気を使いすぎる人の特徴とは?気を使ってしまう原因&改善方法を解説

周りに気を使いすぎる人になって、精神的に疲れを溜めていませんか。できれば性格を直したいですよね。そこで今回は、気を使いすぎる人の深層心理や特徴、気を使いすぎる原因、性格の改善方法を解説します。気を使いすぎると人をイライラさせることもあるため、ぜひ改善させていきましょう。

気を使いすぎる性格を改善する方法を解説!

気を使いすぎる人の特徴

職場や学校、地域などで周囲に気を使いすぎて疲れる、そんな悩みを持っていると辛いものです。

自分の意見をうまく言えなかったり、相手に押し切られて妥協したりすることも多く、本当は直したいと思っていることも多いはず。

今回は、人に気を使いすぎる心理や特徴を解説した上で、周囲からの印象や気を使いすぎる性格の改善方法をご紹介します。


気を使いすぎるのはなぜ?気になる深層心理とは

本当はもっと自分らしく過ごしたいのに、つい相手に気を遣って一歩下がってしまうという人がいます。

気を使いすぎる性格を改善するには、まず気を使いすぎてしまう心理を掴むことが大切です。なぜ気を使いすぎてしまうのか、その深層心理についてご紹介します。


気を使いすぎる心理1. 他人から嫌われたくない

周囲に気を使いすぎてしまう人は、常に相手から自分がどう思われているのかが気になっています。

「こう言うと不機嫌になるのではないか」といったネガティブな思考が強く、素の自分を出して嫌われるのが怖いのです。

嫌われるくらいなら、多少しんどくても自分が気を遣うことで相手の考えを優先させようという心理が働きます。

【参考記事】はこちら▽


気を使いすぎる心理2. 人が落ち込む姿を見たくない

気を使いすぎる人は、基本的に優しい性格をしています。

悲しそうにしていたり、会話に参加せず落ち込んでいたりする人を見ると、気になってしまうのです。

「どうしたの?」と声をかけるのは誰でもしますが、気を使いすぎる人は相手に元気になってもらいたいという心理が強すぎて、何かと手を焼いたり先回りして物事を片付けたりします。


気を使いすぎる心理3. 周りの人を過剰に心配している

自分のことよりも、周囲の人のことを優先するのは気を使いすぎる人の特徴です。

例えば近くに仕事が忙しい人がいると、「あの人はあんなに頑張っていて疲れていないだろうか?」などと過剰に心配する心理が働き、代わりに仕事の一部を引き受けたりします。

その結果、いろいろな負担を抱えて今度は自分が疲れてしまうのです。


どんな人に多い?気を使いすぎる人の特徴5つ

気を使いすぎる人は自分よりも相手を優先してしまうため、何かと損をしているような気がしますよね。


気を使いすぎる人の特徴1. 自分の意見が言えない

気を使いすぎる人は、相手への配慮が過剰であるという特徴があります。

「こんなことを言ったら相手が傷つくかもしれない」という心配が尽きず、自分の意見を主張することを迷うことが多いです。

また、相手と意見が食い違った時は、自分が我慢すればいいという考えが働くため、自分の意見を言わないで相手の意見を優先する癖があります。


気を使いすぎる人の特徴2. 頼まれたことに対して「No」が言えない

気を使いすぎる人の特徴として、相手に嫌われたくないという心理がとても強く働くというものがあります。

普段から周囲に気を遣っていることが分かっている人から「「これやっておいて」などと頼まれた時、忙しかったり体調が悪かったりしても断り切れません。

断ったら「じゃあもういいよ」と相手が不機嫌になるかもしれないと考え、疲れるとしても関係が悪くなるくらいなら折れようと思うのです。


気を使いすぎる人の特徴3. 人のミスを許してしまいがち

気を使いすぎる人にとって、身近に落ち込んでいる人がいるのは耐えられません。

その人のことが気になってしまうだけでなく、手を差し伸べず見て見ぬふりをしているようで気が引けます。

落ち込んでいる理由がその人自身のミスだとしても、指摘して冷たい人だと思われるのが嫌なので「いいよ、いいよ」と許してしまいがちです。


気を使いすぎる人の特徴4. お世辞を言うことが多い

気を使いすぎる人は、相手に対して下手に出ようとする特徴があります。

本心では相手の意見にあまり賛成できないと思っていても、反対したり指摘したりして相手が不機嫌になるとどうしたらいいか分からないため、相手に合わせようとするのです。

当たり障りのないお世辞を言ってその場を切り抜けようとする傾向があるでしょう。


気を使いすぎる人の特徴5. ストレスを溜めやすい

気を使いすぎる人は、常に不安や気がかりなことを抱えています。

人間関係において常に気を張っていて、相手の意見を優先するため、立場的に不利な状況になることが多くストレスを感じやすいです。

過剰に相手の機嫌を取ろうとする性格なので、気持ちが休まる時がありません。ぐったりするほど疲れるといったことも珍しくないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


気を使いすぎる人に対する周囲からの印象はどんな感じ?

気を使いすぎる人は自分よりも相手を優先してしまうため、何かと損をしているような気がしますよね。日頃から「私のことは気にしなくていいよ」などと言ってしまいがちです。

実際のところ、本人は良かれと思っているかもしれませんが、周囲にいい印象を与えているとは限りません。気を使いすぎる人に対して、周囲がどんなことを考えているのか見ていきましょう。


周囲からの印象1. 裏表がありそう

常に相手を優先して自分が一歩下がるなど、気を使いすぎる人のそんな様子を見るたびに、周囲は複雑な心境になりやすいです。

というのは、「いつも遠慮しているけれど実は嫌だと思っていそうでうざい」など、発言と本音とが真逆なのではないかと想像するから。

「優しそうだけれど心を開いていないのではないか」といった印象を受けることも多いでしょう。


周囲からの印象2. 一緒にいると、自分も気を使うから疲れる

気を使いすぎる人がそばにいると、自分も同じように気を遣ってしまうから疲れるという人は少なくありません。

友人や同僚として仲良くしたいのに、気を使われてばかりなので一向に距離が近づかず、うざいので仲良くできないと感じます。

自然体で接してほしいのに、本音を言ってくれていないと考えて付き合いづらさを感じることも多いでしょう。


周囲からの印象3. 過度に気を使われすぎるとイライラする

気を使いすぎる人と接している時、「なぜそんなに気を遣うのだろう?」とイライラしている人は多いです。

お互いに意見を言い合うのも一つのいい関係なのに、すぐ譲られたりお世辞を言われたりすると、うざい印象で対等な人間関係が築けないと感じます。

自分が忙しい時でも他人の仕事を引き受けようとする姿勢を見て、理解できないとイライラすることもあるでしょう。


どうして気を使いすぎてしまうの?4つの原因を解説

職場でも学校でも、周囲に何かと気を遣う人がいます。本人が自覚している時もあれば、無意識に気を遣っていることも多いでしょう。

なぜ周囲に気を使いすぎてしまうのか、主な4つの原因についてご紹介します。


気を使いすぎる原因1. 周囲の視線が気になってしまう

周囲に気を遣う人は、自分がどう思われているのかをいつも考えています。

嫌われたくない、仲良くしてほしいという気持ちが強いために、自然と相手が付き合いやすいと思ってくれそうな人になろうと自分の意見を抑えていることも多いです。

「今の返事で大丈夫だったかな」「あの態度はおかしいと思われなかったかな」と周囲の反応が行動の判断基準になってしまうのが、気を使いすぎる原因の一つと言えます。


気を使いすぎる原因2. 自分よりも他人を優先してしまう癖がついてる

気を使いすぎる人は、優しい性格の人が多いです。

相手が嫌な気持ちにならないよう、先回りして相手の気持ちを汲んで行動する癖がついていることが原因で、つい気を使いすぎてしまいます。

自分の意見より相手の意見を優先すれば安定した人間関係が築けると思っているので、本当は直したいけれど仕方ないと考えているのです。


気を使いすぎる原因3. 過去に信頼していた人から嫌われたことがあった

気を使いすぎている人は、傷つきやすい傾向にあります。

かつて、心から信頼した人に裏切られたり、本音を言ったら嫌われたりした経験があると、「本心を言っても伝わらない」という価値観ができて一歩引いた立場で他人と関わろうとするのです。

本音を言って傷つくくらいなら、当たり障りのない付き合いをしておこうと考えます。


気を使いすぎる原因4. 自分に自信がない

自分の意見を言ったり、自己主張をすることが苦手な人は、気を使いすぎてしまいがちです。

はっきりと意見を伝えると悪く思われるのではないかという自信の低さが原因で、相手につい遠慮して意見を言うのをやめてしまいます。

そして、相手の話ばかり聞いて受け入れる状態になりやすいので、精神的に疲れやすくなってしまうと言えるでしょう。


自分を変えたい!気を使いすぎる性格を改善する方法

自分の意見を抑えて相手の意見を優先してしまうのは、気を使いすぎる人にありがちな行動です。

人間関係に波風は立ちにくいですが、本音を言い合える関係を築きにくいので寂しさを感じることもあるでしょう。

気を使いすぎてしまう性格を改善するにはどうしたらいいのか、おすすめの改善方法を5つご紹介します。


改善方法1. 自分の固定観念を捨てる

気を使いすぎてしまうのは、自分よりも相手を優先しなければいけない、自分の意見はあまり言うべきではないといった自分の中の固定観念が強いためです。

「こうすれば嫌われない」と思い込んでいることが原因なので、まずはその固定観念を捨てることを考えましょう。

気を使いすぎることで疲れるような関係は、本当の信頼関係ではないことに気づくことが大切です。

【参考記事】はこちら▽


改善方法2. 気を遣う前に、自分が苦しまないかを考えて行動する

気を使いすぎてしまう人は、自分が我慢すればいいという自己犠牲の精神が強い傾向にあります。

しかし、気を遣ってばかりいて自分の意見が通らない関係が続いても、正直楽しくないということにも気づいているはずです。

気を使いすぎることで自分が苦しむのではなく、自然な自分で過ごせるよう気を遣うのはほどほどにすることを心がけましょう。

【参考記事】はこちら▽


改善方法3. 自分の行動や発言を優先するようにする

相手の意見を尊重することと、違うと思っても妥協することとは違います。

違う価値観の人に合わせると苦しいだけの毎日になるので、自分の意見をもとにして発言や行動をすることが大切です。

自分の意見を言ったことでうまくいかないとしても、どちらのせいでもありません。単にお互いの相性が悪かっただけだと考えましょう。


改善方法4. 人に頼み事をする習慣をつける

気を使いすぎる人は、相手から頼まれたことを受け入れることが正しいと思っています。

しかし、頼む人と頼まれる人という関係を続けても辛いばかりですし、対等ではありません。

時には、自分からも相手に「これやってくれる?」などと頼み事をしてみましょう。相手が受け入れてくれれば、過剰に気を使わなくても付き合えることが分かります。


改善方法5. 断る勇気を持つ

気を使いすぎる人は、相手に嫌われたくないという心理が強く働いています。しかし、相手の意見を受け入れるばかりでは、自分がどんどん苦しくなるだけ。

時には「今忙しいからできない」「行けそうにないからまたね」など、自分の気持ちを優先して断ることを覚えましょう。

断っても関係が続く相手なら、今後も楽しく付き合っていけるはずですよ。


自分の気持ちに正直に生きていきましょう。

周囲に気を使える性格の人は素敵ですが、つい自分を抑えて相手を優先してしまう傾向にあります。さらに、気にしいな性格も度を越して気を遣うと疲れるので、人付き合いが楽しくなくなってしまうでしょう。

気を使いすぎる性格を直したいなら、この記事を参考に気を使いすぎる原因を知って、適度な気使いの方法を身につけて信頼できる人間関係を築いていきましょう!


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事