「離婚する気はないけど好き」と言う既婚男女の心理|結局別れる気がない人の特徴とは

離婚する気はないけど好きという人の特徴や対処法について知りたい方へ。今記事では、離婚する気はないのに好きという既婚者の心理や特徴から、最適な対処法まで詳しくご紹介します。異性の既婚者に積極的なアプローチを受けている方は、ぜひ参考にしてみてください!

離婚する気はないけど好きになる人がいるという既婚の男女もいる。

離婚する気はないけど好きという人の心理とは

家庭を壊したり、別れる気がないけれど配偶者以外の異性に対して好意を持ってしまうという既婚者は男性、女性関係なく存在します。

別れる気は無いのに、他の人のことを好きになるとは、一体どういう気持ちなのでしょうか?

今記事では、配偶者と離婚する気は無いのに、好きになってしまう人の心理や特徴、さらには対処法まで詳しく解説していきます。


「離婚する気はないけど好きだよ」と言う人の心理とは?

好きならば、どうにかして一緒にいれるよう努力するものです。

ですので本気だけど離婚する気はないというのは矛盾しているように感じるかもしれません。

まずはそういった心理について詳しく紹介していきます。


心理1. 子供のために家庭を壊したくない

配偶者への愛は途切れていても、子供に辛い思いをさせたくないという気持ちから離婚は出来ないというケースがあります。

特に女性に多く、旦那には愛想が尽きているけれど、「子供とはずっと一緒にいてあげたい」や「離婚したら悲しむ」などと考えているのです。

恋愛はしたいので口では好きと言いつつも、子供が最優先のため離婚をする気は無い可能性が高いと言えます。


心理2. 世間体を考えて離婚はしたくない

夫婦関係は別に良いわけでもないのに、世間体がどうしても気になってしまうというケースもあります。

結婚をする際に家族や友人、親戚などに祝福してもらったり、ご近所さんとの交流など、そういった付き合いを無下にできないのです。

もし離婚してしまったらどう思われるのだろうと不安になって、結局は離婚に踏み出せずコソコソ恋愛をしてしまいます。


心理3. 再婚をするつもりがない

異性としては好きだけど、今の家庭を失ってまで再婚しようとは思っていない場合もあります。

相手のことは本気で好きなので、一緒にいたい気持ちや恋愛をしておきたい気持ちはあるのですが、今ある家庭も壊したくないというのが本音です。

家庭は家庭で大事なものなので、あえて壊してまで一緒になろうとは考えていません。


心理4. 奥さん(旦那さん)にバレなければいい

不倫をしていても、自分さえよければいいと考えている場合があります。

パートナーにバレなければ傷つけることも、悲しませることもないし、面倒ないざこざも回避できるので、何をやってもいいと考えているのです。

そうやって上手くやりこなすことで、自分だけ浮気をして楽しむという自己中心的な心理だと言えるでしょう。


離婚する気はないけど好きと言う既婚者の特徴を解説

離婚する気は無いけれど、好きという人にはどういった共通点や特徴があるのでしょうか?

それは男性、女性関係なく一緒にいる時のクセや態度で分かるものです。

ここからは離婚する気は無いけど好きという人を見分ける方法を詳しく解説していきます。


特徴1. 家庭の話を避けたがる

家庭と恋愛をキッパリと分けて考えているケースが多いため、異性に対しては家庭の話をしたがらない傾向にあります。

例えば、こちらから聞いても、曖昧な返事をして茶を濁したり、変にはぐらかしたりします。

実は家庭が上手くいっているので不仲だという嘘はつきたくない、でも異性も手放したくないという考えから、家庭の話を避ける場合もあります。


特徴2. 平日の夜など都合のいい時だけ誘ってくる

既婚者は、仕事や家族時間など、そもそも自由な時間や一人の時間が限られているもの。

特に妻子持ちともなると休日は家族との時間と割り切っているため、土日やイベントごと、記念日などは家族との時間を優先させるのです。

そのため異性に対しては、平日の夜ばかり誘ってくるなど、自分の都合で誘う傾向にあります。


特徴3. 不倫関係を徹底して隠す

不倫関係を自ら口外しようとする人はいませんが、離婚する気が無い人は万が一のリスクに備えて、より関係を内密にしたがります。

周りに人がいると会話すら避けようとしたり、二人きりで会う時も慎重に計画を立てるなど徹底して隠す傾向があるのです。

いまの環境を変える気が全く無いため、なるべく穏便に関係を続けようという気持ちが強いためです。


特徴4. 異性を落とした後にすぐそっけなくなる

男性に多いのが、恋愛をして関係を深めていくのではなく、いかに異性を落とすかを楽しむケースです。

この場合、落とすまでは頻繁に連絡がきたり、積極的に好きだとアプローチをかけますが、両想いになった瞬間に急に素っ気なくなることが多いです。

恋愛というよりも狩りを楽しむタイプなので、それ以上関係を深くする気はないと言えるでしょう。


特徴5. 予定をドタキャンしがち

既婚者は家族や配偶者を優先して行動している場合が多いです。

家族がいると、急な用事が入ったり、小さい子供のトラブルなどのイレギュラーが発生しやすく、どうしても優先的に考えなくてはなりません。

結果として、会う約束をしていたにも関わらず、何の悪気もなく平気でドタキャンしたり、すっぽかしてしまうことが多々発生してしまいます。


別れる気はないけど好きと言ってくる既婚者への対処法は?

既婚者から好きだと積極的にアプローチをされているけれど、別れる気が無いと分かった場合、どう対処するべきなのか?

離婚する気はないけど言い寄られるのは困りものですので、ここでは最適な対処法を紹介していきます。

好きという既婚者への対処法
  1. 既婚者とは恋愛しないと伝える
  2. 本気なら離婚してと言う
  3. 真に受けず聞き流す
タップすると移動します

対処法1. 「既婚者とは恋愛しない」と伝える

いくら相手が好意を持ってくれていても、不倫は良くないもの。

既婚者とは恋愛をする気はないと毅然とした態度や、ハッキリとした言葉で伝えることが大事です。

やんわりと断っても相手に伝わらない場合がありますが、恋愛はしないと相手にきちんと伝えることで、相手も自分が眼中にないと悟るので身を引くでしょう。


対処法2. 「本気なら離婚して」と言う

離婚をするというのは、財産であったり、地位や信用など大きな犠牲が伴うものなので、そう簡単に出来るものではありません。

不倫に誘われるようであれば、「離婚をしてほしい」とそれ相応の覚悟を示すよう相手に要求し、突き放すのも一つの手です。

相手が離婚をする気は無いが、恋愛を楽しみたいという考えであれば自然と離れていくでしょう。


対処法3. 真に受けず聞き流す

既婚者が異性に対して言い寄ってくるのは、遊びの場合も往々にしてあります。

なので、言い寄られた際に深く考えるのではなく、真剣に受け止めて悩むだけ無駄と気軽に考え聞き流すようにしましょう。

そういった態度を続けることで、既婚者も全く相手にされていないことが分かり、それ以上言い寄ってこなくなります。


離婚する気がない人以前に、不倫には手を出さないよう気をつけて。

離婚をする気は全く無いけれど、異性を好きになる既婚者は存在します。

世間体が気になったり、単に面倒だという理由だけで離婚や家庭に関する話題は曖昧にしたり、はぐらかしたりします。

そんな既婚者から言い寄られたら、困りものですよね。

ただ、離婚する気がない人以前に一度不倫をしてしまうと取り返しのつかないことになってしまいます。

そうなる前に、ハッキリとした態度で自分の気持ちを伝えるようにしましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事