陰気の意味とは?陰気な性格を持つ人の特徴&上手な付き合い方を紹介

陰気の意味について詳しく知りたい方へ。今記事では、陰気の意味はもちろん、陰気臭いと言われる人の特徴から、陰気な人との付き合い方まで詳しくご紹介します。さらに、自分が陰気臭いと言われてしまった時の改善方法も解説。ぜひ参考にして、陰気についての理解を深めましょう!

陰気な性格を卒業する改善方法を解説!

陰気な性格を持つ人の特徴&上手な付き合い方

男性、女性問わずなんとなく陰気な人っていますよね。職場に陰気な人がいると、周りの雰囲気まで暗くなってしまい困ると感じている人もいるのでは?

そもそも、陰気臭いと言われる人にはどのような特徴があるのでしょうか。

この記事では陰気臭い人の特徴、陰気な人との付き合い方を解説。「そもそも陰気とは?」といった基礎的な疑問から、陰気な性格の改善法まで紹介していますので、ぜひチェックしてください。


そもそも「陰気」の具体的な意味とは?

「なんだか暗い人」「陽気じゃない人」という意味で使われがちな「陰気」ですが、そもそも陰気とはどのような意味なのでしょうか。

辞書によると陰気とは、天気や雰囲気、性格などが暗く晴れ晴れとしていない様子を指す言葉です。

男性、女性問わず周りに暗い印象を与える人、なんとなくネガティブな雰囲気を持っている人が、「陰気な人」だと言えます。


「陰気」と「陽気」の違いについて

「陰気」と「陽気」は真逆の言葉です。そのため陽気とは、雰囲気が晴れ晴れしていること、明るくにぎやかなことを指します。

そのため「陽気な人」はいつも明るく元気な性格で、ポジティブなオーラを持っている人だと言えるでしょう。

一方、陰気な人は、常に暗い表情をしており周囲にネガティブな印象を与えるため、陽気な人と陰気な人は正反対の存在だと言えます。

【参考記事】はこちら▽


どんな人を指すの?陰気臭いと言われる人の特徴とは

同僚同士、または友人同士で、「あの人って陰気臭いよね」「あの人ってなんか暗いよね」と言い合った経験がある人は多いはず。

では、陰気臭い人の性格や行動には、どのような特徴があるのでしょうか?

ここからは、陰気臭いと言われる人の特徴について解説していきます。


陰気な人の特徴1. 自分に自信がない

過去の経験や元々の性格から、自分に自信を持てない人は多いはず。しかし、男性女性問わず、自信がなければ自然と表情が暗くなってしまい、周りから「暗い人だ」と思われてしまいます。

また、自信のない人は自分の意見を言う時もおどおどしているため、周囲を不安にさせることもあるでしょう。

職場などに不安そうな顔の人が一人いると、周囲もなんとなく暗い気持ちになってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


陰気な人の特徴2. 基本的に無表情で笑わない

無表情な人は基本的に、自分の考えや感情を表に出しません。そのため周囲の人は「どのタイミングで話しかければいいか分からない」と感じ、無表情な人にネガティブな印象を持ってしまいます。

特に男性の場合、ずっと無表情でいると周りに「怖い人だ」という印象を与えてしまうため、周囲の人から「なるべく近づきたくない」と思われてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


陰気な人の特徴3. 単独行動を好みやすい

「周りに気を使いたくないから、なるべく一人で行動したい」という人は男性、女性問わず多いでしょう。

しかし、単独行動ばかりしていると、周りの人からとっつきにくい人だと思われて、ますます避けられてしまいます。

特に女性の場合な、単独行動ばかりしていると「人付き合いが嫌いな人なのかな」と思われ周囲から暗い人認定されてしまう可能性があります。

【参考記事】はこちら▽


陰気な人の特徴4. テンションが低い

陰気な人の多くは感情の起伏が少なく、あまりポジティブな感情を表に出しません。そのため、周囲の人からは「なんとなくテンションの低い人だな」と思われ「陰気な人」認定されてしまいます。

感情の起伏が少ないこと自体は良いことですが、ずっと同じ表情ばかりしていると周りの人から怖がられ、ネガティブな印象を持たれることも少なくありません。

【参考記事】はこちら▽


陰気な人の特徴5. ネガティブに考えやすい

陰気な人からは、とにかくネガティブな雰囲気が漂っています。陰気な人は、基本的にマイナス思考で事態をすぐ悪い方向に考えてしまいがち

常に悪いことばかり考えていると表情が暗くなってしまうため、周囲からは「なんとなく暗い人だな」と思われてしまいます。

またネガティブな人はすぐ周りに愚痴をこぼしたり、言い訳を言ったりするので周りの雰囲気全体を暗くしてしまいがちです。

【参考記事】はこちら▽


陰気な人の特徴6. 嫉妬心が強い

仕事でもプライベートでも、独占欲が強く周りに気を使えない人は少なくありません。

独占欲が強いこと自体はシーンによって悪くない特徴になりますが、「これは自分の仕事」と身勝手に仕事を進めれば、周囲の人から疎まれることも多いでしょう。

また、過剰に物事に執着して周りが見えなくなる人も周囲に気を使えなくなるため、「なんとなく嫌な雰囲気の人」として陰気な人認定されてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


陰気な人の特徴7. 自己否定感が強い

陰気な人の多くは、自分に自信を持てません。特に自己否定感が強く、何をやっても「自分はダメだ」「自分は周りより劣っている」と思い込んでしまう人は、暗い表情をしがちなので陰気な人だと思われやすいです。

また、自分に自信がなくて自分を責めてしまう人も、暗い表情をしがちなので、周りからは「ネガティブな人だ」と思われて避けられることがあるでしょう。


陰気な人の特徴8. 感情表現が得意じゃない

人は自分の感情を言葉や表情で表し、周りとコミュニケーションを取っていく生き物。しかし、感情を上手く表現できなければ、自分の意見が素直に言えなくなり、大きなストレスを抱えてしまいます。

陰気な人は、こうしたストレスを抱えがちなため、何となく暗い表情になってしまい、周りから「話しかけづらい人だ」と思われてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


どうすればいい?陰気臭い人との上手な付き合い方を紹介!

同僚や友人など、近しい関係の人が陰気な性格だと、ついつい自分の気持ちまでネガティブになってしまいますよね。

ストレスを減らすためにも、陰気な人とは適度な距離感をもって接することが大切。ここからは、具体的に陰気臭い人との上手な付き合い方について、解説していきます。


上手な付き合い方1. 職場の人の場合、仕事と割り切って接する

職場に陰気な性格の人がいる場合、どうしても会話は避けられません。

「陰気な人と話すのが大きなストレスになる」という場合、仕事と割り切って必要以上のコミュニケーションを取らないようにしましょう。

職場の人ですので、無視したりといった露骨な態度はNGですが、必要以上に話さなければ仕事でのストレスは今より少なくなるはずですよ。


上手な付き合い方2. 相手が好きな話題を振って楽しくさせる

「陰気な人ともなるべく話したい」「陰気な人を笑顔にさせたい」と感じている場合、まずは相手の好きなことを調べるのがおすすめ。

普段は陰気な人でも、好きな話題に関することなら楽しそうに話してくれるかもしれません。

趣味や休日の話など、相手が明るい気持ちになるような話題を積極的に出し、相手を笑顔にさせましょう。


上手な付き合い方3. 他の人と同様にフラットに接してみる

職場に陰気な人がいると「どうやって接したらいいんだろう」と悩んでしまいますよね。しかし、毎日陰気な人との接し方に悩んでいては、あなた自身が大きなストレスを抱えてしまいます。

他に良い対処法が思いつかない場合、陰気な人を意識せず、他の人と同様に接してみてください。

相手を過剰に意識せず、フラットに接すれば、意外と簡単にお互いに適切な距離感が見えてくることもありますよ。


上手な付き合い方4. 暗い話をされても明るく受け流す

陰気な人の暗い話をまともに聞いていると、自分までネガティブな気持ちになってしまいます。自分のストレスを減らすために大切なのは、陰気な人の話を真正面から聞かず、明るく受け流すこと。

どれだけ暗い話をされても明るく捉えて受け流し、会話を早く終わらせるようにすれば、嫌な気持ちになるのを防げるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


自分が周囲に“陰気臭い”と言われた時の改善方法

ここまで、陰気臭い人の性格や特徴、陰気な人との付き合い方について解説してきましたが、自分が「陰気臭い」と言われた場合は、どのようにすれば良いのでしょうか。

最後に、陰気な性格を改善するための方法について3つ解説していくので、ぜひ実践してみてくださいね。


改善方法1. 日頃から笑顔で過ごすことを意識してみる

毎日笑顔で過ごす人が、陰気だと言われることはまずありません。職場や家でもなるべく笑顔で過ごすようにすれば、周りの人から明るい印象を持ってもらえるでしょう。

意外と、少し無理にでも笑顔を作れば、自然と気持ちも明るくなるものです。「なかなか笑う気分になれない」という人は楽しいことを考えたり、なるべくポジティブな言葉を使うようにして笑顔をキープしてみましょう。

【参考記事】はこちら▽


改善方法2. 社交的な人と行動を共にする

「どうしても気分が落ち込んでしまう」という時は、陽気な人と一緒に過ごしましょう。

特に、社交的で明るい人と一緒にいれば、そばにいるあなた自身も自然と明るい気分になれるはず。社交的な同僚と話せば、陽気な人がどんな考え方をしているか知ることができるかもしれませんよ。

自分で暗い気持ちを改善できそうにない時は明るい人と一緒に笑い、楽しい時間を過ごすようにしましょう。


改善方法3. 服装や髪型をイメチェンしてみる

陰気な性格だと言われる人の多くは、自分に自信のない人。特に男性、女性問わず「自分の容姿に自信がない」という人は、うつむきがちになるため、周囲から「なんとなく話しかけづらい」と思われてしまいます。

なので、自分の容姿に自信が持てない場合は思い切ってイメチェンし、自己肯定感を高めるのがおすすめ。服装や髪型を変え、魅力的な自分になれば自然と表情も明るくなるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


陰気臭い性格から、親しみやすい性格に変わりましょう。

職場に一人はいる「陰気な人」。特に同僚や友人など、近しい人が陰気な性格だと自分の気持ちまで暗くなってしまいがちですが、なるべくネガティブな雰囲気に引っ張られないよう気を付けましょう。

また、自分が「陰気な人」だという自覚がある場合、男性、女性問わずなるべく笑顔で周囲の人と接するようにして、明るい雰囲気を出すのがおすすめ。

親しみやすい雰囲気づくりをすれば、「陰気な人」「暗い人」だと言われることは無くなりますよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事