「天然」の意味とは?天然と言われる男女の特徴&有名な芸能人を紹介

天然ってどんな意味で言われて気になりますよね。本記事では「天然な人」と言われた時のポジティブな意味とネガティブな意味を解説!さらに天然ボケと言われる人の理由や特徴から、天然すぎて嫌われないための注意点や天然で有名な芸能人までお教えします。

天然な人の意味や特徴を知りたい方必見!

天然と言われる男女の特徴&有名な芸能人

周りの人とは違う行動をする天然な人は、男性からも女性からも人気があります。しかし、天然だと言われてもそれがポジティブな意味なのか、ネガティブな意味なのか分かりませんよね。

そこで、今回は天然の意味や天然だと言われる理由について解説します。天然という言葉に含まれた意味を適切に感じ取るためにも、心理や性格などを一つずつ確かめていきましょう。


「天然」とはどんな意味を指すの?分かりやすく解説!

「天然」は、周りの人とは違う言動を行う人を指して使われています。例えば、複数名で行動しているのに1人だけ他のお店に行くなど、周りのことを考えずに行動することが多いのが特徴です。

自己中な人とも思えるのですが、周りからすると想定外の言動を繰り返すことが多いため、「面白い人」などプラスの印象で受け取られることが多いでしょう。


天然と言われた!その裏に隠された本当の意味や心理とは?

「天然な人」という言葉は、褒められているのか悪い意味の表現なのか分かりづらい言葉です。そこで、どのような意味や目的を持って天然だと表現しているのか、言葉に込められた意味や心理を解説していきます。


天然に隠されたポジティブな意味

まずは、天然と表現する際のポジティブな意味について解説します。天然はプラスの意味で使われる場合があり、特に男性から女性に向けて言う際には、ポジティブな意味で使われることがほとんどです。

それでは、どのような心理が理由となり、ポジティブな意味になっているのかチェックしていきましょう。


ポジティブ1. スキがあって可愛い

天然な人は他人よりも自分を優先することが多いため、相手の話だけを聞いたり気配りしたりすることが苦手です。すると、会話が噛み合わなかったり、細かいことを気にしなかったりするため、失敗が多くなります。

ただ、こうした失敗は、スキがあり可愛い印象を相手に与えます。どこか子供のような愛らしさを感じさせる可愛さが、天然な人の魅力です。


ポジティブ2. 癒やし系で落ち着く

細かなところまでキッチリしている人は、頼りになりますが一緒にいると疲れてしまいます。天然な人は、失敗も多いですが細かなことを気にしないため、一緒にいると気疲れしません。

むしろ、自分では分からない突拍子もない言動に癒やしを与えてくれます。一緒の時間を過ごしたいという心理が強くなるため、天然という言葉には朗らかな雰囲気や居心地の良さを褒めています。

【参考記事】はこちら▽


ポジティブ3. 守ってあげたくなる

言動での失敗が多い天然の人を見ていると、いつも同じ失敗を繰り返しているのか心配になってしまいます。すると、自分がしっかりして守ってあげたくなる心理が働くのです。

また、天然な人に注意しても、それを実践することができないと再び失敗します。この危なっかしさが自分の必要性を高めるため、助けてあげるために側にいなきゃと思わせます。


ポジティブ4. 自然体で自由な印象

他人の目を気にしない行動は、自分のやりたいことを素直に行います。この自然体で自由な言動が、自分では真似できない大きな魅力に映ります。

特に、周りの目を気にしがちな人からは、こうした天然の人の行動は自分の理想でもあります。窮屈さを感じる人ほど、自然体の天然な人への憧れが強くなり羨ましく思うのです。


天然に隠されたネガティブな意味

ポジティブの次に、天然という言葉に隠されたネガティブな意味を解説します。ネガティブな意味には、ポジティブな意味と似た天然な人の特徴も含まれています。

何が相手を不快にさせるのか、その事実をしっかりと受け止めていきましょう。


ネガティブ1. 自分勝手でわがまま

天然な人は周りを気にせずに自分の考えを優先させます。すると、周りに合わせようとしないため、自分勝手な行動やわがままな性格に映るのです。

日常なら問題ないかもしれませんが、ビジネスシーンなどでは自分勝手な行動で問題や迷惑をかける場合もあります。大切なことは任せないために、「天然だから」と表現してやんわりと拒否しています。

【参考記事】はこちら▽


ネガティブ2. 抜けていてポンコツ

細かいところにまで気が付かず、同じ失敗をすることが多い天然の人。可愛らしい特徴なのですが、ミスが許されない場所では「使えない」「ポンコツ」だと思われてしまいます。

また、本人がミスを気にしていないと、注意されても笑顔でやり過ごします。その結果、理解力が無いと思われてしまい、戦力から外されることもあるのです。


ネガティブ3. 温室育ちで世間知らず

自分勝手な言動は、周りに注意する人がいない、全て許されてきたからという理由で受け取られることがあります。すると、周りの人には「甘やかされてきた」などと思われてしまうのです。

特に、マナーや一般常識に関して知識が疎いと、世間知らずとも思われます。そんな思いから、甘やかされてきた、何も知らないとバカにする目的で天然と表現する場合もありますよ。


ネガティブ4. 周りが見えていなく、鈍感

天然の人は自分の知識や考えを大切にします。しかし、周りの人の反応や考えをよりも自分を大切にしてしまうため、周りが見えず相手の気持ちに鈍感になりやすいです。

どのような状況なのか、空気を読むこともできずに、場違いな言動をすることも珍しくありません。反感を買うことも多いため、軽蔑的な意味を込めて天然だと表現しています。

【参考記事】はこちら▽


天然と言われる理由は?天然ボケな人の性格や行動の特徴

天然という言葉は様々な意味で使われていますが、どのような人が天然言われてしまうのでしょうか?

天然な人の生活や行動などの特徴について解説してきます。自分の行動に当てはまることがあるのか、一つずつチェックしてみて下さいね。


特徴1. 純粋で喜怒哀楽が激しい

天然ボケな人は、相手を疑うことをしないため、人からの言動や音楽などの刺激をそのまま受け入れます。そして、思ったままを感情を表現するために、他の人よりも喜怒哀楽の表現が豊かです。

例えば、嬉しいことがあるといつも以上に笑顔が明るくなるなど、表情から気持ちが分かりやすいのです。こうした純粋な反応が、「天然」だと言われる特徴です。


特徴2. 人の話をきちんと聞いていない

天然ボケな人は自分を中心に物事を考える癖があります。そのため、相手が話していても話題の内容よりも、この後何をするかなど会話とは別のことを考えることがあるのです。

もちろん、相手の話の内容が頭に入ってこないため、相手から同意や意見を求められると応えられません。非常にマイペースな特徴なため、一生懸命に話している人を不快にさせることもあります。


特徴3. 大雑把で細かいことを気にしない

自分の価値観を優先し行動するため、自分が納得する範囲まではしっかりと行います。一方で、納得したらそれ以降はこだわらないため、天然ボケな人は大雑把な行動や性格になりやすいです。

また、周囲の目を気にすることも少ないため、多少のミスがあっても気にしません。細かいところまで確認しないため、書類などの完成度があと一歩足りないと思わせることが多いのです。


特徴4. 同性の友人が多い

天然ボケの人は、純粋な反応や予想できない行動から、異性から好感が持たれやすい傾向があります。さらに、どんな人にもありのまま接する性格のため、行動に表裏がなく同性からも好意を持たれることが多いのです。

そのため、同性の友人が多いのも特徴に挙げられます。特に、女性にこの傾向は強く、天然ボケな特徴を可愛らしく思い、和やかな友人関係を築いていることが多いですよ。


特徴5. 周囲と比較をしない

天然ボケな人は、自分1人の世界の中で物事を考えます。自分がやりたいことや気分などを優先しています。そのため、周囲のことを気にすることがなく、比較することもありません。

例えば、周りの人がブランド物を持っていても、それに憧れず使い慣れた安いバックを大切します。周りと比較しないたため、意見や考えに流されず、自分が大切だと思うことを大切にする芯の強い性格でもあるのです。


特徴6. 思ったことはすぐに口にする

自分の感情をそのまま言動に移すため、自分の中で気持ちや言葉をよく考えることがありません。天然ボケな人ほど思ったことをすぐに口にしてしまいます。

しかし、言われた相手の気持ちを考えずに言葉を発することも多く、言ってはいけないことなども平気で言ってしまいます。そのため、たった一言で場の雰囲気を悪くしてしまうこともあるのです。


特徴7. 誰に対しても平等に優しい

天然ボケの人は、自分と他人という2つの基準で考え、他人の中に優劣を付けることがありません。自分以外の周囲の人は、誰であっても平等に好感を持って優しく接しています。

そのため、異性から好意を持たれることが多く、同性からは疎ましく思われることもあります。ただ、同性にも同じように優しいため、最終的には仲良くなってしまうことも少なくありません。


特徴8. 常にポジティブで落ち込むことが少ない

感情に素直に従うため、嫌なことがあると分かりやすく不機嫌になります。しかし、良いことがあればすぐに笑顔に戻るため、天然ボケの人ほど落ち込むことが少なくポジティブな性格であることが多いです。

ただし、嫌なことを正しく理解しておらず、そもそも嫌だとは思わないこともあります。天然ボケの人に共通する鈍感な特徴が、ポジティブにさせているのでしょう。

【参考記事】はこちら▽


天然すぎて嫌われないための4つの注意点

天然な特徴は可愛らしい反面、相手を困らせてしまうこともあります。そこで、天然過ぎて相手を困らせず、嫌われないための4つの注意点を解説します。

天然ボケな特徴で当てはまるなと思った人は、相手を不快にさせないためにも実践してみてくださいね。


注意点1. 人の話をきちんと聞いて理解する

天然ボケな人は会話が成り立たないため、きちんと意思疎通ができずに相手を困らせてしまいます。そこで、きちんと相手の話を聞き、会話の中で大切なことを理解するようにしましょう。

例えば、ミスをした際に怒られたら、どこが間違っていたのかをきちんと理解するのです。相手の話を聞くことは、相手の気持ちを理解することにも役立つため、まずは会話を大切にしてくださいね。


注意点2. 思ったことは、一度考えてから発言をする

天然の人が嫌われる理由は、相手の気持ちを傷つける言葉をかけてしまうからです。本人には悪気がないため、同じことを繰り返し多くの人を傷つけてしまうこともあります。

そのため、思ったことはそのまま口にせず、一旦自分の中で考えてから発言することが大切です。この言葉を言ったら相手は傷つくのか、それとも喜ぶのか、きちんと考えながら会話をしてみましょう。


注意点3. 周囲を見渡し、気配りを心掛ける

周囲の人を気にしないことが、天然ボケの人が嫌われる大きな理由となります。そこで、少しずつ周囲を気にして、気配りができるように心がけてみましょう。

困っている人がいないか、分かりづらいことがないかなど、自分の世界から一歩外へ関心を向けるのです。こうした少しの気配りが、仕事のミスや失敗などを軽減することに繋がり、「天然だから」と嫌われなくなりますよ。

【参考記事】はこちら▽


注意点4. 自分を客観的に分析する

自分のことを優先することは、欠点などがあっても自然に許してしまうことを表します。そのため、ミスや失敗をしても反省せずに同じ間違いを繰り返すことが嫌われる理由となります。

そこで、自分を客観的に分析して、間違った言動をしていないのか見つめ直すことが必要です。少しずつミスを減らし、相手の気持ちを考えられるようになれば、よりスムーズに仕事やコミュニケーションを進められますよ。


天然な人で有名な芸能人5選

多くの人から愛されている、天然ことで有名な芸能人を5人紹介します。天然な人は嫌われてることもありますが、芸能人のように世代を超えて愛されている人もいます。

では、天然な芸能人はどのような特徴から、天然だと言われているのでしょうか?


芸能人1. 相葉雅紀

大人気グループの嵐のメンバーである相葉雅紀さんは、世代を問わず愛される天然な芸能人の1人です。

いつでも笑顔を見せてくれますが、会話が噛み合わないことも多く、こうした姿からグループの中でも明るい天然なメンバーだと言われています。


芸能人2. 小嶋陽菜

元AKB48のメンバーである小嶋陽菜さんは、グループ在籍時から天然な姿が可愛いと男性ファンから人気を集めていました。

話を聞いていないマイペースな姿、空気を読まない行動など、天然だと言われる要素が随所に現れています。


芸能人3. 吉高由里子

女優の中でも天然だと言われているのが、女性からも人気の高い吉高由里子さんです。

映画やドラマの仲とは違い、天真爛漫な性格と会話の流れを断ち切るような言動は、多くの人が納得するほど天然だと感じる姿ですよね。

【参考記事】はこちら▽


芸能人4. 綾瀬はるか

芸能界の天然な人と言われて思い浮かべる人が多いのが綾瀬はるかさんです。朗らかな雰囲気と全く噛み合わない会話、何があってもマイペースな姿は、天然な人というイメージそのままですよね。

天然という言葉のポジティブな意味は、綾瀬はるかさんのような人を指しているのかもしれません。


芸能人5. 具志堅用高

元ボクシングの世界チャンピオンである具志堅用高さんも、芸能界の天然な人の代表格です。周りに流されない姿や独特な会話の受け答えなど、天然という以外には表せられないですよね。

ただ、相手を嫌な気持ちにさせない優しい姿に、多くの人が癒やされています。


天然な人のマイナスポイントは直していきましょう。

天然という言葉には癒やしを与えられる、純粋な行動をするなど、ポジティブな心理が含まれていることがあります。そのため、天然という言葉は褒められる意味で使われることが多いのです。

しかし、天然な言動は嫌われてしまうこともあります。そこで、少しずつ行動に注意し修正ながら、嫌われないように心がけましょう


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事