ひとりで生きる覚悟をした男女へ。孤独を感じずに楽しく生きる方法を紹介

ひとりで生きると覚悟する時ってありますよね。しかし、具体的にどのような生活になるのか予め知っておきたいところ。そこで今回は、ひとりで生きるメリット・デメリットやひとりで生き得る時の心構えを解説!さらに、ひとりで生きる力を身につける方法や人生を謳歌する方法も紹介していきます。

ひとりで生きると決めた人へ。

ひとりで生きる覚悟をした男女が孤独を感じずに楽しく生きる方法

一人で生きていくという選択は、時には周りの人に受け入れてもらえないことがあります。

一人で生きる覚悟をしたけれども、実際これから大丈夫なのかと不安に感じてしまう人も多いでしょう。一人で生きるには、どうすれば孤独を感じず幸せでい続けられるのでしょうか。

そこで本記事では、一人の人生の楽しみ方や、一人で生きていくことのメリット・デメリットなどについて解説していきます。一人で生きていくということについて改めて考え、後悔のない選択をするようにしましょう


多くの人が一人で生きる覚悟を決める4つの瞬間

一人で生きる覚悟した人は、それなりのきっかけや理由があるはずです。人はどんな時に、一人で生きることを覚悟するのでしょうか。

ここでは多くの人が一人で生きる覚悟を決める瞬間について解説していきます。


覚悟する瞬間1. 全く恋人ができない時

いくら努力しても、一向に彼氏・彼女ができない時。恋人探しは時間も労力もかかるし、あまりにその努力が報われないと、次第に恋人探しがバカらしくなってきてしまいます。

こんなに大変な思いをするなら、恋人なんていらないと思うもの。

恋人探しに嫌気がさして、努力するのをきっぱり諦めた時、それは一人で生きることを覚悟をする瞬間でもあります。


覚悟する瞬間2. 離婚した時

離婚をした後は、精神的にも非常に疲れた状態にあります。すぐに新しい恋人探しを始められる人の方が稀で、辛いという気持ちや疲れたという気持ちから多くの人が一休みしたくなるものです。

人生二度目の結婚となると、相手探しも大変だし、次は失敗できないというプレッシャーものし掛かってきます。

人によっては、離婚をきっかけにこれからの人生を一人で生きる覚悟をします。


覚悟する瞬間3. 他人との価値観が合わないと感じた時

結婚をすると、嫌でも夫婦の価値観を合わせていく必要があります。しかし、他人と価値観を合わせて生きていくのは、とても大変なことです。

普段から他人との価値観の違いに苦労している人は、他人と同棲したり長い時間一緒にいることを苦痛に感じてしまいます。他人との価値観の違いを理由に、一人で生きる覚悟をする人は多いです。


覚悟する瞬間4. 身寄りがいなくなった時

親族の不幸などが原因で身寄りがいなくなった時、多くの人は「これからどうしよう…」と感じることでしょう。それは、頼りになる人がいなくなったことで、自分ひとりで生きていかなければならないという覚悟をするからです。

何かのコミュニティーに属するというような選択肢もありますが、やはり新しい人と出会い、一緒に暮らしていくというのは年々億劫になっていくもの。

多くの人は身寄りがいなくなった時、これからの人生を一人で生きる覚悟をします。


本当に一人で生きて大丈夫?一人で生きるメリットとデメリット

一人生きることを覚悟しても、はやり今後の人生に対する不安はあるはずです。一人で生きることには、メリットとデメリットの両方があります。

ここでは一人で生きることのメリットとデメリットについて具体的に解説していきます。


一人で生きるメリット

多くの人は、一人で生きた方が良いという理由があって、一人で生きることを決めます。

確かに、一人で生きるからこそのメリットはたくさんあります。まずは、一人で生きるメリットについて解説していきます。


メリット1. 自分の時間をたくさん持てる

結婚をすると、家庭のために多くの時間を割かなければなりません。仕事のない貴重な休日でも、家事・育児の手伝いや家族サービスで1日が終わってしまい、なかなか自分の趣味などに時間を費やすことができません。

しかし一人であれば、全ての時間を自分の好きなことに費やすことができます。自分の時間をたくさん持てるのは、一人で生きる人にとっての大きなメリットです。


メリット2. お金の使い道を自分で選べる

家族を養うには、多くのお金がかかります。子供が生まれ、大学まで進学させるとなると、様々なことを我慢してでも貯金をしておく必要があります。

しかし独身であれば、基本的にお金は自分のためだけに使うことができます。長く会社に勤めていれば、特別な我慢をせずともある程度の貯金が貯まっていることでしょう。

お金の使い道を自分で選べるのも、一人で生きるメリットです。


メリット3. 誰にも干渉されずに自由に生きれる

誰かと一緒に暮らせば、他人に干渉されるということは避けられません。自ら望んで結婚をした人でも、一人の時間が減ってしまうことに不満や不自由を感じる人は多いでしょう。

しかし一人で生きていれば、誰にとも関わらずに自由に生きることができます。他人に干渉されないことで、自分の思うがままの生活ができることこそ、ひとりで生きる大きなポイントとも言えるでしょう。


一人で生きるデメリット

メリットが多いように思える一人での暮らしですが、デメリットもあります。デメリットもきちんと把握した上で、一人で生きるという選択をしたいものです。

続いては、一人で生きるデメリットについて解説していきます。


デメリット1. 老後生活を孤独で過ごすことになる

一人で生きる人の宿命とも言えるのが、老後の生活の孤独です。

若い間は毎日仕事に行くため、一人とは言え社会との繋がりがあります。しかし定年して会社に行かなくなると、人によっては全く家の外に出ない生活になってしまいます。

次第に歳を重ねて万が一怪我や病気になった時、近くで看病してくれる人がいないという状況が生まれます。繋がりがなく老後にひとりで寂しい思いをすることもあれば、自分の体に何か起こった時に大変な可能性があるのです。


デメリット2. 悩み事があった時に自分一人で解決しなければならない

家族を持っている人であれば、悩みがあれば信用を置ける近しい人に相談することができます。しかし一人で生きている人は、悩み事があっても相談できる人がなかなかいません。

一人で生きていくなら、悩みがあっても解決してくれるのは自分だけです。一人で生きるという選択するのであれば、一人で生きていく力を身につけておく必要があります。


デメリット3. 結婚生活や子供を育てる楽しみが味わえない

既婚者に話を聞くと、結婚生活や子育てがとても楽しいとよく言います。しかし結婚生活や子育ては、誰かと結婚したからこそ経験できるもの

将来、結婚生活や子育てをするのに憧れているという人も多くいるでしょう。一人で生きることを覚悟した人は、これらの喜びを人生で味わえないことも覚悟しなければいけません。


一人で生きる時の5つの心構え

一人で生きる人生には、一人だからこそ直面する様々な問題があります。一人で生きるには、前もってそれなりの心構えをしておく必要があります。

ここでは、一人で生きることを覚悟した時の心構えについて解説していきます。


心構え1. 家事を全て自分でやる

結婚していれば、家事は夫婦で分担して行うことができます。妻が率先して家事をしてくれる家庭も多くあります。親と同棲している人であれば、ほとんどの家事を親がやってくれることでしょう。

一人で生きるなら、掃除や洗濯、料理といった家事は全て自分でやることになります。家事が苦手な人は、家事を全て完璧に覚えるという覚悟が必要です。


心構え2. 徹底した健康管理

一人で生きていく上で、健康管理はとても重要となります。

風邪を引いても、看病してくれる人はいません。体調が悪くて辛い時でも、一人で病院に行かなければいけません。大きな病気ともなれば、介護してくれる人がいなくて大変な思いをすることになるでしょう。

一人で生きていくなら、健康管理は徹底して行うようにしましょう。


もしものために保険の加入も忘れずに

一人で生きていて、万が一病気で働けなくなってしまった場合、収入が途絶えてしまうというリスクがあります。治療費も自分で払わなければいけません。

一人で生きるなら、万が一働けなくなった時のためなどに保険の加入も忘れずにしておきましょう。


心構え3. どんな問題にも自分で解決すること

一人で生きていたら、基本的に困ったことがあっても助けてくれる人は周りにいません。

お金で困っても、病気になっても、一人で何とかする必要があります。悩みごとがあっても、自分で解決策を模索する必要があります。

どんな問題にも自分一人で立ち向かうという覚悟は、一人で生きていくために必要なことです。


心構え4. 一人で生きていくだけのお金を稼ぎ続ける

家族を養うお金が要らないとは言え、お金は必要です。

収入源は自分の仕事だけであるため、万が一収入が途絶えたら生活に困窮してしまいます。大きな病気になったら、莫大な治療費がかかります。

それなりの貯金をしておくのが重要なのはもちろん、一人で生きていくだけのお金を稼ぎ続けるという覚悟が必要となります。


心構え5. 親の介護を一人で行う可能性があること

結婚していれば、親の老後の介護は夫婦で力を合わせて行うことができます。親と別居していても、老後は自分の住まいに移住してきてもらうという選択肢もあるでしょう。

しかし独身だとそうはいかず、親の介護を一人で行わなければいけない可能性があります。

親と別居していても、将来的に実家に戻って親と一緒に暮らさなければいけないかもしれないということを頭に入れておきましょう。


一人で生きていく力を身につける3つの方法

一人で生きるには、一人で生きていく力が必要になってきます。一人で生きていくために必要なことはたくさんあるため、それらを前もって身につけておくことは非常に重要です。

ここでは、一人で生きていく力を身につける方法について解説していきます。ひとりで生きようかなと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


身につけ方1. バリバリ仕事する

一人で生きていくなら、自分で自分のことを養わなければいけません。老後に備えて貯金をしておく必要もあります。仕事で活躍できるようになって、お金を稼げるようになっておきましょう。

また一人で生きていくということは、仕事に集中できる環境にあるとも言えます。家族のために時間を割かなくて良い分、仕事に全てを注ぐという生き方もありでしょう。

バリバリ仕事をできる力は、一人で生きていく力とも言えます。


身につけ方2. 助け合えるような親友を作る

家族がいない分、他に助けを求められるような親友を作っておくことが重要です。

困ったことがあった時や、風邪を引いてしまった時、助けてくれる友達がいればとても心強いです。

一人で生きることを覚悟しても、時には寂しくなってしまうこともあるでしょう。そんな時、近くに親友がいたら精神的な助けにもなります。助け合える親友は、一人で生きていく力になります。


身につけ方3. 料理の幅を広げる

結婚していれば、妻が毎日のように美味しい料理を作ってくれるかもしれません。

しかし、一人で生きていくなら、基本的に自分の食事は毎日自分で作ることになります。毎日食べる料理なら味はもちろん、栄養が偏っていないことも重要です。

料理のレパートリーを広げることは、一人で生きていく力を身につけることにも繋がります。


一人でも人生を謳歌!一人で楽しく生きる方法

一人で生きていくことを覚悟したとしても、人生は最大限に楽しみたいものです。

一人で楽しく生きる方法を知っておくことは、一人で生きていくために必要なこととも言えます。

ここでは、一人で楽しく生きる方法について解説していきます。


方法1. 一人で生きるという自信を持つ

一人で生きていくということは、誰にでもできるものではありません。

自分のために頑張り、自分の問題は自分で解決できるということは、自立した人間である証です。自分に自信が持てれば、前向きで楽しい人生を送ることができます。

一人で生きているという自信を持つことで、自分のことを好きになることができますよ。


方法2. 趣味を見つけて没頭する

一人で生きていれば、家族のために時間を割かなくて良い分、自分のための時間を多く作ることができます。

そのため、家族がいれば煙たがられる趣味や、時間がないとできないような趣味にも挑戦可能。1つの趣味を徹底的に極めるのも良し、たくさんの趣味を同時並行で進めるのも良いでしょう。

没頭できる趣味を持つことは、一人で生きる人生をより豊かにしてくれます


方法3. 家の中を自分好みに充実させる

誰かと一緒に住んでいたら、自分の意思だけで家の中を好き勝手にアレンジするのはなかなか難しいです。

しかし、一人で生きているなら、自分の家をどんな家にしようと誰も文句は言いません。自分の好きなように家をアレンジできるのは、一人で生きている人の特権とも言えます。

家の中を自分好みに充実させるのは、一人の人生だからこそできることなのです。


方法4. 行きつけの飲み屋を作る

一人で生きていくことを覚悟しても、時には人とコミュニケーションを取りたくなることはあります。また、一人で食べる夕食を寂しく感じてしまうこともあるでしょう。

そんな時のために、行きつけの飲み屋を作っておきましょう。常連になれば第2の我が家のように親しみを持って通うこともできるし、夕食もワイワイ楽しみながら食べることができます。

行きつけの飲み屋があると、一人の人生の楽しみが1つ増えます。


方法5. 友人の輪を広げて、居心地の良い人間関係を構築する

友人がたくさんいれば、困ったことがあっても助け合うことができます。休日や仕事終わりに一緒に遊びに出かければ、寂しい思いをすることもないでしょう。

一人で生きていくなら、友人はたくさん作っておきましょう。友人の輪を広げて、居心地の良い人間関係を構築しておくことは、一人で生きる人生をより楽しくしてくれます。


一人で生きるかどうかは良く考えてからにしよう!

一人で生きていくということは、楽しくて気楽である反面、辛いことや大変なことも多々あります。

勢いだけで一人で生きていくことを決めてしまうと、後悔をしてしまうかもしれません。一人で生きるかどうかは、よく考えて慎重に選択しましょう。


自分の人生を楽しく生きるために、悔いのない選択をしましょう。

一人で生きることには、メリットとデメリットの両方があることを理解しておかなければなりません。

一人で生きていくという選択はそう簡単にできるものではなく、自分が幸せな人生が送れるのかどうか、心配になってしまうものです。

しかし、あなたが自分らしく生きるためにした選択であれば、そこにはきっと楽しくて後悔のない人生が待っているはず。本記事を参考に、ひとりで生きるかどうか人生の選択をしてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事