好意があっても連絡しない男性の“5つの心理”|LINEしない男性への対処法とは?

好意があっても連絡しない男性の心理や対処法について詳しく知りた女性へ。今記事では、好意があっても連絡しない男性の心理から、最適な対処法まで詳しくご紹介します。

好意があっても連絡しない男性の5つの心理とは?

好意があっても連絡しない男性心理

「どうみても私の事好きなはずなのに、なんで自分から連絡しないんだろう。」

「考えてみたら、いつも自分から連絡してるじゃん。私の事好きじゃないのかな?」

など、どうみても好意があることが分かっているのに、なかなか自分から連絡してくれない男性というのは、女性側からしたら、ヤキモキしてしまうもの。

一体なぜ、その男性は、あなたに自分から連絡してくれないのでしょうか?

まずは、好意があっても連絡しない男性心理や、そんな男性の気になる本音について、一つずつチェックしていきましょう。


男性心理1. 純粋に連絡するのが恥ずかしい

恋愛経験が少なかったり、表立った行動が苦手な奥手な性格だったりすると、自分から好きな女性に連絡するのは、かなりハードルが高い行動。

このタイプの男性には、「自分から連絡する=積極的にアプローチしてる」と考えてしまいやすいです。

そのため、たとえ、その連絡の内容が、デートのお誘いでなどではなく、何か事務的な要件だったとしても、気恥ずかしさが先になって自分から連絡できなくなってしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


男性心理2. あなたからLINEがくるのを待っている

好意があっても連絡しない男性心理は向こうからの連絡を待っている

追いかける恋愛をしたいか、追いかけられる恋愛をしたいか、それは人それぞれ。

好意があっても自分からは決して連絡しない男性の中には、「自分から連絡する=自分が相手を追いかけている」と考える男性もいます。

この考え方をする男性の大半は、プライドが高く見栄っ張りな不器用さんなため、自分が相手を追いかけるよりも、相手に自分を追いかけてもらいたいと思っているのです。

そのため、どんなに好きな人であっても、その人から連絡が来るのをひたすら待ち続けてしまうのです。


男性心理3. LINEのやり取りがめちゃめちゃ苦手

LINEでの他愛もないお喋りが楽しめる人がいる一方、LINEなんて要件がある時しか使いたくないという男性は結構多いです。

この場合、相手が誰であろうと、LINEなんて要件についてやりとりするだけの連絡ツールと捉えていたり、LINEでのやり取りよりも会った時に仲を深めたいと考えているのです。

【参考記事】はこちら▽


男性心理4. 変なLINEを送って嫌われたくない

「好きな人に嫌われたくない!」と、考えてしまうのは、誰だって同じですよね。

好意があっても自分から連絡しない男性の中には、自分から連絡することで、あなたに嫌われてしまうのを恐れている男性もいます。

「〇〇ちゃんの事、いろいろ知りたいけど、聞かれたくない事聞いちゃって、気まずくなったらどうしよう。」

「俺、気を遣えないって友達にも言われるしな。〇〇ちゃんに変な事言って傷つけちゃうかもしれないしな。」

などと、一人でぐるぐる考えて、結局連絡せずに終わってしまうのです。この心理、普段から心配性だったり、ネガティブな性格の男性の多くみられます。


男性心理5. LINEを送るタイミングに気を遣っている

好意があっても連絡しない男性心理は気を使っている

さりげなく気が遣える人って、男女問わず人気が高くなるもの。とはいえ、気の遣い過ぎは、かえって逆効果になってしまう場合もあります。

これは、男女間のLINEでも同じ事がいえます。

さっさと連絡すればいいものを、「今連絡したら迷惑かも?」と気を遣いすぎるせいで、結局自分からは連絡を取らなくなってしまう男性は一定数いますよ。

この手の男性は、連絡のタイミングだけでなく、ありとあらゆる事に色々と気を遣いすぎてしまうため、何をするにも逐一確認してから行動に移したがるでしょう。


脈ありなのに連絡してこない男性への対処法|女性が取るべき対応とは?

脈ありなのに連絡してこない男性への対処法

「あんなに脈ありな雰囲気出しておいて連絡してくれないだけど、どうすればいい?」

「会えばものすごくアプローチしてきてくれるのに、連絡は全然なんだよね」

などと、脈ありなのに連絡してこない男性にどう対応すべきなのか、女性側としてはどうしてもヤキモキさせられてしまうもの。

では、一体、どうすれば良いのでしょうか?

ここからは、脈ありなのに連絡してこない男性への対処法を一つずつチェックしていきましょう。


対処法1. もう少し連絡を待ってみる

連絡したいと思う頻度は、人それぞれ。

あなたが思っている連絡の頻度と、その男性が思っている連絡の頻度が大きく違う場合もあります。

まずは、数時間や数日程度、彼からの連絡を待つことが大事。

「いつまで待たせるつもりなのよ!」などと、気にしすぎてはイライラしてしまうだけ。

あなたに好意があるなら、彼も連絡したいと思っているはずなので、しばらく様子見をしてみて、それでも、連絡が来なければ、他の対処法を試してみるのがおすすめですよ。


対処法2. 返信しやすいLINEを送ってあげる

いつも連絡しない男性でも、思わず連絡したくなるようなLINEを送ってみるのも、良い方法です。

特に、お喋りのラリーになりがちなLINEの場合、会話の終わりが分かりにくく、あなたが会話がまだ続いていると思っていても、相手の男性は、その会話は終了したものだと思って、返信していない可能性もあります。

そんな時は、

  • 「そういえば、SNSで〇〇君が好きな芸人さんの新ネタ上がってたけど、見た?」
  • 「最近、サッカー観戦に興味出てきたんだけど、どこのチームのファンって言ってたっけ?」

など、彼が返信したくなるような質問系でテーマを投げてみましょう。あなたに好意を持っている彼なら、喜んで返信してくれるはずですよ。


対処法3. 用件のあるLINEを送ってみる

脈ありなのに連絡してこない男性への対処法は用件のあるラインを送る

好意があるのは分かっていても、彼氏彼女という仲でないと、特に用事がないのに連絡するのは、少々気恥ずかしいところがあるのかも。

そんな時は、何か用事を作ってLINEを送ってしまいましょう。

「〇〇君、お疲れ!今日の打ち合わせでチームリーダーが言ってた本って、なんてタイトルだっけ?〇〇君覚えてる?」

などと、質問を送ってみるのがおすすめ。

この連絡の仕方なら、不自然さを感じさせる事なく、LINEでのやり取りができますよ。

見事、返信が返ってきたら、そこから上手に雑談へと持ち込みましょう。

お互いに好意があると分かっているなら、一度お喋りが始まってしまえば、スムーズに楽しい会話が続けやすいはずですよ。


対処法4. SNSのリプやコメントで絡んでみる

個人的には連絡しないのに、SNSにはちょいちょい投稿している男性であれば、その投稿に絡んでみるのも良いでしょう。

彼の投稿に反応する形で、リプライやコメント、DMなどを送ってみるのがおすすめですよ。

といっても、彼の過去の投稿全てを遡って、一つ残らず「いいね!」を押したり、コメントを残すのは厳禁。必死さが伝わりすぎて怖いです…。

上手に彼の反応を貰いたければ、最新の投稿にだけ絡むこと。そして、絡む時は一言二言程度の短めのコメントに留めるようにしましょう。

短めのコメントを何度かやりとりできたら、「長くなりそうだから、後でLINEするね。」などと、コメントを残して、LINEに移れば完璧ですよ!


対処法5. 共通の知人に相談してみる

好意があるのはもう分かってるのに、一向に連絡をくれない男性には女性側も不安に感じてしまいますよね。

そんな時は、その男性と仲の良い友人や、よくその男性と遊んでいる人の中で、真面目な相談にも乗ってくれそうな共通の友人知人に相談してみるのもおすすめです。

もしかしたら、あなたは知らない彼の事情を、教えてくれるかもしれません。

「あいつ、昔からシャイすぎるぐらいシャイだからなぁ。今までの元カノ達も全員、告白されたって言ってたから、待ってないで自分からアプローチした方が絶対いいよ。」

などと、第三者目線での情報が貰えるので、その情報を元にアプローチ戦略を立ててみましょう。


確実に脈ありなら、女性から男性にアプローチしてあげよう!

好意があっても、なかなか連絡してくれない男性はきっかけさえあれば仲良くなれる

好意があっても、なかなか連絡してくれない男性というのは、女性側の気持ちをヤキモキとかき乱してきますよね。

そんな男性からの連絡をいつまでもひたすら待っていても、自分が疲れてしまうだけ。

彼との仲を発展させたいのであれば、思い切って自分からも動いてみましょう。

きっかけさえあれば、2人の仲が一気に近くなる可能性が高いですよ。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事