不器用な人の特徴&長所・短所|恋愛傾向や不器用の克服方法までご紹介!

不器用な人とは、一体どのような性格の人を指すのでしょうか。今回は、不器用な人の特徴や長所と短所、さらに恋愛傾向など、不器用な人の生態を丸裸にしていきます。また、自分が不器用で悩んでいる人のために、不器用から器用になるための克服方法も詳しく解説していきます。

男性も女性も「不器用な人」っていますよね。

不器用な人の特徴&長所・短所

仕事やプライベートで「この人不器用だな」と感じたことがある人もいるはず。自分自身も不器用かもと悩んでいる人もいるのでは?

一体不器用な人は具体的にどんな特徴があるのでしょうか?今回は不器用な人の特徴や長所、短所を詳しくご紹介!恋愛の傾向や不器用を克服する方法まで紹介するので、不器用を改善したい人は必見ですよ。


そもそも「不器用」の意味とは

そもそも「不器用」とは、手先で何かすることが下手という意味があります。細かい作業や、段取りよく作業を行いことが苦手で、時間がかかってしまうという特徴を持っていますよ。

女性よりも男性の方が不器用ともいわれていることも。手芸や料理、日々の数字を扱うことなど、細かい作業が苦手だなと感じる人は不器用といえるでしょう。


不器用な人に共通する特徴

ここからは不器用な人に共通する特徴を詳しくご紹介しましょう。不器用な人には一体どんな特徴や性格があるのでしょうか?

自分は不器用かもしれないと悩む男性女性は、ぜひセルフチェックして確認してみてくださいね。


特徴1. 同時に複数の作業をこなすのが苦手

不器用な人は、物事の段取りをつけるのが得意ではありません。優先順位をつけることに時間がかかってしまうことが多く、不器用な人というレッテルが貼られます。

そのため同時に複数の作業をこなすことがとても苦手です。「どれから手をつけたらいいのかな?」とすぐに悩んでしまうので、結局最後にバタバタをしてしまうことが多いでしょう。


特徴2. 考え方が極端で柔軟性がない

自分がこうと決めたらこれ!と我が道を行くという傾向が強いです。そのため、考え方に柔軟性がなく、極端であるという一面を持っています。

周囲の人が「こうじゃない?」と発言しても否定をしやすくなったり、わがままを言ってしまうことも。

自分の意見が否定されたりするとイライラしてしまう人は、不器用な方の可能性が高いかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


特徴3. 自分の意見や考えを人に伝えるのが得意じゃない

相手に対してこう伝えたいと思っていても、何から伝えたらいいのか?と頭の中で整理がうまくできません。そのため、うまく言葉が出てこない傾向が強いです。

自分の意見や考えていることが伝えることができない性格で、怒られてしまうことも多いです。

まとめて伝えるのが難しい場合は、不器用な人といえるでしょう。


特徴4. 視野が狭く、マイペースな行動をとりやすい

自分の世界に没頭したり、一点に集中してしまうとそればかり行ってしまうことが多いです。

そのため、視野が狭くて、マイペースな行動を取りやすいという傾向がありますよ。

自分の好きなことに対してはとことんハマるのに、家事は全くしない、身支度も適当といったことも多いので、よく怒られるなどの特徴があります。

【参考記事】はこちら▽


特徴5. 優柔不断で決断を下すまでに時間がかかる

不器用な人はあれもこれも考えてしまう性格です。そのため、パッと瞬時に判断する力が弱いことも。決めないといけないシーンでも優柔不断で時間がかかってしまうケースが多いです。

特に仕事で即決が迫られている時に何時間も悩んだり、ランチメニューがすぐに決められないとなると、不器用な人だなという印象が強いでしょう。


特徴6. 人に頼ったり、甘えたりできない

正義感がとても強く、仕事やプライベートで何かあった場合に「全部自分がしないといけない」と思ってしまう性格です。そのため人に頼ったり、相談したり甘えることができません。

自分で全てしようと思っているからこそ、余計に時間がかかってしまい、結果何もできない、時間が倍かかってしまうということがあるといえるでしょう。


特徴7. 頑固な性格で一度決めたら融通がきかない

不器用な人は「自分が全てやる」「これはこうすべきだ」と思い込んでしまいがち。ある意味頑固な性格のため、一度決めたら融通がきかないことが多いです。

こっちの方が短時間で終わることでも、絶対に自分の意志を曲げません。そのため、周りから「頑固だね」と言われることが多い人は、不器用な人の可能性が高いですよ。

【参考記事】はこちら▽


特徴8. 同じ失敗やミスを繰り返しやすい

不器用な人は「次に頑張ればいいや」という感情になりがちです。そのため仕事で失敗やミスをしてしまっても学ぶという姿勢がありません。

何度も同じような失敗やミスを繰り返してしまうため、信頼を失ってしまうということも。次第に大きな失敗を起こしてしまう可能性があるので、社内の評価を得られないことも多いですよ。


不器用な人の長所と短所は?

ここからは不器用な人の長所と短所についてご紹介しましょう。長所と短所を把握しておくことで、改善ができたり、周囲にいる人への配慮もできるはず。

一体どんな長所と短所があるのでしょうか?詳しくご紹介しましょう。


不器用な人の長所とは

まずは不器用な人の長所について詳しくご紹介します。不器用と聞くとマイナスな要素が多いと思いますが、一体どんな部分が良いところなのでしょうか?

不器用な人の長所が分からない方はぜひチェックしてくださいね。


長所① 一つのことをひたむきに頑張れる

不器用な人は、周りの視線に振り回されることなく、自分が「これ」と決めたものに対して集中することができますよ。そのため、一つのことに対してひたむきに努力することが可能。

責任が重いものや、集中力や時間が必要な仕事を任せると、思いも寄らぬ力を発揮することが可能です。

手を抜いてやってほしくない仕事がある時は、思いきって頼むと良いでしょう。


長所② 些細なことも全力で取り組める

自分の評価や仕事の地名度など、不器用な人は肩書きなどに興味がありません。

そのため、素直で些細なことでも全力で取り組めるという傾向が強いです。小さなことでも一生懸命ベストを尽くしてくれるので、完成度や信頼度がアップしますよ。

人柄を評価されやすいので、安心して任せられるという一面があるといえるでしょう。


長所③ しっかりと自分の中に信念を持っている

不器用な人は自分の好きなこと、嫌いなことがはっきりとしてします。そのため周りの意見や評判に左右されることが少ない特徴を持っていますよ。

信念があるので、誰かを貶めたり、傷つけたりすることがほとんどありません。

よって話しやすかったり、相談がしやすいという一面も。特に女性から信頼を得やすいでしょう。


不器用な人の短所とは

反対にここからは不器用な人の短所についてご紹介しましょう。短所を把握しておくことで、任せる仕事だったり、暮らしをもっと楽しくするヒントが見つかるはずですよ。

短所がいまいち分からないという人はぜひ参考にしてくださいね。


短所① 小さいことでも悩みすぎてしまう

その瞬間では特に気にしていないことでも、後になってから「大丈夫だったかな?」「気分悪くしていないかな?」と気にしてしまうことが多いです。

そのため、不器用な人はくよくよしてしまいがちという特徴を持っています。

悩みすぎて物事がスムーズに動かなかったり、他のことを忘れてしまうことがあるので注意が必要です。


短所② 自己アピールが苦手で誤解されやすい

不器用な人は、自分の気持ちや考えを言語化することが苦手です。そのため自分をアピールする場所でも、自己アピールがうまくできなくて性格を誤解されやすいことも。

「あの人変だよね」なんて思われることもあるので、第一印象で損をしてしまうケースもありますよ。

そのためプレゼンや大事な場面でも発表は苦手といえるでしょう。


短所③ 臨機応変に対応ができない

優先順位をパッとつけることが苦手なことも不器用な人の特徴です。そのため、トラブルが起きた場合に瞬時に判断をすることができません。

「これはどうしたらいいの?」とフリーズをしてしまい、臨機応変に対応ができないため、余計にトラブルが大きくなったり、仕事の評価を下げてしまうこともあるので注意しましょう。


不器用な人に見受けられる恋愛傾向とは?

ここからは不器用な人に見受けられる恋愛傾向をご紹介しましょう。気になる相手からのアプローチの仕方が不安な方は、ぜひ確認をしてくださいね。

不器用な人が恋愛で上手くいくヒントが満載なので、ぜひ参考にしてください。


恋愛傾向1. 自分から積極的にアプローチできない

不器用な人は自分に自信あまりなく、恥ずかしがり屋なことが多いです。そのため、気になる男性や女性にアプローチしようと思っても、積極的に対応することができません。

自分から連絡先を聞いたり、デートに誘うことも少ないです。

せっかくのチャンスも逃してしまうパターンが多いことが恋愛傾向といえるでしょう。


恋愛傾向2. 好きの気持ちを相手へ伝えるのが苦手

不器用な人は全体的にかなりシャイなことが多いです。自分が恋愛に対して積極的に動くことが恥ずかしいと思っていることも。

そのため、好きな男性や女性に対して、好きという気持ちを伝えることが苦手です。

毎回最終的に相手から告白をしてもらうか、恋が実らずに終わってしまうというパターンが多いといえるでしょう。


恋愛傾向3. 口数が少なく、なかなか自分から会話を切り出せない

話しかける内容を間違っていないか、会話の空気感は悪くないかなど、相手と話をする時に不器用な人は「どうしたらいいのだろう?」と、ヒヤヒヤしていることが多いです。

そのため口数が少なく、自分から会話を切り出すことが少なくなります。大勢人が集まる場合でも、相手に対して印象に残ることがなく、恋愛に発展することは少ないといえるでしょう。


恋愛傾向4. 辛い時でも強がって恋人へ甘えられない

不器用な人は、基本的に何かあった時は自分で全て解決しないといけないと思っていることがほとんどです。

そのため、何か辛いことがあった場合でも、誰にも相談せずにまずは自分ができることを探す特徴をもっていますよ。

男性と女性共に甘えられないので、恋人からすると「もっと素直に積極的になってほしい」と思うケースも。お互いの気持ちがうまくいかず、結局別れてしまう原因になるといえるでしょう。


恋愛傾向5. 優しいけれど、さり気ない気配りができない

自分がアレコレ言われることが苦手なため、人に対して何か言うことはほとんどありません。細かいことを言わないというメリットがありますが、さりげない気配りが全くできないと、恋愛が発展しませんよね。

優しいけれども、女性に対して思いやりがなかったり、男性の寂しさに気づけないという傾向に強いので、恋人としては物足りないという結果になることが多いでしょう。


不器用な性格を克服する直し方を解説!

ここからは不器用な性格を克服する直し方についてご紹介しましょう。

「自分は不器用だ」と諦めてしまう前に、性格は直すことができるので、ぜひシャイな人も不器用を直すようにトレーニングをしてしましょう。詳しくご紹介します。


直し方1. 自分を客観視する癖をつける

不器用な人は自分の世界に入っていることがほとんど。没頭をしてしまい、周りが見えていないという傾向が強いです。

そのため、まずは自分を客観的に見つめる癖をつけましょう。自分が今やっていることでも「本当にこれでいいのか?」「他の人はどう思うか」など第三者の目線で考えてみることがおすすめです。

そうするとこで他者への理解も深まり、スムーズに仕事も乗り越えられるでしょう。


直し方2. 常に相手が今何を考えている、求めているを気にかける

自分のことばかりを考えてしまうからこそ、相手の気持ちを思いやる能力が低いです。そのため、常に相手の目線に立って物事を考えるようにしてみましょう。

相手の気持ちや求めていることを気にかけるだけで、気配りができるようになり、器用になりますよ。

特に男性は気持ちを汲むことが苦手なケースが多いので、練習をするだけでいい男という印象をつけられますよ。

【参考記事】はこちら▽


直し方3. 日頃から素直に感情表現する習慣をつける

不器用な人は自分の気持ちをうまく言語化することが苦手です。そのため、日記やメモなどに、日頃から自分の感情を書く習慣を身につけるように工夫をしてみましょう。

毎日自分の感情を書くことで「こんなことを考えていたんだ」と思考の整理がスムーズになりやすいです。

毎日習慣を作っていると、いざという時でも、自分の気持ちを伝えやすいでしょう。


直し方4. 取り組む前に念入りにスケジュールをたててみる

段取りすることが苦手だからこそ、対策は必須です。やってみたいとすぐに飛びつくのもいいですが、まずはきちんとできるかどうかのスケジュール管理は必須。

段取りよく物事を進められるように、優先順位を立ててスケジュールを組んでみましょう。スケジュールを組むことが苦手な人は、誰かに聞いてみることで、器用な人間へと近づきますよ。


直し方5. 自分の短所を受け入れる度量を持つようにする

「自分は不器用だ」と考えすぎてしまうと、ストレスが溜まってしまうこともありますよね。自己嫌悪になるとしんどいので、まずは自分の短所も受け入れられる度量を持つことも大切です。

「私にはこんな欠点があるんだ」と受け入れられることで、気持ちも楽になり、物事を単純に捉えられることも

考えすぎて辛い人は、一旦受け入れる気持ちを持ってみましょう。


不器用な人に向いてる仕事を大公開!

ここからは、不器用な人に向いてる仕事について詳しくご紹介しましょう。

不器用な人はシャイなイメージがありますが、一体どんな仕事が向いているのでしょうか?自分が不器用で悩んでいる人はぜひ参考にしてくださいね。


仕事1. 一つのことをひたむきに極められる「職人」

技術が必要だったり、時間をかけて作業に没頭しなくてはならないため、不器用な人にぴったりです。

「職人」の場合だと、細かいことは他のスタッフが行い、仕事の核となる部分だけを集中して取り組みます。細かいことを考える必要がないので、よりいい能力を発揮できるといえるでしょう。

複数に物事を進めるのが苦手な人こそ、職人を選ぶことで、不器用さを克服できるでしょう。


仕事2. 人に何かを教えるのが好きなら「教師」

不器用な人は、信念を持っており、優しい気持ちも持ち合わせています。そのため物事を人に教える「教師」もおすすめですよ。

段取りなどは意識して対策する必要がありますが、生徒に対してしっかりと向き合い指導ができる特徴があるので、うまくやれるのではないでしょうか。

子供や教えることが好きな人は教師に向いていることでしょう。


仕事3. 一人で作業に集中できる「プログラマー」

不器用な人は、自分の力で物事を解決しようという気持ちがあります。そのため、黙々と問題を解決するように働いてくれますよ

よってプログラマーなどの、一人で作業に集中できる環境がとってもおすすめです。

人と話すことが特に苦手、パソコンや数字が好きという方はプログラマーにチャンレンジすることをおすすめします。


不器用な人に当てはまっていたら、原因を克服して良いところを伸ばしましょう。

不器用な人の特徴や短所や長所、向いてる仕事などをご紹介しました。不器用と聞くと悪いことばかり思い浮かぶイメージがありますが、全くそんなことはありません。

不器用だからこそのいいところや伸ばせる部分があるので、困っている人は思いきって仕事を変えてみることもおすすめです。不器用な人はぜひ参考にしてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事