彼氏に冷められたかも…そのサインとは?女性がとるべき対処法を大公開

彼氏に冷められたかもと不安になっている女性へ。今記事では、彼氏に冷められたかもと感じるきっかけから、彼氏が冷める理由や女性がとるべき対処法まで詳しくご紹介します。恋人の気持ちが薄れているかもを心配になっている女性は、ぜひ参考にしてみてください!

「彼氏に冷められたかも…」と不安に感じる女性へ

彼氏に冷められたト感じる理由とは

彼氏の行動や冷たい言葉遣いから「もしかして私に気がないのかも」と不安に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、彼氏が冷めているのかもと不安が生じる原因をピックアップしながら、気持ちが遠ざかっていく理由やその対処法について詳しく解説していきます。

恋人との関係に不安を感じている方は、ぜひチェックしてみてください。


彼氏に冷められたかもと感じるきっかけ|彼が愛がなくなったサインとは

そもそも不安な気持ちが生じた原因は何だったのでしょうか。

彼氏に冷められたと感じる際に多く見られるきっかけは下記の5つです。

理由を探ってみることで、少し落ち着いた視点から今後の対応の仕方が見出せるかもしれませんよ。


彼氏に冷められたと感じる理由1. 急にそっけなくなったから

付き合っている期間が長いほど互いの理解度が深まるだけに、相手の態度に些細な変化があれば違和感を覚えることでしょう。

冷たい言葉遣いで会話が広がらなくなったり、LINEが短文で返ってくるようなそっけない態度を見せるようになった様子があれば「何かあったんだろうか」と不穏な空気を察してしまうもの。

特に先週まではいい感じだったのに、急にそっけなくなると、女性側からすると気が気じゃありません。

彼氏が冷めてしまったと感じたきっかけは、いつもと違う態度の変化からかもしれません。


彼氏に冷められたと感じる理由2. 昔より連絡の返信が明らかに遅いから

連絡の頻度はお互いの親密度に深く関わってくるものです。

スマホがあれば通知はすぐに確認できるだけに、連絡の返信が遅くなった彼氏に冷められたと感じる女性は多い傾向にあります。

以前はすぐに返ってきたLINEの返事も、間が空くようになってしまえば「もう大切にされていないのかも」と不安に思っても仕方がないでしょう。

1日に数回していたLINEが2日に1回とかになったら、愛がなくなったのかなと思うのも当然です。


彼氏に冷められたと感じる理由3. 会おうとしてくれないから

恋人同士であれば、できるだけ直接会ってコニュニケーションを図っていきたいですよね。

相手の予定を聞いても「ごめん。その日は都合が悪いんだ」「友達と遊ぶ予定があるから行けないや」と他の用事を優先する彼氏の態度にネガティブなイメージは抱きやすいもの。

彼女であるあなた自身を避ける素振りが、彼氏に冷められたと感じるきっかけになるケースは珍しくありません。

遠距離恋愛でもないのに、1ヶ月会えない時が何回もあったなんてことだと、彼氏も私に興味ないのかな、と思ってもしょうがないです。


彼氏に冷められたと感じる理由4. 連絡や誘いなどが全部受け身だから

男性側がエスコートする場面は多いだけに、彼氏が受け身に回る姿勢を見せられれば不安へと繋がりやすいものです。

彼氏からの誘いが激減し、こちらから声をかけても「ああ、いいけど」と興味のない態度であれば気持ちが遠ざかっていると感じる女性は少なくありません。

付き合った時などはあんなにグイグイ来てくれたのにという“差”を感じてしまうもの。

彼氏の受け身の姿勢に恋人としての熱量がなくなったと察してしまうのも無理はないでしょう。


彼氏に冷められたと感じる理由5. 楽しい時も彼氏の笑顔が減ったから

表情は時に、その人の心情を表す鏡にもなり得るものです。

「最近笑顔が見れていないかも」「なんだか無愛想になった気がする」と、彼氏の表情から笑顔が減ってくれば戸惑いを感じてしまう方も多いでしょう。

いつもなら一緒に笑っていたのにその表情すらなくなってしまう。

真っ先に目に触れるその表情が暗くなっていく変化が、彼氏の気持ちが冷めていることを推察するきっかけになりますよ。


彼氏が冷める原因とは|彼女への愛情がなくなるきっかけを徹底ガイド

無意識のうちに起こした行動や言動が、彼氏の気持ちを冷めさせるきっかけになっていることも。

ここでは、彼氏が冷める原因について詳しく解説していきます。

心当たりがあるものがないか参考にしてみてください。


彼氏が冷める原因1. 彼女に何か嘘をつかれたから

互いに信用しているからこそ成り立つ恋人関係。嘘をつくことは相手の信用を大きく損なう行為です。

たとえ些細な嘘であっても、彼氏の側からすれば「俺を信じていないのかも」「何が本当なのか分からない」と大きな信用問題に関わってきます。

嘘をつく彼女を信ることができなくなることも、彼氏が冷める原因の一つです。


彼氏が冷める原因2. 彼女が浮気していたから

一度壊れた関係性を元通りに修復するのは難しいものです。先に気持ちが遠のいたのは、あなたの方だったのではないでしょうか。

過去に彼氏を裏切って他の男性に好意を抱いてしまった経験があれば、彼氏の気持ちが冷めてしまうのも無理はないでしょう。

浮気の事実が頭をよぎることで、彼女を信用することができなくなったのかもしれません。

これは高確率で女性側に問題があるので、しっかりと受けとめるようにしましょう。


彼氏が冷める原因3. 喧嘩をして気まずくなったから

感情的になってしまいがちな喧嘩では、思わぬ言葉を口走ってしまうことも。

熱くなるあまり「〇〇だから嫌い。あなたと一緒にいるなんて無理」「他の女の方がお似合いよ!」といった一言を伝えていないでしょうか。

取り返しのつかない発言に「そこまで言うのならもういいや」と感じる男性も多く、喧嘩が発端となり気持ちが冷めてしまうのも原因として見られるケースです。

特に仲直りの言葉とかを言っていない場合は相手の心の中にしこりが残ってしまっています。

【参考記事】はこちら▽


彼氏が冷める原因4. お互いの価値観が合わないから

価値観のズレが大きなストレスとなっているケースは珍しくありません。

恋人を第一優先に考える彼氏と、家族や友人との交友関係が一番という彼女が一緒になれば、せっかくの休日にもすれ違いが生じやすくなるもの。「一緒にいれない彼女なら付き合っている意味がないのかも」と不満を募らせるばかりでしょう。

溜め込んだストレスを解消するためには、恋人としての関係性を絶った方が良いと考えているのかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


彼氏が冷める原因5. プライドを傷つけられたから

男性は女性よりも高いプライドを持っている傾向にあり、自らを嘲笑されるような態度をひどく嫌います。

「その服装ちょっとセンスないかも」「お店のチョイスが下手くそだね」といった何気ない言動が、彼のプライドを傷づけていることも。

一緒にいてプライドが保てない女性とは関係性を保てないと感じ、恋人としての熱量を失わせてしまったのかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


彼氏が冷める原因6. 彼女の生活がだらしないから

いくら気を許した間柄であっても、節度が守れなければ次第に気持ちは離れていくものです。

時間にルーズでいつも遅刻をしていたり、洗濯物を溜め込んでいて部屋が汚い様子に「この子と一緒にいたら俺までダメになってしまいそう」と感じさせてしまうことも。

生活がだらしない怠惰な彼女に愛想を尽かしてしまう男性は珍しくありませんよ。


彼氏が冷める原因7. 彼女の束縛が激しいから

互いの関係性に息苦しくなれば、そこから脱したくなるのは当然のこと。

「私以外の女がいるところに遊びに行っちゃダメ」「1時間ごとに様子を知らせて」といったように、恋人間での厳しすぎるルールで彼氏を縛りつければ、みるみるうちに疲弊してしまうでしょう。

彼氏を愛するがあまりに取った行動が、重たすぎる足枷になっているケースは珍しくないのです。

【参考記事】はこちら▽


彼氏の気持ちが冷めているのか確認する方法とは

彼氏が冷める原因を見てきたところで「私のことをどう思っているんだろう」「私に冷めてないかな」と不安になっている方も多いのではないでしょうか。

ここでは、彼氏の気持ちを確認する際の3つの方法についてご紹介していきます。


彼氏の気持ちを確認する方法1. 直接「自分のことをどう思っているか」を聞いてみる

気持ちがモヤモヤしたままでは、状況を改善するのは難しいかもしれません。上部だけ取り繕っていても、あなたの不安は募るばかりでしょう。

そんな時は、彼氏に直接「私のことどう思っているかな?」と聞いてみるのがおすすめ。

気持ちを確かめる行為は、恋愛の中で必要なプロセスの一つ。相手の気持ちが明確になれば、お互い次への一歩を気持ちよく踏み出せるはずですよ。


彼氏の気持ちを確認する方法2. スキンシップを取った時の彼の反応を見る

言葉に出さなくても、ふとした時のリアクションにその人の心情は表れてくるものです。

彼氏の気持ちを確かめたい時は、体を寄せてみたり、キスをしてスキンシップを図ってみてはいかがでしょうか。

あなたの行動に喜ぶか否かが心情を見極めるサイン。直接問いたださなくとも、彼氏の気持ちを汲み取る機会になるはずですよ。

二人きりの場所で避けられたら、それは愛がなくなってきている証拠といえます。

【参考記事】はこちら▽


彼氏の気持ちを確認する方法3. 共通の男友達に探ってもらう

同性だからこそ話せる話題ってありますよね。仲の良い男友達であれば、会話のハードルも下がるはず。

共通の男友達づてに、彼氏の気持ちを確かめてみるのもおすすめの確認方法の一つです。

もしかしたら仕事や友達間のトラブルを打ち明けられずにいるのかもしれません。彼氏のありのままの気持ちが聞けるチャンスとなるでしょう。


彼氏に冷められた時の対処法|恋人を振り向かせるコツを大公開

本当に彼氏の気持ちが冷めたと気づいても「寂しい。なんとか挽回できないかな」「冷たい言動は辛いけど、まだ彼のことが好き」と諦めきれない方もいらっしゃるでしょう。

ここでご紹介する対処法を実践すれば、再び恋人に振り向かせるチャンスが掴めるかもしれませんよ。

まだ諦めたくないという方は、ぜひ参考にしてみてください。


彼氏に冷められた時の対処法1. 冷められた原因を突き止め、改善する

気持ちが離れた原因が分からな今までは、対応の仕方にも困ってしまうもの。彼氏にそっけない態度を続けられれば、あなたの気持ちまで冷めてしまうかもしれません。

まずは、彼氏の気持ちが冷めた原因を思い当たるところから探っていきましょう。共通の知人に相談してみるのもおすすめです。

原因が明確になることで、次の行動をどうすべきかが自ずと見えてくるでしょう。


彼氏に冷められた時の対処法2. 一度距離を置き、お互いの思いを再度確認する

恋愛に駆け引きが必要とはよく言ったもの。近くにいることが当たり前になって、関係性がマンネリ化してしまうことも珍しくありません。

そんな時は、一度距離を置いてお互いの関係性について見つめ直してみるのがおすすめです。

あなたの存在を再確認してもらうことで、彼の愛を取り戻すきっかけを作り出せるかもしれませんよ。

【参考記事】はこちら▽


彼氏に冷められた時の対処法3. 本音で話し合う

やはりコミュニケーションの基本は会話です。言葉がなければお互いの気持ちもすれ違ったままでしょう。

恋人同士しっかりと話し合う機会を設けることも、彼氏に冷められた際のおすすめ対処法の一つ。2人きりになれる場所など、お互いにとって話しやすい環境づくりも大切です。

本音をぶつけ合うことでわだかまりが無くなれば「なんでも打ち明けられる恋人」として、あなたの存在を再認識してくれるかもしれませんよ。


彼氏に冷められた時の対処法4. 今、自分がどう思っているのか?気持ちを伝える

彼女の気持ちが分からないからこそ、そっけない態度で距離感を探っているのかもしれません。

気持ちが遠くなったと感じた際には、素直に「〇〇君が大好きだよ」と気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

自分を愛してくれている気持ちが伝われば、それに応えようとする心理が働き再び熱い恋へと発展する可能性が高まることでしょう。


彼氏に冷められた時の対処法5. 前の自分を超えるように、自分磨きをする

魅力が無いと感じれば、恋人としては意識しにくいものです。付き合っているからといって怠惰な姿勢ばかり見せてしまうと、彼氏に振り向いてもらうのも難しいでしょう。

彼氏に冷められたと感じた際には、ダイエットや髪型を変えてみるなど自分磨きをしてみるのもおすすめ。

あなたが理想の恋人として魅力的になれば、きっと彼氏の恋心も終え上がるはずですよ。

【参考記事】はこちら▽


万が一、彼氏が冷めてしまったら早めの対応がおすすめ

無意識に発した言動や何気ない行動が、彼氏の気持ちを冷めさせる原因になることは珍しくありません。

「取り返しがつかないのかも」「愛されていないのかな」と不安に感じている方もいらっしゃるでしょう。

互いの距離感や意思疎通の方法を意識することで、関係性を改善していくことは可能です。彼氏と向き合う際には、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事