苦手を得意に!会話が続かない原因を今すぐ克服する7つの方法

会話が苦手だと感じている方へ。今記事では、会話が苦手な人の特徴や原因から、会話力を高める方法まで詳しくご紹介します。さらに、会話が苦手な人へ読んで欲しいおすすめの本も解説。苦手な会話を克服して、良好なコミュニケーションを取れるようにしてくださいね。

会話が苦手な原因を改善する方法をレクチャー

会話が苦手な人

もっと会話したいと思っても、どのように会話を広げればいいかわからず悩んでしまう人も多いでしょう。でも、安心して。苦手な会話を克服する方法って実は簡単なんです。

この記事では、会話が苦手だと思っている人や実際に苦手な人の特徴、苦手な会話を克服する方法について解説します。

仕事もプライベートも、人との会話を苦手だと感じている人は、ぜひ参考にして会話を楽しんでくださいね。


会話が苦手と思っている人に共通している特徴

会話が苦手だと思っている男性や女性の中には、様々な特徴が存在しています。ここでは、会話が苦手だと思っている人に共通している特徴について解説します。

ぜひ参考にして、会話が苦手だと感じている人は自分に当てはまっているか確認してみてくださいね。


会話が苦手な人の特徴1. 話す時に相手の顔を直視できない

会話が苦手だと思っている人は、会話をしている時に不安や緊張で動揺しているケースも少なくありません。

人見知りで相手の目を見て話すことにハードルの高さを感じており、相手と対峙するだけで落ち着かなかったり目が泳いだりすることも。そのため、話している時に顔を直視できず、つい下を向いてしまうことも多いです。


会話が苦手な人の特徴2. 自分から話題を切り出せない

会話に対して苦手意識がある人は、会話のネタや引き出しが少ないケースもしばしば。そのため「自分から話そう」と思っても、何を話せばいいかわからずつい黙り込んで沈黙状態になることも。

いつも会話に消極的で、相手から話しかけてくれることを待ってしまいがち。会話に対して主体的になれないために、会話が苦手だと思ってしまうのです。


会話が苦手な人の特徴3. 相槌やリアクションが薄い

会話が苦手だと感じている人は、トーク自体を盛り上げることにも苦手な傾向に。そのため会話している時、相手の話に対して無表情になったり反応がほとんどなかったりすることも多いです。

会話を苦手だと思っている人はしっかりと反応しているつもりでも、相手からすると無視されているように感じがち。不快に思うことで、会話も続かないことに繋がりやすいです。


会話が苦手な人の特徴4. 相手の話の腰を折ってしまう

会話が苦手な人は、会話が切れて沈黙になることを恐れることもしばしば。そのため会話を切らさぬように、次々と会話を投げつけてしまう傾向にあるのも大きな特徴。

相手の話が終わっていないにも関わらず「そういえば〜」と話してしまうことで、相手は不満に思うことも。会話がぎこちないものになり、コミュニケーションが取りにくくなります。


【シーン別】会話が苦手な人に共通している特徴とは

会話が苦手な人は、様々なシーンで大きな特徴が垣間見れます。いったいどのような特徴があるのか気になる人も多いでしょう。

ここでは、会話が苦手な男性や女性に共通している特徴について、「仕事」と「恋愛」の2つのシーンに分けて解説します。ぜひ参考にして、どのような特徴があるのかチェックしてみましょう。


【仕事編】仕事中の会話が苦手と感じる人の特徴

会話が苦手な人は、仕事をしている最中にも大きな特徴が垣間見れます。うまく自己主張できなかったり、目上の人に対して何も話せなかったり、その種類も非常に様々。

ここでは、仕事中における会話が苦手だと感じる人の特徴について解説します。


特徴1. 目上の人が相手だと緊張して何も話せない

友達など普段の会話は饒舌な人でも、会話が苦手な人だと感じる人は先輩や上司、取引先の前だと緊張して話せなくなってしまいます

この時目上の人に対してどのように話せばいいかわからず、困惑していることも少なくありません。仕事に関することで先輩などから話しかけられても言葉が出てこず、つい相槌だけになってしまうことも多いです。


特徴2. 当たり障りのない会話しかできない

社交辞令や営業トークなど、ビジネストークしか出来ない男性や女性に多い特徴だといえます。このような特徴を持っている人は、会話している時に話し相手からどう思われるのか意見を聞かれると考えてすぎてしまうこともしばしば。

当たり障りの会話であれば、相手から何か言われる心配もありませんよね。その精神が強いので、つい表面的な話ばかりして、その場をなんとか乗り切ろうと考えます。


特徴3. 大勢の人を前にするとうまく自己主張できない

会話が苦手だと思っている人は、大人数の前だと緊張してしまう傾向にあります。「話さなきゃ」とは思っているものの、人見知りで何を話せばいいのかわからなくなり、頭の中が真っ白になることも少なくありません。

そのため、仕事で大勢の人を前にすると、黙ってしまったり挙動不審になって見当違いの返答をしてしまったりすることも。自己主張がうまくできないので、会話が続かないことに繋がります。


【恋愛編】異性と話すのが苦手な人の特徴

会話が苦手な人は、仕事だけでなく恋愛においても様々な特徴が見られます。異性と話すだけで、頭の中が真っ白になって会話の内容を忘れてしまう人も。

ここでは恋愛における、異性と話すことが苦手な人に現れやすい特徴について解説します。ぜひ参考にして、恋愛で気になる異性と話している時に当てはまっていないかチェックしておきましょう。


特徴1. 二人きりで何を話していいか分からない

異性と話すのに慣れていない、うぶな人に多く見られる特徴だといえます。異性と話すことが苦手な人は、恋愛慣れをしていないので話すだけですぐに緊張していまいがち。

相手と仲良くなりたいと思っていても、何を話せば相手が喜ぶのかいちいち考えてしまうので、うまく言葉が出てきません。つい黙り込んでしまうことも多く、会話がぎこちないものになりやすいです。


特徴2. 対面だと恥ずかしくて早口になりやすい

異性と話すことが苦手な男性や女性の中には、シャイな性格の人も多いです。恋愛で異性と対峙するだけで緊張することも多く、自分のことだけで精一杯になりがち

そのため、伝えたい思いが先走って、つい早口になり、相手を置き去りにすることも。相手は何を言っているのかうまく聞き取れずに、意思疎通が図れないケースも多いといえます。


特徴3. 自分の話ばかりしてしまう

自分のことしか頭にない男性や女性も、異性との会話が苦手になる人も大きな特徴だといえます。異性のことが気になっている場合、自分に興味を持って欲しいと思うこともしばしば。

「相手に気に入ってほしい」という思いが先行してしまい、つい自分のことばかり話しがち。会話が一方的になることでうまくコミュニケーションが取れず、会話がギクシャクすることも多いです。

【参考記事】はこちら▽


具体的な理由とは?会話が苦手と感じてしまう主な原因

会話が苦手だと感じる時、自分に自信がなかったり相手に気を使いすぎたり、様々な理由が考えられます。

続いては、会話が苦手だと感じてしまう原因について解説。ぜひ参考にして、どの理由が自分に当てはまっているのか照らし合わせてみましょう。


会話が苦手な原因1. 自分の意見や考えに対して自信がないから

自分の話で相手が喜んでくれるかどうか不安になってしまい、話ができなくなるケースもあります。会話が苦手な人は自分の意見に自信がなく、「こんなこと言ったらつまらないと思われるかな」などとあれこれ考えてしまいがち。

そのため、自分が話す状況になっても、あれこれ考え込んでしまうので会話がぎこちないものになりやすいです。

【参考記事】はこちら▽


会話が苦手な原因2. 日頃から人と話す機会が少ないから

普段から人と話す機会が少ない人は、人見知りで会話に慣れていないので、どうしても苦手意識を感じがち。

経験している会話パターンが少ないので、ちょっと想定外の会話内容になるとどのように答えていいのかわからず、言葉が出てこないことも。

一度会話に苦手意識がつくことで、どんどん会話を避けてますます会話が苦手になることもあります。


会話が苦手な原因3. リアクションが薄く無愛想だから

話している時だけでなく、聞いている時の態度によって会話が苦手だと感じてしまうことも。話を聞いている時に反応しなかったり頷きなどが全くなかったりすると、話している人は「話を聞いているのかな?」と不安に思いがち。

話していても伝わっている実感が持てず、会話に前向きな気持ちになれず、すぐに話が途切れやすいです。

【参考記事】はこちら▽


原因4. 話し相手に対して気を使いすぎているから

相手のことを気にしすぎて会話が苦手になるケースも少なくありません。会話している時に、「こんなこと言ったらどう思うだろうか」「このことを言ったら傷つかないかな」などあれこれ考えてしまいがち。

相手に対して遠慮しすぎてしまうことで、何を話せばいいのかわからず悩んでしまうこともしばしば。会話がぎこちなくなりやすく、苦手に感じてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


原因5. 会話のネタやトークの引き出しがそもそも少ないから

会話する前の情報量で会話がスムーズにいくかどうか決まることも。知っていることや自分が持っている会話ネタが多いと、様々な話題が提供できるので会話も長続きしやすいです。

ですが、会話ネタやトークの引き出しネタが少ない場合、どのように会話を進展させればいいのかわからないので、会話が発展しにくい傾向にあります。


会話が苦手なのは克服すべき?会話力を高めるメリットとは

会話力を高めることで、いったいどのようなメリットがあるのか気になる人も多いはず。会話力があれば、自分の気持ちがしっかり伝えられたりモテやすくなったり、様々なメリットがありますよ。会話力を高めるメリットについて、具体的に見ていきましょう。


メリット1. 初対面の人でも円滑にコミュニケーションがとれる

会話力が高まることで、会話中にぎこちなさを感じることも少なくなりやすいです。初対面でも相手の様子を伺いながら話ができるので、一方的な会話になることもありません。

会話のキャッチボールがスムーズに進みやすくなるので、会話している相手も居心地の良さを感じやすいでしょう。どんどん話が盛り上がって、初対面でも意気投合しやすくなるといえます。


メリット2. 自分の気持ちや考えを相手にしっかり伝達できる

会話力が高くなることで、自分の意見や考えに対して「相手がどう思うかな」と気になることも少なくなります。

そのため自分の意見を言うことに抵抗もなくなり、堂々と発言するので相手に自分の考えや気持ちを伝えやすくなるのもメリットの一つ。

お互いの意見をしっかりと伝えあえるので、会話も続きやすくなり有意義なものになりやすいです。


メリット3. 異性との会話が盛り上がるため、モテやすくなる

恋愛にも大きなメリットとして挙げられることも。会話力が高まれば、二人きりでいても何を話せばいいのかわからずあたふたすることもありません。

相手のペースにあわせて話ができるようになることで、自然と相手は好印象を持ってもらいやすいはず。相手は次第に居心地の良さを感じて、気がつけば好意を抱かれることもあります。


自分を変えたい!苦手な会話を克服する7つの方法

会話が苦手な時、なんとかして克服しようと考えている男性や女性も多いでしょう。そんな時にぜひ試してほしい克服方法もしっかりと存在しています。

ここでは、苦手な会話を改善する方法について解説します。ぜひ参考にして、「よさそう」と思うものがあれば取り入れてみてくださいね。


克服の仕方1. 話す時は相手の目を見てハキハキと話す

まずおすすめしたいのが、話すときの態度。会話が苦手な人の場合、どうしても話している途中で早口になり、相手からすると聞き取りづらくなることもしばしば。

さらに話している時によそを向いていると、「話したくないのかな」と不安になることも。

相手の目を見てはっきり話すことで、相手も「しっかりと自分と向き合ってくれている」と感じて安心しやすいです。


克服の仕方2. 相手の会話に対して、大きめのリアクションをする

聞いている時の態度を変えることで会話力が高められることも。相手が話している時に「そうなんだ」と言ったり大きく頷いたりすることで、相手に話していて楽しい印象を与えられるはず。

大きめのリアクションをとることで相手はいい気分になりやすく、どんどん話が弾んで盛り上がりやすいでしょう。ちなみに少し会話に慣れてきたら、質問を挟むとより会話が発展しやすいです。


克服の仕方3. 普段から会話のネタやトークの題材を準備しておく

時事ネタや話題のドラマやお店など、会話の幅が広いほど、どんな人が相手でも盛り上がれます。普段からニュースを見たり新聞を読んだりして、会話のネタを探す意識を持ってみてください。

会話の引き出しが多くなることで、初対面の人を相手にする時でも困りません。共通の話題が見つかることで自然と会話が盛り上がり、お互いに意気投合しやすくなります。

【参考記事】はこちら▽


克服の仕方4. 自分の意見にしっかりと自信を持つ

会話が苦手な人の中には、自分に自信がないことが原因になっていることも多いです。自分に自信を持つことで積極的に自己主張できるようになり、会話もスムーズに進みやすくなるはず。

ちなみに自信をつけたい時は、「上手く話せなくても大丈夫」だと自分に暗示をかけるのがおすすめ。

会話に対してリラックスして挑めるようになり、数を重ねることで自信もつきます。


克服の仕方5. 相手にどう思われるかを気にしすぎない

会話している時、いつまでも相手の顔色を伺っていては当たり障りのない会話しかできません。会社の上司や取引先など、相手のことを気にしすぎないことで楽しい会話になりやすいです。

もし何を話せばいいかわからない時は、休日の過ごし方など、プライベートのことなど少し相手に切り込んだ質問をしてみてください。多少怖くても思い切って聞いてみることで、すんなり打ち解けられることも多いです。

【参考記事】はこちら▽


克服の仕方6. 家族や友達、恋人と普段から会話する機会を増やす

会話が苦手だと感じている人は、そもそも会話の絶対数が少ないケースもしばしば。会話そのものに慣れるためにも、友達や恋人など、身近な人と意識的に会話するようにしましょう。

多少勇気がいることかもしれませんが、会話自体に徐々に慣れていくことで会話に自信がつくはず。慣れてくると自分から話しかけるようになり、会話に楽しさを感じ始めますよ。


克服の仕方7. 会話力を高める本を読んでトークスキルを磨く

会話力を高めたい時は、会話が上手い人の情報を参考にするのも克服方法の一つ。本屋さんに行けば、会話力を高める方法に関する本もたくさん販売されています。

なかなか自分でトークスキルを磨こうと思っても、自己流だとうまくいかないことも。そこで「こういう話し方があるんだ」とトークスキルを参考にすることで、一気に会話力が改善されやすいです。


会話が苦手な人にぜひ読んでいほしいおすすめの本3冊

会話が苦手な時、本を読むことで会話力向上に役立つ可能性も。最後に、会話が苦手な男性や女性に読んでほしいおすすめの本について解説します。

ぜひ参考にして、おもしろそうだと感じたときはぜひ購入を検討してみてくださいね。


おすすめの本1. 『タイプがわかれば上手くいく!コミュニケーションスキル』谷 益美/枝川義邦著

タイプがわかればうまくいく! コミュニケーションスキル

どうして会話が苦手なのか詳しく知りたい人におすすめしたい一冊です。この本の大きな特徴は、どうして会話が苦手なのか、添付されているチェックシートで自分のタイプを知れること。

タイプごとの改善方法を実行するだけで、会話が苦手な人も楽しく話せるようになりますよ。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本2. 『言いたいことが確実に伝わる17秒会話術』安田 正著

言いたいことが確実に伝わる17秒会話術 (アスカビジネス)

話している時に言いたいことがわからなくなる人も少なくありません。端的に相手に意見を伝えたい人におすすめしたい一冊。

論理的思考力に関する内容が記載されており、この本を読んで会話に応用すれば、説明上手になり会話もスムーズに進みやすくなります。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本3. 『1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法』鳥谷 朝代著

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法

話す前にいつも緊張してしまう人にぜひおすすめしたい本です。大勢の人の前で話すときでも緊張しない方法について書かれており、どんな場面でも落ち着いて話ができるようになるはず。

落ち着いて話すことで、会話も自然なものになりやすく、話し上手に近づきます。

Amazonで詳細を見る


苦手を克服して、話していて楽しい人になりましょう。

会話が苦手な人は、話すときに相手のことを見れなかったりリアクションが薄かったり、続かない特徴も様々です。

会話が苦手なままでいいと思っている人は少ないため、会話力を高めて初対面の人でも円滑に会話ができるような人になりましょう。

「話すときに相手の目を見る」「自分に自信を持つ」といった克服方法をしっかり意識して、会話上手を目指してみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事