本当の友達の9つの特徴。見せかけの友達か確かめる方法も徹底解説!

本当の友達ってどのような友達なのか疑問に思う時ってありますよね。そこで今回は、本当の友達と言える人の特徴から見せかけの友達の特徴、周囲にいる友達が本当の友達かどうか確かめる方法まで解説します!親友と呼べる友達を探している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

本当の友達ってどういう人を指すのか気になりますよね。

本当の友達とは

友達が多い人もいれば、少ない人もいるかと思いますが、親友ともいえる本当の友達って何なのでしょうか?

何かあった時に助けに行く、もしくは来てくれるような人かもしれませんし、いつも一緒にいる人かもしれません。また、友達の数が多いからといって本当の友達がいるわけでないと考えている人もいるでしょう。

今回は、そんな本当の友達の特徴から見せかけの友達の特徴、最後に本当の友達か確かめる方法まで解説していきます。


本当の友達とはどんな友達のこと?本当の友達と言える人の9つの特徴

本当の友達の特徴

まずは、本記事の大きなテーマでもある本当の友達、つまり親友とはどういった友達のことを意味しているのかを解説するために、本当の友達の特徴を9つ紹介します。

本当の友達がいないと思ったことのある人は、実際に自分の友達を想像しながら読んでみてください。


特徴1. 本音を言い合える関係である

本当の友達とは、心の底から思ってることを言えたり、友達が自分に対する本音を伝えてきても受け入れられる人だと言えます。

相手が嫌いだから本音を言うのではなく、相手が好きでその人のことを思って時には少々キツイことを伝えることもあるでしょう。

しかし、それくらいでは崩れないからこそ、親友と言えるのではないでしょうか。相手のことを本気で思うからこそ本当の友達と言えるのです。


隠したい秘密でも打ち明けることができる

自分の秘密を打ち明けてもいいと思える人物であるかどうかで、本当の友達かどうかが見えてくるはずです。

絶対に知られたくないようなことでも、親友になら伝えたられるという関係性は一長一短で築けるものではありません。

秘密を話しても周囲に吹聴することはないという確信が持てるくらい信頼がなければできないでしょう。


自分が悪いことをしたら、正直に指摘してくれる

本当の友達は自分が悪い事をしたら指摘してくれる

悪いことをするのはもちろんいけませんが、どうでもいい人が悪いことをしていても、注意をしないのではないでしょうか。

しかし、本当の友達であれば、悪いことに対してはしっかりと叱ってくれて、正しい方向へと引き戻してくれます

これは、自分にとって本当に大切な友人と思っているからこそ、間違った方向へと進んでいって欲しくないという思いが強いからでしょう。


特徴2. 一緒にいて沈黙が続いたとしても落ち着く

2人でいる時に沈黙が続くと気まずいですが、本当の友達とはそういった沈黙は気にしません。

沈黙でも気にしないくらい、お互いに信頼し合っている、もしくは何も言わなくてもお互いのことはわかっているという、お互いの密な関係があるからこそ

1日中一緒にいて話したのはほんのちょっとでも、お互いに楽しくて充実した時間を過ごしたと感じられるような関係なのです。


特徴3. 性格や行動など似ている部分がある

本当の友達とは笑うポイントや泣くポイント、怒りの沸点などが同じと、何かとそっくりな部分が多いという特徴もあります。

これは、友達として共に過ごした時間が長さなども関係しているのでしょう。お互いに似ている部分があるから共感しやすく仲良くなれるというわけです。

また、友達としても期間は短くても価値観や相性が合うから、似通った部分が出てくることもあると考えられます。


特徴4. 集団から孤立してしまっても、味方でいてくれる

本当の友達は孤立しても味方してくれる

本当の友達は周囲の人の意見に振り回されることなくいつもあなたのそばにいてくれます。

例えば仲良しの集団から仲間外れにされた、周囲の人から無視されている、など辛い状況に追い込まれた時でも本当の友達は虫や仲間外れに加わることはなく、むしろそういったことをしている集団に止めるように伝えてくれます。

これは、お互いが強い絆で結ばれていること、そして友達が辛い状況にあることが許せないと思えるからこそでしょう。本当の友達とは、どんなピンチに陥っても必ずあなたを助けてくれる存在なのです。


特徴5. 落ち込んだ時に、ずっと側にいて支えようとしてくれる

大きな失敗や挫折、失恋などあなたが落ち込んでいる時、本当の友人は近くにいてくれます

困っていることがあれば手を貸してくれたり、泣いている時は何も言わずにそばにいてくれたり、時には励ましの言葉をかけてくれたりします。

本当の友達とは、あなたが落ち込んでいる姿を見たくないし、そんな姿を見ると自分までもへこんでしまうのでしょう。だからこそ自分に何かがあった時に、近くにいてくれるのです。


特徴6. 自分の幸せを心から喜んでくれる

逆にあなたが目標を達成し嬉しいことがあった時、まるで自分のことのように嬉しさを爆発させて喜んでくれます。

それは、あなたの思いや努力を友達が知っているからこそです。

何も知らない人や知人レベルの人であれば、あまり喜べないかもしれません。本当の友達とは信頼関係、絆があるから本気で喜んでくれるのです。


特徴7. 自分のワガママを許してくれる

本当の友達はわがままを許してくれる

仲のいい友達相手だといつも以上にワガママになってしまう人は多いはず。普通の友達だと少しイラっとしてしまうようなわがままも、本当の友達であれば広い心を持って許してくれるでしょう。

それは、友達があなたのワガママがどういったものであるかを理解しているからこそです。

ワガママを言っているけど、「大したことではない。いつものことだ」とよく理解しているからこそ、許してくれるのでしょう。


特徴8. 久々に会っても、昔と同じように関われる

昔の友人と大人になって再開してみると、昔と同じように関わることができないケースがあります。

これは様々な経験を経て大人になったことで価値観や考えに違いが出てきたためだと考えられます。

一方で本当の友達とは、数年ぶりの再会であっても、会った瞬間から昔の関係が蘇ります。これは価値観や考えの部分が同じであるためいつになっても同じ感覚で付き合えるのだと考えられます。


特徴9. 生涯一生付き合っていたいと感じる

いつ会っても同じ感覚で付き合えるということは、人生をかけて付き合っていく友達ということになると考えられます。

本当の友達とはいつも一緒にいるわけではなくても、定期的に繋がりを持ち、何か大きな出来事があった時には真っ先に伝えるようにしましょう。

そのように心と心がつながっているからこそ、生涯にわたって付き合っていきたいと思えるのです。


本当の友達じゃない「見せかけの友達」の3つの特徴とは?

見せかけの友達の特徴

本当の友達がいる一方で、一見すると本当の友達のように見えて、実は本当の友達じゃない人というのも存在します。

一緒に遊んだり、飲みに行ったりする機会が多い関係性かもしれませんが、実はあなたのことをあまり考えていないのです。

続いては本当の友達とは言い切れない見せかけの友達がどういった人たちなのか、その見分け方を確認していきましょう。


特徴1. 迷惑を考えずに自分の利益だけを優先し、お願いばかりしてくる

本当の友達じゃない人はあなたのことを信頼し、様々なお願い事をしてきているように見える人がいますが、実は自分のことしか考えていない可能性があります。こういった人は自分の目的や目標が達成されることを大切にしているため、裏切りを何気なく行います。

もし、自分のお願いによって相手が嫌な思いをしたとしても、軽く謝罪する程度で終わってしまうかもしれません。

これは、相手と自分との間に信頼関係や絆ができていないためだと考えられます。本当の友達になるには自己中心的ではいけないのです。


特徴2. 約束をすぐに破って、謝りもしない

本当の友達じゃない人は例えば約束の時間に遅れてくる、ドタキャンするなど約束を簡単に反故にしてしまいます。

これも自分中心で物事を考えているためで、自分が約束を破棄することや裏切りをすることで相手がどういったおもいをするのかが、考えられないのです。

自己中心的な性格や考えが、約束を反故にするという特徴に関係しているものと考えられます。


特徴3. LINEで「今度飲みに行こう」など誘ってくるが、ほとんど社交辞令で実行に移そうとしない

見せかけの友達は社交辞令ばかりで誘って来ない

本当の友達じゃない人との間に飲み会や遊びの約束があったとしても、約束が実際に行われることはほとんどありません。口先やLINEでは、仲良しっぽい話をするものの、本音はそこまで一緒にいたいと思っていないのかもしれません。

また、あなた以外の人とは頻繁に連絡を取り合って遊んでいる可能性もあります。

うわべだけの友達はあなたと繋がりはあるものの、一緒にいてもあまり楽しくないと思っているために、うわべだけでも関係性を維持しておこうと考えいるのでしょう。見分け方として覚えておきましょう。


自分には本当の友達がいる?本当の友達か確かめる5つの方法

本当の友達か確かめる方法

ここまで読んで、自分の周囲にいる人たちが本当の友達かあるいは見せかけの友達かについて考えたはずです。

そこで続いては、自分の周囲にいる人たちが本当の友達か確かめる方法を紹介します。


確かめ方1. 深い悩みを相談した時に、真剣に聞いて一緒に悩んでくれるか

相談事に時にはずっと耳を傾けてくれたり、時には間違いを正してくれたり、時には共感して一緒に涙を流すなど、本気で思っている気持ちが伝わってくれば、本当の友達だと言えます。

嘘の相談をする必要はありませんが、タイミングが合えば相談を投げかけてみるといいでしょう。

例えば恋愛であったり、仕事であったり、人生であったり、あなたが何か大きな悩みを抱えている時に親身になって話を聞いてくれるかどうかは、本当の友達か確かめる方法になります。


確かめ方2. 自分に嬉しいことがあった時、「おめでとう!」と祝福してくれるか

相手のことが心の底から大好きで、出世や結婚、子供の誕生など大きな出来事があった時に、本気で祝福してくれる人は本当の友達と言えるはず。

出世も、結婚も子供の誕生も、友達からしたら自分の人生とは直接的には関係のないもの。

しかし、本当の友達というのは自分の出来事ではなくても、まるで自分のことのように喜んでくれるのです。うわべだけの「おめでとう」ではなく、言葉の節々や態度、表情などから喜んでいる様子が伝わって来る「おめでとう」を言える人こそが本当の友達と言えるのでしょう。


確かめ方3. 自分の秘密を他人に明かさないでいるか

本当の友達は自分の秘密を他人に明かさない

誰しも他の人に知られたくないことはあるはずです。もしその知られたくない秘密を友達が知っていたとしても、本当の友達であれば絶対に他人に明かすことはありません。

これは、あなたのことを大切に思っていることももちろんですが、秘密をバラすことで、あなたが受ける影響や2人の関係性が崩れることを知っているからなのです。

これからも長く付き合っていきたいと思える人だからこそ、その人の秘密をバラしたりはしないのです。


確かめ方4. 何歳になっても関係が変わらず一緒に笑い合っていられているか

学生時代は毎日のように会っていた友達も、社会人になると少しずつ会う機会が少なくなります。

家庭を持つようになるとなおさらです。そういった中で久しぶりに会ったとしても、一瞬で昔の関係に戻れる間柄の人間というのは、本当の友達と言えるでしょう。

これはあなたのことが大好きで、昔の思い出を大切にし、その時の感覚をいつまでも忘れていないからこそできることなのでしょう。


確かめ方5. どんなに厳しいことでも、自分の欠点に気付いて指摘してくれるか

人間誰しも欠点の1つや2つは持っているものですが、他人の欠点を指摘するのは非常に大きな労力がかかります。

しかし、本当の友達は、欠点に対してはしっかりと指摘をしてくれます。これは相手があなたのことを本気で考えてくれているからこそですし、その欠点を持ち続けることで被る影響までも心配してくれているからでしょう。

どんな時でもあなたのことを考えた発言をしてくれるのが、本当の友達と言えるのです。


本当の友達がいないなら、自分が友達にとって本当の友達になることも大切

自分が本当の友達になってあげるのも大切

もしかしたらここまで読んで、自分には本当の友達がいないと思った人もいるかもしれません。しかし、本当の友達がいないと思ったのであれば、自分が誰かの本当の友達になれるようにすればいいのです。

本当の友達になるには相手のことを心の底から思い、時には厳しい言葉をかけることも辞さず、嬉しいことがあればまるで自分のことのように思う、相手が困っていたら真っ先に救いの手を差し伸べるなど、自分ができることを相手に対して行っていれば、相手も自分のことを大切な友達だと感じるようになるでしょう。

本当の友達が欲しいのであれば自分からアクションを起こしましょう。ここまで紹介した内容は本当の友達のなり方としても参考になるものです。ぜひ実行に移してみてくださいね。


一生涯付き合える本当の友達を大切にしていきましょう。

一生付き合っていける友達を大切にしょう

今回は、本当の友達、つまり親友とはどういったものなのかという点について紹介してきました。

まだ本当の友達がいない、本当の友達が欲しいと思ったのであれば、友達にとって自分が本当の友達になるように行動してみましょう。

もし、周囲にいる友達が本当の友達と呼べる人ならば、付き合いを大事にしていってくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事