好きじゃない人からの電話の断り方|異性からの好意を傷つけないようにするには?

好きじゃない人からの電話に悩んでいる方へ。本記事では、好きじゃない人からの電話の断り方から、好きじゃないできな人からの電話を断る時の注意点まで大公開!気になった方はぜひチェックしてみてください!

好きじゃない人からの電話の断り方|相手を傷つけずに気持ちを伝えるには?

好きじゃない人からの電話の断り方

「好きじゃない人から電話に誘われた…。どうすれば傷つけずに断れる?」

「職場の人からしつこい暇電が…。今後の仕事のことを考えて上手な断り方を知りたい!」

興味ない異性から電話に誘われたら、正直うざいですよね。

とはいえ、無下に断ると今後に影響するケースもあるので、できるだけ穏便に断りたいと思う人も多いのでは。

そこでここから、好きじゃない人からの電話の断り方を解説。

なるべく相手を傷つけず、誘われた電話を断る方法を知って、大人の対応をしていきましょう。


断り方1. 電話に出れない理由を誠実に伝える

電話できない明確な理由があれば、相手も不快にならず納得しやすいもの。

その中でも、誰かと一緒にいる状況を断る理由にすれば、相手に電話を諦めさせるのに効果的です。

「今、友達と飲んでいて…。久しぶりに会うから長くなりそう」

「これから予定が入ってるから、出かけなくちゃいけないんだ」

「隣で親が寝ているから…。うるさいとすぐに怒るんだ」

など、自分が今、電話できる状況にないことをしっかり伝えましょう。

特に、あなたに好意を寄せている異性なら「嫌われたくない」という心理が働き、スムーズにやりとりが終わりますよ。


断り方2. 忙しいアピールをしておく

物理的に電話している時間がないのを理由にすれば、相手も「忙しいからしょうがないか」という心理が働きやすくなります。

なので、一定期間は電話に出られないことを遠回しにアピールすれば、相手からのアプローチを穏便にかわせるでしょう。

「試験前で勉強しなくちゃいけない」

「当分の間、予定が詰まってる」

など、暇電するほどの余裕がないと伝えるとGOOD。

忙しさを理由に電話に出られないと断り続けるうち、相手も気持ちを察して電話がかかってこなくなる可能性が高いですよ。


断り方3. 「今は仕事に集中したい」と伝える

恋愛する気がないことを伝えれば、相手を怒らせることなく関係性もこじれにくくなります。

「仕事で朝早い日が続く」

「夜は仕事の資料作りに時間をかけたい」

「重要なプロジェクトがあるから、勉強しておきたい」

など、仕事を理由にやんわり断りましょう。

恋愛モードではないあなたの気持ちを知れば、相手も脈なしだと感じてしつこいアプローチがなくなるでしょう。

特に、職場の嫌いな人からのうざいお誘いだった場合、仕事が理由であれば「そんなのはいいから…」とは言いにくいので効果的ですよ。


断り方4. 体調が優れないことを理由にする

こちらの体調を理由にすれば、誘いを断っても相手の気を悪くせず、穏便に済ませられます。

なので、「今日はちょっと体調が優れなくて…ごめんなさい」などと言って、体調を理由に断りましょう。

断ったにも関わらず、相手に「電話して迷惑だったかな…」と思わせることができます。

また、体調を気遣って電話がしつこくかかってくることもなくなるでしょう。

ただし、毎回この理由を使うと嘘だとバレてしまう恐れが。

職場の人など、今後も接する機会が多い人には多用しすぎないよう気を付けましょう。


断り方5. 恋人の存在を主張する

脈なしだと気づかせるだけでなく、「恋人がいるのが理由で、自分のことを嫌いだからではない」と、相手のプライドを傷つけずに済みます

しつこいくらいに電話してくるのは、あなたに好意がある可能性が高め。

脈なしだと相手が分かれば、電話するのを諦めてくれます。

なので、「恋人がいるからごめんなさい」と、恋愛関係になるのは無理なことをはっきり伝えましょう。

ただし、「他に好きな人がいる」だと、「まだ片想いでしょ?」とアプローチを止めない人もいるので、既に恋人関係であることを強調した方がいいですよ。


断り方6. 断ると同時に感謝の気持ちを伝える

感謝されれば相手も断られた嫌な気持ちが薄れ、和やかな雰囲気を作れます。

なので、そんな時は電話を断ると同時に、

「わざわざお電話していただき、ありがとうございます」

「お気遣いありがとうございます」

「タイミングが合わずに申し訳ありません。お誘いありがとうございました」

など、電話してくれたことに対して、感謝の気持ちを添えましょう。

特に、職場の上司や目上の人からの電話アプローチや暇電対策に効果的ですよ。


断り方7. 疲れて寝てしまっていたと伝える

寝てしまっていたという理由なら、相手が「自分のことが嫌いで電話に出なかったのではない」と感じ、傷つけないで済みますよ。

また、相手に「タイミングが合わないな」と思わせれば、次第に電話しようとする気が薄れてくるでしょう。

なので、嫌いな人やうざい暇電をしてくる人からの着信には、寝たフリをして出ないのも一つの断り方です。

しかし、いくら興味ない異性が相手でも、電話をスルーしたことを放置しておくと関係性が悪くなってしまいます。

LINEなどで「ごめん。疲れて寝ちゃってた」と、フォローするのを忘れないことが大切です


好きなじゃない人からの電話を断る時の注意点|気まずくならない断り方とは?

好きじゃない人からの電話の断り方は分かっても、実はまだ気を付けるべきことはあります。

相手を傷つけないため、いくつかの注意点を押さえておくことが大切です。

ここからは、好きじゃない人からの電話を断る時の注意点を6つ紹介します。

知らず知らずのうちに相手を傷つける言動をしてしまわないよう、しっかり把握しておきましょう。


注意点1. 相手のプライドを傷つけるような言葉は言わない

男性であれ女性であれ、相手をバカにしたり格下と思わせたりする言葉は、相手を傷つけてしまうもの。

また、言った本人の品格も下げてしまい、今後の関係性に悪影響を及ぼします。

「俺、君と違って暇電してる時間ないんだよね」

「私に電話してくる意味が分からない」

など、相手をおとしめる言葉はNG。

いくら「うざい」と思っていても、「ごめんけど、今日はちょっと時間ないから」のような大人の対応を心掛けましょう


注意点2. 期待させてしまう言葉は使わない

変に期待させてしまうような断り方をしてしまうと、相手が「脈ありかも」と誤解してしまう恐れがあります。

すると、相手は何度も電話してきて、そのたび断られるため余計に傷ついてしまうのです。

なので、

  • 「他に好きな人がいるから」と、脈なしであることを伝える
  • 「他の異性と電話すると彼氏(彼女)に悪いから」と、電話する気はないことを伝える

など、相手が「脈なしか…」と諦めやすい理由ではっきり断ったほうが、相手のためですよ。


注意点3. はっきり電話したくないとは伝えない

ストレートに迷惑であることを伝えてしまうと、逆上される危険性が出てきます。

なので、相手からのアプローチを断る時は、

「仕事が忙しくて…」

「プライベートがバタバタしていて…」

など、遠回しにやんわり断るのがGOOD

相手に何か問題があるのではなく、こちら側に電話できない理由があると知れば、相手が傷つきにくいですよ。


注意点4. バレバレな噓や言い訳はしない

電話を断った理由が嘘だとバレると、今後の関係性に悪影響が出ます。

下手な嘘や言い訳ばかり積み重ねてしまえば、いつかボロが出るので気を付けなければなりません。

  • 「身内に不幸があって…」というような、モラルに反するような嘘
  • 「ちょうどスマホが壊れて…」というような、すぐにバレそうな言い訳

などは避けましょう。

相手を傷つけないように言ったつもりでも、もし嘘がバレた場合に人格を疑われる恐れがありますよ


注意点5. 電話を無視したままにしない

電話に出なかったのに折り返しがなく、口頭やLINEで謝罪もなければ「完全に無視されている」と相手の心を深く傷つけてしまいます。

嫌いな人からの電話にどうしても出たくなくて無視してしまっても、

「ごめん、寝てて気づかなかった」

「すいません、マナーモードで気づきませんでした」

など、次の日には、LINEなどで必ず謝罪と電話に出なかった理由をセットで伝えると、相手の心理的ダメージを軽減できます。

無視は人の尊厳を否定する行動なので、きっぱり断られるよりもダメージが大きいですよ。


注意点6. 会った時、露骨に嫌な態度を取らない

いくら慎重に言葉を選んで断っても、実際に会った時に表情や態度が嫌な感じだったら印象が悪く、関係性が悪化してしまいます。

  • 目を合わせようとしない
  • あからさまに距離をとっている
  • 相手と話している時、不愛想にしている

など、露骨な態度で接すると、相手がすぐに気づいてしまいます。

特に、気持ちが顔に出やすい男性や女性は注意してくださいね。


好きじゃない人からの電話の断り方を身につけてみて。

好きじゃない人からの電話の断り方には気を遣うものです。

特に、職場の上司や目上の人などにはっきり断ると、その後の関係や対応に影響が出てしまう恐れがあるので悩みますよね。

まずは、電話の誘いに対して、出られない理由を誠実に伝えることが大切。

対応が冷たかったり無視したりしてしまうと相手は傷つき、あなたの印象も悪くなってしまいます。

上手な断り方や注意点を把握して、興味ない人からの電話をうまく断れる術を手に入れてください。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事