独身男性の特徴と女性からの印象。結婚しないメリット/デメリットとは

一生独身男性でいるかどうか悩むことってありますよね?そこで今回は、男性の生涯未婚率や、一生独身でいる男性の特徴、独身のメリット・デメリットを解説!さらに、結婚しないでいいと思った時に意識すべきこと、結婚を成功させる秘訣とおすすめの婚活方法も紹介していきます。

独身のままでいるか悩んでいる男性へ。

結婚を考えている独身男性

独身男性の中には、「このまま結婚できないで一生独身なのかな?」と考えている人も多いですよね。

そこで今回は、男性の生涯未婚率や独身男性の特徴、独身のメリットデメリットをご紹介します。

そして、「結婚したくない!」と思った時に意識すべきこと、「やっぱり結婚したい!」と思った時の婚活方法もレクチャーします。


今、独身男性が増えている?男性の生涯未婚率とは

厚生労働省によると、50歳で結婚していない男性(生涯未婚率)の割合は約23%という結果になっています。

約4分の1弱の割合の男性が、独身のまま老後を迎える計算です。

更に、独身男性の割合は年々増加傾向にあるので、最近では、結婚しない男性は珍しくなくなりました。独身でいるかどうか悩んでいる男性は、あなただけではありませんよ。


独身なのはなぜ?一生独身でいる男性の特徴8選

「俺はこのまま一生独身なのかな?独身の特徴を知りたい。」と悩んでいる人もいるでしょう。

実は、一生独身の可能性が高い男性には、共通する特徴があったのです。ここでは一生独身でいる男性の特徴について解説していきます。まずは、自分が当てはまるかどうか、チェックしてみましょう。


独身男性の特徴1. 結婚願望がない

育ってきた家庭環境が複雑だったり両親が不仲だったりすると、結婚自体に意味を見出せなくなります。

このようなタイプは、「どうせ結婚しても将来良いことは無い。結婚しなくても、友達や恋人がいれば満足。」と考えてしまい、結婚への一歩を踏み出しません

身近に結婚で幸せになったロールモデルがいないので、結婚願望が沸かないのです。


独身男性の特徴2. いつか結婚できると考えている

若い頃からそれなりにモテて恋愛に苦労をしない人は、女性に対しても結婚に対しても、焦りません。

いつも女性が寄ってくるので、「今じゃなくても、いつか結婚できる。」と楽観視しています。

そのため、彼女ができてもプロポーズしなかったり、地道な婚活をしなかったりと、結婚できるチャンスがあっても自分から掴みに行かないのが特徴です。


独身男性の特徴3. 結婚相手に対して、理想が高すぎる

「美人で、家事育児を全部やってくれて、教養もあって、共働きしてくれる人!」など、譲れない条件が多すぎると、理想の結婚相手とは出会うのはもはや奇跡レベルです。

また、せっかく女性と付き合っても、少しでも自分の理想と外れると「この女性は理想と違った。結婚すべきでない。」と判断するので、結婚まで到達しません。


独身男性の特徴4. 草食系で恋愛に奥手

女性との恋愛経験が少ないと、女性と付き合ったり、ましてやプロポーズすることが、非常にハードルが高く感じるので、中々結婚できません。

「結婚しよう!」と言い出せないので、女性から「ハッキリしないけど、私のこと真剣じゃないのかな?」と勘違いされることも。

恋愛に奥手過ぎて、結婚に到達する前に、2人の関係が静かに終わってしまうのが特徴ですよ。


独身男性の特徴5. 仕事熱心で没頭してしまう

独身男性は、「恋愛よりも仕事が大切。」と考えている人も多いです。

仕事に熱中するあまり、合コンよりも残業を優先したり、休日もデートよりも資格取得のための勉強に励みます。婚活でも、堂々と「家庭よりも仕事。」と言ってしまうので、女性から引かれる時も。

仕事に没頭しているうちに、恋愛を忘れている人は、独身の可能性が高まりますよ。


独身男性の特徴6. 他人と関わるよりも一人でいる方が気が楽に感じる

「人に気を遣うのが苦手。」といった、個人主義の男性は、他人に合わせることを苦痛に感じるので、一生独身を選びます。

結婚すると、奥さんや子どものペースで生活しなくてはいけない場面も多々ありますが、独身なら、気楽に好きなことだけして生活できるからです。

一生独身の男性は、集団行動が苦手でマイペースといった特徴がありますよ。


独身男性の特徴7. 一人でできる趣味に集中している

趣味がある男性は、「お金も時間も、恋愛よりも趣味に割きたい!」と考え、趣味を優先し、没頭してしまいます。

フットサルやコーラスといった、複数人でやる趣味なら、女性との出会いも期待できますが、読書や絵画といった、一人でできる趣味は、他人と関わる必要がありません。

外に出ず、自分の世界に集中できる趣味は、ますます恋愛から遠のきます


独身男性の特徴8. 自分一人で何でもできてしまう

家事などの身の周りのことが全てできる男性は、「わざわざ結婚しなくても、自分で生活できるじゃん。」と考え、恋愛から遠のいていきます。

例えば、自分一人で掃除洗濯も完璧にでき、凝った料理が作れるタイプの男性は、別に誰かに世話してもらわなくても、生活できますよね。

何でもできてしまうので、結婚する必要性を感じません。

【参考記事】はこちら▽


一生独身でいる男性に対して女性が抱く印象とは

独身男性の中には、「結婚できないのは構わないけど、女性からどんな風に思われているか気になる。」という人もいるでしょう。

ここでは、一生独身でいる男性に対しての、女性の本音を集めました。いつまでも未婚でいる男性がどんな印象を持たれてしまうのか、チェックしてみて。


印象1. 結婚できないワケがありそう

女性は、「問題のない男性なら結婚できる。」と考えています

そのため、一生独身の男性に対して、「何か結婚できないワケがあるんじゃないか。」と悪い印象を持つことも。

口には出さなくても、「結婚できないのは、性格が悪いからだ。」「もしかしたら浮気性なのかも。」など、結婚できない理由をあれこれ想像してしまうのです。


印象2. 結婚する気が無さそう

容姿やスタイルも普通以上、経済力もあり、性格も問題ないのに一生独身の男性に対しては、女性は「この人は結婚願望がない。」とジャッジします。

普通に女性ウケするタイプの男性は、今までも恋愛のチャンスは何度もあるのが普通。しかし、それでも独身ということは、結婚自体を諦めているか、結婚したくないかどちらかということです。


印象3. 結婚に高望みしてそう

年齢が高い独身男性に対して、女性は、「この男性は、理想が高すぎて独身なんだ。」という印象を抱きます。

例えば、「若い女性や、モデルのような超美人、高収入で高学歴なバリキャリ女性ばかり狙ってるんじゃないの?」と考えます。

身の丈に応じた女性では納得せず、上ばかりを狙っていて、婚期を逃してしまった印象を持たれてしまうのです。


一生独身でいいって本当?未婚のままでいるメリット・デメリット

一生独身でいることを検討する前に、本当に独身は得なのか、知る必要があります。

独身のメリット・デメリットを知った上で、自分はこれからどうすべきなのか、考えていきましょう。自分にとってデメリットよりメリットが上回れば、独身もアリですよ。


一生独身でいるメリット

独身は、既婚者と違って、恋愛も自由だし、お金や時間も好きに使える生き方ができますよね。

既婚者では叶わない自由奔放な生活は、「やっぱり独身最高!」と思うこと間違いありません。ここでは、ずっと独身でいる男性のメリットを解説します。


メリット1. 誰にも干渉されず、自分一人の時間を確保できる

結婚すると、休みの日でも家事や育児に追われて、自分の時間どころではありません。

しかし、独身なら、誰からも文句を言われず、何時間でも自分の好きなことに没頭できます。ゲームをしようと、アニメを見ようと、「ゴロゴロしてないで子育て手伝ってよ!」と奥さんから文句を言われることはありません。

とにかく一人で自由な生き方ができるのが最大のメリットです。


メリット2. 稼いだお金を自由に使える

趣味やファッション、レジャーにお金をつぎ込み、仮に残高が0円になったとしても誰にも迷惑をかけずに自由なのが独身のメリットです。

家族を持つと、家族分の家賃や食費、光熱費や子どもの教育費など、独身時代にはかからなかったお金が湯水のごとく消えていきます。

自由に使えるお小遣いも少なくなるので、独身の方が豊かに感じることがあります。


メリット3. 縛られない恋愛ができる

家庭を持つわけではないので、別れるのも付き合うのも自由です。独身なら、「今カノよりも、最近出会った○○ちゃんの方が若くてかわいい!」と思えば、乗り換えたってOK。

また、金銭の共有もないため、お金を気にせず使えるのも縛られない恋愛に繋がります。彼女を養う必要もないので、何のプレッシャーもありません。


一生独身でいるデメリット

「独身の方が、楽だし楽しそうだけど、本当に大丈夫?デメリットを知りたい。」と思っている人もいるでしょう。では、一生独身でいるデメリットはどのような所にあるのでしょうか。

代表的な5つのデメリットをまとめていますので、一つずつ見ていきましょう。


デメリット1. 老後が孤独になる可能性が高い

結婚しないと、奥さんや子どもがいないので、老後一緒に生活する人がいません。

グループホームに入れたり、甥姪といった親戚が同居してくれたらラッキーですが、そうでない場合は、一人で自宅で過ごすことになります。話し相手も刺激もない毎日は寂しいです。

友達にも孫ができ、家族に囲まれて生活しているのを見ると、孤独になるでしょう。


デメリット2. 怪我や病気の時に誰も看病してくれない

健康なうちは独身でも大丈夫ですが、万が一、重い怪我をしたり病気になった場合、一人で生活するのは困難を極めます。

例えば両足を骨折して歩くのが困難な状況や、闘病中に健康を考えた食事を作ったりと一人では難易度が高いでしょう。

誰からも看病してもらえないというのは、心身ともに辛いですよ。


デメリット3. 一人で生活できるよう、継続的に収入を得る必要がある

もし結婚しているなら、自分が仕事を辞めたとしても、奥さんの収入で生活を支えられます。

しかし、独身の場合は、万が一会社を解雇された場合に、収入が途絶えるので大きな負荷がかかります。

誰も収入を助けてくれる人はいないので、どんなに辛くても仕事を継続して、年金が貰えるまで収入を得続けなくてはなりません。


デメリット4. 子育ての経験が味わえない

子どもを持つ機会がないと、子どもの可愛さや、子育ての経験を知らないまま一生を終えてしまいます。

一般的に、自分の子どもは自分の命以上に大切な存在で、無償の愛を注げる対象。そんな生き方を知らないのはもったいないですよね。

また、子育ては苦労もありますが、その分喜びも多いもの。何にも代えがたい経験は一生の宝物ですよ。


デメリット5. 孤独を感じることがある

今は、独身の友達も多く、毎日が自由で楽しいかもしれません。しかし、5年後、10年後に、周りが結婚しだして、独身があなた一人になった時、猛烈に孤独を感じることがあります。

他の人が結婚して夫婦の話をしている中で、「寂しいし、やっぱり結婚しとけば良かった。」と、結婚に興味を持ってしまうと、独り身でいることを後悔しますよ。

【参考記事】はこちら▽


結婚しないでいいと思った時に意識すべきポイント4つ

メリット・デメリットを比較した上で、「メリットの方が大きいし、やっぱり俺は一生独身でいいや。」と思った人もいますよね。

一生楽しい独身生活をするためには、いくつかポイントがあります。さっそく見ていきましょう。


ポイント1. 生涯付き合える友人を作る

結婚しないなら、奥さんの代わりになるくらいの親しい友人がいるとベストでしょう。

例えば、将来「今日も一人だ。寂しい。」と感じた時に、一緒に遊べる友人がいれば、孤独を感じずに済みます。また、自分が病気や怪我をした時に、世話をしてくれたり、入院の手続きをしてくれる友人がいれば、いざという時も安心ですよね。

未婚の状態を貫くなら、ぜひ支え合えるような友達を作っていきましょう。


ポイント2. 家事など生活力を身につける

一人で生きていくには、掃除洗濯といった基本的な家事や、健康な体を維持する栄養バランスの取れた食事を作れなければなりません。

莫大な経済力があれば、全て外注するという手もありますが、一般的には自分で家事をした方が経済的。

一生独身を貫くなら、身の周りのことがきちんと自分でできるようになるのがポイントですよ。


ポイント3. 常に健康体を維持すること

将来、万が一重い病気をしたり怪我をしてしまったら、仕事を辞めて入院しなくてはならないかもしれません。

そうなると、自分自身の世話もままならず、金銭面で大きな負担がかかります。「一生独身でいい!」と思うなら、とにかく健康にだけは気をつけましょう。

定期的に健康診断を受けたり、ジムに行って体を鍛えるなど、日々の習慣が大切ですよ。


ポイント4. 人生の生きがいを見つけること

結婚すると、「子どもの成長が嬉しい。」「奥さんとの旅行が楽しみ。」など、人生の生きがいがありますが、独身だとそれがありませんよね。

何も生きがいがない人生は、無気力につながるので、好きなことを見つけましょう。例えば、今熱中している趣味を極めたり、ボランティアをして人の役に立つのも、生きがいになりますよ。

長い人生を楽しむためにも、自分らしい生きがいを探してみて。

【参考記事】はこちら▽


独身男性が結婚をするための秘訣とは

「今までは結婚したくないと思ってたけど、やっぱり結婚したい!」と思ったら、今すぐ行動しましょう。

独身男性が結婚するためには、秘訣があります。「絶対結婚する。」という明確な目標を持ち、積極的に女性と会うことが大切ですよ。

ここからは独身男性も結婚できる5つの秘訣について解説していきます。結婚したい男性はチェックしていきましょう。


結婚の秘訣1. 結婚までの目標期間を決おめる

人は目の前に少しでも頑張れば実現可能な目標があると努力します。それは、婚活も同じなので、具体的に目標を決めましょう。

例えば、「○月までに彼女を作って、○月までにはプロポーズする。」など、目標を定めると効果的です。自然に、「○月までに彼女を作るということは、今月か来月までには好きな子を見つけないと!」とすぐに行動する気が起きますよ。

ダラダラと続けるのでなく、「いつまでに」を意識して効率よく婚活を進めていきましょう


結婚の秘訣2. 積極的に出会いの場へ行く

結婚したいなら、まずは彼女を見つけましょう。効率的に結婚相手を探すなら、相手の女性も出会いを求めている場に行くのがおすすめです。

合コンや婚活パーティーなら、女性の方も「彼氏が欲しい!」「結婚したい。」と思ってきているので、マッチングする可能性がアップします。

思い切って、結婚相談所に登録するのもアリですよ。

【参考記事】はこちら▽


結婚の秘訣3. レディファーストで大人の余裕を持つ

女性は、「大人の男性から大切に扱われたい。」と思っているので、レディーファーストをしてくれる紳士的な男性に惹かれます

結婚したいなら、とにかく女性をプリンセスのように扱い、大人の余裕を見せましょう。電車で席が空いたら、まずは女性にすすめたり、エレベーターではドアを開けて女性を先に降ろしたり、毎日のさり気ない行動が大切ですよ。


結婚の秘訣4. 普段から笑顔で接しやすい雰囲気を作る

女性から「あの人は話しかけにくい。」と思われると、付き合うチャンスはやってこないので、まずは笑顔を心がけて好印象を狙いましょう。

いつも笑顔の男性に対しては、女性は「穏やかで話しやすそうな人だな。

結婚しても笑顔の絶えない家庭になりそう。私から話しかけてみようかな。」と思います。真剣交際に発展する可能性も高いですよ。

【参考記事】はこちら▽


結婚の秘訣5. 自分を磨いて魅力的な男性になる

経済力や教養、健康的なスタイル、清潔感のある容姿を結婚相手に求めている女性も多いです。女性から選ばれるには、男性的な魅力を身につけましょう

例えば、資格取得をして収入アップを狙ったり、筋トレして健康的な体型を手に入れ、清潔感のある髪型にイメチェンするなど、女性にとって魅力的な男性になれば結婚できるチャンスは増えますよ。

【参考記事】はこちら▽


独身男性におすすめの婚活方法を紹介!

ずっと恋人がいない独身男性にとっては、婚活は未知の領域。

「結婚したいけど、そもそもどうやって女性と出会えばいいの?」と思う人もいるでしょう。

ここでは、独身男性にぴったりの婚活方法をレクチャーします。


婚活方法1. 結婚相談所に行く

結婚相談所は、登録している女性も「結婚したい!」という意識が強いです。そのため、出会った女性とトントン拍子に話がすすむ可能性が高いでしょう。

「絶対20代が良い!」「美人以外はダメ!」など、高望みし過ぎるのはNG。条件ばかりにとらわれず、色んな女性と会ってみることがポイント。性格が合うことを第一に考えましょう

【参考記事】はこちら▽


婚活方法2. マッチングアプリを活用する

インターネットが発達した現代は、スマホ1台あれば婚活を行える時代です。

仕事が忙しくて、合コンや結婚相談所に行く時間がない人でも、マッチングアプリなら、空き時間にササッと検索して相手の女性を探すことも可能。相手さえOKしてくれれば、すぐにデートすることもできますよ。

忙しい独身男性にはおすすめの婚活方法です。

【参考記事】はこちら▽


婚活方法3. 街コンや婚活パーティーに参加する

「堅苦しい雰囲気の婚活は苦手。でも効率的に婚活したい。」と考えている独身男性には、街コンや婚活パーティーがおすすめです。

街コンや婚活パーティーには、同じように出会いを求めている女性が多いので、恋に発展しやすくなります。また、ワイワイとした雰囲気の中で出会えるので、自然と会話も盛り上がりますよ。

【参考記事】はこちら▽


独身のままでいるか悔いのない選択をしていきましょう!

一生独身でいるには、メリット・デメリットがありましたね。

「やっぱり一生独身でいいや。」と思った人も、「結婚できないのは嫌だ。」と思った人もいるでしょう。

もし独身でいるなら、生きがいを作り、身の周りのことは自分でできるようになることが大切ですよ。結婚したい人は、魅力的な男性になるために自分を磨き、今日から婚活しましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事