仕事にプレッシャーを感じる人の特徴とは?辛い時を乗り越える方法を解説

あなたは、仕事に対してプレッシャーを感じていませんか?今記事では、仕事プレッシャーを感じる人の特徴や原因、プレッシャーを感じることで起きる悪影響を大公開!仕事に対して悩んでいる方は、プレッシャーを乗り越える方法を試して、ストレス発散をしてみてくださいね。

仕事にプレッシャーを感じている方へ。

仕事にプレッシャーを感じる人の特徴

「仕事で大きなプロジェクトを任された」、「新人だけど上司から仕事をお願いされた」など、仕事をしていると、プレッシャーのかかる場面は多いのではないでしょうか。「ミスしたら」「失敗しないかな」と色々考えることで、プレッシャーはどんどん膨らんでいきます

そこで今回は、仕事でプレッシャーを感じてしまう人の特徴とプレッシャーを上手に乗り越える方法を紹介します。


仕事でプレッシャーを感じる原因とは?

新人で仕事の内容がよくわからない、大きな仕事を任されてしまったといった時、心にずっしりと重圧を感じることはありませんか。

そこで、ここからは仕事でプレッシャーを感じてしまう原因について紹介します。原因を理解することで、解決策のヒントが見えてくるかもしれませんよ。


原因1. 上司から期待していると言われた

仕事でプレッシャーを感じてしまうのは、大きなプロジェクトを任されたときに上司から「お前はいつもいい成績を出しているから、今回もよろしくな」と言われたときです。些細な一言が重圧に感じてしまいます。期待に答えなければ、昇進もできないと思ってしまうのです。

以前よりも「もっと良い成果を出さねければ」と考えてしまい、上司の言葉でプレッシャーに感じてしまうのです。


原因2. 仕事ができないと評価が下がると言われた

プレッシャーを感じてしまう原因は、仕事でミスすれば同期と差が出てしまい自分だけ出世から外れてしまうと考えてしまうから。

そうなると、「ここでは負けられない」「ミスしたら出世から出遅れる」と考えてしまいプレッシャーに感じてしまうのです。

これは、上司からの何気ない「出世に影響するからな」という言葉を敏感に受け取ってしまうことが原因。仕事のでき次第で出世コースへの道が絶たれてしまうと考えると、プレッシャーに感じてしまいます。


原因3. 自分の能力ではできそうもない仕事を任された

新人なのに、考えられないぐらいの仕事量を振られてしまうと「無理に決まってる」とプレッシャーに感じてしまいます。周りに頼る人がいなければ、さらに追い込まれることも。

上司に「この業務量は無理です」と言うことも出来ずに、自分一人で抱え込んでしまい、眠れなくなったり、会社に行きたくなっくなったりしてしまうのです。


原因4. 初めての仕事を依頼された

仕事でプレッシャーを感じる原因は、新人なのに「お前が成長するには必要だ」と指示されたとき。上司からキャパを超えるような初めての仕事を任されるとプレッシャーに感じます。

断れば怒られるかもしれないし、でも仕事もイマイチコツが掴めず終わらせる自信がないといった負のスパイラルで、プレッシャーで逃げたいという気持ちが芽生えてしまうのです。


原因5. ミスが許されない仕事を任された

仕事でプレッシャーを感じてしまうのは、例えば命を扱う仕事で自分が焦りやミスを起こせば命が助からない可能性があるといった仕事です。

責任重大な仕事であればあるほど、プレッシャーで逃げたいという気持ちがでてきます。

 自分が起こした些細なミスが、誰かの人生に大きく影響すると考え、「ミスをしたら、自分の責任だ」と自分自身でさらに追い込んでしまい、プレッシャーに感じてしまうのです。


仕事でプレッシャーを感じてしまう人に共通する7つの特徴

仕事に行きたくない、もう会社を辞めたいと、仕事のプレッシャーに押しつぶされてしまいそうな人には、共通する特徴があります。ここからは、仕事でプレッシャーに感じてしまう人の7つの特徴について紹介します。


特徴1. 責任感がとても強い

仕事でプレッシャーを感じてしまう人の特徴に、「自分が何とかしなければ」という強い気持ちがあります。それは、任されたからには逃げ出さずに最後までやり通さなければと考えるから。

プレッシャーで眠れないと感じても「自分がやらなくてはいけない」と思っています。責任感が強く、プレッシャーを感じながらも仕事を最後までやり遂げることが特徴です。


特徴2. 自分に対して自信がない

プレッシャーに耐えられないと感じてしまう人は、過去のトラウマや元々の性格が影響しています。周囲が励ましたとしても自信がありません。

そのため、仕事を任されても「自分には無理」「乗り越える自信ない」といったマイナスな気持ちが先に出てしまうのです。

成功体験も少ないことから、とにかく自分に自信がないことが特徴でプレッシャーに感じてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


特徴3. プライドがとても高い

プレッシャーを感じてしまう人は、仕事でいつも強気な発言をしています

例えば、「◯◯さんは仕事早いから◯日までには終わるよね」と周囲から言われると「当たり前ですよ。これぐらいのことなら、サッとできますから」とプライドが高すぎるが故に虚勢を張ってしまいます。

自分を追い込んでしまい、プレッシャーになってしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴4. スキルアップのための勉強をしない

プレッシャーに弱い人は「耐えられない」「しんどい」とだけ感じて、成長の機会だということと考えられない人もいます。上司がチャンスを与えて、大きな仕事を任せたのに「自分には無理」「乗り越える自信がない」と最初から努力をしようとしません。

スキルアップをすれば難しくない仕事でも、プレッシャーを感じて勉強をせずにネガティブなことばかり考えるのです。


特徴5. 周囲からの評価を気にしてしまう

過剰に評価を気にして、プレッシャーを感じてしまう人もいます。

失敗したら「周りに笑われる」「人事評価が下がる」ということばかりを気にしているので、プレッシャーがなくなることがありません。

プレッシャーに感じてしまう人の特徴は、新人だから失敗したら怒られる、ミスをすれば評価を落とされると考えてしまうことがあります。


特徴6. 仕事に対する入念な準備を行わない

プレゼンでクライアントに提案をしなければいけないのに、リハーサルをしなかったり、資料作りをしなかったりと準備を怠ります。

プレッシャーを感じているのに「不安」「心配」とだけ言っているのが特徴です。「眠れない」「耐えられない」とプレッシャーに感じているのに、そのプレッシャーに感じている仕事に対して準備を行いません


特徴7. やるべきことが整理できていない

仕事でプレッシャーを感じている人の特徴は、自分が何をすればいいのかよく分かっていません。そのため、仕事の締切が近いことに焦って不安になっていることも。

やることを理解すれば「そんなことか」と済む話の場合もあるのに、自分に自信がなく、内容をきちんと理解していないがために、プレッシャーに感じていることもあるのです。


放っておかないこと!仕事のプレッシャーがもたらす悪影響とは?

仕事のプレッシャーを受け続けると、知らず知らずのうちに身体や心に悪影響を及ぼすことも。

そこでここからは、仕事のプレッシャーがもたらす悪影響について紹介します。自分ではプレッシャーを感じていなくても症状が出てきたら注意が必要ですよ。


悪影響1. 日によっては眠れない夜が出てくる

仕事でプレッシャーを感じすぎてしまうと、「逃げたい」「辞めたい」「ミスしたらどうしよう」と不安ばかり考えてしまうことも。気持ちが不安定なまま過ごしていると、次第に夜に眠れないといった状態になります。

眠れなくなるとストレスが溜まり、更に気持ちが不安定になってしまうので、どんどん負のスパイラルにハマっていきます。


悪影響2. 焦りから仕事をミスしやすくなる

「ミスしたらどうしよう」「失敗したら終わりだ」と色々と考えてしまうことで、普段は問題なくこなせる簡単な業務ですら、ミスをしやすくなります。

普段ミスをしないような仕事でミスをすると「マズイ、本当にミスするかもしれない」とさらに更に焦り、ミスを連発してしまうのです。

プレッシャーを感じる人は自滅しやすく、些細なミスも増えてきます。


悪影響3. 仕事を辞めたいと感じてしまう

仕事を辞めたいと考えるようになってしまったら、自分が知らず知らずのうちに仕事でプレッシャーを感じている証拠です。

プレッシャーがかかることで仕事へのモチベーションが低下してしまったり、会社へ行きたくないと精神的にも不安定になってしまうことも。ミスが多くなり、さらに「会社へ行きたくない、辞めたい」と負のループに陥ってしまうのです。


悪影響4. 職場のメンバーなど周囲にイライラをぶつけてしまう

自分はこんなに重圧に押しつぶされそうなのに、周囲はそんなことを知らずにヘラヘラと笑っていたり、ふざけていたりすると段々と腹が立ってきます。

冷静に考えれば、相手に怒るのは八つ当たりでしかないとわかるのに、プレッシャーがかかっていると冷静な判断もつけられず、相手に怒りをぶつけてしまうことも。

仕事でプレッシャーを感じる人は、周囲に迷惑をかけるだけでなく、あとから「なんであんなに怒ってしまったんだ」と自己嫌悪に陥ってしまうこともあります。


逃げたいと思った時に、仕事のプレッシャーを乗り越える8つの方法

プレッシャーで「ここから逃げ出したい」と思う人も多いのではないでしょうか。ここからは、プレッシャーから逃げたいと思った時、上手に乗り越える方法を8つ紹介します。知っておくだけで、気持ちが楽になるかもしれませんよ。


乗り越え方1. プレッシャーの原因を考えて、改善するよう努力する

プレッシャーを感じてしまうのは、自分が何に対して重圧を感じているのかよく分かっていないから。

まずは自分が何に対して不安になっているのか、原因を考えて自分ができることは対応していくことが大切です。原因が分かることで、自分が解決できるもの、人にお願いすることなどが明確になり、不安が解消する場合もあります。

自分が出来ることを対策しておけば、必要以上にプレッシャーを感じることはありません。


乗り越え方2. 今すぐ行動に移す

仕事でプレッシャーを感じるのであれば、アレコレ不安を考えるのではなく、とにかく手を動かすことです。悩んでいても自体は解決しません。「辞めたい」「乗り越える自信がない」と考えるヒマもないぐらいに、行動することで自然と不安も少しずつ和らいできます。

場合によっては、「意外と早く終わった!」なんてこともあるので、不安になる前に行動することが大切です。


乗り越え方3. 周囲に助けを求める

プレッシャーを乗り越えるには、自分で冷静に何をしなければいけないのかを知ることです。やらなければいけないことを整理した後で、「これはどうやっても一人では無理だ」と把握できれば、思い切って周囲に強力してもらうのも1つの方法です。

相手にお願いする時は、「全体が◯◯あって、今は△△の進捗です。一人ではとても無理なので、助けてもらえませんか」と具体的に数字を見せることで、相手も状況を把握し快く助けてくれますよ。


乗り越え方4. できなくても仕方がないと諦めることも大切

プレッシャーに負けないという気持ちも大切ですが、「絶対に成功させなくては」という気持ちが強すぎると、自分自身でプレッシャーをかけていることも。

必要な準備をした上で、「これだけやってもミスしたら仕方ないよね」と気楽に考えておくことも必要です。

完璧な人間なんていないので、諦めるということも頭に入れておくと気が楽になります。


乗り越え方5. 些細なことでも上手くいったら、自分を褒める

計画を立てて、物事が上手く進めば「自分ってすごいじゃん」と自分の中で褒めます。

そうすることで、自己肯定感が高まり「これだけ頑張ったんだから、万が一失敗しても気にしない」と楽観的に考えられるようになります。プレッシャーを上手に乗り越えるには、自分に自信を付けることです。

自分を褒めるだけで、しんどい気持ちが和らぎますよ。

【参考記事】はこちら▽


乗り越え方6. 成功した時のことをイメージする

繰り返し成功するイメージをすることで、「自分にはできる」と自然と自信がついてきます

他にも、イメージをすることで何が自分には足りないのかということも分かってくるので、プレッシャーに感じたらイメージをし続けることが大切です。

イメージができない物に対しては不安ばかりが大きくなりますが、イメージさえできれば、あとは問題点や気になる点を修正していくだけです。


乗り越え方7. プレッシャーに感じていることを紙に書き出す

仕事のプレッシャーで、耐えられないと思ったら一度冷静になるようにします。そもそも、自分は何をそんなに重圧と考えているのかを客観的に理解することで、改善策がでてくるかもしれません。

例えば、紙に不安に思っていることを書き出すと視覚的にも何にプレッシャーを感じているのかを理解できます。

客観的にプレッシャーの原因を知ることで、意外と解決できることがあるかもしれませんよ。


乗り越え方8. 何をすべきかをTODO化する

不安やプレッシャーに感じているのは、自分が何をすればいいのかを理解していない可能性もあります。やるべきことを明確にすることであとは行動起こすだけになりますよね。

紙でもスマホでもいいので、とにかく仕事で自分は何をすればいいのかを全部書きだして、それを一つずつ潰していきます。そうすることで、「これだけやるべきことをやってきたんだからもう大丈夫」とプレッシャーを乗り越えられるのです。


乗り越え方9. 逆に成長のチャンスと考えてみる

仕事で「これ無理だ」と思った内容も「どうやったら、仕事を終わらせられるのか」と考え方を変えることで自分の成長に繋がります。

自分でも気が付かなかった能力を知ることもできるかもしれません。「こんなの無理」と諦める前に、「ピンチだけど、コレを乗り越えたらすごい成長だよね」と前向きに考えることで、プレッシャーを乗り越えることができます。


プレッシャーで辛い時の上手なストレス解消法

プレッシャーを感じて、仕事がしんどいと思うことも多いでしょう。そこで、ここからはプレッシャーを感じたときの上手なストレス解消法について紹介します。

ストレスを上手に操ることができれば、随分と楽になりますよ。


ストレス解消法1. 運動をして体を鍛える

体を鍛えることで、自分に自信がつくだけでなくストレス解消にも効果があります。プレッシャーで逃げたいと思っている時こそ体を動かすことが大切です。

体を動かしている最中は、仕事のことを考えずに体を鍛えることに集中できることや「やってやる!」と前向きな気持ちになります。家で筋トレをするだけでもいいので、取り入れてみましょう。

【参考記事】はこちら▽


ストレス解消法2. 生活習慣を整える

仕事がしんどいと感じるのは、体の疲れが影響している可能性も。生活習慣が乱れていると寝不足から精神的に不安定になることもあるので、まずは生活習慣を整えるところから始めます。

生活習慣を整えると疲れが取れたり、寝不足を減らしたりと体にいいことだらけです。精神的にも前向きな気持ちになるので、「プレッシャーに負けない」という力強い気持ちが生活リズムを整えることで芽生えてきます。


ストレス解消法3. 休日は、好きなことに没頭する

プレッシャーからストレスを解消するには、仕事とプライベートを完全に切り離すことが大切。自分が趣味としていることに休日は没頭して、仕事のことは忘れます。

例えば、ゲームが好きなのであれば自分の気が済むまでずっとやり続けることで、ストレス解消に繋がります。

休日まで仕事のことを考えていると、心と体を休める時がないので、「仕事が耐えられない」という気持ちが出てしまうのです。とにかく、休日は自分の好きなことに集中できる時間を作ることが大切ですよ。


ストレス解消法4. 彼氏、彼女がいる場合は甘えてみる

プレッシャーのストレスを解消するには、自分が心から信頼している人との時間を作ることです。仕事とプライベートを切り離すことで、プレッシャーを感じていることを一時的にでも忘れられます。

彼氏や彼女に甘えることで、「こんなに自分には甘えられる人がいるんだから、仕事でもし失敗しても自分には居場所がある」と前向きに考えられます。仕事のことで頭がいっぱいになってしまったら、恋人との時間を積極的に作るようにしましょう。

【参考記事】はこちら▽


ストレス解消法5. 太陽の光を浴びて気持ちをリフレッシュする

太陽光を浴びると自然と前向きな気持になるだけでなく、「プレッシャーを気にしない」「プレッシャーに負けない」といった気持ちになります。沈んでいた気持ちを吹き飛ばす力があるので、積極的に太陽光を浴びましょう。

気分が落ち込んでいる時はふさぎ込むのではなく、天気のいい休日には散歩をすることで気分がリフレッシュできますよ。

【参考記事】はこちら▽


どうしても辞めたいと思った時は転職すべき?

仕事でプレッシャーを感じて辞めたいと思うのであれば、転職も1つの方法です。毎回プレッシャーのかかる仕事ばかりを続けていると、メンタルも弱まってきます。

身体や心が壊れてしまう前に、自分らしく働ける職場を探して転職すると「眠れない」といったことも改善できるかもしれませんよ。

【参考記事】はこちら▽


仕事でプレッシャーを感じたら、原因を改善させていきましょう。

仕事でプレッシャーを感じてしまう場面は、誰にでもありますよ。ただ、プレッシャーを上手に乗り越える方法を知っているかどうかで、仕事に対しての考え方も変わってくるのです。

今回紹介した、プレッシャーの乗り越え方を知っておくだけで今後仕事を続ける上で役に立つはず。日々、仕事でプレッシャーを抱えて精神的に参ってしまいそうであれば、転職することも大切です。

自分に合ったストレス解消法や乗り越え方を取り入れて、プレッシャーと上手に付き合っていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事