酔って電話してくる彼氏の心理|面倒くさい電話の”対処法”とは?

酔って電話してくる彼氏がいる方へ。本記事では、酔って電話してくる彼氏の心理から、彼女としての適切な対処法まで大公開!気になった方はぜひチェックしてみてください!

酔って電話してくる彼氏の心理|酔っ払いの男性が考えていることは?

酔って電話してくる彼氏の心理

「うちの彼氏、いっつも酔って電話してくるんだよね。なんでなんだろう?」

「普段電話してこないのに…。お酒飲まないと電話してこない男って、何考えてるわけ?」

なぜ、あなたの彼氏は酔って電話してくるのでしょうか?

まずは、酔って電話してくる彼氏の心理や、酔っ払い男性の考えてることを、チェックしてみましょう。


心理1. 安心したい

普段、仕事などが忙しくてプレッシャーを感じることが多いと、お酒を飲んでリラックスすることも多いもの。

そして、程よく酔っ払い日頃の緊張が緩んだら、彼女に話を聞いてもらって安心したいと考えています。

上司への愚痴や仕事の辛さなどを、自分の味方である彼女に聞いてもらって

「〇〇君なら大丈夫だよ。」

と肯定して欲しいから電話をかけてくるのでしょう。


心理2. 甘えたいと思っている

男性は彼女の前では、いつもカッコよくて素敵な彼氏でいたいと考えていても、本心では彼女に甘えたいと思っているケースも多いもの。

とはいえ、素面ではプライドが邪魔して彼女に素直に甘えられないのです。

そのため、お酒を飲んで酔っ払った勢いで、彼女に甘えようと電話してきます。

「〇〇ちゃんの声が聞きたいから電話しちゃった。早く会いたいなぁ。」

などと、普段のスカした様子からは考えられないほど、甘えた口調で電話してくるのです。


心理3. 寂しいと感じている

みんなでワイワイおしゃべりしながら飲むお酒って、とっても楽しいもの。

しかし、飲み会が楽しければ楽しいほど、飲み会後の1人きりの帰り道が寂しく感じてしまうのです。

そんな寂しい時間に聴きたいのが、大好きな彼女の声。

「今、何してた?いや、今飲み会の帰りなんだけど、〇〇ちゃんどうしてるかなーって思って。」

などと言いながら、静かすぎる帰り道の孤独を、彼女の声で紛らわそうとしているのでしょう。


心理4. 日頃の感謝を伝えたい

酔って電話してくる彼氏の心理は日頃の感謝を伝えたい

お酒を飲んで酔っ払ってくると、素面ではなかなか言えないことを言いたくなるケースもあります。

特に、日頃の感謝を伝える言葉って、素面では気恥ずかしさが先にたって言えなくなってしまうもの。

「〇〇ちゃん、いつもありがとうね。」

「〇〇ちゃんのこと、マジで大好き!本当に愛してるからね。」

などと、酔った勢いで普段は言えない感謝を彼女に伝えたくなるのです。


心理5. 漠然とした不安を感じている

普段はおおらかで細かいことを気にしないように見えても、お酒を飲むと不安でいっぱいになってしまう男性もいます。

「俺、本当は全然仕事できないし、出世できるか心配だし、マジでダメな人間だよなぁ。」

「給料安いし、仕事キツいし、将来のこととか、マジで不安しかないし。」

などと、考えれば考えるほど、不安や心配が大きくなってしまうため、彼女の声を聞いて安心したいと思い、酔って電話してしまいます。


心理6. 浮気されていると思っている

もともと、自分に自信がなくて、彼女との関係に不安を感じている男性は、お酒を飲むことで、その不安な感情が爆発してしまう事があります。

「〇〇ちゃん、今何してるんだろ?」

「もしかして、他の男と一緒にいたりしないよね?」

などと、不安な気持ちが膨らんでしまうため、今すぐに彼女の声を聞いて確認しないと、自分自身がおかしくなってしまいそうで電話してくるのです。


心理7. 周りに自慢したい

大好きな彼女のことは、チャンスがあれば周りの人に自慢したいという男性も多いもの。

お酒を飲むと酔っ払って気が大きくなるため、みんなの前で思い切りあなたのことを自慢したいのです。

そのため、飲み仲間がいる前で、わざと彼女に電話するのです。

この電話はもちろんスピーカー状態にして、彼女との会話を大勢に聞こえるようにしているでしょう。


心理8. 帰りたいと感じている

酔って電話してくる彼氏の心理は帰りたいと感じてる

会社での飲み会など参加していて辛いと思うことも。

そんな時は、退屈すぎて本当は帰りたい気持ちで、トイレなどへ席を立った隙を狙って、彼女に電話するのです。

「今、何してるー?こっちは、まだ飲み会なんだけどさー。先輩の話がつまんなさすぎて、マジでいますぐ帰りたいわ〜。」

などと、愚痴を彼女に聞いてほしいのです。


心理9. エッチしたい

お酒が入ると、ムラムラと性的欲求が高くなる男性もいます。

エッチのお誘いをしたくて、彼女に電話をかけてくることもあるでしょう。


酔って電話してくる彼氏の対処法|彼女としての正しい振る舞いは?

酔って電話してくる彼氏の対処法

「毎回かかってくる電話どうするのが正解?」

「酔うと電話してくる彼氏がめんどくさい。どうしたらいいのかな?」

酔っ払った彼氏からの電話、邪険にもしたくないですよね。

ここからは、酔って電話してくる彼氏の対処法や、彼女としての正しい振る舞いについて、チェックしていきましょう。


対処法1. 迷惑なら辞めてほしいと伝える

基本的に、彼氏が酔って電話をかけてくるのは、夜から深夜にかけての時間帯。

いくら大好きな彼氏とはいえ、寝ている時に叩き起こされるような電話の掛け方をしてくるのは、迷惑以外の何物でもありません。

そんな時は、きちんと電話をやめてもらうように伝える事が大切です。

「寝てる時に電話で起こされると、翌日起きれなくなるから、やめてね。」

「もし、1回目の電話で出なかったら、それは寝てるって事だから、電話は次の日にしてね。」

酔ってる状態の彼氏に伝えても、理解されないことも多いので、電話が来た翌日など素面の彼氏に伝えるようにしましょう。

いくら彼氏といえど、迷惑だと分かれば、夜の電話を控えてくれるようになりますよ。


対処法2. 適当な理由をつけて切り上げる

酔っ払った彼氏との電話は、どうしてもダラダラと長くなってしまいがち。

とは言え、酔っ払った彼氏に逆ギレしても喧嘩になってしまうだけ。

電話を切りたい理由は、優しく穏やかに伝えるのがおすすめですよ。

  • 「ごめんね。もっと話したいけど、明日朝早いから、そろそろ切るね。」と、仕事を理由にする。

深夜の長電話に付き合いたくないけど、何度言っても電話してくる場合は、丁寧に謝罪しつつ適当に理由をつけて切り上げるのがおすすめです。

酔った勢いの電話には、長く付き合って貰えない事が分かれば、酔って電話してくることも無くなるでしょう。


対処法3. 優しい言葉をかけてあげる

彼氏が心細くなった時に電話をして頼りたくなるのは、あなたの事が大好きだから。

酔って気持ちがいつも以上の弱っている時に、厳しい言葉をかけると余計に傷ついてしまうだけ。

酔っ払った彼氏が電話口で、愚痴や不安をこぼしているのであれば、優しく寄り添ってあげましょう。

  • 「私は〇〇君の味方だよ。」と、彼氏が落ち着くまで慰める。
  • 「〇〇君は、いつも頑張ってるから、大丈夫。きっと上手くいくよ。」と、優しく励ましてあげる。

どんなにめんどくさいと思っても、ここはちょっと堪えて、優しい言葉を繰り返しましょう。

他の人にはなかなか言えない愚痴や不満を彼女に聞いて貰えたら、翌日から、彼氏もきっと元気になってくれるはずです。


対処法4. 思い切り甘やかす

酔って電話してくる彼氏の対処法は思い切り甘やかす

素面では甘えられない彼氏は、普段は甘えたい気持ちをぐっと我慢して抑え込んでいます。

酔った時の電話は、この甘えたい気持ちを満たすチャンスなのです。

そのため、お酒が入らないと、甘えられないツンデレタイプの彼氏なら、思いっきり甘やかしてあげるのもおすすめ。

「よしよし〜。今日もお仕事よく頑張ったねぇ。疲れたねぇ。えらいねぇ。」

という感じでOK。

思いっきり甘えたいという、普段見せない彼氏の本心を叶えてあげられるのは、彼女であるあなただけ。

ここぞとばかりに、彼氏が望むままに甘えさせてあげるという素敵な対処法です。


対処法5. 電話には出ずLINEで理由を聞く

彼氏に酔うとうざい絡み方をする酒癖がある場合、うっかり電話に出てしまうと、あなたが嫌な思いをしてしまう可能性もあります。

そんなめんどくさい彼氏の電話はあえて出ないで、LINEで理由だけ聞くというのも、おすすめの対処法です。

  • 「電話くれたみたいだけど、なんだった?」と、シンプルな問いかけだけLINEで送る。
  • 「今移動中だから、電話出れないの?何か用事だった?」と、電話には出れないからLINEを送るように促す。

着信後、すぐにLINEを送る時は、今は電話に出れない理由を一言付け加えましょう。

大した用事がないのであれば、LINE後に電話はかかって来なくなるはずですよ。


対処法6. きちんと話を聞いてあげる

どんなに酔っていても、しっかり記憶が残っているタイプの人もいます。

もし、あなたの彼氏が記憶が飛ばないタイプなのであれば、酔っ払い電話がうざいからと適当な対応をすると、後で文句を言われる可能性大。

どんなに呂律が回ってなくても、そこはちょっと我慢して、きちんと最後まで話を聞いてあげましょう。

  • 酔っ払って持論をひたすら展開しているのであれば、彼が落ち着くまで下手に突っ込まず大人しく聞く。
  • 酔った彼氏が、あなたとお喋りしたいのであれば、聞き流さずきちんと受け答えする。

酔った状態で持論をベラベラと喋っている時に、うっかり口を挟んでしまうとさらに話が長くなってしまいます。

早めに電話を終わらせるためにも、反論があっても、大人しく聞いておくのがおすすめですよ。


対処法7. 相手の言葉を間に受けない

酔っ払って気が大きくなっていると、普段は絶対言わないことでもベラベラと話してしまいがちです。

酔った彼氏が、本音とは全く違うことを言ったり、あり得ない約束をしてきたりする場合もありますが、全て受け流すようにしましょう

  • 「寂しいから、〇〇ちゃん一生一緒にいてー!」と言われても、舞い上がらないようにする
  • あなたの性格や容姿などを傷つけるようなことを言われても、酔っ払いの戯言として、受け流す

などをしてみると良いですね。


酔っ払って電話してくる彼氏の心理を知って適切な対処をしましょう!

酔っ払った彼氏からの電話って、なんだか可愛いなって思う反面、その電話に付き合うのって、正直、めんどくさいもの。

声が聞きたいからと甘えてかけてきた彼氏には、優しく対応してあげましょう。

しかし、酔った勢いであなたのことを悪く言ってくるなら、できるだけ早く電話を切り、後できちんと謝罪させてケジメをつけるのも大切。

また、彼氏だからといって、毎回の電話に必ず最後まで付き合う必要はありません

酔っ払った彼氏の状態や、電話の内容、あなたの都合などを考えて、柔軟に対応していきましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事