「寝取る」とは?他人の彼氏や旦那を略奪する人の特徴と心理を解説します。

寝取ることについて知りたい方へ。本記事では、寝取ることの意味から、特徴や心理まで大公開!寝取る人の末路も解説していきます!

そもそも「寝取る」とは?どんな意味?

「寝取る」とは?

「寝取る」とは、簡単に言えば他人の恋人や結婚相手と体の関係を持つことです。

一般的には「寝取るなんてトラブルの元」という理由からやらない人がほとんど。

しかし、寝取ることでしか恋愛を楽しめない歪んだ人が実際に存在します。

芸能人のニュースでもよくあるように、近年不倫や浮気が増えていることもあり、寝取る恋愛も増加傾向なのです。


寝取ったことってある?男女の本音を告白します。

「寝取る」なんてしたくもないですし、できればされたくもないでしょう。

ですが、世の中ではなんと男女ともに約4人に1人の割合で寝取ったことがあるとのこと。

その時のエピソードを教えてもらいました。

男性のエピソード

  • 会社の上司の見た目に惹かれてしまい、どうしてもエッチしたくなって寝取ってしまいました。
  • お酒の席でやけに近づかれたときに、ムラっとした気持ちになってしまい本能のまま浮気しました。

女性のエピソード

  • 友人の彼氏というところにドキドキ感を感じてしまい、相手のことは好みではなかったが酔った勢いで寝取った。
  • 恋人には悪いなとは想いましたが、体も顔もどストライクだったのでとにかくエッチしたかった。

寝取る人の特徴|他人の彼氏や旦那を略奪する女性に共通することは?

「寝取る人ってどう見分ければいいの?」

「友人が彼氏を寝取らないか心配なんだけど…」

寝取る人が結構な割合でいるということはわかっても、それがどんな特徴のある人なのかわからないでしょう。

では、どんなタイプの人は寝取る可能性が高いのでしょうか。

ここからは、寝取る人の特徴を解説します。

寝取る人に共通するポイントをチェックしていきましょう。


特徴1. 自分に自信がある

他人のパートナーを寝取る人は、自分の容姿や性格に強い自信を持っているケースが多いです。

そのため、周囲と自分を比較しては自分の方が優れていると優越感に浸っています

「私、胸が大きいからキャミソールとか似合わないの〜。羨ましい〜」

「俺、神経質だから細かいところも気になっちゃうんだよね」

など、自虐に見せかけてマウントをとるような発言をして来る人は、人の恋人を寝取ることで、相手より上に立ちたいと考えるでしょう。


特徴2. 周りから影響を受けやすい

人のものを寝取る人には、すぐに誰かの真似をしたくなってしまうという心理があります。

いわゆるミーハーで、流行などにはすぐに飛びついたり、周囲が良いといったものにすぐに惹かれてしまうのです。

例えば、友人が最新のスマートウォッチをつけているのを見ると羨ましくなり、自分も欲しくなります。

すぐに欲しがるので、早ければ翌日には購入を済ませていることも。

そのため、人の恋人も羨ましくなってしまう可能性が高いでしょう。


特徴3. 自分の欲望に忠実である

寝散る人は自分の欲求を抑えることが苦手という理由から、欲しいと思ったら一直線。

気持ちを抑えられないので、我慢せずにすぐに買ってしまうのです。

例えば、IPhoneファンの人ならスマホを変えたばかりでも、最新機種が出ると迷わず買ってしまいます。

また、ダイエット中であるにも関わらずケーキやお菓子など、カロリーの高いものを食べてしまうこともあるでしょう。


特徴4. 他人のものを欲しがる

他人のパートナーを略奪する人は、自分のものよりも他人のものの方が魅力的に見えてしまう傾向があります。

そのため、他人の持っているものや着ている服にすぐに飛びついて頻繁に羨ましがるのです。

例えば、

  • あなたが最新のスマートウォッチを付けていると、「私も買いたいな〜」と羨ましがる
  • ご飯を食べている時「一口ちょうだい!」といつも言う

などと、しきりに人のものを欲しがる人は、人の恋人も欲しがるでしょう。


特徴5. 極度の寂しがり屋

一人になるのが苦手なのも、寝散る人の特徴の一つ。

常に誰かと行動を共にしたり、話を聞いて欲しがっている場合が多いです。

そんな人は、家で一人でいるのは苦手なので、頻繁に友人や会社の人を家に誘っています、

来てくれる人がいない時は、

「暇なんだけど〜」

「今から遊べない?」

など、誰かにLINEをして、一人でいる時間をなるべく避けようとするのです。


特徴6. わがまますぎる

他人のパートナーを寝散る人は、基本的に自分の主張が1番正しいと思っています。

なんでも自分の思い通りにならないと騒ぎ立てたりするので、周りに迷惑をかけてしまうことも多々あるのです。

例えば、友人達とご飯に行くお店を決めている時でも、

「私は絶対ココがいい!」

と駄々をこねて周囲を唖然とさせてしまうことも。

そのため、他人の恋人であっても、自分が欲しいと思えば、相手の都合などは考えないでしょう。


特徴7. 承認欲求が強い

人のものを寝取る人は、今まであまり評価されてこなかったため、とにかく自己肯定感が低い人が多いです。

そのため卑下した発言を繰り返しては、それを否定してもらいたいと考えているのです。

例えば、会社で素晴らしい営業成績をあげて、周りから褒められたとしましょう。

そんな時に

「私はダメなやつなんです…」

などと言いながらも、周囲から

「そんなことないでしょ!」

と言ってほしいと思っているのです。


特徴8. 人を立てるのが上手い

寝取る人は、相手と良い関係を築きたいという心理から、相手を立てようとします。

相槌やリアクションが得意で聞き上手。話をしていて気持ちが良いので、周りの人は深いところまでさらけだしてしまうのです。

そういった人は、

「さすがですね!」

「知らなかった!」

「センスが良いですね!」

など相手を立てながら話を聞くのが上手いので、相手の心を掴んでしまうでしょう。


特徴9. 女友達が少ない

他人のパートナーを略奪する人は、友達の彼氏や旦那に魅力を感じているので、同性の友達を作る必要性を感じていません

また、人の恋人を寝取っていると周りからの信用を失ってしまうため、人が離れていってしまうケースもあります。

そんな女性が休みの日に遊びに行く相手は大体男の人。

そういったことをずっと続けているうちに相手と肉体関係を持ってしまい、結果的に寝取る女になってしまうのです。


寝取る人の心理|他人の彼氏や旦那に手を出したくなるのはなぜ?

ここまで特徴を読んだあなたなら、寝取る人を見分けられるようになったことでしょう。

しかし、なぜ他人のパートナーを寝取ってしまうのか。

ここからは、行動の原因である深層心理を探っていきます

寝取る人の心の中を理解していきましょう。


心理1. チヤホヤされたい

寂しがり屋で承認欲求が強いため、とにかく男性に認められたいと考えています。

恋人がいる相手を奪うことで、

  • 自分は彼女よりも優れている
  • 魅力がある

ということを確認し、自己肯定感を高めているのです。


心理2. 好きだから我慢出来ない

ふとした事から恋人が居る相手の事を好きになってしまい、駄目だと分かっていてもその気持ちが抑えきれないのです。


心理3. 人のものを取るのが快感

実際に寝取っている人でも、恋人を奪うことには罪悪感を感じています。

しかし、してはいけないことをしているというスリルに、ゾクゾクとした歪んだ快感を感じてしまっているのです。


心理4. 良いものを試してみたい

友達が彼氏・彼女の自慢話をしてきたら、そんなに良いなら自分だって確認してみたいと思うのが寝取る人の心理。

自分の欲求に素直で、実際に寝取ることで自分も良い思いをしたいと考えています。


心理5. 難しい恋愛に楽しさを見出している

フリーの人より、誰かと付き合っている相手と付き合う方が難易度が高いもの。

恋愛をゲーム感覚に考えており、恋人がいる相手に振り向いてもらうためにはどうしたらいいかと、試行錯誤するのが楽しいのです。


心理6. 他人に自慢したい

寝取る人は承認欲求が人より強めであるという特徴があります。

そのため、人の恋人を寝取ることで、自分は恋人が居る相手でも振り向かせられるくらい魅力的ということを自慢したいのです。


心理7. 他人の幸せを壊したい

一般的には他人の幸せは嬉しいものですが、中には、他人が恋人と二人で楽しそうにしている様子が気に入らないと思う人も。

そのため、相手の恋人を寝取ることで、楽しかった頃との落差を相手に感じさせ、絶望している姿に悦びを感じるのです。


寝取る人の末路|略奪愛の先にあるものは?

「寝取る人の末路ってどうなっちゃうの…?」

「略奪した先にどんな未来が待ってるんだろう…?」

他人の大事な人を寝取る人が、どんな末路を辿ることになるのかは気になるところ。

そこでここからは、寝取る人が行き着く末路をご紹介していきます。

自分がもし寝取るとどうなってしまうのか把握しておきましょう。


末路1. 離婚の原因になってしまう

自分が結婚している場合、寝取り恋愛は不倫をしていることと同様。

本来なら双方の合意が必要な離婚ですが、この場合は合意が無くても離婚が成立してしまいます。

裁判でもどうしようもないでしょう。

あなたの大事にしてきた家庭が、一気に崩れ落ちてしまうのです。


末路2. 社会的制裁を受ける

当然ですが、周囲に寝取っていることがバレてしまうと、白い目で見られて後ろ指を指されるようになってしまいます。

仮に職場などに伝わってしまうと会社に居づらくなるので、最悪職を失うこともあるでしょう。


末路3. 慰謝料を請求される

相手が結婚していた場合、裁判で不貞行為が認められることで相手の妻や夫から慰謝料を請求されてしまう可能性があります。

慰謝料の金額は不倫の期間や仕事などによっても変わってきますが、数百万円になってしまうことも


末路4. 嫌がらせを受ける

相手のパートナーが怒って様々な嫌がらせをこともあり得えます。

嫌がらせが自分だけに留まればいですが、最悪の場合、会社や家族にまで至ってしまうことも

そもそも自分が撒いた種なので、他人に相談することも出来ずに嫌な思いをずっと抱え続けることになるでしょう。


末路5. 孤独になってしまう

奪ったことに満足し、すぐに別れてしまうという人もいるはず。

そんなことを繰り返していくうちに、親しかった友人さえも去っていき周りから人がいなくなってしまいます。

歳を重ねるうちに誰も振り向いてくれなくなり、最終的には一人ぼっちになってしまうのです。


寝取られるのを防ぐ方法|恋人やパートナーを略奪されないようにするには?

「私の大事な彼氏を寝取られないようにするための方法はある?」

「パートナーを略奪されるのを防ぐ方法を知りたい!」

世にも恐ろしい寝取る人から、恋人やパートナーを守りきりたいですよね。

では、そうするためには一体何を実践すればいいのか?

ここからは、寝取られるのを防ぐ方法を詳しく解説していきます。


対処法1. 恋人を紹介しない

寝取るような人に恋人を紹介すると、ターゲットにされてしまう恐れがあります。

そのような人にはそもそも紹介しなければ、パートナーに近づいてくる心配は無くなるでしょう。

もし、紹介してといわれても、

「彼忙しいから私すらなかなか会えないの〜」

「ちょっと恥ずかしいからな〜」

などと言ってはぐらかすようにするのがおすすめ。


対処法2. マンネリ化しないようにする

恋人と長年付き合っていると、家族のようになってしまうこともあるでしょう。

そうなると、より刺激を求めて浮気してしまう可能性もゼロではありません。

そのため、常に新鮮な気持ちでいられるように心がけましょう。

とはいっても大げさなことはしなくてもよく、

  • デートはいつも通りの場所ではなく、行ったことのない場所へ行く

  • 誕生日や記念日にサプライズをしてみる

など、簡単なことでOK

日頃していることを、ちょっと変えてみるだけでもマンネリ防止になりますよ。


対処法3. 女性磨きを怠らない

当たり前のように裸を見せたりしていると、男性からするとだんだんと女性らしさを感じにくくなるもの

そのため、できる努力を怠らないようにするのも大事なポイント。

できる努力といえば、

  • 一緒にいる時に裸で歩かないようにする
  • 綺麗でいるためにスタイル維持を頑張る
  • キラキラした女性でいるために笑顔を忘れない

など、無理はしなくてもいいので、できる範囲でまずは始めてみましょう。


対処法4. 他人を見る目を磨く

そもそも寝取るような相手や、寝取られてしまうような恋人と一緒にいることが間違い。

そうならないために、怪しい人の特徴を抑えて付き合わないようにするのがおすすめ。

人と見る目を養うには、

  • 見た目だけで判断しない
  • 言行が一致していないことに気づく
  • 多くの人と付き合う

のが大事。

特に、人は見た目で印象が大きく左右されてしまうので、騙されないように注意しましょう


対処法5. ストレス解消をしてあげる

恋人間でのストレスを溜め込んでしまうと、他所に行ってしまうケースも。

そうならないように、普段から優しく接して甘えられるような環境を作りましょう。

そうすることで、あなたの元から離れたくなくなるはずです。

例えば、

  • お互い忙しくても二人きりでゆっくりする時間を作る
  • パートナーの仕事が大変そうなら話を聞いてあげる

など、恋人のためにあなたができることをやってあげるのがポイント。

できないことを無理にしようとすると、反対にあなたにストレスがかかってしまいますよ。


寝取ることはいけないこと。誰も、幸せな未来にはなりません。

他人の大事なパートナーを寝取る人は、男女ともに約4人に1人はいると言います。

そんな寝取る人は、基本的に自分のことしか考えていないので、誰か傷付こうが構わず動いています。

誰も幸せにならない未来に突き進もうとするのです。

そんな恐ろしい人から、恋人を守りたいと思うのは当然のこと。

ぜひ今回ご紹介した内容を参考にして寝取る人を見抜き、適切に対処してくださいね

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事