結婚に後悔する理由とは?結婚を失敗する原因&幸せな夫婦になる方法も解説

幸せだった結婚生活を後悔してしまう時ってありますよね。そこで今回は、旦那との結婚を後悔したと感じる理由から、結婚を失敗する原因、後悔した時の対応策、離婚するかどうかの判断方法、夫婦で幸せな人生を送るための方法を解説!さらに、ストレスが溜まった時の解消法もお教えします。

結婚して後悔している女性へ。

結婚に後悔する理由

幸せなイメージのある結婚ですが、中には結婚生活を後悔している人もいます。その原因や理由にはどんなものが考えられるのでしょうか。

この記事では結婚を後悔している女性に向けて、結婚を失敗する原因、後悔した時の対応策、ストレスが溜まった時の解消法、離婚するかどうかの判断方法や夫婦で幸せに暮らすための方法をご紹介します。

結婚を後悔していて、「離婚したい」と思っている方は是非参考にしてみてくださいね。


結婚を後悔したと感じる8つの理由

好きな人と一緒なり幸せにあふれた結婚。しかし、そんな結婚を後悔してしまう人もいます。

人はどんな時に結婚を後悔するのでしょうか。

そこで結婚を失敗したと感じる理由を8つご紹介します。自分が思っている理由と同じものがあるか確認してみてくださいね。


後悔の理由1. 旦那との価値観が合わないから

お金や子供のことなど、結婚をしたら夫婦二人で決めなくてはいけないことがたくさんあります。しかし金銭面や教育方針などは価値観の違いが出やすいもの。

もし旦那と価値観が合わなかった場合、話し合いをしてもいつまでも平行線になり疲れてしまう人も多くいます。そのため結婚生活が後悔しかないと考えてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


後悔の理由2. 仕事/家事/育児の両立がとても難しいから

女性の社会進出が進んだ現代でも、家事や育児は女性がやるものという考えが根深く残っています。そのため仕事に戻りたくても、家事や育児に追われてままならないことがたくさん出てくることも。

また家事や育児に旦那が協力してくれないと不満が募る女性も多くいます。仕事・家事・育児のバランスがうまく取れず、後悔してしまうこともあるのです。


後悔の理由3. 旦那が家事を手伝ってくれないから

男女平等の時代とはいっても、まだまだ男性の方が収入が多く、一家を支えてくれる側となっています。しかし、だからといって家事を妻一人に任せていいわけではありません。

自分も仕事をしているのに旦那が家事を全くしてくれない、手伝ってくれないと不満を持っている女性は多くいます。そのため、こんなはずじゃなかったと結婚を後悔する人も多いのです。


後悔の理由4. 夫の両親との関係が上手くいかないから

結婚は親戚付き合いが増えることを意味します。夫の両親との付き合いも始まりますが、全員が上手な関係を築けるとは限りません

そのため後悔の理由に、夫の両親の関係が上手くいかないことを上げる女性も多いです。この悩みは夫の両親がいる限り続きます。お盆やお正月のたびに帰省のことで頭を悩ませる女性もも多く、結婚を後悔する理由に充分なるのです。


後悔の理由5. 夫が女性として見てくれないから

長い間夫婦生活を続けていると、「男女」ではなく「家族」の関係になってしまうこともあります。これが心地良い人はそれで良いのですが、夫が自分のことを女性としてみてくれないことに不満を持つ女性も。

「家族と思ってくれていることは嬉しいけど、もう女性として見られないのは辛い」と思うのが後悔する理由です。


後悔の理由6. 旦那の稼ぎが少なく、満足のいく生活が送れないから

結婚生活はお互いの支えのもと行うものです。しかし現代でも収入が多いのは男性の方というのが一般的。また、妻は働きに出たくても、出産や育児などでそれがままならない場合もあります。

そのため旦那の稼ぎが少なく、満足のいく生活が送れないことを不満に思う女性は多く、後悔の理由として多く挙げられるのです。


後悔の理由7. 喧嘩ばかりしてしまうから

恋人同士のうちは良くても、家族となって一緒に暮らしていると我慢できないこともたくさんあります。また価値観の違いなどで衝突してしまうことも。

喧嘩をしてもちゃんと仲直りできれば良いのですが、原因が旦那側にあったり、どうしても改めてくれなかったりすると「どうして結婚したんだろう」と後悔してしまうこともあるのです。

【参考記事】はこちら▽


後悔の理由8. 旦那に浮気癖があるから

結婚生活の危機といえば浮気です。結婚前はどうにか許せても、結婚後はそうはいきません。信じていた夫に裏切られるのはとても辛いものです。

また、浮気癖のある人は何度も繰り返します。

何度も繰り返されればどんな女性でも堪忍袋の緒が切れるというもの。「こんな思いをするくらいなら結婚しなければ良かった」と後悔する女性も多いです。

【参考記事】はこちら▽


どうして結婚を失敗してしまったのか?よくある原因とは

結婚を後悔してしまう理由は人それぞれ。どうして結婚を失敗してしまったのかと考えることも多いでしょう。

ここからは、結婚を失敗してしまうよくある原因をご紹介します。一人で悩んでいても辛いばかりです。原因をしっかり定め、これからのことを考えましょう。


失敗の原因1. 結婚ラッシュに焦って結婚してしまった

周りがどんどん結婚していくと気持ちが焦ってしまう人も多くいます。「このままだと私だけ結婚できないのではないか」「早く結婚しなきゃ」と焦ってしまい、結婚に対して妥協してしまう場合もあります。

そのため、相手のことをしっかり理解しきれておらず、すれ違いばかりになることも。また焦って結婚したことが旦那にも伝われば、関係がギクシャクしてしまうでしょう。


失敗の原因2. 容姿や年収重視で結婚した

結婚相手に何を求めるかは人それぞれです。容姿と年収が絶対条件の人もいるでしょう。

しかし、容姿と収入で選んだ人が結婚相手として最適とは限りません。容姿と年収だけ見て焦って結婚したばかりに、性格や価値観がどうしても合わないこともあります。

そうした不満が日々積み重なり「失敗した」と思う原因となるのです。


失敗の原因3. 押しに負けて結婚した

結婚を決めた人の中には「相手の熱意がすごかったから」という人もいます。そうした人の中には「自分はあまり好きではなかったけど、押しに負けて結婚した」ということも。

良く考えずに相手の熱意に負けて妥協して結婚した場合、「本当にこれで良かったのかな」という思いがずっとついてまわります。そのため「この結婚は失敗だったかな」と思ってしまうのでしょう。


失敗の原因4. 内面を見ていなかった

焦って結婚した人にありがちなのが、「見た目や収入だけみて内面を見ていなかった」ということです。いくら収入が良くても、浮気癖や浪費癖があったら良い旦那とはいえません。また性格や価値観が合わなければ、日々の生活は辛いものに。

そのため内面を見ずに妥協して結婚したことで「後悔しかない」と悩んでいる人も多くいます。


失敗の原因5. 成り行きで結婚した

結婚を早くしたいと焦っていたり、相手からの強い押しがあったりした場合、その流れに乗ってしまう女性も。そんな成り行きで結婚した場合「本当にあのタイミング良かったのかな」と考えてしまうことも少なくありません。

「もっとしっかり考えれば良かった」「こうなるはずじゃなかった」と思ってしまい、失敗したと感じてしまうのです。


失敗の原因6. 嫌な部分は結婚したら直ると考えていた

欠点のない人なんていません。しかしギャンブル癖、浪費癖、浮気癖など結婚には向いてない嫌な部分はたくさんあります。

「結婚したのだから変わってくれるだろう」と期待する女性もいます。しかし、これらは専門的な治療が必要な場合も。そのため変わらなかったという例はたくさんあり、結婚に後悔しかないと思ってしまう結果になります。


どうすればいい?結婚に後悔した時の対応策は4つ

「失敗した」「後悔しかない」と結婚に対して思っている場合、女性は一体どうすれば良いのでしょうか。結婚生活を続けたまま改善を図る他、思いきって行動に出る対応策もありますよ。

では、結婚に後悔した時に行うべき対応策を4つご紹介します。


対応策1. 今の気持ちが改善するように行動する

「この気持ちをどうにかしたいけれど離婚までは考えてない」という女性も多くいます。そんな時は「後悔しかない」と思っている気持ちを切り替える努力をしましょう。

思い悩んでいるだけでは状況は変わりません。相手が家事を手伝ってくれないならどうにかして手伝ってもらえるように提案したり、浪費癖があるようなら専門機関に相談したりと、とにかく行動してみましょう。

行動することで気持ちが改善していくこともあります。


対応策2. 後悔したまま付き合っていく

結婚生活を続けることは辛いけれど、離婚したらもっと後悔すると思い、結婚生活を続けている人が多くいます。また子供がいるから、経済的に不安だからと離婚できない理由は様々。

どうしても別れたい明確な理由が無い時は、後悔したままでも夫と付き合うことを選びましょう。時間が解決してくれる問題の場合、しばらく経てば気持ちが落ち着くこともあります。


対応策3. 実家に帰るなど別居生活をする

離婚まではいかないけれど、気持ちを切り替えたいという時に効果的なのが別居です。物理的に距離が離れることで、見つめ直せることもあります。

今後旦那と結婚生活をまだ続けていけるのか、離婚することのメリット・デメリットなど冷静に考えてみましょう。

また、最終的に離婚する場合でも、別居生活を一度挟んでみましょう。


対応策4. 離婚を検討する

「どうしても結婚生活が続けるのが辛い」、「このまま夫婦でいても後悔しかない」と思うこともあります。そんな時は離婚を検討しましょう。はっきり決めたら、弁護士に相談して早めに終わらせるのがおすすめ。

離婚はマイナスなイメージがありますが、後悔して生きていくよりはずっと良い選択肢です。後悔ばかりの結婚生活に見切りをつけて、新しい人生を始めましょう。

【参考記事】はこちら▽


結婚を後悔したら離婚した方が良いの?悩んだ時の判断方法

離婚は大きな決断です。そのため結婚を後悔していても、本当に離婚した方が良いのか悩んでいる女性も多くいます。

どのような時に離婚を決めればいいのでしょうか。ここでは離婚するかどうか悩んだ時の判断方法をご紹介します。


判断方法1. 本当に離婚したいと思えるほど、後悔しているのかどうか

後悔の事ばかり考えていると、どんどん思考がマイナス寄りになってしまいます。そのため一度冷静になって、自分がどのくらい結婚を後悔しているのか考えるのは大切なことです。

「本当に離婚したいほど相手のことを嫌いなのか」「もう話し合うのも嫌なほどなのか」「後悔しかないという考えから動かないか」など、一度自分の思考を整理して判断しましょう。


判断方法2. 旦那の好きなところはないかどうか

一度結婚を決意した相手なら、少なからず「良いな」と思った部分はあったはずです。マイナスの部分ばかりに目がいきがちですが、一度「旦那の好きなところはないか」を考えてみましょう。

どんなところが好きか、まだ結婚生活を続けられるかを冷静になって判断します。また旦那のことが好きでどうにかやり直したいという気持ちがあれば、一度考えなおしてみるのもありです。


判断方法3. 子供を引き取る場合は、育てていく自信があるかどうか

夫婦だけの生活なら別居や離婚も比較的決めやすいもの。しかし子供がいればそうはいきません。子供をどちらが引き取るのか、自分が引き取った場合はしっかり育てていけるのかなどを考えましょう。

ただ「子供のためだから」と我慢を続けていたらそれも後悔するもの。冷静にどちらが自分と子供のために良いのかを判断しましょう。


判断方法4. 時間が経っても悩み続けるかどうか

離婚するかしないか、この後悔がすっと続くかどうかはすぐに決着がつく問題ではありません。しかし時間が経っても後悔し続けるかどうかは自分で判断できます。悩み続けないということはそこまで後悔していないということ。

これからもずっと悩み続けるのか、それとも離婚して楽になるのか、どちらが自分にとって幸せな道なのかを考えましょう。そうすればおのずと道が見えてきますよ。


判断方法5. 自分に後悔する原因がないか

後悔する原因は旦那だけにあるとは限りません。自分に後悔する原因がないかどうかを考えてみましょう。

もし自分に後悔する原因があった場合はそれをまず直します。

そうすれば旦那の態度も変わってきて、結婚生活も変わってくるかもしれません。また自分に原因があるかどうか見つめ直すことで、結婚生活が上手くいく場合もあります。


判断方法6. 夫に改善しようとする意思があるのか、ないのか

離婚する前に夫婦で話し合うことも大切です。夫に改善しようとする意思が全く無いのかどうかを知りましょう。本人に強い意志が無ければ改善するものもしないからです。

もし改善する意思があれば話し合いで解決するきっかけにもなります。

しかし、改善する意思がなければ、この先もずっと後悔することになりかねません。離婚の前に、夫に改善しようとする意思があるか夫婦で話し合いましょう。


夫婦で幸せな人生を送るための8つの方法

ここまで結婚を後悔している人の理由や対応策をご紹介してきましたが、本来は夫婦で幸せな人生を送れるのが一番です。

そこで夫婦で幸せな人生を送るためにはどんな方法があるのか、どうすれば良いか8つの方法をご紹介します。


幸せになる方法1. 思っていることは、きちんと話し合う

夫婦といっても他人なので話し合わなければ分からないこともたくさんあります。そのため、普段から思っていることを、相手に伝えるようにしましょう。

自分の気持ちを相手に伝えたり、相手が考えていることを知ったりすることができ、相手の気持ちが分かれば解決策も見えてきます。

相手と向き合い、話し合いをすることで見えてくることも。話し合いをすることで誤解がとけるパターンもあります。


幸せになる方法2. 夫婦二人で会話をする時間を増やすこと

仕事が忙しくなかなか一緒にいる時間がない夫婦もいます。それでも上手くいく夫婦もいますが、やはり長い時間を一緒にいる夫婦の方が分かりあえるというもの。

うまくいかないな、相手のことがちょっとわからなかくなってきたなと感じたら、夫婦二人で会話する時間を増やすようにしてみましょう。そうすればすれ違った二人の心も近づけるでしょう。


幸せになる方法3. 旦那の良い部分を探すようにする

マイナス思考の時は相手の嫌なところばかりが見えてしまうものです。そんな時は旦那の良い部分を探すようにしましょう。

相手の良い部分を見れば、もう一度相手のことを好きになってくるかもしれません。

また良い部分を探しているいるうちに相手のことが良く分かってくるようになります。そのため、旦那のことをもっと理解することができるかもしれませんよ。


幸せになる方法4. 旦那に期待しすぎない

相手に期待すればそれだけ相手に失望することになります。期待が大きければ大きいほど、失望も大きくなるもの。

そのため、現在結婚に後悔を感じている人は、旦那に期待しすぎないようにしましょう。

そうすれば「こんなものだったのか」、「今まで期待しすぎていたのか」と感じられ、旦那にそれほどがっかりしなくなります。

【参考記事】はこちら▽


幸せになる方法5. 二人で楽しめる趣味を見つける

分かり合うには二人で一緒に時間を過ごすのも大切です。そこで、まず二人で楽しめる趣味を一緒に見つけましょう。二人で過ごす時間を増やせば、今までより距離も縮まってきます。

また、趣味を一緒にすれば、会話の時間も増えます。そうすれば相手のことをより理解できるようになるでしょう。

今まで旦那が何を考えているか分からなかった、会話のきっかけがつかめなかった夫婦は試してみる価値があるのではないでしょうか。

【参考記事】はこちら▽


幸せになる方法6. 自分の時間も大切に過ごす

二人で楽しい時間を過ごすことは夫婦にとってとても大切です。しかしそれと同じくらい自分の時間を大切に過ごすことも大切にしましょう。

ずっと二人でいることが楽しいですが、自分の時間が無ければ疲れてしまいます。

そのため一緒に居る時間とは別に自分の時間をとるようにします。好きな音楽を聴いたり、趣味に没頭したり好きなことをしましょう。そうしてストレス解消することで二人の時間も上手くいくのです。


幸せになる方法7. 感謝や労いの言葉をかけてあげる

感謝の言葉をかけてもらうのは男性も女性も嬉しいですよね。そこで普段から旦那に感謝や労いの言葉をかけてあげましょう。

そうすれば旦那も嬉しく、態度もやわらかくなってきます。

また感謝や労いの言葉をかけてもらえば「次ももっと頑張ろう」という気になります。次の日の活力になるような言葉があれば、夫婦生活も上手くいくでしょう。

【参考記事】はこちら▽


幸せになる方法8. 常に魅力的な女性になるよう努力する

結婚生活が長いと、「家族」という認識になってしまい「女」として見られないという悩みを持つ女性も多くいます。

そこで旦那に飽きられず、また女としてみられるように常に魅力的な女性になるように努力しましょう。

努力を怠らない女性はうつくしく魅力的にうつります。今後夫婦生活を円満に続けるためにも常に努力を続けることが大切です。

【参考記事】はこちら▽


結婚生活でストレスが溜まった場合の解消法5つ

他人と一緒に暮らしていると、少なからずストレスが溜まってくることもあります。うまくストレスを解消できないと、今後の生活に差し支えることも。

そこで結婚生活でストレスが溜まった場合に試してほしい解消法を5つご紹介します。


ストレス解消法1. 友達と遊ぶ時間を作る

夫婦二人だけの生活だと、話す相手がお互いしかいないので、ふとしたことでストレスがたまってしまうことも。

そこで、意識的に友達を遊ぶ時間を作りましょう。他の人と話す時間を作ることで、ストレス解消に繋がります。

友達との時間を楽しむことで「また頑張ろう」と言う気になる人も多く、また夫婦の時間を楽しむことができるでしょう。


ストレス解消法2. 自分の楽しみを作ること

普段から楽しみをもっていないと夫婦生活はもちろん、生きていくのも辛くなってしまいます。そこで趣味など自分の楽しみを作るようにしましょう。

自分の趣味など、自分だけで楽しめるものがあれば、旦那がいない時でもストレス解消することができます。ストレス解消をすれば、少しぐらい旦那に不満があっても我慢できるようになるでしょう。


ストレス解消法3. ヨガを日課にする

ストレス解消には体を動かすことも大切です。普段運動をしない人が急に運動をすると疲れてしまい、逆にストレスを溜めてしまいかねません。

そこでおすすめなのがヨガです。ヨガでゆっくり体を動かすことで適度に汗をかき、気持ちよさが味わえます。

ヨガを日課にすれば、ストレス解消はもちろんダイエットや健康維持にも役立つのでまさに一石二鳥です。


ストレス解消法4. 友達に悩みを相談する

悩みがある時は誰かに相談するのが一番です。悩みがあるなら早めに友達に相談しましょう。

ストレスをかなり溜めてからだと解決に時間がかかってしまうこともあるので、できれば愚痴で済むうちに相談するのがおすすめです。

友達と楽しく話をし、話を聞いてもらえるだけでもストレス解消となり、気分も晴れやかになるでしょう。


ストレス解消法5. たまに美味しいものを食べる

食が充実していると人は幸せを感じます。そこでたまには美味しいものを食べましょう。旦那と一緒でもいいですし、ストレス解消に一人でこっそり食べるのもいいですね。

美味しいものを食べれば脳も幸せを感じ、これからの生活も頑張ろうという気になります。手軽にできる方法ですので、積極的に美味しいものを食べてストレス解消していきましょう。

【参考記事】はこちら▽


結婚に後悔したら、自分が出来る対処法から試してみて。

結婚を後悔する理由や原因、対処法などをご紹介しました。まずは、なぜ自分が結婚を後悔しているのか、その原因を探ることから始めましょう。

原因が分かったら次に対策です。自分で解決できるようなら行動を起こし、そうでないなら誰かに相談しましょう。

考え方を変えたり行動を起こしたりすることで、後悔している考えを変えることができるはずですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事