人間関係が苦手な人の原因とは|人付き合いでストレスを溜めない方法を解説

職場や友達、恋愛など人間関係が苦手でストレスを抱えてしまう人へ。本記事では、人間関係が苦手な人の特徴と原因から、人間関係が苦手な相手別の克服方法を徹底解説!また、対人関係でストレスを溜めた時の解消法と人付き合いで悩んだら読むべきおすすめの本も紹介していきます。

人間関係に苦手意識がある人必見!

人間関係が苦手な人

SNSの発達によって人間関係は複雑になっていき、苦手意識やストレスを感じることも多くなりました。実際に、対人関係の悩みで苦しんでいる人も多いですよね。

しかし、対人関係から逃げることはできず、どこかで向き合わなくてはいけません

そこで今回は、人間関係が苦手な人の特徴や苦手意識の克服方法を解説していきます。対人関係で疲れることが多い現代だからこそ、一つ一つの内容をしっかりとチェックして人間関係と向き合っていきましょう。


どんな人が多い?人間関係が苦手な人の特徴

人間関係が苦手な人は、単に人嫌いなわけではありません。人付き合いが好きだからこそ、苦手に感じてしまう人もいるのです。

そこで、対人関係が苦手な人の特徴から、苦手だと感じる原因を探っていきましょう。


人間関係が苦手な人1. 真面目すぎる性格

良好な人間関係を築こうと思うほど、理想の対人関係のハードルが上がります。その結果、自分には人間関係を構築する力が無いと思ってしまうこともありますよね。

そのため、どんなことも真面目に取り組んでしまう人は人間関係が苦手に感じてしまいます。全ての人と上手く付き合おうと頑張ってしまうほど、達成できない課題に悩んでしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


人間関係が苦手な人2. デリケートで繊細な性格

相手のことを傷つける意図が無くても、言葉の表現や態度で嫌な思いをさせてしまうことはありますよね。こうしたことは、どれだけ良好な関係でも起きてしまうため、ある程度許容しなければいけません。

しかし、繊細な性格の人は少しのことでも傷つき悩んでしまうのです。悪気のないことでも、大きく傷つくことで人との関わりが怖くなり、人嫌いになってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


人間関係が苦手な人3. 自意識過剰で人からどう思われるかを気にしすぎる

良い関係を築きたいと思うのは、憧れや好意を持っている人です。だからこそ、自分の発言や言葉などで相手から嫌われたくないとも思うことも珍しくありません。

しかし、この思いが強くなると自分の意見を言えず、嫌なことでも賛成してしまうのです。常に自分を押し殺している付き合い方が、人間関係を楽しいと思えなくなります。

【参考記事】はこちら▽


人間関係が苦手な人4. 相手に期待しすぎてしまう

人間関係は自分の視点から考えると、自分と相手の二人だけの関係となります。しかし、人間関係は1人でいくつも築くものであり、相手と自分の関係はその中の1つでしかありません。

そのため、食事に誘っても他の友人を優先して断られることもありますよね。相手にとって自分との関係は特別だと期待しぎる人ほど、気持ちのすれ違いが辛く感じてしまうのです。


人間関係が苦手な人5. コミュニケーションが得意ではない

人間関係を築くためには、会話などのコミュニケーションが欠かせません。様々なコミュニケーションを通して、お互いのことを知っていく中で人間関係が作られているからです。

そのため、コミュニケーションを取るのが苦手な人は、人付き合いも苦手になります。お互いのことを知らないままでは好きか嫌いか判断できず、使い方も分からないため、苦手意識が大きくなってしまうでしょう。

【参考記事】はこちら▽


人間関係が苦手な人6. 他人への警戒心が強い

相手と深い人間関係を作るためには、相手のことを信頼して自分のこともさらけ出す必要があります。そのため、他人への警戒心が強いと、相手との壁を作ってしまい仲良くなりづらくなることも。

例えば、無意識に不満そうにしたり、ぶっきらぼうな態度になったりと相手との距離を保とうとします。相手からも仲良くなりたいと思われなくなるため、人間関係が進展しないことも多いです。


人間関係が苦手な人7. 自己中心的で自分の思い通りにならないことは嫌う

お互いに対等な関係でなければ、人間関係は良好にならず長続きしません。嫌なことは嫌だと伝えることも、人間関係を築くためには必要です。

しかし、自己中心的な人は自分の思い通りにならないことを許せません。食事や休日の予定など、自分の考えと一致しないなら仲良くなれないと諦めてしまい、うまく人間関係が構築できないのです。

【参考記事】はこちら▽


人間関係で苦手意識を持ってしまう原因とは

初めは苦手でははくても、人付き合いの中で徐々に対人関係に苦手を持ってしまうことがあります。そこで、人間関係が苦手になる原因とは、どんなのことなのか解説していきます。

人嫌いになる前に苦手意識を克服するためにも、その原因をしっかり究明しましょう。


苦手意識を持つ原因1. 過去に信頼していた人に裏切られた

他人への警戒心や不信感が大きいほど人間関係を良く思えなくなります。過去に信頼していた人に裏切られたことなど、他人への信頼が揺らぐ経験がある人ほど、人間関係が苦手だと感じてしまうのです。

また、裏切られた経験は深い人間関係を築くのをためらわせる原因でもあります。人嫌いになり関わること自体を避けてしまうため、人間関係への苦手意識が改善されることはありません。


苦手意識を持つ原因2. 考えや価値観が合わない人とばかり接してきた

楽しいと思える人間関係は、自分との共通点が多い人との関係です。反対に、考えや価値観が合わない人との関係は自分の意見を言えず苦しくさせますよね。

特に、グループでの人間関係は価値観が合わないと疎外感を抱きやすくなります。

価値観が合わない人と付き合う機会が多いほど、人間関係の中で辛い疎外感を抱くことが増え、それが苦手意識の原因になるのです。


苦手意識を持つ原因3. 嫌われる=悪い人という思い込みがある

人間関係は良好な人ほど、人に好かれる良い人というイメージを持っている人が多いです。すると、人間関係を築けない人や他人から嫌われる人は悪いという思い込んでしまいます。

そのため、他人から嫌われないために気を遣ったり、我慢したりしていると人間関係に疲れ苦手意識が生まれてしまうのです。他人からの評価を気にしている人ほど、無理な付き合い方をして苦手に感じやすい傾向があります。


【相手別】人間関係の苦手意識を克服する方法

ここからは、相手や状況に合わせた苦手意識の克服方法を紹介していきます。人間関係が苦手な人の中には、仕事や恋愛、友人など、特定の対人関係だけが苦手だと感じることも多いですよね。

そのため、相手に合わせた克服方法を身につけて、対人関係の悩みを解決していきましょう。


人間関係の苦手意識を克服する方法:「仕事編」

職場では会話をすることは少ないため、人間関係を克服するには挨拶などの少量のコミュニケーションが重要です。そのため、克服までのハードルが低いことが特徴となります。

職場での人間関係は仕事に直結することがあるため、克服することが仕事での評価にも繋がりますよ。


仕事の人間関係の克服法1. 挨拶から始めてみる

人間関係への苦手意識は、他人への警戒心があることや距離感が掴めないことが原因です。そこで、自分から関わるようにするために、挨拶からコミュニケーションを始めましょう。

毎日挨拶をするだけでも人間関係が築けますし、挨拶だけなら価値観などを気にする必要はありません。付き合い方が分からなくても実践できるため、毎日続けるようにがんばりましょう。


仕事の人間関係の克服法2. 最低限”報連相”を意識する

人間関係が苦手だと1人で仕事に打ち込みますが、自分だけではミスがあっても気づけません。その結果、仕事のミスを他人に指摘され、その人のことが怖くなると余計に苦手意識が生まれます。

そのため、最低限の報連相を意識し行いミスをなくしましょう。報連相が細かくするようになると、感謝されたり認められたりするため、自然に円満な人間関係を築けるのです。


仕事の人間関係の克服法3. イベント行事に参加して、プライベートの話をしてみる

仕事で見せる厳しい姿に苦手意識が生まれ、それが人間関係にも繋がってしまうことがあります。そこで、イベントや行事など、いつもとは違った場所で接してみましょう。

また、仕事の話をしなくても良いため、簡単に打ち解けたり意外な好みを発見できたりします。嫌いな人でも予想外の姿に好感を持てることもありますので、イベントを通して少しずつ苦手意識を克服してくださいね。


人間関係の苦手意識を克服する方法:「友達編」

友達との人間関係は長期間続いていくことがほとんどです。そのため、無理をしない人付き合いが重要なポイントになります。

また、友達との関係は他の人間関係を癒やす関係にもなるため、積極的に苦手意識を克服していきましょう。


友達との人間関係の克服法1. 無理に話そうとせず、聞き上手を目指す

人間関係はコミュニケーションを土台に築かれるため、会話が続かないことが苦手意識の原因になります。そのため、頑張って会話を続けようとして失敗してしまうことも少なくありません。

そこで、無理に会話を続けるのではなく、聞き上手を目指すことがおすすめです。あなたが会話の主導権を握らなくても、相手にとって話しやすい人であれば円満な人付き合いになりますよ。

【参考記事】はこちら▽


友達との人間関係の克服法2. メールやLINEは無理に続けようとしない

メールは、時間を問わずに連絡を取り合えますが、頻度が多くなると負担が大きくなります。相手に合わせてメールやLINEを続けず、自分のペースで返信するようにしましょう。

途中で会話をやめるのは相手に悪いと思ってしまいますが、案外何とも思っていないことも多いのです。疲れる人間関係にしないためにも、無理しない程度に会話を楽しんでくださいね。


友達との人間関係の克服法3. 少しずつ自分の素の姿を見せるよう意識する

常に相手に合わせている関係は安定しているように思えますが、友人と一緒にいることが苦しくなります。そこで、関係に慣れてきたら、少しずつ自分の考えや意見を出せるように意識していきましょう。

自分の素の姿が出せるようになれば、我慢したり気疲れしたりすることがなくなります。人間関係を気軽に考えられるようになり、今よりも苦手意識が少なくなっていきますよ。


人間関係の苦手意識を克服する方法:「恋人編」

大切な関係である恋人は、嫌われたくないという気持ちが苦手意識を生む原因となります。ただ、恋人は人嫌いの対象ではありませんので、苦手意識を克服しやすい関係です。

そのため、少しだけ心を許すことを意識するだけでも、円満な関係が築けますよ。


恋人との人間関係の克服法1. 自分の気持ちをきちんと伝える

恋愛では相手のことが大切だからこそ、傷つけないように、嫌われないように気を遣ってしまいますよね。しかし、どちらか気を遣っていると、上辺だけの関係になり長続きしません。

そのため、大切な恋人には自分の気持ちを素直に伝えるように努力しましょう。ケンカになることもありますが、お互いの気持ちをきちんと知ることで今よりも深い関係へと進展します。


恋人との人間関係の克服法2. 恋人のことを思った発言を心がける

付き合っているからといって、何よりも恋人を優先しなければいけないことはありません。自分の望む結果にならないからといって、相手を傷つけたり責めたりすることはできないのです。

そこで、常に恋人の気持ちを考えた発言を心がけましょう。自分よりも恋人を大切に扱うことで、トラブルが起きるのを防ぎ、円満な恋愛関係を築けますよ。


人間関係の苦手意識を克服する方法:「家族編」

意外な苦手意識を生んでしまう関係が家族になります。家族は自分と近く信頼できる相手だからこそ、こじれてしまうと苦手意識が生まれやすいのです。

家族は最も信頼できる関係であるため、しっかりと苦手意識を克服できるように努力していきましょう。


家族との人間関係の克服法1. 家族も一人の人間であると理解する

一緒に生活している家族は、共通の好みや考え方を持っていると思いがちです。確かに、環境によって価値観などが似ることはありますが、全てが同じになることはありません

そのため、家族であっても1人の人間であり、自分の思い通りにならないことを理解しておきましょう。一人一人の違いを理解し、その中で家族との関係をしっかりと構築してくださいね。


家族との人間関係の克服法2. 当たり前のことでも感謝を伝える

家族関係が悪化するのは、家事や育児、仕事など、家族のために行動するのが当たり前だと思ってしまうからです。すると、たまたまできなかったことに対しても、相手を強く責めてしまい関係がギスギスしてしまいます。

そのため、当たり前だと思うことでもきちんと感謝を伝えることが大切です。感謝が伝わればお互いに尊重しあえる関係が作られ、今より幸せな家庭が築けますよ。


人間関係が苦手でストレスを溜めた時の解消法

苦手意識があると、人間関係の中で大きなストレスを感じますよね。このストレスが大きくなると人嫌いになってしまい、ますます苦手になってしまいます。

そこで、自分に合った解消方法を身につけて、上手くストレスと付き合うようにしましょう。


ストレス解消法1. 信頼できる友人と遊ぶ

気の合わない人や、上手くいかない関係の中にいることがストレスの原因となります。そこで、信頼でき遠慮なく付き合える友人と遊ぶことがストレス解消に最適です。

悩みのある人間関係から離れたり、愚痴や悩みを聞いてもらったりすることで心がスッキリしますよ。また、心地良い関係は逃げ場所になるため、人間関係の悩みを軽く考えられるようにもなれるのです。


ストレス解消法2. 趣味など楽しいと思えることに没頭する

人間関係自体がストレスになる場合、1人の時間を確保することもストレス解消になります。1人でできる趣味などに没頭し、1人の時間を存分に楽しみましょう。

楽しいことに没頭している時間はストレスや悩みを忘れられ、他人と関わらないことでゆとりが持てます。嫌いな人がいる場合や普段から人付き合いが多い人ほど、1人の時間を確保することが大切ですよ。

【参考記事】はこちら▽


ストレス解消法3. 運動をして体を動かす

悩みやストレスから考えをそらすことが、ストレス解消の鉄則です。そこで、筋トレやスポーツなどの運動をして、積極的に体を動かしましょう。

運動している間はその運動に集中するためストレスを忘れやすく、体を動かすことでリフレッシュできます。さらに、筋肉が増えるなどの成果が出ると、自分に自信が生まれて体も心も強くなれますよ。


ストレス解消法4. カラオケに行って熱唱する

運動と同じように、大きな声を出すこともストレス解消に繋がります。カラオケに行って、自分の好きな曲だけを思いっきり熱唱することもおすすめの解消方法です。

ただ、友人と行くと気を遣ってしまい、好きな曲が歌えないため逆にストレスが溜まることもあります。誰かと行くだけでなくヒトカラも候補に入れて、最も楽しめる方法でカラオケを楽しみましょう。


人間関係が苦手でストレスを溜めがちな人におすすめの本

人間関係でストレスを溜めないようにするためには、新しい知識や考え方を身につけることも大切です。そこで、人間関係にまつわる本を3冊紹介します。

今までの人間関係への考え方や捉え方を変えて、自分が楽になる付き合い方を選択しましょう。


おすすめの本1. 『嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え』岸見 一郎 (著), 古賀 史健 (著)

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

3大心理学者の1人ともいわれているアドラーの考えを元にしたのがこちらの本です。嫌われる勇気を持つことで人間関係を幸せに変えられるという、私達の認識とは逆の考えを記しています。

そのため、相手から嫌われるのが怖く、それが苦手意識の原因になっている人におすすめの一冊ですよ。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本2. 『マインドフルネス 「人間関係」の教科書 苦手な人がいなくなる新しい方法』藤井 英雄 (著)

マインドフルネス 「人間関係」の教科書 苦手な人がいなくなる新しい方法 (スピリチュアルの教科書シリーズ)

相手を傷つけない自己表現方法や聞き上手になる方法など、人付き合いで苦手意識を持つ部分を解消できるノウハウが記されている本です。

コミュニケーションの基本を一から学べるため、会話が苦手な人や沈黙が耐えられない人はぜひ読んでみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本3. 『人間関係をしなやかにする たった一つのルール 初めての選択理論』渡辺 奈都子 (著)

人間関係をしなやかにする たったひとつのルール はじめての選択理論

この本の中では、相手をコントロールすることはできず、コントロールしようとするから上手くいかないと述べています。

自分の感情をコントロールすることで、人間関係が円滑になるため、相手に合わせることが苦手な人におすすめの一冊です。

Amazonで詳細を見る


どうしても人間関係がうまくいかない場合どうすれば良い?

人間関係は必ず上手くいくとは限りません。どれだけ頑張っても嫌いな人はできてしまい、好きなれないことに疲れることもあります。

そのため、合わない人や環境から離れることも重要な選択肢の1つです。ストレスを溜めてまで人と付き合うのではなく、自分が楽しめる環境で新しい人間関係を構築することが大切ですよ。

【参考記事】はこちら▽


苦手な人間関係は、少しずつ克服してみて。

人嫌いだったりコミュニケーションが苦手だったりすると、人間関係でのストレスは大きく感じますよね。しかし、克服方法を続けることができれば、人間関係でのストレスは軽減させることが可能です。

また、円満な人間関係が築ければ、他人との関わりが楽しくなり、交友関係が広がっていくこともあります。大きなストレスを感じてまで行う必要はありませんが、少しずつ苦手意識を克服して人間関係を楽しめるようになりましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事