キモい人の8つの特徴|上手な対処法&キモい男性に好かれる女性とは?

キモい人への接し方について悩んでいる女性へ。今記事では、女性がキモイと思う男性の特徴や対処法から、いくら嫌だと思ってもやってはいけないNG行動まで詳しくご紹介します。さらに、変な人に好かれやすい女性の特徴も解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

周りから避けられるキモい人っていますよね。

キモい人の8つの特徴

職場や学校にキモい人がいて、どうもうまく付き合うことができないと悩む人は多いでしょう。それだけでなく、なぜかそういった男性に好かれることが多いのかと困ってしまうこともあるはず。

しかし、いくら嫌だからといって、あからさまに態度に出してしまうと、周囲の雰囲気を乱してしまうこともあります。

ここでは、キモい人に好かれやすい女性の特徴や、おすすめの対処法まで解説します。

接し方で悩んでいる人は、ぜひとも参考にしてくださいね。


生理的に無理かも。キモい人に共通して見受けられる特徴

不快な態度を取られたり、デリカシーがない行動をされると、嫌な気持ちになりますよね。

ここでは、女性にとって我慢できないキモい人の共通して見受けられる特徴を8つご紹介します。

どういった人がキモいと思ってしまうのかについて、再確認してみましょう。


特徴1. 髪型や服装など、身だしなみに清潔感がない

男性は女性にくらべ、髪型や服装の綺麗さに対して驚くほど無頓着であることがあります。

特にキモい人は、「女性から見られている」という意識を全く持っていないことが多く、最悪の場合は嫌なニオイがしてしまっていることも。

身だしなみが整っていなく、不潔であるということは、一緒にいることが苦痛になるため、女性には我慢できないキモい人の大きな特徴の一つです。


特徴2. 常にニヤニヤしていたり、不気味な表情を浮かべている

キモい人は女性から見られている意識が少ないため、考えていることが表情にすぐに出てしまう傾向があります。

誰かと会話している様子はないのに、ニヤニヤと笑みを浮かべているのを見ると、女性の警戒心は高まって当然ですよね。

女性は男性の不気味な表情と独特の雰囲気に敏感なため、気持ち悪いと感じてしまうことが多いです。


特徴3. 極度のマイナス思考ですぐネガティブな方向に物事を捉える

女性は心のどこかで、男性には男性らしくあってほしいと思うもの。

どんなことでもウジウジと悩んでいて、仕事やスキルアップに対して情熱がない根暗なタイプは、女性から好かれることは少ないです。

キモいと思われる男性は、それを輪をかけた極端なマイナス思考である傾向にあり、常に後ろ向きの発言や行動をしてしまうことが特徴の一つ。

【参考記事】はこちら▽


特徴4. 女性にも下ネタを言うなど、デリカシーがない

何となく気持ち悪い雰囲気があり、女性に嫌われがちな男性は空気を読めないことが多いです。職場などの公共の場でも、周りをしらけさせるような発言をするため、デリカシーがない人だと思われがち。

面白さを履き違えて女性に対して下ネタを言ってしまうこともあり、女性は生理的に付き合うのが無理だと思ってしまい、嫌悪感を隠せないほどにキモいと感じてしまうでしょう。


特徴5. 初対面でもプライベートに踏み込んだ話をしてくるなど、馴れ馴れしすぎる

あまりコミュニケーションをとることが上手ではないため、スマートな人間関係が構築できない傾向もあります。

初対面や仕事上のフォーマルな付き合いが必要な場合でも、相手との距離の取り方がわからず、馴れ馴れしい態度をとってしまうことも。

聞くべきではないプライベートな話にまで踏み込み、全てを覗かれているような気にさせてげんなりさせてしまいます。


特徴6. ケチな性格で、人の奢りの時だけ積極的に食いついてくる

女性に対するサービス精神がなく、食事や飲み会で男性の優しさを見せられないことも。

それどころか、お金に対して異常に抜け目なくきっちりしており、自分の支払いが少なそうな時は積極的についてくるケースもあります。

ケチな性格や立ち振る舞いは本人が思っているよりもあからさまで目立っており、価値観が合わないことが明確になることで嫌われる理由の一つになっている可能性も高いです。

【参考記事】はこちら▽


特徴7. ナルシストな性格でキザなセリフやくさい言葉を本気で口にする

暗い人も嫌われる傾向にある一方、自分に過剰な自信を持っている人も煙たがられるというケースもあります。

あまりルックスもよくなく、不潔なイメージがあるにも関わらず、自分は人気があるとなぜか勘違いしている男性は案外いるもの。

そんな人ほど、聞いている方が恥ずかしくなるようなくさい言葉を口にする傾向があり、不快な気持ちにさせてしまうことも多いです。

【参考記事】はこちら▽


特徴8. 粘着質で連絡がしつこかったり、勝手にSNSをフォローしたりする

嫌われている人は、自分がキモいと思われていることに気付けていないというのも大きな特徴の一つ。

いい気分にならないのにたくさん連絡をしてきたり、勝手にSNSを付け回していたりするのは、自分は普通の友人以上の存在であると思っているから。

本人にとっては、どんな行動も悪気があってやっているわけではない可能性も高いです。


なんでキモい人に好かれるの?苦手な男性からモテやすい女性の特徴とは

もっと楽しい恋愛がしたいのに、なぜかいつもキモい人に好かれてしまう人もいるでしょう。実は、女性にモテない男性に好かれる人には共通点があります

ここでは、キモい人に好かれてしまいがちな女性の代表的な特徴を4つご紹介します。


特徴1. 優しい性格で押しに弱い女性

本心では「ちょっと気持ち悪いな」と思っていても、それを表情に出さない接し方をとる女性は多いもの。

優しい性格のため嫌な気持ちを出すのが申し訳なく思ってしまい、押しに負けてしまう女性はキモい人にも好かれやすいです。

相手が「この女性は自分に好意的だ」と感じてしまうことで、ますます接触しようとしてくる特徴があります。


特徴2. ノリがよく誰とでも親しくなれる女性

いつもニコニコとしていて、楽しげに会話してくれる女性は男性にとって、とても魅力的な存在です。

特にあからさまにキモい人は、他の女性とあまり接する機会がないため、自分に取ってくれる好意的な態度を拡大解釈してしまうこともあります。

そのため多少不潔な人であれ、馴れ馴れしい態度をとってくる人であれ、仲良くできる女性は意図しない好意を持たれてしまう傾向が強いです。


特徴3. ボディタッチを自然にするなど、男性を勘違いさせるのが上手い小悪魔女子

男性にモテるために努力をして、計算高い行動をとる女性は、男性を勘違いさせる行動が癖になっていることも。

ボディタッチや思わせぶりな接し方は、キモい人には特に効果が強く現れてしまうのが想像できるはず。

小悪魔的な態度に舞い上がってしまい、必要以上に馴れ馴れしい態度で接してしまう男性は多い傾向にあります。

【参考記事】はこちら▽


特徴4. オタク気質な男性にも免疫がある女性

キモい人は、少数の人にしか理解されないオタク的な服装や趣味を持っていることも多いです。

そのため、一般的な女性はあまり会話が嗜好が合わないことがありますが、オタク趣味を持っていてそれらに全く抵抗がない女性も一定数いるもの。

キモい人でも話しやすく、会話が盛り上がることがきっかけで好かれるケースもあります。


キモい人への上手な接し方や対処法

優しい性格の女性は、はっきりと気持ちを伝えられずに困っていることも多いでしょう。

ここでは、面と向かって不快な思いを伝えることができない人でも取れる対処法を7つご紹介します。

どうしても我慢できない時のために、参考にしてみてください。


対処法1. 職場の場合、必要最低限の会話しかしないようにする

キモい人は空気を読めず、次から次へと話題を振って、話しかけてくる可能性があります。

しかし、そこで流されてしまって対応してしまうとエスカレートしてしまうため、仕事に関わる会話しかしないようにするというのは有効な対処法。

継続していると、相手にも何となく伝わって、自然と会話の数が減ってくることもあるでしょう。


対処法2. 適当に相槌を打って話を流す

どんな内容の会話であっても、とにかく盛り上げないことが重要。

適度に聞いて、適度に聞き流す技術を身につければ、偶然を装って話しかけられた場合にも使える対処法になります。

会話を短く切り上げて相手が調子付いてくる前に終わらせられれば、不快に感じたり、嫌な思いをすることも少なくなるので、おすすめです。


対処法3. プライベートで誘われても2人で会わないようにする

どれだけ押しが強くても、上司や取引先の相手で断り難くても、譲れないポイントを作っておきましょう。

固く決めておかないと流されてしまいがちな人は時に、プライベートで誘われても絶対に会わないというルールを自分に決めてください。

一度行ってしまうとますます断れなくなってしまい、どんどん相手が勢いをつけてしまいますので、2人で会うのは絶対にNGな行為です。


対処法4. むやみに優しくするなど、思わせぶりな行動をとらない

好かれるきっかけとなるポイントを徹底的に排除することも、大事な対処法の一つ。

思わせぶりな行動をとってしまうと、ある意味女性側にも責任があることになり、下手をすると断った後に逆恨みを買ってしまうかもしれません。

ついつい優しくしてしまったりすることも、勘違いさせてしまうきっかけとなり、リスクになるのでやめておきましょう。


対処法5. LINEは基本的に短文で返すなど、機械的な文章で返信する

会話だけでなく、あらゆる連絡手段は素っ気ないものにとどめておくべき。どこが好かれるきっかけとなる出来事になってしまうかは、相手の男性によってバラバラです。

よって、あまり好かれたくない相手がいるのであれば、その男性とはLINEやメールの返信は機械的な文章にしておくことで、一定の距離を保つことができます


対処法6. しつこく言い寄られる場合、「彼氏がいる」と言って距離をとる

あまりにしつこい場合は、相手の男性が諦めてくれるようなウソをついてもいいでしょう。

優しくしてくれて何となく隙があると思われると付け込まれますが、その女性に彼氏がいると分かれば、すんなり諦めてくれることもあります

そのため、もし彼氏がいなくてもその存在をほのめかしておくことは意外と重要なポイントです。


いくら苦手な人が相手でも、やってはいけないNG行動とは

男性の嫌われてしまうような言動も、実は悪気がないケースも多いです。そのため、いくら嫌だからといって自分の思いのまま動いてしまうと、不必要に相手を傷つけることもあります。

ここでは、絶対にやってはいけないNG行動を2種類ご紹介します。


NG行動1. 表立って「キモい」など、相手を蔑む発言は慎む

ニヤニヤした表情や、不潔な身なりが気に入らないからと言って、それを目立たせるようなことはよくありません。

いくら嫌悪感を抱いていても、少なくとも他の誰かが見ていない所で伝える、メールなどで柔らかな表現で伝える、といった大人の対応を心がけましょう

相手を蔑むような発言をしてしまうと、相手に必要以上の恥をかかせてしまって、関係性が非常に悪化します。


NG行動2. 自分と合わない=キモい人など、自分の意見ばかり押し通そうとしない

生きていく以上、いろいろなタイプの人と会うことは避けられません。

自分とは違う人をキモいととってしまう女性も多いですが、自分の考えを完全に正義だと思うのは良くない傾向です。

キモいという言葉は人を傷つけてしまう言葉なので、むやみにその意見を押し通そうとして、周囲の人に発言することは絶対に控えましょう。


キモい男性に好かれたら、上手に対処法を試してみて。

キモいと思わがちな男性の特徴と、そんな人にとるべき対処法について解説しました。職場の上司や取引先など、我慢しながらも付き合わなければいけない人はいるもの。

それでも、工夫次第で嫌いな人をうまくかわすことも十分可能です。相手も傷つかず、自分も我慢しなくていいような、最適な方法を見つけてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事