話しかけるタイミングはいつ?緊張しない“会話のきっかけ”を解説

自分から話しかけるのが苦手と思っている人って意外と多いですよね。そこで今回は、自分から声をかけるのが苦手な人の心理から、話しかける時に使える話題や口実、話しかけるのに最適なタイミングを詳しくご紹介します。ぜひ参考にして、自分から積極的に声をかけれる人を目指しましょう!

話しかけるタイミングを掴むのって難しいですよね。

話しかけるタイミング

「人に話しかける方法が分からない!」とお悩みの方は多いはず。特に初対面の人に対いてはなかなか話すきっかけが見つからず、声を掛けられないことも多いですよね。

しかし、自分から話しかけられるようになれば、今まで以上に交友関係が広がります。

この記事では、人に声を掛けられない心理や自分から話しかけるメリット、相手と会話する方法やきっかけについて解説。

気になる相手に上手く話しかけるタイミングも紹介していますので、ぜひチェックしてくださいね!


人見知りだから?人に話しかけるのが苦手と感じる人の心理とは

「仕事でもプライベートでも人に話しかけるのが苦手」「なんとなく自分から話しかける方法が分からない」と感じている人は少なく無いでしょう。

しかし、その原因は単なる人見知りな性格にあるのでしょうか。まずは、「人に話しかけるのが不安」と感じる人の心理について、解説していきます。


話しかけられない心理1. 相手に嫌がられないか不安に思っている

自分の方は相手に話しかけようと思っていても、相手が仕事で忙しそうにしていたり相手が不機嫌なオーラを出している時は、なかなか話しかけにくいですよね。

自分から人に話しかけるのが不安、という人は、こうした相手の「話しかけないでオーラ」を敏感に感じ取ってるのかもしれません。

特に仕事の場では、「今話しかけたら、相手に嫌がられるかも」という心理から、相手に声をかけるのをためらってしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


話しかけられない心理2. 自分に自信が持てない

男性、女性問わず自分に自信を持てなければ、「自分なんかが話しかけることで、相手の時間を奪うのは良くない」「自分が話しかければ、相手の迷惑になる」と落ち込んでしまいがち。

また、仕事の会議など相手との話し合いが必要なシーンでも、「自分が意見を言ってもどうせ役に立たない」「自分の考えなんて誰も聞いていない」と思い込んでしまい、話しかけるのを躊躇してしまいます。

【参考記事】はこちら▽


話しかけられない心理3. 人見知りで何を話していいか分からない

もともと人見知りな性格で、「友達には声を掛けられるけれど、初対面の人に話しかけるのは苦手」という人は少なくありません。

人見知りの人は、自分の気持ちや考えを相手に表現できるようになるまでに、どうしても時間がかかってしまうため、自分から人に声をかけることが出来ないのです。

また、「初対面の人に話しかけるきっかけが掴めない」と不安になってしまい、黙ってしまう人も少なくありません。

【参考記事】はこちら▽


話しかけられない心理4. 緊張している

友達とはうまくコミュニケーションを取れる人でも、初対面の人と最初に話すときは緊張してしまうもの。不安な気持ちが高まり、「自分から話しかけても大丈夫かな」と躊躇してしまう人は少なく無いでしょう。

特に男性、女性問わず異性や職場の上司など、特定の人が相手の時だけ上手く声を掛けられないという場合、緊張して話せなくなっていることが多いです。

【参考記事】はこちら▽


話しかけられない心理5. 相手から話しかけて欲しいと思っている

引っ込み思案な性格の人は、「相手とたくさんコミュニケーションを取りたい」と感じていてもその気持ちを素直に表現できないもの。

そのため、できれば「相手の方から話しかけて欲しい」と感じ、相手が話しかけるまで自分から声を出そうとしません。

また、特に恋愛対象として気になる異性が相手の場合、「自分から話しかける勇気が出ない」という理由で相手から話してくれるのを待つ人も多いです。


実はいいことだらけ!自分から積極的に話しかけるメリット

「どうしても人に話しかける勇気が出ない!」という人は少なくありませんが、自分から友達や知人に声をかければ様々なメリットを得られます。

ここからは、相手に自分から話しかけるべき4つの理由について詳しく解説していくので「いろんな人とコミュニケーションを取りたい」という人は参考にしてください。


メリット1. 相手と速やかに距離を縮められる

相手が明るい人で、相手の方から積極的に話しかけてくれれば二人の距離も縮まりますが、お互い話しかけるのが苦手という場合、いつまで経っても親しくなれません。

しかし、勇気を出して自分から話しかければ、相手もそれに答えてくれるので速やかに距離を縮めることができます。

相手と会える時間は限られているもの。自分からなるべく早く相手と仲良くなることで、知人や友達をたくさん増やせるようになると言えるでしょう。


メリット2. 好きな人ができた場合、積極的にアプローチができる

「仕事でもプライベートでも、人と話すときは緊張してしまう」という人は少なく無いでしょう。しかし緊張してばかりでは、気になる人とスムーズに会話できず、関係を発展させることができません。

ですが、好きな人に限らず、いろんな人に自分から話しかける習慣をつければ気になる人とも明るく会話をスタートできるはず。恋愛を成功させるためにも、自分から声をかけることが大切です。


メリット3. 職場や友達など、身の回りの人とコミュニケーションがとりやすい

周りの人とうまくコミュニケーションを取ることは、仕事において非常に大事です。せっかく職場にいるのに、周りの人と話さなければ「あの人はコミュニケーション能力が足りない」と思われ、マイナス評価につながる可能性もあります。

一方、自分からコミュニケーションを図れば、「人付き合いが得意なんだな」と思ってもらえるため、周りの人から好感を持ってもらえるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


メリット4. 誰とでも仲良くなれるため、交友関係が広がりやすい

自分から相手に話しかければ、相手との距離を短時間で縮めることができるので、友人や知人がどんどん増えていきます。

また、積極的に相手に話しかける姿勢を多くの人に見てもらえば、「あの人は親しみやすい人だ」というイメージを持ってもらうことも可能です。

そのため次第に交友関係が広がり、自然と自分の周りに人が集まってくるようになるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


話しかける時に役立つきっかけや口実とは?

相手に話しかけるきっかけや口実がなく、なかなか相手と会話ができない人は多いはず。

ここからは最初に話す相手とも親しくなれる、会話のきっかけを紹介していくので相手と親しくなる方法にお悩みの方はぜひ参考にしてください。


話しかけるきっかけ1. 笑顔で挨拶をしてみる

男性、女性問わず笑顔を見せれば相手に好意を伝えることができます。初対面の人にもまず笑顔で挨拶すれば、「自分と親しくなりたいのかな」と思ってもらえるので、そこから会話を発展させやすくなるでしょう。

特に仕事で初めて会う相手には、良い印象を持ってもらうことが大切。自分なりに笑顔の練習をして、周りの人には笑顔で挨拶するよう心がけましょう。


話しかけるきっかけ2. 相手の服装や持ち物など、見た目を褒めてみる

初めて会った人の場合、共通の話題もなく無言の時間が続くことも多いでしょう。「いったい何を話せばいいのか分からない」という場合、最初に相手の服装や持ち物を褒めてみると良いでしょう。

持ち物や服装には、その人独自のセンスが現れるもの。センスを褒められると相手も嬉しい気持ちになるため、そこから会話を発展させることが出来るでしょう。

【参考記事】はこちら▽


話しかけるきっかけ3. 質問を投げかけてみる

質問をされれば、よほどのことがない限り、相手もきちんと答えてくれるはず。「沈黙の時間が続いて辛い…」という場合、なんでも良いので自分から相手に質問をしてみると良いでしょう。

質問の内容は、出身地や趣味、仕事の内容など何でも大丈夫。「今日はどうやってここまで来たんですか?」など軽い質問から始めてみましょう。


話しかけるきっかけ4. 天気を口実に話しかける

「とにかく相手と共通の話題がない!」という場合は、天気の話など、誰にとっても分かる話をするのがおすすめです。

「今日はいい天気ですね」「今日は雨で困っちゃいますね」などと話しかければ、自然に「相手と会話をしたい」という気持ちが伝わるはず。

ビジネスの話をする前に、必ず天気の話をするという文化を持つ国もありますので、話題が思いつかない場合は天気の話をしておくのが無難です。

【参考記事】はこちら▽


話しかけるきっかけ5. 自分の失敗談を話してみる

相手の失敗談を聞くと、「相手は自分に心を開いてくれているんだ」と感じ、嬉しくなりますよね。それと同じく、自分から相手に話しかける時自分の失敗談をすれば、相手は嬉しく感じ、あなたに親しみを持ってくれるでしょう。

「家の鍵を無くしちゃって」「うっかり書類を家において来ちゃって」など軽い失敗談を話し、相手との心の距離を縮めるのがおすすめです。


話しかけるきっかけ6. 相手に趣味や最近ハマっている事を聞いてみる

自分から相手に質問をすることで、自分から話題を提供しなくても相手の方が話を盛り上げてくれます。相手に話をさせる方法としておすすめなのが、相手の趣味や最近のマイブームを聞くこと。

相手の好きなことを聞けば、上機嫌になった相手が話を続けてくれるので、「自分から話題を提供するのが苦手だな」という人でも楽しく会話をすることができます。


話しかけるきっかけ7. 自分の好きなことや趣味について話す

自分の気持ちや考えを話すことで、相手に親しみを持ってもらうことができます。相手より先に、自分の好きなことや趣味について話すことで、「私はこんな人間です」と相手に紹介できるので、相手も話しやすくなるでしょう。

自分の方から趣味について話すのは勇気が必要ですが、休日の過ごし方など気軽に喋れる話題から積極的に話すのがおすすめです。

【参考記事】はこちら▽


いつ話しかけるのがベスト?声をかけるのに最適なタイミングとは

「友達や職場の人に話しかけたいけど、どのタイミングや方法が良いのか分からない」と悩んでいる人は多いはず。

最後に、声をかけるのにおすすめのタイミングと上手く話しかける方法について、詳しく解説します。


話しかけるタイミング1. 他の人と話をしていて、会話が終了したタイミング

相手が他の友達や仕事関係の人と話している時、その会話に割って入っていくのは少し難しいですよね。話しかけたい相手がいるなら、相手の話が終わったタイミングを狙うのがおすすめ。

相手の会話が終了した時、「仕事は順調?」「この間の休日はどんなことをしたの?」と軽い雰囲気で話しかければ、相手もスムーズに話に乗ってくれるでしょう。


話しかけるタイミング2. 事前にメールやLINEで話したい旨を伝える

「どうしても話をしたい!」という人がいる場合、自分で話すタイミングを作るのも一つの方法です。

特に恋愛関係を発展させるためには、事前にメールやLINEで「もし時間があれば話したい」と正直に伝えるのがおすすめ。

相手も好感を持ってくれているなら、「ぜひ話したい」と言っている人を無下にはしないでしょう。


話しかけるタイミング3. 職場の場合、席を外したタイミングで声をかける

相手が仕事で忙しい中話しかけてしまうと、嫌な顔をされてしまい話すタイミングを失ってしまいます。そのため、仕事関係の人と話をしたい時は、相手が席を外したタイミングで声をかけるのがおすすめです。

普段「少し話しかけづらいな」と感じる相手でも、仕事が一区切りついた段階でならあなたの話にも快く付き合ってくれるでしょう。


話しかけるタイミング4. 相手がお手すきだと感じた時

何かに集中している時、周りの人から話しかけると「嫌だな」と感じてしまいますよね。それと同じく、忙しい相手に話しかけるという方法ではなかなか関係を深めることができません。

そのため、相手が暇そうにしているタイミングを狙い、話しかけることが大切です。特に職場などであれば、仕事が一区切りついた段階で声をかけ、時間に余裕があるか相手に確認を取るようにしましょう。


話しかけるきっかけを掴んで話し上手になりましょう。

「なかなか自分から人に話しかけられない」と悩む人は少なくありません。しかし自分から相手に声をかけることで、相手との距離は一気に縮まります。

特に初対面の人と話すには勇気が必要ですが、なるべく笑顔で、思い切って話しかけてみれば自分を変えることができるかもしれません。

自分から積極的にいろんな人とコミュニケーションを取り、より人生を豊かにしていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事