「緊張しい」の意味とは?緊張しやすい人の原因/直す方法を解説

すぐに緊張してしまう「緊張しい」になっていませんか。本記事では、緊張しいの意味から、緊張しいの特徴や長所・短所、緊張しやすい原因、緊張しいを直す方法、緊張した時に落ち着く方法まで徹底解説します。

緊張しいな性格を改善させたい人必見!

緊張しいの10の特徴&直す方法

様々な場面で緊張しやすい緊張しい。直すために努力しても改善せず、余計不安ですよね。特に、緊張しやすいことは実力を発揮できず、周りからの評価が下がってしまうこともあります。

今回は、緊張しいとはどのような人なのか、その意味から特徴、直す対策方法まで解説。緊張しいやあがり症への対策をして、自分の実力を最大限発揮させましょう。


緊張しい(きんちょうしい)とは?意味を簡単に解説!

緊張しいとは、緊張しやすい人という意味です。人前で何かを説明したり、店員に話しかけたりする時に、緊張して行動が焦ってしまう人などを指して使用します。

緊張することは珍しくありませんが、緊張しいは緊張する回数が多かったり、日常の中でも緊張しやすい傾向があります。人見知りやあがり症なども合わせて、広く緊張しいと表現することが多いです。


緊張しいは関西で生まれた言葉

東京で生活している人などには、緊張しいという言葉に聞き馴染みがないかもしれません。もともと緊張しいは関西で生まれた言葉で、特徴のある人を「〇〇しい」と表現します。

緊張しやすい人を緊張しい、自慢ばかりする人を自慢しいなどと表すのです。


「緊張しい」と言われる人の特徴10個

緊張しいとは緊張しやすく、焦ったり不安になったりする人を指します。そこで、具体的にどのような人が緊張しいなのか、10の特徴から考えていきましょう。

そして、自分に当てはまることがないのか、一緒にチェックしてみてくださいね。


緊張しいの「性格」の特徴とは

まずは、緊張しいに共通する5つの性格の特徴を説明します。緊張しやすい人には、真面目なことや完璧主義など、不安に対する気持ちが強くなりやすい性格が当てはまります。

では、どうして緊張しいな性格は、不安が強くなるってしまうのでしょうか?


性格1. 真面目さがある

緊張してしまうのは、失敗したらどうしようか考えてしまうことが原因です。失敗しないようにという気持ちが焦りや不安を生み、それが緊張感に繋がっています。

そのため、成功を目指してひたむきに努力する真面目な人は緊張しいなことが多いです。真面目だからこそ、失敗しても良いという考えができず、程よく気が抜けないため緊張してしまいます。

【参考記事】はこちら▽


性格2. 周囲からの評価を気にしてしまう

自分への自信に繋がるのが他人からの評価です。自分の仕事や行動によって、周りから褒められたり高評価をもらったりすると嬉しくて自信に繋がりますよね。

周りからの評価は自信になりますが、失敗によって評価が落ちてしまうことが怖くなります。この恐怖感が失敗できないという緊張感を生むため、評価を気にする人ほど緊張しいなのです。

【参考記事】はこちら▽


性格3. 自分に対して自信がない

緊張感の背景には、自分が成功するイメージが持てないことが背景にあります。努力をしたから成功した経験が少ないため、自分に自信が持てず緊張してしまうのです。

そのため、自分への自信がないほど緊張しやすくなり、失敗が増えるほど強い緊張に襲われてしまいます。自信は成功することでしか持てないため、自信の無さによる緊張感からは抜け出せないことも多いです。

【参考記事】はこちら▽


性格4. 完璧主義者で100点を目指そうとする

緊張感は、失敗への不安や焦りが強いほど強く感じます。失敗することを許せないような人ほど不安を感じやすく、特に完璧主義の人ほどこの不安は強いです。

完璧主義の人は1つの失敗も許すことができず、過程も結果も成功しなければいけません。他の人に比べて、失敗できない箇所や失敗だと思うことが多くなるため、緊張しやすくなってしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


性格5. 人見知りをしてしまう

自分の言動によって、相手を傷つけることが怖くなると自然な対応ができなくなります。例えば、初対面の人は性格や考え方が分からず、どういった対応が正しいのかも分かりません。

相手が嫌なことや言葉づかいなどを気にするあまり、緊張して上手く話せず、話せない間が新たな緊張感を生みます。そのため、人見知りな人ほど緊張しいなことが多いのです。

【参考記事】はこちら▽


緊張しいの「行動や見た目」の特徴とは

続いて、緊張しいの行動や見た目の特徴を説明していきます。緊張すると無意識に身体が緊張に備えてしまうため、震えなどの特徴が現れます。

部下や同僚が緊張していることをいち早く察知するためにも、緊張しいの見た目の特徴をしっかりと確かめてくださいね。


行動や見た目1. 人前に立つと、おどおどしてしまう

緊張によって気持ちが焦ってしまうと、頭の中を混乱させてしまいます。緊張感が準備してきたことが分からなくさせるため、おどおどした態度が現れてしまうのです。

特に、強い緊張感に襲われるとパニックになり、終わった後で出来事を何も覚えていないこともあります。

初対面の時などにおどおどしたり目が泳いだりする人は、緊張しいな人だといえるでしょう。

また、緊張から顔を見られたくないと思い、口などを手で隠す癖がある人もいます。


行動や見た目2. 顔が赤くなりやすい

緊張状態に陥ると、自律神経の働きが乱れて血管が拡張します。一時的に体温が上がったり、火照ったりするような身体の反応が起こるのです。

そのため、緊張すると顔が赤くなりやすくなる場合があります。あくまでも緊張による身体の正しい反応なのですが、冷や汗や動悸などに繋がることもあり、身体の状態には少しだけ注意しましょう。


行動や見た目3. 手が震えてしまう

寒いところにいると身体が震えるように、緊張することでも身体が震える場合があります。こうした身体の震えは交感神経によるもので、緊張によって自律神経が乱れることが原因なのです。

一般的には手が震えやすく、足や頭部などにも震えが現れます。もし、人前に出る前などで手が震えやすい場合には、緊張しいな可能性が高いといえるでしょう。


行動や見た目4. 声が上ずってしまう

緊張すると無意識に身体に力を入れてしまい、筋肉がこわばってしまいます。例えば、声は喉の筋肉を使用して発音するため、緊張して無駄な力が入ると正しい発声ができません

声を出そうとして上ずったり、声が震えたりするのは、筋肉のこわばりによって起きているのです。そのため、第一声や慣れるまでに声が安定しないことは緊張しいの特徴といえます。


行動や見た目5. 頭が真っ白になって、言葉が詰まってしまう

緊張を感じると、脳は緊張していることを身体の各部へ伝えようとします。情報伝達を行う物質は脳内の各部にも運ばれてしまい、今の状況以外のことで頭がいっぱいになるのです。

さらに、人間は複数のことを考えられないため、直前のことでさえも記憶できません。こうした状況から混乱し、頭の中が真っ白になったり言葉が詰まったりしてしまいます。


実はメリットも?緊張しいの長所と短所とは

緊張しいはマイナスな意見が多いため、直すための対策を知りたい人が多いです。しかし、緊張しいだからこそ、メリットがあるという考え方もできますよ。

そこで、緊張しいの長所と短所から、緊張しやすいことのメリットを考えてみましょう。


緊張しいの3つの長所

初めに、緊張しいの3つの長所を解説していきます。緊張しいは不安を感じやすいからこそ、その準備を入念に行うことなどがメリットだといわれているのです。

では、マイナスに見られがちな緊張しいの長所は、どのような部分なのでしょうか?


長所1. 先を読む力がある

緊張しいは失敗をしないために、準備を念入りにします。間違えやすいところや質問などを想定しており、あらかじめ対策を講じていることが多いのです。

つまり、緊張しいはこれから起こることを想定する力があります。会議などで自分から発言することは苦手ですが、円滑に進めるためのサポート役として力を発揮してくれますよ。

【参考記事】はこちら▽


長所2. 大きなミスはしない

緊張しいは失敗しないために下調べを行い慎重に行動します。そのため、自分で思っているほど大きなミスをすることがありません。

緊張する機会が多いことに悩んでいる場合、何度も任せられるほど能力が認められています。思いつきで行動したり、その場しのぎの言動をしたりしないため、信頼して仕事を任せられるのです。


長所3. 事前準備をしっかり行う

不安や焦りは緊張を生む原因となり、失敗が怖いからこそ緊張してしまいます。そこで、緊張しいは入念に事前準備を行い失敗に備えましょう。

例えば、説明しにくいところは資料として配り説明部分を少なくすることで、余計な混乱を与えません。その場では失敗してもケアできるように準備を整えておく慎重な行動が長所となります。


緊張しいの3つの短所

次は、緊張しいの3つの短所を解説します。緊張しやすいと焦りや不安から上手く行動できず、相手からの評価が下がってしまうことが主な短所となります。

緊張しいの短所をしっかり抑え、改善できるように対策を考えててくださいね。


短所1. 聞き手に話が伝わりにくい

緊張すると頭の仲が整理できず、要点を絞って伝えることが難しくなります。会話などでは端的に伝えられず、同じことを繰り返したり結論が分からなくなったりします。

そのため、聞き手には話がきちんと伝わらないことが緊張しいの短所です。内容は合っていても守護や述語が分かりづらく、自分では説明した実感があっても相手に伝わりません。


短所2. 自分の本来の力が発揮できない

どれだけ入念に事前準備をしても、本番になると思ったようにいかないことがあります。これは、緊張することで準備したことが飛んでしまい、それが原因で想定外の言動をしてしまうからです。

緊張しいの短所には、こうした努力しても本来の力を発揮できないことも挙げられます。実力と周りの評価が合わず、適切な仕事などを任せられないことも多いのです。


短所3. 人間関係が構築しにくい

人見知りであることが緊張しいの特徴の1つです。初めて会う人と距離感を上手に詰められないため、なかなか人間関係を構築できません。

また、緊張していることが、自信がなく情けない姿に映ってしまいます。相手からの印象も悪くなり、余計に溝ができてしまうこともあるのです。人見知りのため後から印象を覆すことができず、第一印象の悪い姿だけで見られてしまいます。


緊張しやすい原因はなにがある?

緊張しやすい人には4つ原因があり、この原因を解決することが直すための対策にも繋がっています。そこで、緊張しいになる原因を一つずつ解説していきます。

自分に当てはまることがないのか、緊張しやすくなる原因を一緒に探してみてくださいね。


緊張しやすい原因1. 過去の失敗経験を引きずってしまっている

緊張をの原因となる不安は、未知の経験よりも過去の経験から強く生み出されます。過去の失敗を引きずり、もう一度失敗することへの恐怖や心配を強く感じているのです。

さらに、緊張から失敗をすると、その失敗が新たな緊張の原因となります。多く経験することで慣れることもありますが、どんどん緊張しやすくなると思うように行動できなくなります。


緊張しやすい原因2. 強いプレッシャーを感じてしまう

緊張する場面は代表として選ばれてスピーチなどをする場合があります。すると、周りからの期待が強いプレッシャーとなり、緊張感が増してしまうのです。

自分の失敗で周りの評価が下がったり、損害を与えたりすることは、推薦した人や会社を裏切る行為です。失敗は許されないという責任感が、余計に緊張させてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


緊張しやすい原因3. 他人より劣っていると思い込んでいる

自分への自信がないと、常に失敗を恐れるようになります。周りの人を過大評価し、自分は周りよりも劣っていると思い込むほど緊張しやすくなるのです。

例えば、自分の前の人が発表や受け答えを上手くしていると、自分が劣っているように感じます。同じ立場の人が成功するほど、自分にもできるのか不安になり緊張してしまいます。

【参考記事】はこちら▽


緊張しやすい原因4. 緊張する場面に対する経験が少ない

緊張することは誰にでもあり、緊張しいが特別な訳ではありません。緊張しても上手に振る舞えるのは、何度も緊張する場面を経験慣れしているからです。

また、1度でも成功した経験があれば、それが自信となり緊張を和らげてくれます。失敗が怖くて緊張する場面から逃げるほど、緊張しいは治らず悪化してしまうのです。


緊張しいを直す5つの改善方法を紹介!

長所になっても緊張しいを直したいと気持ちは変わりませんよね。それでは、一緒に緊張しいを直すための5つの改善方法を確かめ、実践していきましょう。

不安と上手に付き合いながら、焦らずに少しずつ緊張しない心を手に入れてくださいね。


改善方法1. 日頃から目標を立てて、達成していく

緊張しいを直すには、まず自分の実力へ自信をつけることが必要です。そこで、日常の中で目標を立てて、達成するために努力していきましょう。

初めは電話を1本でも多く取る、店員へ要望を伝えるなど、小さなことから目標にします。達成していく中で少しずつハードルを上げていき、自分の努力を自信の糧にしてくださいね。


改善方法2. 自信がつくまで、事前準備をする

時間の都合などで準備ができない部分があると、準備できなかった部分が緊張の原因となります。事前準備を行う場合は、納得いくまで時間をかけて事前準備を行いましょう。

もし失敗しても、次は失敗した部分を準備すれば大丈夫だという自信が生まれます。少しずつノウハウが身につけば応用ができ、準備時間が短くなるため、新たな失敗への準備もしっかりとできますよ。


改善方法3. 丸暗記ではなく、要点をまとめて発表する

緊張によってミスをすると、それが新たな緊張を生みます。説明する文章を間違えると、それで頭がいっぱいになり次の文書も間違えてしまいます。

これは、文章を丸暗記して説明しようとしたため、ミスを気にするからです。そこで、要点だけを覚えるようにして、自分の言葉だけで説明できるようにしましょう。ミスをしてもカバーがしやすくなり、緊張しにくくなりますよ。


改善方法4. 人と関わる機会を増やしみる

自分の中でイメージしていても、思うようにならないと焦って緊張してしまいます。そこで、様々な人と関わり、予測できない行動に慣れていきましょう。

会議中に飲み物を飲む音やボールペンのノック音などは、相手を意識させて緊張感を煽ります。こうした日常的な行動に気を取られないことが、余計な緊張を感じさせなくなるのです。


改善方法5. 完璧の出来でなくても良いと思い込む

どれだけ準備をしても、想定外の質問や言動によって緊張してしまうことがあります。そのため、失敗しないことを考えるより、完璧にできなくても良いと考えましょう。

途中で失敗しても問題ないと思えれば、自分へのプレッシャーを軽減し気持ちに余裕ができます。本当に失敗しても想定内だと受け止められ、余計な緊張を感じないなくなるのです。


実際に緊張した時に緊張を和らげる3つの方法

改善方法を実践しても、その場に直面したら緊張してしまい、上手くいかないこともあります。そこで、緊張を和らげる3つの対策を最後に紹介します。

自分が緊張し始めたと感じたら、できることを実践して緊張感を調節しましょう。


緊張の和らげ方1. その場で深呼吸をする

緊張すると呼吸が浅くなったり、心臓がドキドキして落ち着かなくなります。こうした状況を改善するためには、しっかりと深呼吸して心と身体を落ち着けることが効果的な対策です。

しかし、呼吸が浅いと補うために呼吸回数が増えて、余計に苦しくなってしまいます。深呼吸をする場合には、初めに息をしっかりと吐き出してから深く吸うことが大切ですよ。


緊張の和らげ方2. ハキハキと大きな声を出す

緊張によって声が小さくなると、その点を注意されて余計に緊張します。大きな声を出すと発声がしやすくなるため、いつもよりも大きな声を意識してみましょう。

大声を出すと息をしっかり吐けたり、筋肉のこわばりが改善したりと他にも緊張を改善するために役立ちます。緊張すると小さくなることを逆手に取り、大きな声を出すことから始めて自分への自信を手に入れましょう。

【参考記事】はこちら▽


緊張の和らげ方3. 軽いストレッチをする

緊張すると無意識に筋肉へ力を入れてしまいます。筋肉が固くなることで、声が出なくなったり呼吸が浅くなったりと、緊張による様々な変化が現れるのです。

そこで、軽いストレッチをして筋肉のこわばりを和らげたり、気分転換をして意識を分散させることが、緊張の改善に繋がります。

しっかりと呼吸しながら行えば、頭の中もスッキリしますので、緊張から気持ちを切り替えるためにも有効です。


緊張しいの原因を改善していきましょう。

緊張しいやあがり症は、自分の実力を十分に発揮できないもったいない性格です。しかし、改善方法や対策を講じても結果がすぐに現れず、どんどん不安になってしまうこともありますよね。

そのため、緊張し失敗する中でも、成功したことを自分の中で褒めて、失敗だけを見ないようにすることが大切です。そして、失敗しても負けずに改善方法や対策を継続して、緊張感と上手にコントロールしてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事