心が満たされない時の心理や原因とは?心の穴を埋める8つの対処法も解説

毎日忙しく生きていると、心が満たされないと感じる瞬間ってありますよね。そこで今回は、何となく心が満たされないと感じている人に向けて、満たされないと思う心理や原因、特徴まで詳しく解説していきます。また、満たされない時の対処法もお教えしますので、参考にしてみてくださいね。

心が満たされないのは、なぜでしょうか?

心が満たされない時の心理や原因

あなたは「毎日何だか心が満たされないな」と思うことはありませんか。

何だか人間関係が満たされないし恋愛をしたいな、とか友人と最近うまくいっていないな、というはっきりとした原因が分かるものもあれば、「何だか漠然と寂しいな」とか「孤独だな」とか自分では分からない部分で満たされない時もありますよね。

人間ですからいろんな感情を抱きますが、この状態が続けば危険サインです。ここでは心が満たされない時の心理や原因や、対策について述べていきます。ぜひ満たされない心を解消していきましょう。


満たされない気持ちなのはなぜ?なぜか心が満たされない心理&原因

「何だか最近心が満たされないな」と思った状態の時には、心理と傾向があります。

それはその人の性格が原因であることもあれば、一時的な仕事や友人、恋人など人間関係に亀裂が入ったりぎくしゃくしていたりすることもありますよね。また、幼少期の両親との関係も原因になる場合があります。

様々な原因があると思いますので、ここでは満たされない気持ちになる心理や原因について解説していきます。


心理&原因1. 愛情不足によって、どこか寂しい気持ちがある

例えば、恋人がいてハグをするだけで心が満たされた気持ちになりますし、しばらくは幸せが持続すると思います。

しかし心が満たされない人は、愛情が不足しがち。人は無意識に愛情を求めてしまうことがあるので、自然と寂しい気持ちになってしまうのです。


心理&原因2. 目標を達成しても次の目標に向かっているため

今ある立場や向上心があるという意味では、非常に素晴らしい性格です。

しかし、常に先へ先へと動いてしまうと、満足感が得られずに心の穴は常に空いたまま

そのために、目標を達成してもどこか満たされない気持ちを抱えてしまうのです。


心理&原因3. 自分の思った通りに物事が進まない

理想と現実の自分にギャップが生まれると、それは「現在のあるがままの自分」を否定することになるので、心が満たされなくなります。

自分の思った通りに物事が進まなくても、自分だけのせいではなく他人や環境によって進捗状態は変わることが多いです。それを自分だけの責任だと思うと、自分自身は成長するかもしれませんが心が苦しくなりますよね。

また、世の中は自分の思った通りになる事は少ないです。なので、そういうものだと受け入れる心が無いと、満たされない気持ちを抱えることになりますね。


心理&原因4. 欲しいモノを手に入れても、マイナス思考で失う不安を抱く

欲しいモノを手に入れて満足するのが心が安定して幸せな人間なのですが、マイナス思考でそれを失う不安を持ってしまう心理の人はどうしても満たされません。手に入れることよりも、失うというマイナスにフォーカスする認知が原因です。

例えば好きな人と恋人になれたとしても、満足ができないのは、別れるかもしれないといった負の感情があるから。多少は自然ですが、あまりに失う事を怖がり過ぎると不安や恐怖で心が休まりません。それが原因で心が満たされなくなってしまいます。


心理&原因5. 人と自分を比べ、自分に無いものを探してしまう

人は人、自分は自分というのが幸せになる人の特徴なのですが、逆に完璧主義であったり、人の目を気にする性格でどうしても人と比べてしまうと辛くなります。

自分と他人と比較してしまうと、自分にないもの探しをしてしまって、常に不足してしまっているという感情を生み出してしまいます。

無い物ばかりねだる心は、いつまでも心が満たされない原因になります。


心理&原因6. 毎日が平凡で達成感がない

今までとは逆方向ですが、あまりに安定しすぎていて先行きの見通しが立ってしまっても向上心がなくなり心が満たされません。

同じことの繰り返しだと刺激が無く、飽きてしまいます。それが心が満たされない原因になります。

目標を掲げて、達成したり達成するまでの過程に人は充実感を感じます。何も目標が無く、目の前の事が日々のルーチンワークになると心の起伏が無く満たされない日々になってしまいます。


心が満たされない人の性格の特徴

実は、心が満たされない人には、性格の特徴があることをご存知でしょうか。原因があったとしても、性格が邪魔して満足しないこともあり得るのです。

ここからは、心が満たされない人の性格の特徴について紹介していきます。自分に当てはまってないか、しっかり見ていきましょう。


特徴1. 立場や肩書きを気にする

自分のステータスを重視する性格にある人は、本当の自分を見失いがちになります。

何を求めているのか気付かない限りは、立場と肩書を追い求め続ける、もしくはその立場と肩書をいつ失うか不安で仕方がない状態にさいなまれることになり、心が不安定で満たされなくなります

故に立場や肩書を気にする特徴の人は、いつまでたっても心が満たされません。


特徴2. ブランドモノが好きで、見栄えを気にする

本当に自分の欲しいモノではなく、自分に自信が無いからこそブランドモノで自分の価値を上げようとしている状態も心が満たされない原因です。

ブランド物に限らず、見栄えを気にする人というのは、自分の中身に自信が無いので他の物で自分の価値を上げようとします。しかし、他人が認めてくれることは少ない、もしくは認めてくれてもその時だけなので心が満たされません。


特徴3. 他人を頼ることができない

恋愛関係でも、相手に頼ることをしないので相手の愛情を確認することができません。そうなると、相手が愛してくれているのか不安になって心が満たされません。

相手に頼ることで、信頼関係が生まれます。なので、誰も頼らない人は孤独に戦う羽目になり、心はどんどん消耗していくことになります。

また、自分の心が満たされていない時に素直に他人に相談したり、甘えることができないのでより心が満たされない状態になりがちです。仕事のタスクも、精神的な悩みも一人で抱えていると益々心が満たされなくなります。


特徴4. 負けず嫌いな性格をしている

健全なライバル意識ならいいですが、何でもかんでも対抗意識を燃やしていると、自分と相手を常に比較することになり、心が落ち着かずに消耗します。

やはり、自分の良いところに目を向けないと心は満たされません。また、負けず嫌いで対抗意識を燃やすということは、相手を敵とみなすことにもなりかねません。そうなれば、より孤独になり一層心が満たされなくなります。

健全な負けず嫌いは自身を成長させてくれることにもなりますが、過剰な負けず嫌いは心を消耗し満たされない状態にする原因になりかねません。


特徴5. 何事にもネガティブな考え方をしてしまう

あるものに満足する状態こそが、心が満たされている状態です。何物にもマイナスな考え方をしていると、心が満たされるわけがありません。

常に不安がまとわりつきますし、良いものを手に入れたとしてもそれに満足することが無ければ一生心は荒んだままでしょう。

ネガティブな考えをしていると達成したことにも目を向けられませんし、人間関係でも何事にもネガティブな考えの人は、人から避けられて愛情を感じられなくなる傾向もあります。

【参考記事】はこちら▽


特徴6. 完璧主義者で自己嫌悪しやすい

完璧主義な人ほど心が満たされません。何故かと言うと、常に100点、常に完璧でないといけないというのは減点法式での物の見方です。なので、常に完璧でなければマイナスという感覚になるので、いつまでも心が満たされません。

いつも一緒にいる自分に対してダメ出しばかりをして嫌悪感ばかり感じている完璧主義者も、心が満たされない人の特徴と言えます。


特徴7. 自分に自信がなく、自己評価が低い

自分に自信がなく、自己評価が低い人も心が満たされない傾向にあります。

自己評価があまりに高すぎるのも健全な状態ではないですが、自己評価が低すぎれば自分自身に満足することはありません

このように自分に対して自信を持っていないのも、心が満たされない状態が続いてしまいやすい性格と言えるのです。


特徴8. お金好きで、お金中心に物事を考える

お金に囚われると、もっと稼がなきゃと承認欲求の奴隷になってしまいます。承認欲求を満たすために益々お金を求めがちですが、心を満たすためには人間関係も重要です。

お金を中心に物事を見過ぎてしまうと物質的なものにのみフォーカスしてしまい、本来自分が持っていた恋愛関係や友人、家族といった大切な人間関係を疎かにすることがあります。物よりも人との繋がりやそこで得る愛情にフォーカスしないと、寂しさや孤独感を味わいます。

よって、お金中心に物事を考えてしまう人も、心が満たされない人の特徴となるのです。


心が満たされない時の8つの対処法

ここからは、心が満たされない時にすべき対処法を8つに分けて紹介したいと思います。

具体的な方法から、考え方まで様々なやり方があるので、ぜひ参考にして実行してみて下さい。


対処法1. 周りと比較することをやめる

まずは、心を満たすにはありのままの自分に自信を持つ必要があります。

なので、周りと比較しないことが重要です。周りは良いところばかり見えてしまうものですよね。特にこのSNS全盛の時代ですから、相手が投稿している内容を見て嫉妬してしまうこともあるでしょう。

しかし、他人は他人で自分は自分です。自分のできることだけにフォーカスして考えましょう。それぞれ得意なことは違います。

自分ができていること、達成していることを自分自身で素直に褒め、認めることで心を満たすことができますよ。周りとの比較をやめることから始めてみましょう。


対処法2. 今考えていることを紙に書き出す

「紙に書き出すのはなぜ?」と思う人も多いかと思います。しかし、今もやもやしている漠然とした満たされない気持ちが客観視されて、整理されます。そのため、具体的に問題点を見つけて対処できるようになります。

また、単純に気持ちを紙に吐き出すことでリフレッシュできる意味もありますね。これは、人に不安な気持ちや愚痴を吐き出すのと同様の効果があり、心がすっきりします。結果、心にかかっていた靄が晴れ、心が満たされます。


対処法3. 本や人との出会いから新しい価値観を手に入れる

新しい価値観を取り入れれば、今までネガティブに見ていた部分もポジティブに見ることができるようになります。

違う角度で物事を眺められるようになった結果、日常に何気ない幸せを発見できることもあるかもしれません。

そうなれば、あなたのもやもやした気持ちも晴れることでしょう。ぜひ心が満たされない人は試してみてください。


対処法4. 恋愛をして、愛し合える恋人を作る

なんでも話し合える恋人がいれば、何か心が満たされないことがあって不安な時も話を聞いてくれるでしょう。また、愛し合える恋人がいれば孤独感は無くなるはずです。

寂しい気持ちはあなたを不安にする最大の要因ですし、逆に恋愛は人にとっては最高の心の栄養です。パートナーがいるという安心感と高揚感は、あなたの人生に光を差し込んでくれるはずです。

心が満たされない人は、ぜひ恋愛をするために異性と出会える場所へと出かけてみて下さい。


対処法5. 気のおける友人や家族と時間を過ごす

一人で鬱々とした気持ちを抱え込んでしまっては、負のスパイラルに入り込んでしまいます。

相談を聞いてもらうというのも大きいですが、それが照れ臭かったり何だか言い出しにくい状況でも、落ち着いていられる人たちと一緒にいるだけでかなり元気が出てきます

見失っていた大切なものに気付く時間になるかもしれません。心が満たされない原因が寂しいという感情であれば、かなり有効な手段と言えるでしょう。


対処法6. 部屋を掃除して、気持ちをスッキリさせる

部屋を掃除してモノがきちんと整理されて綺麗になったり、塵やほこりが無くなった状態になれば心もクリアになります。なので、部屋を掃除することも心を満たす効果があります。

思考がこんがらがってしまっていた場合にも有効で、自分が今どういう状態にいて、自分の心が満たされないのが何が原因かというのが整理できるようになります。

なかなか部屋が散らかっていても掃除は優先順位が下がり勝ちですが、すっきりして心が晴れて満たされますので、ぜひ試してみて下さい。


対処法7. 毎日一回は自分を褒める習慣を作る

他人に褒められるのを待っていては、結局他人との比較と同様、他人の価値観で生きることになります。なので、他人ではなく自ら自分を褒めましょう。

自分で自分を褒めることにより、あるがままの自分を認めて自信を生み出す効果があります。例えば、自分への褒めるべきポイントを紙に書いてみると、より客観的に見れてより有効です。

自分に鞭ばかり振るっていては心もやせ細りますし、エネルギーも無くなります。心が満たされない時は、自分のために自分を褒めていきましょう。


対処法8. 目標を細分化して、小さな達成感を得る

始めから大きな目標を抱くと、達成できなければ大きな挫折感を味わいます。そのため、細分化することによって達成感や成功体験を増やすことで自己肯定感を高めるのが、心が満たされない状態から回復する一つの手段です。

大きな目標ばかり追うと、自分も心が満たされず苦しむことになるので、細かく目標を段階的に作ることで少しずつ達成感を得て心を満たすことができます。


心を満たせるように、しっかり自分と向き合ってみて。

心が満たされない原因やその特徴の人をまとめて、その対策を解説していきました。人間なら誰しも心が満たされなず不安やもやもやを感じる時があります。しかし、長引くようであればそれは心の病気へとつながる第一歩。そうならないように、今のうちになぜ自分の気分がすぐれないのか原因を考え、それに対処していきましょう。

自分自身への向き合い方が原因なのか、周りとの関係で寂しい気持ちを抱えているかによってもかなり対策も異なってきます。じっくりとご自身と向き合う時間を取って対処していきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事