人間関係に疲れた原因とは|辛いストレスの効果的な対処法を解説!

人間関係に疲れたと悩んでいる方へ。今記事では、人間関係で疲れやすい人の特徴や原因から、一緒にいて疲れやすい人の特徴や人間関係で疲れた時の対処法まで詳しくご紹介します。人間関係で悩む方は多いため、ぜひ参考にして周囲と円満な関係を築きましょう!

「人間関係に疲れた」と感じる時ってありますよね。

人間関係に疲れた時の対処法

「人の数だけ個性がある」

そんな当たり前のことですが、個性だけを主張していては円満な人間関係を築いていくことは難しいですよね。しかし、人に合わせるだけの生活では自分を見失ってしまうと不安になるはず。

このバランスの難しさこそが人間関係の難しさと言っても過言ではありません。では、具体的にどうすればこの悩みから解放されるのか、今回は人間関係を円満にするための方法を徹底解説していきます。


人間関係に疲れやすい人の特徴とは

仕事でも恋愛でも、誰だって多少なりとも折り合いをつけて他人と上手に関わっているもの。人間関係に対し、一度も疲れたと感じたことがない人などいないでしょう。

しかし、人によっては気に病んで体調不良になるほどまで疲れを感じてしまう方もいます。人間関係に疲れやすい人にはどんな特徴があるのでしょうか?


特徴1. 自己主張が苦手でなんでも受け入れてしまう

何か1つのことを決断する際、自分の意見と他人の意見、それぞれが歩み寄っていくことが理想的ですよね。時には自分の意見が通らないこともあるけれど、最終的に納得できる形であれば特に苦に感じることもないでしょう。

ただ、自己主張が苦手な方の場合は自分が従うだけの状態になってしまう傾向があります。上下関係がある職場や、対等に慣れていない恋愛関係などでよく見られるケースですね。

周りの人からすれば「聞き分けが良い」などと言われますが、本人は人の意見を受け入れるたびに人間関係に疲れたと感じてしまうようです。


特徴2. 周囲の顔色を必要以上に伺ってしまう

自分の意見に対して周りがどう思うかが気になってしまう方もいます。特に、職場の上司や恋人などが相手だとこの傾向が強く出る方も多いでしょう。

もちろん、時には人の顔色や空気を読むことも大切ですが、「自己主張をすることで人に悪い印象を与えたくない」という考えばかり持っていては、自分の気持ちを閉じ込めることに繋がります。常に他人の顔色を伺う状態になるので、強いストレスがかかって人間関係に疲れたと感じるのも無理はありません。

特に、会社だけでなく友達や恋人の前でもそうなってしまう方は特に要注意です。

【参考記事】はこちら▽


特徴3. 本人がいないところで陰口や不満を言ってしまう

人間それぞれ自分の意見があります。立場やその場の空気を読み、自己主張ができない日々を送っている方もいるでしょう。

「それが大人というものだ」という持論を展開する方もいますが、自己主張を我慢し続けると自分の中で処理できなくなり、本人がいないところで陰口や悪口を言ってしまうようになります。女性同士で彼氏の悪口を言いあったり、会社の上司の悪口を言ったりするのが良い例です。

そして、そんな自分に自己嫌悪するため、まさに負のスパイラルと言えるでしょう。これが日常化することで、人間関係に疲れたと大きなストレスを感じるようになるのです。


特徴4. 見栄っ張りな性格で、周囲から凄いと思われたい

プライドが高い人は「自分が優れている」と主張したがる傾向があります。実際に周りが褒めてくれることで、自分の存在が確立したもののように思えるからでしょう。

しかし、見栄を張った状態は決して素のあなたではありません。背伸びをしてしまうことで周りの期待値も上がってしまう状態なので、その重圧がストレスとなって人間関係に疲れたと感じてしまうようになります。

プライドが高い傾向がある男性に多い特徴と言えるかもしれませんね。

【参考記事】はこちら▽


特徴5. マイナス思考ですぐ悲観的な考えに陥ってしまう

「自分の意見を通したせいで仕事が失敗したらどうしよう」

「デートの誘いを断って彼氏に嫌われたらどうしよう」

このように、何事もすぐネガティブに考えてしまう方もたくさんいますよね。そうやって自分で自分を否定する癖がある方は、自分だけでなく他人に対しても負の感情ばかりが蓄積する傾向があります。

それが「人間関係に疲れた」という結論に結び付いているのです。特に、恋愛に依存するタイプの方はこの傾向が強いので注意してください。

【参考記事】はこちら▽


特徴6. 自分に対して自信が持てない

自分の意見と他人の意見が納得いく形で収まれば、人間関係に疲れたと感じることも少ないはず。しかし、自分に自信が持てない方の場合は、納得いかなくても他人の意見をのみこんでしまうケースが見られます。

例えば、大好きな彼氏の言いなりになったり、気が強い女性の言うことに従ったりなどがありますよね。当然納得できていないので、本人の中ではずっともやもやとした感情が渦巻いているのでしょう。

どう処理したら良いか分からず、「辛い」という言葉ばかりがあなたを支配してしまいます。

【参考記事】はこちら▽


特徴7. 周りから嫌われないか常に怯えている

人間関係に疲れたと感じる方は、よく言えば周りをよく見ている方です。人の顔色はもちろん、その場に適した言葉を選ぶことができるため、辛いと言いながらも現状はそれほど悪くないというケースも多々あります。

しかし、常に人から嫌われないようにと振舞っているため、自己主張ができないどころか相手の反応に怖いと感じてしまうことも。特に、会社の上司や恋人など、嫌われたくない相手だと余計に怯えてしまうようです。


人間関係に疲れたと感じやすい主な原因とは

人間関係の問題を解決させるためとは言え、闇雲に動いても余計に関係を悪化させるだけ恐れもあります。

それを防ぐためにも、まずは人間関係の何に疲れたと感じているかを明確にすることが解決への第一歩となるはず。

ここでは、具体的にどういったこと原因で人間関係の疲れを招いているのかを紹介します。


原因1. ずっと同じコミュニティーに属しているから

いろんな人と接し、様々な意見に触れるというのは、自身の知見を広げるためにも非常に有意義です。視野も広くなり、様々な人に対応できる力も身につくでしょう。

しかし、ずっと同じコミュニティーの中に身を置いていると、その中でしか自分を順応させていくことができません。接する人も限られてくるため、狭い世界の中で人間関係に疲れたと感じてしまうようになります。

男性より女性の方が比較的コミュニティーに依存しやすい傾向があるので、思い当たる方は注意してくださいね。


原因2. 周囲に対して気を遣い過ぎているから

お世話になっている職場の人々や大好きな恋人、嫌われるのは誰だって嫌ですよね。しかし、人に嫌われないように振舞うあまり、自分の心に自分で大きなストレスをかけてしまっている可能性があります。

気遣いができるのは人間的に非常に評価されるところですが、気の遣い過ぎは逆効果。「信用してもらえない」と寂しく感じる方も出てくるでしょう。

結果的に自分から他人と溝を作ってしまい、人と接するのが辛いと感じてしまうのです。


原因3. 自分の意見をきちんと口に出して伝えていないから

人間なので、自分の意見を発したいのは当たり前のこと。その当たり前を自分で禁じてしまうことで、人の意見に従わざるを得ない人間関係に疲れたと感じてしまうのです。

もちろん、自分の意見をはっきり口に出して伝えたことで人と衝突することもあるでしょう。しかし、それを乗り越えなければ人に認めてもらうことはできません


原因4. 支配欲が強く、自分の思い通りに事が進まないから

人に認めてもらうためには、自分から自己主張をしていくことも大切です。ただ、それを押し通せば良いというものでもありません。

「自分が正しい」という正義を貫こうとすると、否定されたときに心が耐えられなくなってしまいます。そのため、賛同してくれる人とだけ接するようになったり、反対意見を述べる人には悪口を言ったりしてしまい、良好な人間関係を築くのが難しくなってしまうと言えます。

【参考記事】はこちら▽


原因5. 性格や価値観が合わない人と一緒にいるから

プライベートの人間関係は良好だけれど、職場だと辛いという方も多いでしょう。これは、プライベートは価値観の合う人ばかりが集まり、職場にはいろんな人間が集まっていることが原因と考えられます。

なかなか意見が合わない人と一緒だと、歩み寄るのに気を遣って大変ですよね。だからこそ、人間関係に疲れたと感じてしまうのも無理はありません。

特定の場面で人間関係に強いストレスを感じる方は、この原因が多いと言って良いでしょう。


原因6. 人の長所ではなく、短所に目を向けているから

人間には誰しも長所と短所があります。お互いにそれを認め合い、歩み寄ることで良好な人間関係を築いていけるのです。

しかし、短所ばかりが気になると、せっかくの長所まで目を向けられなくなります。気に入らない部分に対して悪口を言ったり、「この人とは合わない」と自分から距離を作ってしまうこともあるでしょう。

こうやって自分から距離を作ることも、人間関係に疲れたと感じさせる原因の1つです。


人間関係で疲れた時はどうする?上手な対処法やストレス発散法とは

たくさんの人間に接していると、どうしても疲れを感じることがありますよね。そんな時、どうすれば心をリフレッシュさせることができるのでしょうか。

ここでは、人間関係の疲れで自分を追い詰めてしまう前にぜひ実践してほしい対処法について紹介します。


対処法1. 運動して心身共にリフレッシュする

体を動かすのは、ストレス発散に非常に有効です。「最近運動していなかった」という方にとっては、運動不足解消にもなって一石二鳥ですね。

汗とともに辛い気持ちを流してしまえば、すっきりとした気持ちでまた人と向き合うことができるはず。

「疲れた」とのんびり過ごすのも良いですが、仕事が休みの日や早く帰れた日は積極的に運動をしてみることをおすすめします。


対処法2. 趣味や好きな事に思いっきり打ち込む

一心に何かに集中すると、それ以外のことを考えなくて済むという1つの逃げ場となります。しかし、その対象を仕事にしてしまうと、余計に辛い気持ちになってしまう可能性も。

疲れた心をリフレッシュさせるつもりで行うのであれば、自分が好きな事で心を満たすことが大切です。そのためには、自分が何が好きなのか、どんな趣味を持っているかをきちんと理解しておく必要があるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


対処法3. 人間関係を改めて整理してみる

人との縁は、人生における宝と言っても過言ではありません。良い縁は幸せな人生を歩むために必要不可欠であり、悪い縁はできるだけ早く断ち切る方が良いと言えるでしょう。

だからこそ、人間関係に疲れた今、自分の人間関係を改めて見直してみることが大切なのです。誰に対して疲れを感じているのか、自分がどうしたいのかを明確にすれば、今後も付き合いたい人と切るべき人が見えてきます。

そういった人間関係の清算が、あなたの心に休むきっかけを与えるための第一歩となるはずです。


対処法4. 気心の知れた友達と遊んでストレス発散をする

人間関係の中には、気を遣わずに一緒にいられる友達や恋人もいるでしょう。そんな人と一緒にいるだけでも、気分が楽になりますよね。

そういった時間を確保することが、人間関係に疲れた心を癒すのに最適な対処法です。友達と遊んだり、恋人と有意義な時間を過ごしたりなど、自分にとって一番心が落ち着く人を選ぶことで心のリフレッシュに繋がります。

【参考記事】はこちら▽


対処法5. 旅行に出かけて一度リセットする

日常から離れてみるというのは、心をリセットさせるには非常におすすめです。知らない場所や知らない空気、全てが新鮮に感じられて嫌なことを思い出す隙もないほど満たされるはず。

自由を満喫できる1人旅でも良いですし、友達や恋人、気心の知れた仕事仲間と行くのも楽しそうですね。

もし休む暇もないという方は、有給休暇を取って休むのもアリです。仕事に集中するためにも必要なことだと考え、しっかり心を休ませてあげましょう。


自分に合うリフレッシュ方法を見つけてみてくださいね。

人間関係に疲れたと感じるのは、それだけ人と向き合っている証拠。自分が周りの人に対して疲れさせていないかを考えてみることも大切ですが、まずはあなた自身のことを考えてあげましょう

本当に今の人間関係で良いのか、上手に心をリフレッシュさせられているか、それらを見直すだけでも気持ちが軽くなるはず。疲れを感じていると自覚できた方は、上記の対処法を参考に、ぜひ自分の心を労わってあげてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事