「ツンデレ」の意味とは?ツンデレな人の特徴と長所/短所を解説!

ツンデレの意味が知りたい人へ。今記事ではツンデレの詳しい意味やヤンデレとの違いから、ツンデレな人の特徴まで詳しくご紹介します。さらに、ツンデレな性格の人ならではの長所や短所、他にもツンデレな人がモテる理由も解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

男性も女性も、ツンデレな人っていますよね。

ツンデレな人の特徴&長所・短所

好きな人や気になる人に、思っていることと逆の意味の言葉を相手に伝えてしまうツンデレ。アニメやマンガなどの影響から、リアルでも使うことが多い言葉です。

しかし、本心はどうなのかと誤解を生んでしまったり、勘繰ったりしてしまうこともありますよね。

プラスの意味で使うことが多いツンデレですが、この記事では詳しくツンデレな性格の人の特徴をお伝えしていきます。ツンデレの長所や短所、モテるのかどうかといったところまで、ツンデレについて理解を深めていきましょう!


大前提として「ツンデレ」の意味とは?

ツンデレの意味とは?

ツンデレとは相手に対して最初はツンツンとしていたのに、心の距離が近づくにつれてデレデレと好意的な態度に変わる性格を表します。

また、表面上はツンツンしているけれど、心はドキドキとしているような二面性を表すときにも使用される言葉です。


最近よく耳にする「ヤンデレ」との違いは

ヤンデレは「(心が)病んでる」と「デレ」を合わせた言葉です。相手の好意を自分に集めたいという思いが強すぎるため、「周りからすれば精神的に病んでるのでは?」と思われてしまう行動をとってしまうことも。

二面性がある点でヤンデレとツンデレは似ていますが、全く別物になります。

【参考記事】はこちら▽


ツンデレと言われる人に見受けられる特徴

ツンデレの特徴

ツンツンしている面とデレデレしている面、言い換えるならあまのじゃくな性格と言えるかもしれません。ツンデレという言葉は女性に対して遣うことが多いですが、実は男性でもツンデレな性格の人は多いです。

ここからはツンデレとは実際には相手に対してどのような態度・行動をとるのか、ご紹介していきます。


特徴1. 人前だと当たりが強いのに、2人きりだと優しくなる

ツンデレな人は基本的に照れ屋さんだと思ってください。例えば、恋人と一緒にいる時に友人から恋人を褒められたとしても「そんなことない」と言ってしまうようなタイプです。

人前だと口数が少ない人がツンデレには多いので、心の中では「言い方がまずかったかな」と思っていても上手く訂正できないのです。

人前でフォローできなかった分、2人きりだと思いっきり甘えるようになります。このギャップがツンデレならではの特徴です。


特徴2. 友達や職場の前で恋人の話題を出さない

ツンデレな人は周りの人に対して自分がデレているところを見せたくありません。そのため、自分の恋人の話を自ら進んですることはほぼないです。

ただ彼氏彼女に対してドライということでは決してないので、例えばお昼休みなどプライベートな時間にはしっかりと連絡をこまめに入れる性格です。ここでもツンデレの特徴であるギャップ性が見て取れますね。


特徴3. 親しい人が困っている場合、文句を言いながらも手厚くサポートしてくれる

ツンデレの人は人が困っているときサポートしてくれる

人前で優しくするのはデレですが、ツンデレは人前ではデレるところを見せたくありません。とはいえ情に薄いというわけではなく、サポートはしたいという気持ちはあります。

そのため2つの感情の妥協点として、文句を言いながらもサポートするという行動に出ます。


特徴4. ドライな性格にみせかけて実は寂しがり屋な一面を持っている

ツンデレな人は人前ではっきりとした感情表現をするのが苦手です。そのため受け答えが素っ気ないものになることがよくあり、ドライな人だと思われやすいです。

ただ、本当にドライな性格ではなく、本当は相手に優しくしたかったり、相手からも優しくされたいと思う寂しがり屋な一面を持っています。


特徴5. 好きな人の前で強がるなど、素直じゃない

心の距離を縮めるのにツンデレは時間がかかります。天邪鬼な性格なのでツンデレは本心を悟られまいと気持ちとは違う行動をするのです。気持ちとは裏腹な行動をとるというツンデレを代表するような行動パターンです。

弱いところを相手に見せたくないという強がりであることが多いですが、この場合も何度か声をかけるうちに心の内を打ち明けてくれるようになるでしょう。


特徴6. 普段は気が強く堂々としているのに、ふいにか弱い部分を出してくる

ツンデレの人はふいに弱い所を出してくる

ツンデレは、人前では気丈にふるまいがち。弱い部分をあえて出そうとしているわけではありませんが、強がってるだけのことが多いのでフッと本音が漏れてしまいます。

本当は心配してほしい、悩みを打ち明けたいという気持ちがあるので、彼氏彼女が普段言わない弱音を漏らした場合にはしっかりとサポートしてあげてください。


ツンデレな人の長所や短所とは?

ツンデレの人の長所と短所

二面性があるので誤解されることがあったり、面倒だと思われることがある一方で、ギャップがあって魅力的に思われる場合もあります。

ツンデレなのが友人関係での話か、彼氏彼女間なのかでも変わってきますが、ツンデレの良いところ、注意すべきところについてご紹介していきます。


ツンデレな人のメリットや長所

まずはツンデレな性格の良いところについてです。好きな人や気になってる異性に対してモテるのかどうかといった具体的な内容まで触れていきますので、しっかりとご覧ください。

彼氏や彼女になりたいと思っている相手に対して、ツンデレにはどのようなプラスの効果があるのか見ていきましょう。


長所1. ツンとデレの2面性でギャップ萌えが狙いやすい

男性でも女性でも、異性のギャップには弱いものです。男性ならサバサバしているような女性が料理好きだったらドキッとしたり、女性でもクールに見える男性がかわいい猫好きだったりすると、そのギャップにキュンとする人は多いです。

ツンデレの人は自然体で相手をギャップ萌えさせることができます。これは大きな長所と言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


長所2. 褒められるとムキになって否定するなど、意外と分かりやすい

ツンデレの人は褒められると向きになりやす

ツンデレは人前ではクールに振る舞っていることが多いので周りから怖がられることもあります。しかし距離が縮まりツンデレな人だと分かることで相手には安心感を与えることができます

二面性とは言っても、その多くは照れ隠しであることが多いので客観的に見ると丸分かりのこともあります。照れているんだなと思われやすいということはそれだけ魅力的に映りやすいということでもあるのです。


長所3. 人前ではハキハキとしており、出来る人の印象を抱かれやすい

ツンデレのツンツンした部分は、クローズドな場面ではなく人前で表れます。そのため職場などではオンオフがしっかりと分けられているデキる人のように思われることも多いです。

仕事がデキて自分にも厳しいような上司が、スマホの待受を自分の子どもにしていて「かわいいところもあるんだな」と思った経験は、多くの人にあるでしょう。

デキる人と思われ、ふとした瞬間にかわいさなどのギャップも狙えるのがツンデレの長所です。


ツンデレな人のデメリットや短所

長所が多いツンデレですが、その逆に短所もあります。ほとんどは長所の裏返しですが、ただの照れ屋さんというわけでもないので誤解を受けたり勘違いされたりということもあります

ここからはツンデレな人が注意すべき点について説明していきます。


短所1. 普段はそっけないため、冷たい人だと誤解されやすい

ツンデレの人は素っ気ない人だと誤解されやすい

人前ではそっけないので嫌われてるんじゃないかと思われたり、感情が表に出なくて分かりづらいと思われたりすることもあります。特に知り合ってからの期間が短い場合に起こりがちな誤解です。

性格を誤解され、冷たい人だと思われてしまっては友人関係にも恋人関係にも発展しづらくなる点はツンデレの短所の1つです。

【参考記事】はこちら▽


短所2. 性格が読みづらいので、若干めんどくさいと思われやすい

ツンデレな人は打ち解けるまでに時間がかかります。打ち解けて本質のデレの部分が垣間見えれば良いのですが、そこまでの距離感にはなかなか達することができません。

そのため、何を考えているのか分からないと周りに思われて損をすることもあります。感情表現が苦手なせいで面倒な人だと思われる恐れもあるので注意しましょう。

【参考記事】はこちら▽


短所3. 天の邪鬼な性格で人に頼ったり、甘えたりするのが得じゃない

困っていても口に出せず、たとえ「大丈夫?」と聞かれても「大丈夫」と強がってしまいがちです。

人に頼るのが苦手な一方で、断り切れず安請け合いをしてしまうことも多いので、仕事やスケジュールをキャパ以上に抱える損な役回りになることも。

性格だからと言ってしまえばそこまでですが、あまりに甘え下手なのは短所と言えます。


ツンデレな人はモテる?異性が惹かれる理由とは

ツンデレの人が異性から持てる理由

人前での態度と、プライベートな場での振る舞いが異なるので、自然とギャップを演出できるツンデレな人。

ここからは、ツンデレな人が異性からモテる理由を一挙大公開していきます。


理由1. デレた時のギャップにキュンとするから

ツンデレがモテる一番の理由はギャップ。ツンデレは人見知りであることも多く、打ち解けるまでに時間がかかりがちです。

しかし、時間がかかるからこそデレた時のインパクトは大きなものになります。

唐突にではなく、ちょうど心の距離が縮まってきたころにデレが始まるというベストなタイミングであるということもプラスの要因です。


理由2. 自分にだけ心を開いてくれた気がして優越感に浸れるから

ツンデレな人がデレるには、相手に心を許しているという条件が必須になります。それまで冷たい人だと思っていた人が、フッと笑顔を自分に向けてドキッとしない人はいません。

それが自分だけに向けられた気の許しで、周りにはいつも通りの態度であるのなら、特別扱いされているような大きな優越感がありますよね。ツンデレの魅力はここにもあります。


理由3. ツンツンしてたり、デレデレしたり、色々な面が見れて一緒に居て飽きないから

ツンデレの人は色んな面が見れて飽きない

一旦デレを見せ始めた人であっても、ツンツンするのがなくなるというわけではありません。それは恋人関係や夫婦になっても同じです。

パートナーのようになっても、相手が照れ隠しをしているシーンなどを見られるというのは大きな魅力だと言えます。長く付き合えば付き合うほど、関係はフラットなものになりがちですが、ツンデレの人はそれがないので一緒に居ても飽きずに楽しめます


ツンデレな人の特徴を理解して、上手な人間関係を築きましょう。

ツンデレを理解して付き合おう

ツンデレな人は相手に理解されにくいという特徴がありますが、気を許してからのギャップが付き合っていて楽しいという長所があります。

ツンデレな人は、色んな一面が見れて一緒にいて楽しいということは間違いありません。実際の人間関係で、ツンデレの魅力をぜひ感じてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事