精神的に自立した人の特徴5つ|今すぐ始められる最強の自立する方法とは?

そもそも「精神的に自立する」ってどういうこと?というのが本音ですよね。この記事では、精神的に自立している人の特徴から、精神的に自立するための簡単な5つの方法を紹介するので、ぜひ参考にしてください!

精神的に自立している人の5つの特徴や共通点とは?

精神的に自立している人の特徴

「精神的に自立している人って生き生きしていて羨ましい…」

「精神的に自立している大人ってどんな人のことを言うんだろう?」

あなたの身近にも同い年なのに、妙に大人びて見える人はいませんか。言動や振る舞いに自信が満ち溢れていて格好良い印象があるため、憧れる人も多いでしょう。

ここからは、精神的に自立している人の特徴を解説していきます。共通している点を把握して、あなたも精神的に自立した大人を目指しましょう。


特徴1. 自分の行動に責任が持てる

精神的に自立している人は、人は人、自分は自分と考えられる性格なので、他人と比べて自分を卑下することはありません。自分の長所や強みをしっかり認識しているので、自分の価値観に自信を持っています。

そのため、何か行動を起こす時にいちいち人の目を気にすることはありません。主体的に「自分が〜〜したいから〇〇する」と考えて、行動にうつします。

もし仮に失敗したとしても、他人のせいにする事はなく、自分のとった行動の責任は自分でとるでしょう。

「誰かに言われたからやる」と、誰かのせいにしないで自分の行動に責任を持って行動できるのです。


特徴2. 趣味も仕事も全力で取り組んでいる

精神的に自立している人は、公私共に充実させたいという思いがあります。その為に、日頃から自分の精神衛生の管理を徹底しています。

例えば、夜遅くまで飲んでいたとしても、次の日にはサッと仕事モードに切り替えられます。

逆に仕事を頑張った後には、仕事の事は一切考えずにプライベートを思いっきり楽しんでリフレッシュをする傾向があるでしょう。

このようにメリハリがある生活を送っているので、充実した毎日を過ごせるのです。


特徴3. ミスした時に、まず謝罪ができる

精神的に自立している人の特徴はミスした時謝罪が出来る

精神的に自立している人は、自分の行動の責任は自分にあると考える性格です。

また、一度してしまったミスにどれだけ言い訳をしても取り返せないことを知っているので、潔く謝罪が出来ます。

周りにはちょっと言いにくいような大きなミスが起きたとしても、そのミスを人のせいにする事はなく自己責任として受け止めます。

そのため、一言目から相手に対して上辺だけでなくちゃんと心からの謝罪ができるでしょう。

また、自分の過ちをしっかりと受け止めた上で「今度はこうしよう!」と、それを次に繋げる前向きな思考を持っています。

「失敗は成功の元」と考えられるので、気持ちをスパッと切り替えられる一面を持っていますよ。


特徴4. 成功のためなら、年下の人でも頭を下げられる

精神的に自立している人は、自分が強がったところで1人で達成できることには限界がある事を知っています。

そのため、自分より年下の相手の協力が必要と感じたら、自分のプライドを時には捨てることも大切だと分かっているのです。

仕事で自分1人ではどうしても納期に間に合わない時は、部下に対して「ごめん、申し訳ないのだけど手伝って欲しい」と頭を下げられるでしょう。


特徴5. 両親に対して「いつもありがとう」と伝えられる

精神的に自立している人は、自分が大人になったことで、自分の親がどれだけ子供を産み育てる事に苦労をしてきたかを理解しています。

普通の人なら恥ずかしくて言えないことも、両親に対して感謝の気持ちがあるので「いつもありがとう」と日頃から伝えられるのです。

普段なかなか会えない両親に月に数回自分から連絡を取ったり、たまに会えたらご飯をご馳走したりなど、さまざまな形で感謝を伝えているでしょう。


今すぐ始められる!精神的に自立する最強の方法5つ

精神的に自立する方法

「こんな私でも精神的に自立できるのかな?」

「具体的には何から始めたらいいの?」

精神を自立させると言っても、何をどう変えたら良いのか分からない人も多いでしょう。

ここからは、精神的に自立する方法をご紹介していきます。どれも今すぐ始められるものばかりなので「これなら出来そう!」と思える事は積極的に取り入れてみてくださいね。


自立する方法1. まずはカフェやランチから、一人で行動する癖をつける

日頃から1人で行動することで、自分で判断する癖をつけられるようになります。まずはランチなどから1人で行動してみましょう。

  • 自分が今一番何を食べたいかを考えてみる
  • 具体的にお店をリサーチして予約する

など、些細な事でも1人で行動してみると「人に誘われたから何となくついていく」というような事もなくなりますよ。

自分で考えて行動すると自分の意思で決める癖がつくだけでなく、今後1人でいる時にも堂々と行動できるようになれるはず。


自立する方法2. 常に目標に対する理由をメモしておく

自分が掲げた目標に自信を失い欠けるような事が多いなら、目標に対する理由をメモしてみましょう。

「なぜそうなりたいのか」という理由がハッキリすると、自分の意思がぶれにくくなり、途中で投げ出したり、迷わなくなるでしょう。

また、可視化されることにより常に目に付くため、その目標に対してより強い意思を持てるようになりますよ。

具体的には「こうしたい、こうなりたい」という目標をメモし、なぜその目標を達成したいのか、その理由を書いてみるのがおすすめ

つい周囲に流されそうになっても、自分で理由を決めてやっているという自信を持てるようになりますよ。


自立する方法3. 家計簿をつけて経済的自立も目指す

精神的に自立する方法は経済的自立を目指す

不思議と、金銭的な自立は精神的な自立につながっていきます。

親から仕送りを受けているなど、経済的な援助を受けている人が家計簿をつけると、自分がどれだけ恵まれていたかを実感できるでしょう。

家計簿をつける時には、

  • 毎月どれくらいの支出があるのか把握する
  • 食費、消耗品、交際費などにカテゴリーを分けてみる
  • 家計簿を継続してつけて、予算などを組んでみる

など、自分のお金の使い方を見直すことも大切です。

経済的に自立することで、1人で生きていく力が身についたり心に余裕が出るため、それが自分の自信にも繋がるでしょう。


自立する方法4. できないことは素直に「できない」と言えるようになる

いかなる時も人に頼らないで行動する事は不可能に近いです。

人に自分の弱さを見せてでも力をつけていく方が、精神的にも能力的にも成長できると言えるでしょう。

その為には、

  • できなくても意地を張らず、未熟な自分を受け止める
  • 素直に「できない」と人に伝えてみる

などから始めてみましょう。

時には人に助けを求める事で、解決策が身につき、同じような事が起きても今度は自分で対処できるようになりますよ。


自立する方法5. 短い時間でも自由な時間を作って好きなことを始める

自分の好きなことに時間を充てられると、自分の心に余裕が産まれます。

逆に、心に余裕がないと自分に苛立ったり、気持ちにセーブがかけられなくなる場合も。

心の余裕を作るには、

  • 寝る前の1時間は自分の為の時間を作る
  • 通勤の隙間時間に好きな動画を見る
  • いつもよりちょっと早起きして、ゆっくりコーヒーを飲む

などを試してみるのも良いでしょう。

心の余裕が生まれると、感情の浮き沈みをコントロールできるようになり、精神的に自立することができますよ。


今からでも遅くない!自立した大人を目指してみて。

精神的に自立した人を目指そう

自分の価値観がはっきりしてない人からすると、いつも自信に満ち溢れた精神的に自立している人が時に羨ましく感じる時もありますよね。

精神的に自立すると、自分の判断に自信がついたり、大事な局面で迷いなく決断できるようになるでしょう。

これまでご紹介した特徴や方法を生かして、精神的に自立した大人を目指してくださいね。

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事