好きと言わない男の隠れた“愛情表現”とは?彼氏の好意を確かめる5つの方法

彼氏から好きと言ってもらえなくて、不安になっている女性へ。この記事では、好きと言わない男性の心理から、奥手な男性ならではの愛情表現を詳しく解説します!

彼女に好きと言わない男性の4つの心理|言葉にしない理由とは?

彼女に好きと言わない男性心理

「自分は好きと言っても、彼氏は言ってくれない」

「好き?と聞いてもはぐらかされる」

付き合っているカップルのはずなのに、中には言葉で愛情表現してくれない男性がいます。

言葉がないと彼女は不安になったり「好きじゃないのかな」と思ってしまい辛いですよね。

では、どうして頑なに好きと言わないのでしょうか?

ここからは彼氏がどんな心理で「好き」と言わないのか理由をご紹介していきます。チェックしてみてください。


男性心理1. 単純に恥ずかしい

男性は奥手な人が多いもの。

心では彼女のことを大切に思っていても、「好き」「愛してる」など改めて口に出すのに照れくささが邪魔をしてしまいます。

キスやハグはできるけど、言葉にするのが恥ずかしいと言う場合も。

本当は言いたいけれど、恋愛に奥手だったり、感情表現が苦手で言い出せないタイプなのでしょう。


男性心理2. 言わなくても伝わってると思ってる

男性によっては、「好き」と言う必要性を感じていない場合もあります。

そもそも好きじゃないと付き合わないため、「カップルなんだからあえて言わなくてもいいのでは?」という心理です。

言葉にして確かめ合わなくても愛情が安定していると感じているため口にしないだけで、嫌いになっていたり愛情がないわけではありません


男性心理3. 駆け引きしたい

女性だけでなく男性も恋愛中は駆け引きを楽しみたい人がいるもの。

あえて「好き」と言わないのは、彼女にヤキモチを妬かせたり少しでも気を引きたいからという理由も考えられます。

また好きと言われる方が優位な状態になれるため、マウントを取りたいと考えているとも言えますね。

男性はプライドが高い人が多く、「好き」と先に言った方が負けていると思い、軽々しく好きと言わないのでしょう。


男性心理4. もうそんなに好きじゃない

気持ちが離れてしまっていると、「好き」という言葉自体が自然に出てきません

本心とは逆のことになるため、躊躇ったり言いにくくなります。

特に、

「前は言ってくれていたのに、聞かなければ言ってくれない」

という場合は、噓でも好きと言えなくなっているのが理由かも。

倦怠期の時期で、あなたの片思いになってしまっている可能性もありますよ。


好きと言わない男性が見せる“11の愛情表現”|シャイな彼氏の行動をチェックしよう!

「シャイな男性はどんな行動をするのか知りたい!」

「言葉にしない代わりにとる愛情表現はどんなもの?」

言葉で愛情表現しない男性は、態度や行動で「愛してる」と伝えています。

なかなか女性にはわからないことも多いのですが、1つ1つが「好き」という気持ちがあるからこそする行動や言動なのです。

恋人に当てはまる行動があるかチェックしてみてください。


愛情表現1. こまめに連絡を返してくれる

好意のない相手に対してまめに連絡することはありません。

付き合う前はもちろん恋人になってからもこまめに連絡をくれるのは愛情のある証拠

  • 彼氏とデートの後は「家に着いた?」と電話をしてくれる
  • LINEを送ると仕事の休憩時間に必ず返してくれる

など、こまめに連絡をしてくれるのは大切に思っているからです。


愛情表現2. 会いたいと言ったらすぐに予定を組んでくれる

どうでもよく思っている場合は、会いたいことを伝えられても面倒なため、

「また時間作るから」
「今ちょっと忙しいから落ち着いたら」

などとはぐらかします。

すぐに予定を組んでくれるのは、彼氏自身も会いたいと思ってくれている証拠

  • 自分の予定を確認して「明日なら残業がないから会おう」と言ってくれる
  • 「週末は天気良さそうだから、外に出かけよう」と予定を立ててくれる

など、行動で示そうとしてくれるでしょう。


愛情表現3. 二人になるとイチャイチャしてくる

好きと言わない男性は、周りから「相手が自分に惚れている」とみられたい願望があります。

そのため、外では周りの目を気にして行動していますが、2人きりだと安心できるため全てをさらけ出すことも。

  • 外では手も繋がないけれど、家の中ではずっとくっついている
  • 二人きりになると甘え口調になる

などは、あなたにだけ見せている特別な面なので愛されていると思っていいでしょう。


愛情表現4. 興味のないことにも付き合ってくれる

男性は自分の興味のないことに付き合うことはしません。

しかし、好きな相手が興味のあることには付き合ってあげたいという気持ちがあり、たとえ自分は関心のないことでも付き合ってくれるでしょう。

  • 女性もののショップにもついてきてくれる
  • 自分の見たい映画が、彼氏の好みではなくても一緒に付き合ってくれる

など、彼女の意見を優先してくれるのは好きだからこその行動です。


愛情表現5. 他の異性のことで嫉妬してくる

嫉妬するのは相手のことが好きじゃないと湧かない感情。

彼氏が彼女に対して嫉妬するのは、誰にも取られたくないと思っている大切な存在だからです。

例えば、

  • 飲み会に男性がいると嫌な顔をする
  • 仕事からの電話でも横で聞いていて「その人と仲良いの?」と探ってくる

など、あなたを他の人に取られないか不安になっています。


愛情表現6. 外見を褒めてくれる

ストレートに「好き」というのは苦手で言えなくても、相手を褒めることで愛情表現してくれます。

例えば、

「目が綺麗だよね」
「スタイルいいよね」

など、外見を褒めてくれるのは、ちゃんと好意があることを伝えようとしてくれているため。

あなたに好意があるからこそ言える言葉なので「好き」と同じと捉えていいでしょう。


愛情表現7. 彼の家に私物を置かせてくれる

男性は、自分のテリトリーに他人の物を置きたがらないもの。

そこに彼女のものを置かせてくれるのは、家族と同様に信頼して安心している証拠です。

例えば、

  • お泊まりセットを用意しなくても、彼氏の部屋にスペースを作ってくれて置いている
  • 彼氏の部屋に遊びに行った時に見る用の本やDVDなどの私物が彼氏の部屋にある

など、自分の部屋に荷物が増えても好きな人のものなら関係なく、小さい事でも頼ってほしいと思います。


愛情表現8. 友人に紹介してくれる

好きでもない女性を友人に紹介することはありません。

好きな人だから、自分の大切な人達にも関わってほしいと思うものです。

  • 彼氏の友達との飲み会に「紹介したいから」と呼ばれる
  • 「友達と遊ぶけど、一緒に来ない?」と誘われる

など。

友人に紹介しているのは、彼女が本命である証拠ですよ。


愛情表現9. 写真を撮ろうとしてくる

写真は過去の出来事を振り返れるもの。

彼女との思い出を大切にしようと思っているからこそ、写真を撮ろうとします。

  • 遠出する時だけでなく、普段もよく2人の写真を撮る
  • 2人で撮った写真をスマホの待受画面にしている

など。

そもそも好きでもない人の姿をスマホやデータの中に残すことはありません。好きだからこそ取る行動といえるでしょう。


愛情表現10. 記念日を大事にしてくれる

女性は大好きなイベントですが、男性は面倒くさがる人も多いもの。

しかし記念日を大切にしてくれているのは、彼女が好きだから。

「彼女を喜ばせたい」
「いつもの感謝を伝えたい」

と思ってくれている証拠です。

例えば、

  • 誕生日にサプライズで花束を用意してくれた
  • 記念日は一日中一緒にいれるように仕事を調整してくれた

などは、愛してるからこそとれる行動。シャイな彼氏にとって最高の愛情表現なのです。


愛情表現11. 「一緒にいて楽しい」と言ってくれる

はっきりと好きと言わない奥手の彼氏でも、

「〇〇といるとほんとに楽しい」
「ずっと一緒にいたい」

と、他の言葉で愛情表現してくれることもあります。

  • デートの帰り際に、「今日一日中楽しかったよ」と伝えてくれる
  • 会っている時は言わないけれど、電話やLINEで伝えてくる

など気持ちを恥ずかしいながらも一生懸命伝えてくれているのは、彼女が好きだからですよ。


好きと言わない彼氏の好意を確かめる5つの方法とは?

「彼氏の気持ちを探る方法はないのかな?」

「好意を確かめる方法を知りたい」

言葉での愛情表現がなかったり行動でもよくわからないという場合は、カップルなのに片思いしている気持ちになり辛いですよね。

そんな時は好意を確かめる方法を試すと、恋人の反応を見て判断できますよ。

ここからは、相手の真意を探るための方法を5つご紹介します。


方法1. 可愛くストレートに聞いてみる

不安でいっぱいになり「本当に好きなの?」と改まって重たい感じで聞いてしまうと、相手が身構えるため言いにくくなります。

まず軽い感じで、“特に気にしていないけど聞いてみた”ということにすれば、相手が答えやすいでしょう。

例えば、イチャイチャしている時に「私のこと好き?」と笑顔で聞いてみると答えてくれるかも。

ちょっと可愛らしく演じながら聞くことで、「俺も好き」と相手もサラッと言いやすいでしょう。


方法2. デートの誘いを断るフリをしてみる

気持ちがない場合にはデートの誘いを断られたとしても気になりません。

しかし、好きな彼女に断られると「嫌いになったのかな?」と不安になります。

断るフリをして相手の行動を観察することで、本当の気持ちを探ることができます。

例えば、

  • デートの誘いを断っても、「この日は?」など日時を変えて連絡してくる
  • 「違うところに行く?」など相手の行きたい場所などを探ってくる

など、相手の様子を伺うのはデートがしたいから。

好きな気持ちがあれば、寂しい素振りを見せたり、なんとしてでも会おうとしてくるはずですよ。


方法3. 昼間の映画デートなどに誘ってみる

相手の愛情表現を感じないと、「もしかしてヤリモクかも」と疑ってしまいますよね。

そのため、いつも夜のデートだけなら、お昼のお出かけに誘ってデートしてくれるかどうかを確かめることで体目的ではないことが証明できます。

例えば

  • ディナーではなく、ランチに誘ってみる
  • 仕事終わりではなく、休日に時間を作ってくれるか確かめる

など、外でのデートや昼間のデートに誘ってみましょう。

相手が乗り気なら体目的ではなく、あなたのことを本命の彼女として考えてくれている可能性が高いですよ。


方法4. 体調が悪いと伝えてみる

好きな人が不調の時には心配になるもの。

どうでもいい人には「そうなんだ。お大事に」というぐらいで態度や言動に変化はありませんが、大切な人の場合は違います。

具合が悪いことを伝えると、

  • 心配して訪ねてきてくれる
  • 「病院へは行った?」「何か欲しいものある?」など心配の言葉をかけてくれる

など、明らかに心配して気遣ってくれるはず。

明らかな嘘はバレるので、「体がだるくて」などちょっとした不調なのを伝えましょう。


方法5. 何も言わずに髪型を変えてみる

好きな人のことは、普段から気にしてよく見ているものです。

彼氏の気持ちを確かめるために、あえて何も伝えず髪型を少し変えてみて相手の反応を見るといいでしょう。

例えば、髪型を変えて会った時に

  • 変わったことに気づいて「いつ切ったの?」と変えたこと前提で話してくる
  • すぐに「よく似合ってるね」と褒めてくれた

など、当たり前のように気づいてくれれば、あなたに興味があって普段からよく見ている証拠です。

ただし、この方法はロングからショートにするなど、分かりやすい変化でないと男性は気づけ無いので気をつけましょうね。


好きと言わない男性の愛情表現を見抜いてみて。

好きと言わない男性は、彼女のことを嫌いになったわけではありません。

「好き」というのが恥ずかしかったり、恋愛の駆け引きを楽しみたいと思っている場合もあります。

言葉ではなくあなたに優しい態度で接しているなら心配いりません。

それでも「相手の気持ちがわからなくて辛い」という時には、少し試してみるような行動をとってみるのもあり

今回紹介した方法を試してみると彼氏の本当の気持ちがわかるかもしれませんよ。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事