独身男女の特徴&結婚できない原因とは?幸せな結婚を手にするコツも解説!

結婚適齢期になっても独身を貫いている男女って多いですよね。今記事では、一生独身の人の特徴を男女別で解説すると共に、結婚ができない人にありがちな原因や独身でいることのメリットとデメリットを紹介していきます。独身を貫く上で覚悟すべきこともお教えしますので、参考にしてみてくださいね。

一生独身でいる男女って増えてきましたよね。

独身男女の特徴&結婚できない原因

独身貴族に浸りつつも、「いつかは結婚したい」と思っている独身男女も多いでしょう。

この記事では、男女別における一生独身の人の特徴から結婚できない人にありがちな原因、さらには生涯独身であり続けるメリットやデメリットや幸せな結婚のためにやるべきことについて解説します。

ぜひ参考にして、独身のままでいいかどうかを今一度考えてみてくださいね。


一生独身である男女の割合とは?

一生独身で居る人の割合

一生独身である男女の割合は年々増加しており、2015年時点における生涯未婚率は、男性で23.37%、女性で14.06%という結果を示しています。(参考:https://www.huffingtonpost.jp/

生涯未婚率は5年に1度実施されるものですが、割合は年々増加しており、2015年では過去最高を記録しています。「いずれは結婚したい」と思う男女は多いものの、結婚しない人も増えてきました。


男女別で一生独身の人の特徴を解説!

一生独身の人の特徴

一生独身の人は、どのような特徴を持っているのか気になる人もいるでしょう。

ここでは、男女別における一生独身の人の特徴について解説します。ぜひ参考にして、自分に当てはまっていないかどうか確認してみてはいかがでしょうか。


独身男性の特徴とは

長い間独身でいる男性の場合、どうして独身なのだろうかとあれこれ悩んでいる人もいるかもしれません。独身男性の場合、既婚男性が持っていないような特徴を兼ね備えている可能性も。

ここでは、独身男性の特徴について解説します。ぜひ参考にして、独身男性の人は特徴が当てはまっているかどうかチェックしてみてくださいね。


男性の特徴1. 恋愛に消極的

最近では「草食系男子」という人も増えてきましたが、女性と話すことが苦手だったり、また好きな人がいても恥ずかしくて告白できなかったりするため、なかなか恋愛に発展しない男性も。

結婚したいと思っていても、恋愛に後ろ向きでアプローチしようとしないので、なかなか彼女ができません。長い間彼女もできず、独身状態がずっと続く人も少なくないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


男性の特徴2. 焦りを感じるものの自分から出会いの場に行かない

一生独身のだんせいは出会いの場所に行かない

「そろそろ結婚したいな」と焦りが見え始めているものの、自ら行動を起こさない人も独身でい続ける可能性が高いでしょう。

「出会いが欲しい」とは心の中では思っているものの、合コンや街コンなどに行く勇気が出ないので、「いいな」と思える女性に出会えない傾向に。

出会いがないので彼女ができず、なかなか結婚に至ることも少ないでしょう。


男性の特徴3. 趣味に没頭しすぎている

恋愛にあまり興味がない人も、長い間独身になる大きな要因の一つ。何かハマっている趣味があるような場合、仕事の合間や休日など、全て趣味に時間を使う人も少なくありません。

趣味ばかりやることで、やがて恋愛が「めんどくさい」と感じてしまう独身貴族もしばしば。いい人がいても恋愛しようとせず、次第に結婚に対する関心がなくなることも。


男性の特徴4. 外見に清潔感がない

一生独身の男性は清潔感がない

見た目が要因で結婚できない男性も多いです。いくら「彼女がほしい」「結婚したい」と男性が思っても、見た目に清潔感がない場合、女性は嫌悪感を示してしまいがち

髪がボサボサだったり服がヨレヨレだったり、そうした姿に女性は「一緒にいたくない」「付き合いたくない」と思いやすいです。男性が告白しても振られる可能性が高く、結婚がますます遠のくでしょう。


男性の特徴5. 一人でいることに慣れてしまっている

もともと一人でいることが好きだったり、一人でいることを楽に感じていたりする時も、独身になりやすい傾向に。

「他人と一緒に暮らすことは考えられない」と思っている独身貴族の男性も少なくなく、恋愛して他人と一緒に過ごすのがめんどくさいと感じています。

たとえ付き合って料理などしていても、「下手な料理を作るのであれば自分で作りたい」などと思うことも少なくありません。

【参考記事】はこちら▽


独身女性の特徴とは

独身男性だけでなく、独身女性にも様々な共通点が存在しています。ここでは、独身女性の特徴について解説します。

独身女性で結婚に焦りを感じている人は、ぜひ参考にして、今の自分と照らし合わせてみてくださいね。


女性の特徴1. 男性への理想が高い

仕事優先の生活をしているわけではないのに独身でい続ける人は、結婚を求める男性に、様々な条件を求めている可能性が高いです。

「年収1,000万円以上」「身長180cm以上」など選り好みしているため、なかなか理想の男性に出会えずに結婚できないことも。

理想が高いがゆえに、「遊んでいそう」など相手の粗探しをする女性も多いです。


女性の特徴2. 男性が結婚条件に見合っているか深く考えすぎてしまう

一生独身の女性は結婚条件を考え過ぎる

「これからこの人とずっと一緒いるんだ」と結婚に構えすぎてしまう女性も、独身の可能性が高まります。結婚をあまりにも重要視しすぎてしまうので、結婚相手としてふさわしいかどうか減点方式で判断してしまいがち。

少しでも減点が続くと、「この人とは結婚できない」とすぐに判断してしまうので、気がつけば結婚できずに独身貴族になっているケースもあります。


女性の特徴3. 一人で生きていけるほど自立している

仕事や家事をバリバリこなしており、どんなことでも自分でできてしまう独身貴族の場合、生涯独身でいる可能性が高いです。

仕事をしっかりやっているので、お金を気にする必要もありません。全て一人でできる今の生活に満足して、男性の存在を必要としないこともしばしば

さらに仕事ができる女性は、男性からするとプライドを傷つけられるように感じるので、魅力的に映らないケースもあります。

【参考記事】はこちら▽


女性の特徴4. 男性のことを信用できない

一生独身の女性は男性のことを信用しない

男性のことを常に疑っている人も独身の人の特徴の一つ。男性のことを信用できない人は、浮気など過去の恋愛がトラウマになっている可能性も。

そのため「男性は基本的に裏切る生き物」だと思い込んでしまい、交際しても「いつか裏切るんじゃないか」と考えて結婚しようとしません。

さらに相手の男性からしても、常に疑ってくることで居心地が悪くなるので、結婚しようとは思いにくいでしょう。


女性の特徴5. 結婚に対する覚悟ができない

結婚は、確かに人生における大きなイベントの一つ。そうした大イベントを前にすると、「この先やっていけるだろうか」などの不安を抱えている人も。

結婚したくても覚悟がないので、交際や結婚を申し込んむ男性がいても「ごめんなさい」と断ってしまいがち。

結婚に対する勇気がずっと持てないでいるので、気がつけば独身でいるケースも少なくありません。


結婚ができない人にありがちな5つの原因

結婚出来ない人の原因

なかなか結婚しようと思ってもできない時、何かしらの原因がある可能性も。ここでは、結婚ができない人にありがちな原因について解説します。

結婚しようと思ってもできない独身男女は、ぜひ参考にして当てはまっているかチェックしてみてくださいね。


原因1. 仕事が忙しすぎる

仕事が忙しすぎることで、恋愛に割く時間が取れずに結婚できないことも。「結婚したい」と思っていても、出会いの場所に行く時間がなかなか取れず、そもそも出会いがないという人も少なくありません。

たとえいい人に出会って付き合うことに発展したとしても、仕事が忙しいとデートに行く時間が取れません。次第に相手が愛想を尽かして、結婚が遠のいてしまうケースもあります。


原因2. 過去の恋愛での失恋を引きずっている

過去の恋愛を引きずっていることで、異性を信用できていないことが原因になっている可能性も考えられます。過去に付き合っていた人に、浮気などで裏切られたことがトラウマとして残っていることもしばしば。

「この人いいかも」と思う人が現れても、「また裏切られるんじゃないか」とあれこれ考えて、結婚に発展しにくいです。


原因3. 結婚不適合者と思い込んでいる

結婚出来ない人は結婚不適合者だと思い込んでいる

「自分はどうせ結婚なんてできない」とどこかで結婚を諦めていることで、結婚するチャンスを逃している人もいるでしょう。

「いいな」と思ってくれる相手が目の前に現れても、「どうせ自分なんて」と自暴自棄に陥っていることも多いです。

「この人恋愛する気がないんだな」と次第に相手が愛想を尽かしてしまい、結婚できなくなります。

【参考記事】はこちら▽


原因4. 異性にどこか壁を作っている

異性と話す時、どこか表情が固かったり近づくと遠ざかったり、異性に壁を作ることで相手が幻滅して結婚できないケースも。

「いいな」と思う異性を前にすると、つい緊張してどのように接すればいいかわからなくなり、つい壁を作って自分を守ろうとします。

恋愛慣れをしていない人に多く、次第に相手も愛想を尽かして結婚が遠のくでしょう。


原因5. お金がない=結婚できないと思い込んでいる

結婚を考える時、お金のことをまず頭に思い浮かべる人も結婚から遠のきやすいです。「お金がないと結婚ができない」と考えているので、結婚できない女性の場合、相手の男性の年収を気にすることもしばしば。

「年収は1,000万円以上ほしい」などといったお金を持っている男性を探そうとするため、「いいな」と思える相手に出会いにくくなり、結婚できなくなります。

【参考記事】はこちら▽


生涯独身であり続けるメリット/デメリット

生涯独身のメリット デメリット

このまま結婚できずに生涯独身でいるとなった時、どのようなメリットやデメリットが考えられるのでしょうか。ここでは、生涯独身であり続けるメリットやデメリットについて解説します。

どんなメリットやデメリットがあるのか、ぜひ参考にしてみてくださいね。


独身のメリットとは

このまま一生結婚できなさそうだと悩んでいる人もいるでしょう。ですが独身だからこそのメリットもたくさん存在していますよ。

ここでは、独身におけるメリットを解説します。ぜひ参考にして、自分にもメリットが当てはまっているか確かめてみましょう。


メリット1. 時間やお金を自分のためだけに使える

独身だと時間やお金の制約を受けないことが大きなメリット。基本的に好きなことを好きな時にできるので、ストレスがかかることもないでしょう。

さらにお金の制約も受けないことで、ほしい物を我慢する必要がないのもポイント。趣味などにどんどんお金を使うことで独身貴族な気分にも浸りやすく、リッチな感覚を持ちやすいでしょう。


メリット2. パートナーに気を遣うことがない

一生独身の人はパートナーに奇をつかわなくていい

時間やお金以外に、何かを行動する時に制約を受けないことも大きなメリットだといえます。

もし結婚していれば、飲み会や友達と遊びに出かけた時、遅い時間になりそうだと相手が心配すると思い、途中で帰らなければならないことも。

ですが、独身の場合は誰にも気を使わないでいいので、自由気ままに遊んだりできるでしょう。


メリット3. 支える人がいないため、精神的に楽

自分以外に気にかける人がいないのもメリットの一つでしょう。結婚すると、旦那もしくは奥さんを支えなければならず、時にはストレスになる可能性もあります。

独身であれば、いつも自分のことだけ考えられます。自分の世話だけしていればいいのでストレスを感じることもなく、悠々自適な暮らしがしやすいでしょう。


独身のデメリットとは

独身貴族に浸りたい思いを持ちつつも、「このままずっと独身なのだろうか」と思っている人もいるかもしれません。ここでは、独身のデメリットについて解説します。

ぜひ参考にして、独身のデメリットが気になる人はチェックしてみましょう。


デメリット1. 夫婦生活を味わえない

一生独身の人は夫婦生活を味わえない

独身の場合、結婚した人ならではの体験を味わえないことがデメリットとして挙げられます。結婚して夫婦として一緒に暮らすことで、楽しいことも辛いことも一緒に乗り越えようとします。

そうしてお互いに成長しながら幸せに暮らしていくという経験は、結婚しないとなかなか経験できないこと。結婚生活を楽しんでいる夫婦を見ると、思わず羨ましく感じて寂しい気持ちになる人も多いです。


デメリット2. 子供が授かれない

結婚しなくても子供を授かれるパターンもありますが、独身だと子供が授かれない可能性が高く、育児が経験できないのもデメリットの一つ。

もちろん育児は楽しいことばかりではありません。でも、子供を産んで育てることで学べることもたくさんあります。

友人に子供がいるような時は、思わずその幸せそうな姿に羨ましさも覚え、「子供ほしいな」と寂しくなるケースもあるでしょう。


デメリット3. 老後生活を独り身で過ごすことになる

一生独身の人は老後を一人で過ごす

ずっと独身でいる場合、老後が一人になるという覚悟は必要不可欠です。自分で何でもできるようになる必要があり、もし何か緊急なことが起こったとしても、誰も助けてはくれず孤独になりやすいでしょう。

また老後になると、体の自由が利かなくなることもしばしば。場合によっては孤独死につながる可能性も考えられます。


デメリット4. 病気などにかかった時、看病してくれる人がいない

ずっと独身でいる場合、病気などにかかった時にもデメリットが生じやすいです。病気や怪我をしても看病してくれる人がいないので、自分で病院に行ったり食事の世話をしなければならないこともしばしば。

急に体に何か異変が起こった時でも誰にも気づいてもらえず、いざという時には辛い思いをしやすいでしょう。


デメリット5. パートナーがいないことに寂しいと感じることがある

独身で一人暮らしをしていると、家に帰っても誰もいないことから、孤独で寂しいと感じてしまうことも。誰も話す相手がいないので、独り言が増えてしまう可能性があります。

職場や友達と会った時は、話し相手がいるので寂しさを感じません。ただ、家に帰ると、先ほどまでとの賑やかな場面とのギャップを感じて、寂しさが募りやすいです。

【参考記事】はこちら▽


生涯独身を貫くなら覚悟すべき3つのこと

生涯独身を貫く時の覚悟

独身貴族でいたいから、このまま結婚しなくてもいいと思っている人もいるかもしれません。そんな時、覚悟しておかなければならないことも様々。

ここでは、生涯独身を貫くときに覚悟すべきことについて解説します。生涯独身でいようと考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


覚悟すること1. 自分一人で生きる力を身につけること

生涯独身でいようと思うのであれば、誰も助けてくれる人がいないと覚悟する必要があるでしょう。家事など身の回りのことはもちろんのこと、生活に必要な収入も自ら稼がなければなりません。

さらに寂しさに打ち勝つようなメンタルの強さも必要不可欠。常に誰かに依存する傾向にある人は、メンタルを鍛える必要もあるでしょう。


覚悟すること2. 健康管理を徹底すること

常に健康に気をつけなければならないのもポイント。生涯独身の場合、病気や怪我になった時に助けてくれる人は誰もおらず、家事も誰も手伝ってはくれません。

基本的に自分で自分のことを看病しなければならないので、辛い思いをしやすいです。健康的な食事を摂取したり運動したり、常に健康管理に気をつける必要があるでしょう。


覚悟すること3. 病気や怪我に備えて貯金をしっかりしておくこと

生涯独身を貫く時の覚悟は貯金をする

生涯独身でいようとする場合、不測の事態を考慮しておくことも必要不可欠。もし病気や怪我で働けない状況になった時、収入がなくなるか減少してしまうことも。

独身の場合、働けなくなっても誰も助けてはくれません。いざという時に生活に困らないためにも、しっかりと貯金をしていざという時に備えておく必要があります。


やっぱり結婚したい!幸せな結婚を手に入れるためにやるべきこと

幸せな結婚をするためにやるべきこと

独身でいる人の中には、「やっぱり結婚したいかも」と思っている人も少なくないはず。結婚するためには、どうしったことが必要になるのでしょうか。

ここでは、幸せな結婚を手に入れるためにすべきことについて解説します。


結婚へのコツ1. まずは条件を明確に設定

どういう人と結婚したいのか、まずは自分が求めている相手を明確にすることが大切です。「結婚したい」という思いだけが先走ってしまうと、「こんな人と結婚するんじゃなかった」と後で後悔してしまうことも。

幸せな結婚をするためにも、どういう人と結婚したいのかはっきりさせることで、幸せな結婚に近づくはずですよ。


ただし異性への高望みはNG

ですが「年収1,000万年以上」など、異性に高望みしすぎてしまうと、理想の相手になかなか出会えず結婚できなくなるので注意が必要。

あまり現実とかけ離れすぎないような理想を持つことで、結婚できる確率もアップしやすいでしょう。


結婚へのコツ2. 男磨き/女磨きで魅力的な人にする

幸せな結婚をするには魅力的な人になる

結婚相手のことばかりあれこれ考えても、自分に魅力がなければお付き合いや結婚に進展しにくいでしょう。そこでおすすめしたいのが自分磨き。

体型が気になるならジムへ行って体を鍛えたり、もっと知性をつけたいと思えば勉強したり、自分をより魅力的にすることを意識してみてください。異性から「いいな」と思われる確率もアップして、結婚に近づきますよ。

【参考記事】はこちら▽


結婚へのコツ3. 婚活仲間を作って互いに励まし合いながら行動する

「結婚したい」と思って一人で婚活していても、なかなかモチベーションが上がらない可能性も。そこでおすすめしたいのが婚活仲間を作ること。

婚活仲間を作って一緒に婚活をすることで、「自分も頑張ろう」とやる気が上がりやすいのがポイント。さらに、「ここの婚活パーティー、いい人多そうだったよ」といった役立つ情報が手に入る可能性も高まります。


結婚へのコツ4. 出会いの場に積極的に行く

「結婚したい」と思っても、いつまでも受け身であれば何も状況は変わりません。大切なのは、自ら行動して幸せを掴みにいくこと

自ら出会いの場所に行って、積極的に異性と話すよう意識してみてください。出会いの場で異性と仲良くなることで、お付き合いに発展する可能性も高くなり、結婚もおのずと近づくでしょう。


結婚相談所や婚活サイトなどを利用するのもおすすめ

幸せな結婚をは婚活サイトを利用する

出会いの場所に行こうと思っても、「どこに行けばいいかわからない」と悩む人も少なくないはず。そこでおすすめしたいのが、「結婚相談所」や「婚活サイト」。

こうした場所であれば、相手も自分と同じように出会いを求めている可能性が高いので、恋愛や結婚に発展しやすいはずです。

【参考記事】はこちら▽


結婚へのコツ5. タイプの人でなくても、まずは付き合ってみる

結婚願望はあっても、「自分の理想の人でないといやだ」とこだわっていると、なかなか恋愛や結婚に発展しないケースも少なくありません。

「正直あまりタイプではないかも」と思う相手であっても、付き合ってみることでその人のことが好きになる可能性も。付き合う相手にこだわらないことで、結婚する確率も高まるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


生涯独身を貫くか、婚活を頑張るか、よく考えてみてくださいね。

生涯独身か婚活をするか考えよう

ここまで、男女別における独身の人の特徴から生涯独身であり続けるメリットやデメリット、さらには生涯独身を貫くなら覚悟すべきことや幸せな結婚を手に入れるコツについて解説しました。

一生独身でいると様々なことを一人でしなければならず、辛い思いをしてしまいがち。結婚したいと思った時は、まずは自ら出会いの場所に行って様々な異性と出会うところから始めてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ