不倫と浮気の違いとは|恋人を裏切る男女の特徴&対処法を解説!

彼氏や彼女、旦那や妻がいるのに不倫や浮気を繰り返す人っていますよね。今回は、パートナーでない異性に目移りしてしまう男女の特徴や対処法を解説していきます。また、不倫と浮気の違いも紹介するので、改めて確認してみてくださいね。

不倫や浮気を繰り返す人っていますよね。

不倫と浮気の違い

既婚者またはパートナーがいる人が、他の相手と不貞関係を結んでしまう「浮気」または「不倫」。けれども、浮気と不倫の明確な意味や違いを説明できる人はあまり多くないですよね。

ここでは、不倫と浮気の違いを定義での比較に加えて、浮気や不倫をしやすい男性、女性の特徴を解説。

さらに結婚している人なら特に押さえておきたい、浮気や不倫の予防方法もご紹介します。


「不倫」と「浮気」の違いとは

妻や夫、彼氏や彼女が浮気、または不倫しているかもしれないという事態が起きる前に、まずは不倫と浮気の違いについて知っておきましょう。

不倫と浮気の明確な定義を知れば、両者の違いが分かります。

定義から見る不倫と浮気の違いをそれぞれ解説しますので、正しく使い分ける参考にしてくださいね。


「不倫」の定義とは

不倫の「倫」とは人の道、道徳心、モラルと言う意味があり、道にあらず、つまり人の道に外れた行為を指しています。

不倫の場合は、不倫をした男女のどちらか一方または両方が誰かの妻か夫、つまり法律上では既婚者であるにも関わらず、自分の夫や妻以外の人と男女の関係になることを指します。

具体的にどの行為が不倫になるかの明確な定義はありませんが、一般的には夫や妻以外の人、または既婚者と肉体関係を結ぶと不倫に該当します。


「浮気」の定義とは

不倫と浮気の違いは法律で定義されているわけではありませんが、浮気は、不倫と異なり相手が既婚者であるとは限りません。

結婚の有無に限らず、彼氏や彼女がいても、彼氏や彼女以外の男性または女性と付き合ったり、男女の関係になったりすることを浮気と定義しています。

つまり、不倫も浮気の中の一つと考えられます。

どこからが浮気になるかの明確な定義もなく、ただ2人きりであっただけ、またはキスやハグといった肉体的な接触があれば浮気とする人もいます。

たとえスキンシップがなくても、気持ちが彼氏や彼女以外の人に行った時点で浮気と取る人もいるでしょう。


【男女別】不倫に走りやすい人の特徴

浮気と不倫の違いを比べると、不倫の方が既婚者であるため罪が重いイメージがありますね。

周りも不幸にしかねない不倫に走りやすい人には、どのような特徴があるのでしょうか。

次に、男性女性別の不倫に走りやすい人の特徴を見てみましょう。


不倫する男性の特徴を紹介!

「浮気は男の甲斐性」という言葉通り、男性は元々女性よりも異性に気が向きがちな性質があります。

とはいえ、不倫までは妻や子供のことを考えて踏みとどまる男性も多いでしょう。

守るべき家族がいるにもかかわらず、不倫してしまう男性はどのような特徴があるかを解説します。


男性の特徴① 目の前のことばかり考えて、後先の事を考えない

例え他の女性に目や気が行きがちな男性でも、結婚すれば妻や子供など大切な存在ができるため、すっかり丸くなる場合が多いですよね。

他の女性に気が取られそうになっても、後先を考えて妻や家族が不幸になることを知っているためです。

もしも目の前の快楽しか考えない、ただ流れに流されるだけの男性ならたとえ既婚者だとしても、目先の楽しみや女性の魅力しか見えていません

後先考えずそのまま不倫に走りやすい特徴があります。


男性の特徴② とにかくマメで女性からモテる

元々常に女性にモテていたい、多くの女性にちやほやされていたいと考えている男性は、多くの女性からの好意を得るためにとにかく行動がマメです。

例え結婚して既婚者になっても、妻だけに愛されるだけでは物足りず、周りの女性の気を惹くためにマメな行動をし続けるでしょう。

マメで親切な男性は女性にとっては魅力的ですので、とてもモテます。

常に他の女性からの愛を受けていたいため、妻の見えないところで他の女性にマメな行動をして気を惹き、やがて不倫に走るのが特徴です。

【参考記事】はこちら▽


男性の特徴③ 紳士的で女性に対して優しい

女性に対して優しい行動を自然とできる男性の中でも、下心から女性に紳士的な男性もいます。

既婚者であることで相手の女性には「狙っていないから」と安心させて紳士的な振る舞いをし、自分に好意を向けるようにするでしょう。

大切に扱われた女性は気が付くと男性に惹かれてしまっています。既婚者を身の傘にして、そのまま不倫に走らせてしまう特徴を持っています。


男性の特徴④ YESマンで言い寄られると断れない

不倫に走る男性は必ずしもやり手で女性が好き、というわけではありません。女性に言い寄られると何も言えず、そのまま言いなりになってしまうため、気の弱い男性も実は不倫しやすい特徴があるのです。

何でもYESマンでいうことを聞いてしまう男性は、女性側の策略にハマってしまい、不本意ながらも不倫してしまうことがあります。


男性の特徴⑤ 好奇心旺盛でスリルを味わうのが好き

不倫は法律的に罰せられることはありませんが、人の道を外れた行為ですよね。

そんな行為だからこそやってみたい、いけないことだからこそ燃えるタイプの男性もまさにスリルと興奮を求めて不倫に走る特徴があります。

元々好奇心旺盛で何事にもチャレンジしたい性格なら、「せっかくだから不倫のスリルでも味わってみるか」と興味本位の軽い気持ちで不倫をしてしまうでしょう。


不倫する女性の特徴を紹介!

男性との関係では女性はどちらかといえば受け身になりがちですが、実は女性でも不倫しやすい、離婚を招きやすい人には共通した特徴を持っています。

誰かの妻である既婚者はもちろん、独身でも当てはまる不倫しやすい女性の特徴を5つ見てみましょう。


女性の特徴① 常に男性が居ないと不安になる恋愛体質

生活の全てが彼氏や夫ありきで、男性に依存しやすい体質の女性がいますよね。

常に誰かに恋をしていたい、または誰かに愛されたいと思っているため、自分を愛している人ならたとえ既婚者でも構わないと思って、不倫に走りやすい特徴があります。

独身、既婚者関係なく、自分のそばに男性がいないと不安になるため、自分を求めてくれる人なら誰でも良いと思ってしまうでしょう。

【参考記事】はこちら▽


女性の特徴② 結婚願望がない

育った家庭環境に恵まれていない、または一生一緒にいたいと思う男性と出会っていないなどで結婚願望がない女性は、どこか「自分は常に日陰の存在」と思っているため、不倫に走りやすい特徴があります。

結婚して自分だけの存在になってくれる男性はいらない代わりに、彼女や奥さんがいない間だけでもそばに置いてくれるだけで良い、と考えてしまうのです。


女性の特徴③ 好きになると依存しやすい

女性の中でも、普段は恋愛に対して淡白でも好きになったらとことんのめりこむ人は、好きになったらたとえ不倫でもそのまま踏みとどまらずに走ってしまうでしょう。

逆に「私は不倫は絶対にしない」と思っていた独身女性でも、既婚男性を好きになってしまうと、何年もずるずると依存してしまうのも珍しくありません。

【参考記事】はこちら▽


女性の特徴④ 男性と2人になっても何も気にしない

女性または男性どちらかが結婚していると、周りから疑われないように、または変な雰囲気にならないように、できるだけ2人きりになるのを避けますよね。

元々男友達が多いなど、男性と2人きりになるのを気にしていないような女性だと、既婚の男性に誘われてもそのまま気軽についていってしまうでしょう。

女性に不倫をする気がなかったとしても、気が付くと流れで不倫関係になってしまうのも少なくありません。


女性の特徴⑤ 押しに弱く、雰囲気に左右されやすい

元々気が弱く、嫌なことは断れない、周りに流されやすい女性は男性から押し切られても断れないため、そのまま流れで不倫に走ってしまう性格です。

また、「不倫はいけないこと」と思っていても、身近にいる友達や同僚が不倫しているのを知ったら「みんながやっているなら自分もやってしまおうか」と便乗して流され、不倫してしまうこともあるでしょう。


パートナー必見!不倫や浮気を予防する対処法

不倫と浮気の違いはあれど、彼氏や彼女、夫や妻が不倫や浮気をするのは絶対に嫌ですよね。

ところが、実は何らかのきっかけで不倫や浮気に走ってしまう人も。しかも、その原因はパートナーの可能性もあります。

次に、不倫と浮気の違いを踏まえた上で知っておきたい、不倫や浮気の予防法と対処法をご紹介します。


男性の不倫や浮気を予防する対処法とは

もしも彼氏や夫が浮気や不倫をしやすい男性の特徴や性格だったら、女性としては気が気でないもの。

しかも「浮気や不倫したのはお前のせいだ」と言われたらショックですよね。

大切な彼氏や夫の浮気や不倫を予防できる、今日からできる対処法を3つ見てみましょう。


対処法① いくつになっても身だしなみに気を遣い、女性らしさを保つ

男性は好きだった女性が女性としての魅力を失ってしまうと、女性として見られなくなり、他の女性に気が移ってしまいます。

「結婚したとたん、妻を女性ではなく家族としてしか見られなくなった」など、よく聞きますよね。

さらに、男性も女性も年齢と共にどうしても若々しさが失われ、見た目が変わってしまいます。

いつまでも女性としての魅力を持つために、身だしなみに気を遣い、男性の心を離さないようにしましょう。

【参考記事】はこちら▽


対処法② 夫婦でこまめにデートする習慣をつくる

結婚して家庭に入ると、どうしても結婚前に持っていたドキドキ感やときめきは失われてしまいます。

ドキドキやときめきといった興奮を外に求めて、男性は不倫に走ってしまうことも。

付き合っていたころの気持ちを忘れない、結婚してもお互いに常に恋をしている状態を保つには、こまめにデートをするのがおすすめ。

デートを夫婦の習慣にすれば、いつまでもドキドキやときめきを失わずに済みますよね。


対処法③ 夫のことをこまめに褒めて自尊心を高めてあげる

男性は評価されると男性としての自信に繋がります。自分をほめてくれる、男性としての自信につなげてくれる存在が家の外にいるなら、不倫に走ってしまうことも。

結婚して同じ屋根の下に住むと、どうしても夫の嫌なところが目に付いてしまう、ついつい文句ばかり言う奥さんもいるでしょう。

一生懸命働いて、家族サービスもしているのに妻にはけなさればかり、評価されないと男性としての自信はどんどん失われてしまいますよね。

夫を尊敬し、こまめに褒めてあげれば夫の自尊心にも繋がり、不倫も予防できるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


女性の不倫や浮気を予防する対処法とは

大切な妻や彼女が自分の知らない所で男性と一緒に過ごしていた、と考えると男性としては気が気じゃありませんよね。

もしかしたら妻や彼女が浮気や不倫しやすい特徴や性格でも、予防する対処法を知っておけば安心です。

別れや離婚の原因にもなってしまうかもしれない、浮気や不倫を予防する3つの対処法を見てみましょう。


対処法① 日頃から感謝の気持ちを伝えるのを心がける

結婚して家庭に入った女性は、評価されたり、褒められたりする機会を失いがち。けれども、内心では認められたい、褒めて欲しいと思っています。

もしも妻を褒めたり、認めてくれたりする男性が家庭の外にいれば、妻はきっとその男性のところに行ってしまうでしょう。

日ごろから妻に対して感謝を忘れずきちんとありがとうと伝える、外見を褒めるようにすると、妻は満足して外の男性に目を向けることもありませんよ。


対処法② 結婚記念日や誕生日がしっかりとお祝いする

結婚すると恋人から家族になりがち。毎日平坦な生活だと夫への愛情も冷めてしまい、外に刺激を求めてしまうことも。

必ず結婚記念日や誕生日をお祝いするようにして、妻にいつまでもときめきを忘れ去られないようにするのがおすすめ。

記念日や誕生日を忘れずにお祝いすることで、結婚しても女性として見ていてくれていると妻は安心して、不倫や浮気に走ろうと思わないでしょう。


対処法③ 過度に干渉したり、束縛をしたりせず妻を信頼する

女性は男性から干渉をや束縛をされると、自分は信頼されていないのかと思ってしまいます。そうすると、自分を信じてくれる、自由にしてくれる男性のところに行ってしまうかもしれません。

妻が心配、手元に置いておきたいという気持ちは分かりますが、過度な干渉や束縛は控えましょう。

妻を信頼してあげることも、浮気や不倫の予防対処法として効果的です。


不倫や浮気に走りやすい男女の特徴を知って、早めに予防策を試していきましょう。

意味的な不倫と浮気の違いはあれど、一度してしまうと離婚の原因になることもあり、誰も幸せにはなれません。

とはいえ、不倫の原因がパートナーの無関心だったり、束縛だったりする場合もあると分かりました。

大切な夫や妻が不倫や浮気をしないためには、付き合っていたときの時めきや気持ち、愛情を忘れないことが大切です。

今日からできる対処法を活用して、不倫や浮気とは無縁の強い絆をつくりましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事