見てみましょう。

男性ならではの目線や考え方も含まれているので、相手のことをより深く知りたいという女性も必見です。


定義1. 心の寂しさを埋めてくれる存在

誰でも心寂しい時や慰めてほしい時はあります。男性の場合は仕事で日々忙しく働いている人が多く、ストレスや疲れ、悩みなども抱えていることでしょう。

そんな時、恋人の存在は心の寂しさや不安を埋めてくれます。寂しいと思っていることを理解してくれて、そばに寄り添ってくれる恋人がいれば、日々の悩みや不安も解消されていくでしょう。


定義2. 自分のことを癒やしてくれる存在

仕事から帰ってきたときにいてくれるとほっとする、一緒にのんびりする時間が安らぐといったように、自分のことを癒してくれる女性は男性にとって大きい存在です。

男性は癒し系の女性が好きとも言われますが、恋人に癒しを求める人が多いのは事実です。

疲れた時にそばにいてくれるだけで落ち着く、気分がすっきりするなど、恋人のパワーは偉大なのです。


女性にとって恋人(彼氏)の定義とは?

男性にとっての恋人は心の寂しさを埋めてくれたり、癒してくれる存在でした。では、女性にとっての恋人とは、どのような存在なのでしょうか。

男女で少しずつ異なる恋人の定義、次は女性目線で見てみましょう。女性の場合は、男性の頼もしい存在を頼りにしているという人が多いです。

ここでは、女性が考える恋人の定義を2つ紹介します。


定義1. 安心感のある存在

女性から見て男性は、体つきががっしりとしていて、力持ちという雰囲気があります。大きい体で受け止めてくれるとホッとする、ギュッとされた時に全身を包まれているようで安心するといった思いを持っている女性もいるでしょう。

また、安心感のある存在とは、困った時にいつでも助けてくれる、心強い存在とも言えます。

不安な時やトラブルに巻き込まれている時なども、信頼できる恋人なら頼りにできるでしょう。このような流れから、女性にとっての恋人は安心感のある存在となっているのです。


定義2. 愛情を注いでくれる存在

女性は、男性からの愛をたくさん受け取ることで、美しくたくましくなっていきます。

記念日や誕生日に贈り物をしてくれるだけでなく、日々の生活の中で愛をくれる存在であることも重要となります。

疲れている時に労ってくれる、自分が大切なものを理解しようとしてくれるなど、大切な恋人の愛情を感じる場面は、日常生活の中にたくさん潜んでいるでしょう。浮気などせず、自分に愛情を注いでくれる人が本当の恋人なのです。

参考記事

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

Enjoy Men's Life