誠実の意味とは|男女で変わる特徴と誠実になる方法を大公開!

誠実な人ってどんな人の事を言うのでしょうか。本記事では誠実とは、という言葉の意味から、誠実な人の特徴を男女別に解説!さらに、誠実な人の見分け方や、誠実な人になるための方法をレクチャーしますので参考にしてくださいね。

誠実な人って魅力的ですよね。

誠実な男女の特徴&6つの見分け方・誠実になる方法

誠実な人は周囲からの評判も良く信頼される存在です。

できれば誠実な人間になりたいけれど、そもそも誠実な人がどんな人なのかもわからないし、どうやってなるのかもわからない人も多いことでしょう。

今回は、誠実の意味から、誠実な人の特徴、誠実になるためにはどういったことをすればいいのかをご紹介します。誠実な人に憧れる方は、ぜひ参考にして下さいね。


「誠実」とは?誠実の意味をわかりやすく解説!

誠実とは真心を持って人や物事に対する様を意味します。真心は「真剣に尽くす心」を指す言葉です。

噛み砕くと「見栄や偽善など私利私欲のためではなく、真剣に尽くす心で誰かに接したり物事に取り組む様」という意味になります。


【男女別】誠実な人の特徴を大公開!

誰しも、誠実な人に対して良いイメージをもっているでしょう。しかし、誠実とはいったいどんなことを指すのか具体的にイメージするのは難しいですよね。ここでは、男女に分けて誠実な人とはどんな人なのかを具体的に解説していきます。


誠実な男性の特徴とは

仕事でも恋愛でも、誠実な男性とそうじゃない男性では大きな違いがあります。仕事、恋愛、どちらにしても誠実な男性の方が上手くいくことは間違いありません。

ここでは、周囲からの信頼を集める誠実な男性の特徴をご紹介します。


誠実な男性1. 見た目に清潔感がある

心の中の状態は外見にも表れるもの。いつもちゃんとした男性でありたいという思いや、周りの人を不快にしたくないといった気遣いは清潔感に繋がります。

また、清潔感がある人は何事にも真剣に取り組みたいという姿勢も感じられます。誠実でありたいと思うのであれば、まずは気持ちと一緒に身だしなみも整えて、清潔感のある男性を目指しましょう。

【参考記事】はこちら▽


誠実な男性2. 誰に対しても表裏なく優しい

誠実な人は誰にでも別け隔てなく接するもの。正直に生きているので、誰に対しても裏表なく接することが出来るのです。

例えば綺麗な女性や仕事の上司には愛想よく接して、自分より下の立場の人には態度が悪い人は誠実とはいえません。逆に、コンビニや飲食店などの店員さんに対しても丁寧に対応出来るような人は誠実と考えられます。


誠実な男性3. 家族や友人を大切にする

誠実かどうかを見極めるポイントとして、家族や友人など「身近な人への態度を見る」というものがあります。身近な人の前では、その人の本性が現れますからね。

外面だけよくて慣れてる人には態度が悪い、そんな人もいるので、「最初だけ優しかったけど、慣れたら態度が悪くなった」ということが起こってしまいます。誠実な人であれば身近にいる人のことも大切にするものです。


誠実な男性4. 時間をきちんと守る

「他人に迷惑をかけないように心がけている」というのが誠実な人の特徴ですが、それは時間管理にも表れます。誠実な男性は、仕事でも恋愛でも時間をしっかりと守ります。

「仕事は怒られるから遅刻できないけど、デートはちょっと謝れば許してもらえるから遅れてもいいや」と、そんな風には考えません。誠実な男性はいつも時間に遅れないように計算して行動しています。


誠実な男性5. 素直に感謝や謝罪ができる

誠実な人はいつも周りの人に気を配っているものです。なので、ちょっとした手助けにもすぐに気付き「ありがとう」と伝えたり、少しでも相手を傷付けたかもしれないと思った時には「ごめんなさい」と素直に謝ることができます。

もちろん相手が自分にとってどんな立場の人であっても、同じように敬意を払い、そのように行動できるのです。


誠実な男性6. お金遣いが綺麗で、ギャンブルをしない

ギャンブルは必ずしも悪いものではありません。しかしのめり込んでしまうと、生活を脅かすほどお金を使い込んだりしてしまう危険をはらんでいます。

誠実な人は堅実な人が多いので、リスクを負うようなお金の使い方や、不必要な贅沢はしません。しっかりと金銭管理をし、自分の管理できる範囲で無駄のないように上手にお金を使います。


誠実な男性7. 物持ちが良く、物を大切に使う

物の扱いと人の扱いは通じるところがあり、誠実な人ほど物を大切に扱います。これは恋愛や仕事での人間関係も同じで、誰に対しても丁寧な対応をし真摯に向き合うことの表れです。

また、流行に流されて目移りしないというのも特徴で、一つの物を長く大切に使っていきます。同じように、人との関係も長い目で見て大切にしていくのです。


誠実な男性8. 浮気や女遊びをしない

誘惑や欲望に負けてしまうのは自制心のなさの表れです。誠実な男性は理性的で自制心が強い人が多いので、浮気や女遊びといったことは行いません。

それは、自分の欲望に負けて交際している女性を傷付けてしまわないためでもありますが、自分自身に対し誠実でありたいという気持ちの表れともいえます。誠実な人は、自分に対しても誠実なのです。

【参考記事】はこちら▽


誠実な女性の特徴とは

誠実な女性をイメージした時、思い浮かぶイメージは「性格の良い女性」といった、おぼろげなものではないでしょうか。ここでは、誠実な女性とはどういった女性なのかを具体的に解説していきます。

誠実な女性でありたいと思っている方は、自分に当てはまっている部分があるかをチェックしてみて下さいね。


誠実な女性1. 服装や身だしなみに気を配る

誠実な人は、いつも「きちんとしていたい」という気持ちを持っています。そんな気持ちは服装や身だしなみにも表れるものです。周囲の人への気配りであったり何事にも真面目に取り組む姿勢が、清潔感やきちんとした服装に繋がっているわけですね。

「服装の乱れは心の乱れ」という言葉がありますが、誠実な心は見た目にも表れるということでしょう。


誠実な女性2. 人の悪口や、嘘を言わない

一般的に、人がたくさん集まると悪口や陰口を言う人が出てきます。しかし、誠実な女性は話の輪の中でそういった話になっても、悪口や陰口には参加することはありません。

言われた相手の気持ちを考えるので、人を傷付けるようなことは言わないのです。相手の気持ちを考えるという点では、人に嘘をつかないのも同じことで、誰かを傷付けるようなことはしないように行動しています。


誠実な女性3. 相手の話をよく聞き、意見を尊重する

相手のことを考えられるということは、相手を尊重できるということです。誠実な女性は聞き上手な人が多く、相手の話に親身になって耳を傾けます。相手の気持ちをわかってあげようという気持ちが強いので、ちゃんと話を聞くのです。

相手に対し、思いやりをもっているからこそ、相手の意見を無下に扱うようなことはしません。

【参考記事】はこちら▽


誠実な女性4. 恋愛や仕事に真面目に向き合う

誠実な女性は自己管理ができている人が多く、仕事も恋愛もしっかりと切り分けて考えます。混同してしまうと、どちらかに集中してしまい、もう片方がおざなりになってしまうことがあるからです。

仕事も恋愛も、それぞれに真面目に向き合うので、どちらかに依存するということもなく自立した生活を送ることができます。


誠実な女性5. 何事にも一生懸命取り組む

何事も不真面目に取り組むのは相手を裏切ることと一緒です。誠実な女性は、相手の信頼を裏切ったりしないもの。上司から仕事を任されれば、期待された事をきっちりと果せるように一生懸命に取り組みますし、友達からお店選びを頼まれた場合は皆が満足する店を探します。

何事にも手を抜くことなく真剣に取り組む姿勢が、周囲の人の心を打ち信頼獲得に繋がるのです。


誠実な女性6. 規則正しい生活を送っている

生活の乱れは心の乱れに繋がります。誠実な女性は自制心が強く自己管理能力が優れています。なので、仕事や恋愛に支障をきたさないように規則正しい生活を送るのです。

規則正しい生活を送っていると、心身ともに安定するので、そのぶん別のことに気を配れたりするするもの。人に見られていない部分でも努力を欠かさないということですね。


誠実な女性7. 悪酔いしない綺麗な呑み方をする

きちんと自己管理ができる女性は、飲み会で飲みすぎることはありません。フランクな場においても、自制心を保ってちゃんとした立ち振る舞いをするものです。

飲みすぎて悪酔いし周りの人に迷惑をかけたり、自我を失ってはしたない態度をとってしまう事は、誠実な女性にとって不名誉な行為なので、適度に楽しむことを心がけます。


誠実な女性8. きちんと人の目を見て話しができる

人と話すときに、しっかりを目を合わせて話せるのは自信の表れです。日頃から周りに気を配り、誰に対しても誠実な対応をとっている女性は、後ろ暗いことがなく自信に満ち溢れているもの。

日頃の態度や言動に責任をもっており、それが自信に繋がっているので、人と話すときはきちんと目を合わせて話すことができるのです。そんなまっすぐな姿勢は発言に説得力を与える効果もあります。


誠実な人は特をする!誠実な人の3つのメリット

誠実な人が嫌いという人はいませんし、むしろ好感を持つ人のほうが多いはず。人に好かれるということは、それだけ得することも多いものです。ここでは、誠実であるがゆえに得られるメリットを具体的に紹介します。


メリット1. 周囲から信頼される

信頼とは「信じて頼られる」こと。その言葉の通り、信じられる相手じゃないと頼ることはできません。なので、誠実な人とそうでない人だったら誠実な人を信頼するのが自然です。

人から信頼を集められる人は仕事でも恋愛でも上手くいくことが多いのも特徴で、信頼されることこそ誠実であることの一番大きなメリットともいえるでしょう。


メリット2. 恋愛でも異性からモテやすい

普通の人は、不誠実な人と付き合いたいとは思いませんよね。誠実な人であれば浮気の心配もないですし、何事もキチンとしてくれるイメージがあります。そういった面から、不誠実な人より誠実な人がモテるのは当然のこと。

世の中にはあからさまに不誠実な人も少ないですが、目立って誠実な人も少なく、一番多いのは普通の人です。なので、誠実であるだけで他の人より高感度が高くなります


メリット3. 仕事でトラブルが減り、円滑に進む

仕事でのトラブルの多くは、人間関係の問題であったり不真面目さが原因です。誠実な人は真面目に仕事に取り組みますし、その仕事に対する姿勢を見た周りの人からの信頼が集まります。

もともと真面目に取り組むことでミスも少ないうえに、周りからの信頼も厚いので困ったことがあっても、誰かが手助けしてくれることも多く、仕事が円滑に進みます。


誠実な対応とは?仕事と恋愛における誠実な人の見分け方を解説

仕事においても恋愛においても、誠実であるに越したことはありません。しかし、誠実であるかどうかの見分け方がわかっていない人も多いのではないでしょうか。

ここでは、仕事と恋愛にわけて、誠実な人がとる対応をご紹介します。


仕事に対して誠実な人を見抜くポイント

仕事において誠実であることは大きなメリットをもたらしてくれます。特に組織としてやっていくうえでは誠実な仕事をしてくれる人がいれば、仕事は円滑に進むでしょう。

ここでは、仕事に対し誠実な人の特徴をご紹介します。


見分け方1. 業務の期日をしっかり守るか

約束を破るのは人を裏切る不誠実な行為です。業務の期日を守れないのも約束を破るのと同じこと。誠実な人はしっかりと期日を確認しながら、他の人に迷惑をかけないように、コツコツと対応し期日内に完了させます。

キャパオーバーで期日を守れそうにない場合は、正直に周りに話、助けを求める素直さも持ち合わせています。


見分け方2. 仕事に対して手を抜かないか

人間は人に見られていないところでは、甘えが出てしまい手を抜いたりサボったりしてしまうものです。しかし、誠実な人は人に見られていなくても、それが面倒臭く地味な作業であっても手を抜くことは絶対にしません。

どんな仕事でも真摯に向き合い、文句も言わずに実直に取り組む姿は、周りの士気を上げるのにも一役買います。


見分け方3. 学んだ事をきちんと実践するか

誰でも仕事の中でミスをすることはあるでしょう。そのミスで注意を受けてしまうことも。誠実な人は、自分のやるべきことには真面目に取り組むもの。

真面目に取り組んだ結果としてミスがあり、それを誰かが指摘してくれるというのは「ありがたいこと」だと認識します。なので、注意を受けたことを素直に受け止め、学んだことを仕事に反映させようとするのです。


恋愛に対して誠実な人を見抜くポイント

恋愛する上で誠実であるかどうかは非常に重要になってきます。不誠実な人は浮気症であったり、関係を大切にしてくれないことが多い傾向にあるからです。

ここでは、恋愛において誠実であるかを見抜くチェックポイントをご紹介します。


見分け方1. すぐにボディタッチをしてこないか

恋愛に対して誠実な人は、相手との距離を徐々に詰めていくもの。最初からボディタッチをしてくるようであれば、それは下心の表れともとれるので、誠実とは言えません。

友達以上恋人未満のような関係であっても、過度なボディタッチをしてくることはなく、ちゃんと付き合い出すまでは手を出してくるようなことはありません。


見分け方2. 終電を気にしてくれるか

誠実な男性は、前もって相手の終電時間を把握しておきます。いくら盛り上がったとしても、付き合っていない相手であれば終電までには帰らせるように取り計らってくれます

逆に、わざと終電を逃すように会話を長引かせたり、酔っぱらった勢いに任せて女性の家に泊まろうとしてくるような人は不誠実な人なので注意が必要ですよ。


見分け方3. 過去の恋人の人数が少なめ

誠実かどうかの見極めとして、過去の恋人の人数で判断する方法があります。大人であれば、恋愛経験が豊富な人も少なくないですが、明らかに人数が多すぎるのは、恋愛においての人間関係の構築に問題がある可能性も。

飽きっぽかったり、たいして本気でもないのに付き合ったり。人数が全てではないですが、誠実かどうか見極める際には重要なポイントといえるでしょう。


誠実な人の対応は何が違う?誠実な人になるための7つの方法

誠実な人も、最初から誠実なわけではありません。自分を律し、誠実であるたに色々なことを心がけています。

ここでは、誠実な人になるための方法をご紹介します。心がけ次第で誠実な人になることは可能ですので、ぜひ参考にして下さいね。


方法1. 相手と交わした些細な約束も必ず守る

約束といっても重大なものから些細なことまで様々あります。重大な約束であれば、破ってしまうと大問題に繋がってしまうことから守る人が多いですが、些細な約束の場合は知らず知らずのうちに破ってしまう人も多いのではないでしょうか。

誠実な人は、会話の流れでした口約束や破っても問題ないような小さな約束まで、些細な約束でも必ず守るのが特徴です。誠実な人になりたいのであれば、自分の言ったことに責任を持つことが重要になってきます。


方法2. 自分がされて嫌な事を相手にしない

「相手の気持ちを思いやる」というのは当たり前のことですが、無意識のうちに人を傷付けるようなことを言ったり、相手に嫌な思いをさせていることは少なくありません。

誠実な人は相手の気持ちに向き合う姿勢が身についているので、相手のことを考えたうえで行動をします。誰かと接する時は、発言や行動の前に一呼吸おいて相手のことを考えるようにしましょう。


方法3. 世の中のルールやマナーを守る

「皆守ってないから」そんな理由で世の中のルールやマナーを破る人は多くいます。信号を守らなかったりポイ捨てをしたり。誠実な人は、周りが守っていなかったとしても流されることなくルールやマナーを守ります。

周りに流される人は誠実でいることは難しいので、誠実でありたいと思うのであれば自分の中にポリシーを持つことが大切です。


方法4. 自分の気持ちに正直に生きる

空気を読むことと、周りに流されることは似ているようで異なるものです。誠実であるためには、時に周りに合わせないという選択も必要になってきます。

乗り気になれない誘いを承諾してしまったり、相手に悪く思われたくないからという理由で一緒に行動したり、そういった事をしていると、自分が正しいと思う生き方はできません。


方法5. 何事にも感謝の気持ちを忘れない

人が何かをしてくれた時、それを当たり前だと思ってしまうようでは誠実であるとはいえません。誠実とは真心をもって相手に対すること。

誠実でありたいと思うのであれば、たとえ些細なことであっても感謝の気持ちを忘れずに「ありがとう」伝えるようにしましょう。感謝の気持ちを持ち続けることで、自身もポジティブになり、周りの人からの信頼も得ることができますよ。


方法6. 私利私欲、損得勘定だけで行動しない

自分のことだけを考え、打算的に行動していると周囲の人からの信頼を失ってしまいます。人間関係は常にギブアンドテイクというわけでなく、時には与えることに徹する必要もあります。

誠実な人は、相手を思いやれる人。相手を尊重するからこそ自身も尊重されるのです。私利私欲だけを追求し損得勘定だけで動くような人は、いつまでも誠実な人にはなれません。

【参考記事】はこちら▽


方法7. 自分の発言や行動に一貫性を持たせる

言っている事とやっている事がチグハグでは周りは混乱してしまいます。誠実な人は、常に周りのことを気遣っていますので、自身の思い付きだけで発言したりすることはありません。

周囲からの信頼を集められる人は、言動に一貫性があり信用できる人です。自分の言葉に責任を持って、よく考えて行動することで、言葉と行動がチグハグになることを避けることができますよ。


誠実になって、信頼される人になりましょう。

「誠実な人間になる」と言葉にすると、ちょっと大変そうに感じてしまいますよね。

しかし、具体的に誠実な人の特徴を考えてみると、どれも人として当たり前の事をやっているだけでもあります。

なので、誰でも心がけ一つで誠実な人間になることはできるのです。

「自分が誠実な人間になんてなれるはずがない」そんな風に思っている方もいるかもしれませんが、今回まとめたポイントをちょっとずつ実践していくだけでも、確実に誠実な人に近づいていくことができますよ。

誠実な人になるのに遅いなんてことはありません。ぜひ実践してみて下さいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事