お泊まりデートに誘ってくる男性の心理|相手の気持ちや断り方を徹底解説

男性から、いきなりお家やホテルに誘われて戸惑っている女性へ。この記事では、お泊まりデートに誘ってくる男性の心理から、断り方、お泊まりする際の注意点まで詳しく解説します!

お泊まりデートに誘ってくる男性の心理|関係性で異なるの?

shutterstock_1448612282__1_.jpg

「彼氏がしきりにお泊まりデートしたいと言ってくるけど、何を考えているんだろう?」

「付き合う前にお泊まりデートってあり?」

お泊まりデートに誘われた時、誘われた理由がわからなくてちょっと不安だなと感じてしまうことありますよね。

そこでここからは、お泊まりデートに誘ってくる男性心理を解説していきます。


彼氏が誘ってくる心理|付き合っている男性の目的とは?

まずは、付き合っている彼氏がお泊まりデートに誘ってきた場合の心理からご紹介します。

付き合っていればお泊まりデートも自然な事ではありますが、初めてだと二人きりになるのが心配という方もいますよね。

彼は何を考えているのでしょうか。

ここから彼氏の心理を理解していきましょう。


心理1. とにかく長い時間一緒にいたい

大好きな彼女と一緒に居る時間をもっともっと増やしたいという気持ちから、お泊りに誘ってくる彼氏もいます。

彼女と長い時間過ごしたいと思っても、いつもは終電でお別れ。

「もう少し一緒に過ごせたら幸せな時間が増えるのにな」という気持ちからお泊まりデートを提案しているのです。


心理2. 二人きりで話をしたい

大事な話は二人きりで落ち着いて話したいという男性も少なくありません。

二人の将来のことやお互いの夢など、深い話をしたいけれどデート中やLINEで話すことではないと考えているのです。

どうしたら二人きりで話せるか考えた結果、お泊まりデートに誘っているケースもあります。


心理3. エッチがしたい

彼氏が誘ってくる心理はエッチをしたい

付き合っている以上、体の関係を持ちたいというのが男性の本音

自然にエッチのお誘いをする流れを考えた時、お泊りするのがスマートなやり方だと考えているのです。

特にまだ身体の関係がないカップルの場合、彼氏は気合が入っている可能性が高いでしょう。


心理4. 彼女の家庭的な部分が見てみたい

お互いの部屋でお泊まりデートをしたら、

「彼女にご飯を作ってもらえるかも!」

と期待してしまうのが男性心理。

彼女との将来を考えて、家庭的な一面を持っているか確認したいという気持ちもあります。

家事や料理がそつなくできるか知りたくてお泊りに誘ってくる男性も少なくないですよ。


心理5. 一緒にお風呂に入ってみたい

二人の仲を深めるには、新しい刺激が必要だと考えているケースです。

昼間のデートも楽しいけれど、そろそろお風呂でイチャイチャしてみたい。

それが出来たら今よりもっとラブラブになれそうな気がしているのです。


心理6. 彼女の部屋が見てみたい

彼女がどんな部屋に住んでいるのかは、男性なら誰しも気になるところ。

自分だけが見ることができる、彼氏の特権だという人もいます。

直接部屋を見たいというのはスマートではないので、お泊まりを口実に部屋に行きたいと考えているのです。


付き合ってない男性が誘ってくる心理|気になる心の内とは?

付き合ってない男性が誘ってくる心理

ここまで、彼氏がお泊まりに誘ってくる心理を解説してきました。

続いては付き合ってない男性が誘ってきた場合は、どのような心理なのかに触れていきます。

まだ付き合ってないのに誘ってくる、ちょっと軽い感じがする彼らの心理とはどのようなものなのでしょうか。


心理1. あわよくばエッチしたい

下心からお泊まりデートに誘ってくる男性も当然います。

本命でなくても、かわいい子や気になる子とエッチしたいと思うのは男の本能なので仕方のないこと。

相手が欲求不満だったりしたらOKしてくれるかも、と“ワンチャン”にかけているのです。


心理2. 好意があって関係を深めたい

好きになった相手のことをもっと知りたいという心理から、お泊りに誘ってくる男性もいます。

このタイプの男性は、相手との距離間を掴むのが下手なので、「いきなり誘ったら相手が引くかもしれない」ことをわかっていません。

つまり、恋愛が下手な男性である可能性が高いです。


心理3. 付き合う前に体の相性を確かめたい

なかには、恋愛において身体の相性が最優先事項という男性もいます。

彼らはせっかくカップルになっても、エッチの相性が悪いと気持ちが冷めてしまうのです。

過去の経験から、身体の相性は事前に確かめておいた方がいいと感じているので、付き合っていなくてもホテルに誘ってきます。


お泊まりデートに誘う男性の脈ありサイン|判断する方法とは?

お泊まりデートに誘う男性の脈ありサイン

「お泊まりデートに誘うってことは私は本命?」

「お泊まりデートに誘われたら相手のどんな態度に注目すればいいの?」

お泊りに誘うということは、好意があるのは間違いありませんが、脈ありかどうかを判断するのは簡単ではないですよね。

そこでここからは、お泊まりデートに誘う男性が見せる脈ありサインを紹介します。彼の気持ちを見極める参考にしてくださいね。


脈ありサイン1. 【脈あり70%】男性からは何もしない

相手のことを大切に思っていれば、いきなり手を出して嫌われるような行動はしないもの。

  • 酔っ払いすぎた
  • 生理中だった

など何もしない理由があれば別ですが、

  • 同じ部屋で一晩過ごしてもキスやハグどころか触れても来なかった
  • 話をするだけで、朝を迎えてしまった

という場合は脈あり確率70%といったところでしょうか。

下手に手を出して嫌われたくない気持ちから、スキンシップに慎重になってしまうのです。


脈ありサイン2. 【脈あり50%】デート中に人前で手を繋いでくれる

人前で手を繋ぐということは、ラブラブなところを友達や知り合いに見られてもやましいことがないということ。

ただし、それだけではサインとして弱いので脈あり確率は50%。脈ありか判断するには、

  • 酔った勢いなどではなく、昼間のデートなどで手を繋いでくれるか
  • 自宅や職場の近くでも堂々と手を繋いでくれるか

に注目しましょう。

いつも変わらず手を繋いでくれるなら脈ありの可能性が高いです。


脈ありサイン3. 【脈あり40%】お泊まりをする理由がある

お泊まりするまでの流れが自然かどうかも、脈ありを判断するポイント。

  • 料理の話題で盛り上がり、彼が料理を振る舞ってくれることになった
  • お互いにハマっているゲームが同じで一緒に遊びたい

など、理由があって自然とお泊りの流れになったなら下心がない証拠。

脈あり確率40%はあると言えます。


女性慣れした男性には注意が必要?

女性と遊ぶのに慣れている人は、テクニックとして自然に誘ってくる可能性があるので注意が必要です。

  • 不自然なくらい気遣いしてくれる。
  • ボディタッチが多い。
  • 優しい言葉ばかりかけてくる。

などの、チャラそうな感じが見える男性は警戒しておきましょう!


お泊まりデートに誘う男性の脈なしサイン|単なる下心や体目的の特徴とは?

お泊まりデートに誘う男性の脈なしサイン

「何もしないからとお泊まりデートに誘われたけど、体目的な気がする」

「本命でない遊び相手に男性が取る態度ってどういうものなの?」

単なる下心で誘ってくる男が見せるサインはどのようなものがあるのでしょうか。

ここからは、お泊まりデートに誘う男性が見せる脈なしサインを紹介します。体目的のクズに引っかからないように気を付けましょう。


脈なしサイン1. 【脈なし99%】しつこく誘ってくる

嫌われても別に構わないと考えているため、平気で何度も誘ってきます。

「しつこさに折れて1度ヤラせてくれればいい」

「いつか気が変わったタイミングでエッチできたらラッキー」

くらいの感覚で、相手を遊び相手としか考えていません。

このサインが見えたら恋愛対象としては見られていなく、脈なし確率は99%


脈なしサイン2. 【脈なし90%】普通のデートには誘われない

昼間のデートはなし。誘われるのはいつも夜ばかりということであれば、相手はあなたを体目的で誘っている可能性大

脈なし確率は90%です。

お泊まりデートにしか誘われないということは、ヤること以外はどうでもいいと思われていることの裏返しだからです。

「お泊りじゃなくてランチデートしたいな」と提案してみて、はぐらかされたり不機嫌になるようなら完全に脈なしでしょう。


脈なしサイン3. 【脈なし80%】男性が選んだお酒を飲ませてくる

デート中に居酒屋に行くことは珍しいことではありませんが、「酔わせてやろう」と考えている男性も中にはいます。

  • 飲むペースを強要してくる
  • アルコール度数の高いお酒を飲ませようとしてくる

このような男性がホテルや家に誘ってきたら脈なし確率80%。 要注意ワードは「オレの家で飲み直そうよ!」です。


お泊まりデートの断り方|相手によって変えるべき?

お泊まりデートの断り方

「気が乗らないお泊まりデートの誘いを断りたい」

「彼氏に嫌われないように上手に断るには何て言えばいいの?」

お泊まりデートを断りたいと思った時、正直に「行きたくない」というのも相手に悪い気がして、どうしたらいいか迷いますよね。

そこでここから、彼氏に誘われた時、付き合ってない人から誘われた時、それぞれの具体的な断り方を紹介します。


彼氏の誘いを断る方法|嫌な気持ちにさせないコツとは?

まずは、彼氏からのお泊りの誘いを断る方法です。彼氏なので、断った後も関係が悪くならないように気を付けるのがポイント。

嫌な気持ちにさせないためには、どんな断り方を実践すればいいのか?

おすすめの方法を5つご紹介します。


方法1. 「ドキドキして寝れなそうだから...」と言ってみる

「お泊りは緊張しちゃう」と伝えれば、「可愛い理由だな」と彼氏も笑って許してくれるでしょう。

「一緒にいるだけでもドキドキしちゃうからお泊りはまだムリ」

「好きな人と寝るのは付き合いたてで緊張しちゃう」

など、行きたい気持ちはあるけれど、もっと二人でいることに慣れてきてからにしてほしいといったニュアンスで伝えましょう。

好きだからこそ緊張してしまうことをアピールすれば、断られても逆に嬉しくなってしまうはずです。


方法2. 「女の子の日」ということにして断る

「今日は気分が乗らないから」のように曖昧に断ると、「何か嫌われるようなことしたかな?」と彼氏は不安になってしまいます。

理由があれば断られても安心できるので、女の子の日だということにしてしまうのも1つの方法です。

「生理中で辛いから、今日はごめんね」

「無理すると体調が悪くなって迷惑かけちゃうかもしれない」

などと言って断りましょう。「体調が悪いなら無理しないで」と彼氏も納得してくれるはずです。

反対に、それでも無理やり誘ってくるような彼氏は、あなたを大切に思っていないので要注意です。


方法3. 「初めてのお泊まりは旅行がいい!」と伝える

お泊まりデートの断り方は初めてのお泊まりは旅行が良いという

あなたとの初めては特別な時にしたいと伝えることで、旅行が決まるまでの間、断る口実になります。

「せっかくだから記念に残る旅行の時にお泊りしたい」

「初めてのお泊りが旅行だったらずっと忘れないと思う」

など、ロマンチックな女の子の雰囲気をアピールすれば、彼も無理やり誘って夢を壊すのは良くないと考えてくれます。

ただし、「初めては旅行で」と言ってしまったら、自分が彼の家にお泊りしたくなっても我慢しなければならないので注意してくださいね。


方法4. 「付き合ってから〇〇ヶ月経ってからね」とルールを作る

自分の恋愛のルールを伝えることで、お泊まりに出かけるまでの線引きをすることができます。

ルールを伝える時のポイントは、

  • 「付き合って1ヶ月経つまではお泊まりはしないことにしてるから」のように期限を明確にする
  • ルールがころころ変わると彼の不信感に繋がるので、自分が無理せずに守れるルールにする
  • 一方的に伝えるのではなく彼が納得できるよう二人で話し合う

の3つ。

彼の不満が溜まりすぎないように、あくまでも相談や提案として伝えるのがおすすめです。


方法5. 「たまには私から誘いたいな」とやんわり断る

彼氏からの誘いを拒絶せずに、「でもお泊りデートは少し控えて欲しい」と暗に伝えることができる方法です。

体目的だと思われたくない彼氏は誘うのを控えてくれるはず。

「いつもお泊りデートに誘ってくれるけど、たまには私からも誘いたいから、今日は我慢して欲しい」と話してみましょう。

この方法が全然効かない場合は、彼に少し鈍いところがあるので、正直に行きたくない時もあると打ち明けた方がいいかもしれません。


付き合ってない男性の誘いを断る方法|行きたくない時はどうする?

続いては、付き合っていない男性からのお泊りの誘いを断る方法です。

気になる人ならば好意を匂わせる断り方でもいいですが、基本的に行きたくない場合はきちんと断ることが大切です。

ここから、具体的な断り方を5つご紹介していきます。


方法1. 「付き合ってからがいいな」と伝える

付き合ってない男性の誘いを断る方法は付き合ってからがいいなと伝える

「彼氏以外とはお泊まりデートしない子なんだ」と思わせることで、何回も誘われるのを防ぐことができます。

「付き合ってからがいい」という伝え方は、好意を感じさせるので、気になる相手にだけ使うようにするのがポイント。

「誘ってくれたのは嬉しいんだけど...。」と嬉しく思っていることを一緒に伝えるのもいいでしょう。

思わせぶりな返事でもあるので、興味のない人や付き合う気がない人には言ってはいけません。


方法2. 「両親に怒られちゃうから...」と門限を理由にする

「門限があるから」と両親、特に父親の存在をアピールすることで、相手を怖じ気づかせることができます。

「父親がすごく厳しくてお泊りはできないの」

「家に帰らないと両親からしつこく電話がかかってくるから」

など、あなたの意志でなく、門限という決まりごとがあるから行けないのと伝えることで、「無理やり誘えないか」と思ってもらえます。

また、この人には誘われたくないなという人には、普段から実家暮らしをアピールしておくといいでしょう。


方法3. 友達や家族が家に来ることにしておく

一人暮らしで門限や家族が居ることを理由にできない場合は、家に誰かが来ることにしましょう。

あなただけでなく、他の人の都合ということにできるので、断られた相手のショックを和らげることができます。

「今、姉が家に泊っているから今日はお泊りは無理かな」

「今日は前から友達が家に来る約束してたから帰らないと」

など、家を空けることができないと伝えましょう。

家にいるはずの時間に外にいたことがバレると揉め事になるので、SNSの投稿などから噓がバレないように気を付けて。


方法4. 女性専用の物件に住んでいることにする

部屋に来たいと言われて断る理由を思いつかない時には「女性専用の物件だから」という嘘を使うのもありです。

例えば、

「マンションの決まりで敷地内に男性は入れないの。父親も入れないんだよ」

「会社の女性寮に住んでるから、男の人は部屋に入れられないんだ」

のような感じです。誘ってきた相手のせいでなく、住んでいる場所のルールのせいにすることで相手を傷つけず、角も立ちません。

もし、付き合うことになればすぐバレる嘘なので、「この人とは無いな」と思う人にだけ使うようにするなど、今後のことも考えてくださいね。


方法5. 興味がない時はキッパリ断る

付き合ってない男性の誘いを断る方法はキッパリ断わる

好きでない男性からの誘いは、正直に断るのがベター。曖昧に返事をすると、しつこく誘われてしまうかもしれません。

断る時は、

  • 好きでもない男性とお泊まりデートはしたくないと伝える
  • 用事や体調などを理由にせずに、あなたと行くつもりはないことを伝える
  • 断っても繰り返し連絡して来る時は無視する

など、相手に脈がないことを分からせましょう。相手に興味がないならば、気がないことをきちんと伝えるのも礼儀です。


お泊まりデートでの注意点|気をつけるべきこととは?

お泊まりデートでの注意点

ここまでお泊まりデートの断り方を紹介してきましたが、いざお泊まりデートに行くとなったら、いくつかの注意点を押さえておくことが大切です。

そこでここからは、お泊まりデートで気を付けるべき注意点を3つ紹介します。

お泊まりデートで失敗しないように、しっかり確認しておきましょう。


注意点1. 持ち物を確認しておく

お泊りの準備はしっかりと、持っていくといいものをまとめました。

  • 基礎化粧品

ホテルならば部屋に基礎化粧品が準備されていますが、初めて使うものは肌に合わないこともあるので持っていった方が安心です。

  • ヘアゴム

洗顔する際など髪をまとめられないと意外と不便。また、翌朝ヘアスタイルが決まらない時も結んでごまかせるので、あると便利です。

  • コンタクトケースやメガネ

コンタクトを使用している人は、夜になってケースや保存液がないことに気が付くと困ります。

忘れないように準備しておきましょう。メガネも持っておくと安心です。


注意点2. 相手の家でのマナーに気をつける

些細な行動が時には彼氏を不愉快にしてしまう事もあります。たとえ彼氏の家でも、礼儀やマナーは意識しましょう。

例えば、

  • 部屋に上がる時には、玄関で靴を揃える
  • 彼の私物に勝手に触れたり、雑に扱ったりしない
  • お酒を飲みすぎたり、ひたすらゴロゴロするなどリラックスしすぎない

などです。いくら彼と仲良くしているからといっても、気遣いを忘れて女性としての評価を下げないようにしましょう。


注意点3. あらかじめ嫌なことは伝えておく

当日になって「〇〇は嫌」と伝えると「今になって言わないでよ」と険悪な雰囲気になってしまうことも。

ですから、二人の決め事を事前に話し合っておくことが大切です。

例えば、

  • お風呂に入るのは別々がいい
  • 夜更かししすぎると疲れちゃうから寝る時間を考えて欲しい

など気になる事や、心配な事はあらかじめ伝えておきましょう。


お泊まりデートに誘う男性心理を掴んで、恋愛に役立ててみて。

お泊まりデートは普段は見られない相手の一面を知り、2人の仲を深めることができます。

しかし、いきなり誘われると戸惑ってしまうこともありますよね。今回はちょっと断りたいなということもあるでしょう。

そんな時は、今回紹介した断り方を実践してみてくださいね。

いざお泊まりデートをすることになったら、基本的なマナーを守って、彼氏と2人きりの時間を思い切り楽しみましょう!

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事